2009年10月31日

雨引山(松川村)

091031DSC_0024.JPG 091031DSC_0040.JPG
(左)稜線の西側は伐採地。右手奥は雨引山山頂手前のピーク。(右)遠く爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳をのぞむ。

登山口1023-1053尾根にのる-1110鉄塔No.38-1138岩附五葉松1143-1207雨引山山頂1248-1305下降点-1325林道合流-1356登山口

絶好の秋晴れ。思い立って安曇野の里山を目指す。松川村の中心部から西に向かうのは、有明山の登山口を目指す道。途中、馬羅尾高原を過ぎてしばらく進めば、右手に雨引山登山口を示す標識。道脇のスペースに駐車して、北に向かい山腹を登り始める。最初から、右・ヒノキ林、左・カラマツ林の急登。No.40送電鉄塔で振り返れば、有明山が大きい。その先も急登が続き、登山口から30分ほどで尾根の突端に登りつき、道は緩む。落葉をカサコソと踏みながら、稜上を歩くのは楽しい。

No.38鉄塔の先でいったん林道に出て、標識に従い山道にもどる。尾根が細くなりアップダウンをいくつかこなしていく。ロープの張られた崩壊地を過ぎれば、左手にヒノキの幼樹が植えられた伐採地が広がる。送電線がわずらわしいが、向かい合う唐沢山はカラマツの紅葉をまとい、遠く爺ヶ岳・鹿島槍の山頂が白くなっているのが見える。岩に被さる五葉松を過ぎ、尾根はやや右に曲がりながら、足元にクマザサ、雑木の樹相が美しい急登に汗を流して山頂へ。

091031DSC_0048.JPG 091031DSC_0063.JPG
(左)雨引山山頂への最後の登り。(右)山頂の三角点前にはベンチが置かれ、安曇野が見渡せる。

こちらに背を向けた大和田神社奥社の祠と、その先には鳥居と三角点。要するに裏口から山頂に到達したようなもので、東の安曇野側から登るのが表口だろう。その方向からも登山道が達しているようだが詳細はわからない。三角点前にあるベンチからは、眼下に安曇野が見渡せる。

下山は山頂から15分ほど戻った稜線上に「下山路」の標識。ここから刈り払われた道を、唐沢山との間の谷に向かってくだる。その谷の中の道を左に辿れば、途中、林道と合流しゲートの先で登山口のやや上の車道に出る。登山口まで周回できる。(なお、地形図上は「唐沢山」と「雨引山」の位置が逆転して記されていて、近く訂正されるらしい)

2009年10月25日

居谷里湿原(大町市)

091025DSC_0091.JPG 091025DSC_0098.JPG

居谷里湿原は一周30分ほどでまわれる歩道がつけられているので、休日に半日ほど時間ができてしまった時など、ふらっと出かけることがある。とはいっても、訪れるのは大方春から夏にかけて、湿原に咲く花を目あてにということになる。周囲の山並が色づいたこの季節、ススキが生い茂りしんと静まり返った湿原のまわりを歩いていると、どこからか森の精に見られているような気がする。
ラベル:居谷里湿原
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の散策(花・湿原など) | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

焼山温泉[清風館](新潟県糸魚川市)

yyDSC_0034.jpg yyDSC_0037.jpg
(右)檜造りの露天風呂。

「信州」ではないけれど、このあたりは信州と組合せた旅行プランもできるところかも。糸魚川市の梶屋敷から早川に沿って遡ったところ、頚城三山の焼山北側の山麓に位置する。もっと山の中にあるのかと思ったが、まだ谷は広く、周囲には民家や田圃もまだ散在している。内湯が二つ(タイル張りと岩に囲まれたもの)と開放的な檜造りの露天風呂。うっすらと硫黄臭が漂い、白い湯花が大量に浮くつるつるした掛け流しの湯。宴会客が多いようだが、泉質も満足できる。(大人入浴500円)
ラベル:焼山温泉 糸魚川
posted by 急行野沢 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(新潟県) | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

大峰山(千曲市)

omDSC_0007.JPG omDSC_0013.JPG
(左)途中の四阿からはわずかに展望が得られる。(右)山頂直下。道形はよくわからなくなる箇所も。

観龍寺915-930林道出合-945鉄塔950-1035大峰山山頂1115-1145鉄塔-1155林道出合-1208観龍寺

アンズで有名な森集落の背後にある変哲もない里山、というのが登る前の印象。春先のアンズの花の季節以外はまず訪れる機会のない千曲市・森。その集落を見おろすような古刹・観龍寺の駐車場に車をとめ、石段の上の本堂の脇から登り始める。

右へ行けば林道のような幅広の道が山腹を巻き、左は赤松の中を登っていくが、いずれも尾根の突端にある展望台をかねた四阿のところで合流する。尾根を登る広い林道をたどれば、すぐに水平に走る林道と交差。これを横切る先に道形は見えないが、茂みをかき分け踏み跡をみつけて尾根を直登する。すぐに踏み跡ははっきりしてくるものの、枝を払いながら進むことになる。

送電鉄塔の真下に出ればわずかに展望が得られるが、期待するほどのものではない。さらにアカマツの多い尾根を急登すれば、溝状の道が登る方向を明らかにしているけれど、積もった落葉と枯れ枝などで歩きにくい。いきおいその両側に歩きやすい踏み跡を探すことになるが、ときにこの急登にヤブをこぐ羽目になる。雑木が多くなれば、ドングリを拾い気を紛らわす。やがて傾斜が緩めば、樹林帯の中でまったく展望のない山頂に到着。三角点と文字の消えかけた板切れが散らばっているので、それとわかるだけの山頂ではある。

帰路は往路を戻ったが、山頂一帯はなだらかで特徴がないため、下山時に方向を誤らないようにしたい。私もコンパスを見ていたものの、ひとつ南側の尾根に入りかけてあわてて軌道修正した。観龍寺あたりには簡単な散策コースであるかのような案内板があるが、登山道もはっきりしないところが多く、現状では一般向けとはいいがたい山のようだ。
ラベル:千曲市