2011年01月30日

斑尾高原スキー場(飯山市)

110130P1060521.JPG 110130P1060505.JPG
(左)斑尾高原ホテル下から見たメインゲレンデ。(右)第2クワッド上部から最低部とホテル側のゲレンデを望む。

あるルートでリフト券が手に入ったので、ひさしぶりに斑尾に滑りに出かけた。ある時期までは毎シーズンのように出かけ、家族で宿泊したことも何回か。しかし、スノーボーダーの数が増えだしたあたりから、なんとなく足が遠のくようになってしまった。

雪が降り続く中、リフト待ちができるほどではないけれど、さすがにトップシーズンとあって賑わっていた。スノーボーダーがやはり多いけれど、いやな感じはしなかった。最近はスキー場側も「ここでは座り込まないで」などという掲示をしているためか、邪魔な場所に座り込んでいる人はほとんど見かけず、マナーも向上してきたように見受けられる。

斑尾で良いのは、斑尾高原ホテルの前からまず滑りだせるところ。その下がゲレンデのボトムで、反対側にメインゲレンデがある。これだけでもちょっと変化があって面白い。むかし回数券で滑ったときは「最後に1回分残しておかないと帰れなくなるぞ」と仲間といい合ったりした。いまはボトム部分にも駐車場があるけれど。

家族やグループで行ったときには、まず乗ることのないクリスタル上部の第13リフト。斑尾で唯一のシングルリフトだ。今日滑って面白かったのは、この第13リフトの両側のコース。雪が降り続き、適度な新雪で斜面の状態はよかった。キッズスクールもいくつも開催されていて、ホテル前のトリプルリフトに乗ろうとしたら、「この子と一緒に乗ってくれませんか」とキッズスクールの先生に頼まれ、幼稚園児のリフトの乗り降りを手伝うことになった。
ラベル:斑尾高原
posted by 急行野沢 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー上信越道 | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

木島平スキー場(木島平村)

110116P1060455.JPG 110116P1060463.JPG
木島平スキー場

昨年末、長野市内のスポーツ店のくじ引きで木島平のリフト1日券があたった。せっかく1日券があるので、久しぶりに木島平に出かけてみた。昨シーズン、隣り合う牧の入が営業休止となったことから危機感があるのか、今シーズンの木島平はいろいろな企画を打ち出して積極的な姿勢を見せている。

昨日から雪が降り続き、新雪を楽しむことができた。しかし、今日も雪が降り続き視界がいまひとつ。家族連れを中心にそれなりに賑わっていた。

ゲレンデマップを見ると、中央のクワッドをはさんで単純な構成のように思ってしまう。しかし滑ってみてあらためて感じたのは、マップで見るよりも、コース・バリエーションが豊富で広さを感じること。今日はもっぱら第7ペア沿いを中心に滑ってみた。

帰り際に隣接していた牧の入のゲレンデ下まで行ってみたが、ひっそりとしていた。

110116P1060465.JPG 110116P1060470.JPG
雪に埋もれた牧の入スノーパーク。今シーズンも営業休止。
posted by 急行野沢 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー上信越道 | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

飯綱高原スキー場(長野市)

110110P1060330.JPG 110110P1060312.JPG

朝8時半「昼食までには戻るから」と家人に言い残して家を出る。こんな芸当ができるのも飯綱高原ならでは。最近は「長野市街地から25分」という言葉もパンフレットに見られる。昔から長野市民のスキー場として親しまれてきた。

積雪が少なくてゲレンデ状態が心配だったが、昨日からの降雪で、朝方は思いがけず新雪を楽しむことができた。第5リフト沿いの各コースなど急斜面の状態も良く、楽しく滑ることができた。昼近くになると雪が少し重くなってきたが。

南斜面のため近年は営業期間が短くなっているが、コース構成などはとても良いスキー場。市内から手軽に出かけられるので、今日も家族連れで賑わっていた。
posted by 急行野沢 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー上信越道 | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

<新潟遠征> 長岡市営スキー場(新潟県長岡市)

nagaokaP1060274.JPG nagaokaP1060280.JPG
(左)ゲレンデ下ロッジ前から見上げる。(右)ゲレンデ最上部から。遠景に長岡市街が見える。

新潟方面の未踏破スキー場のひとつとして、長岡市営スキー場に出かける。長岡市街地から数キロの距離にある市民スキー場。雪質は良いとはいえないが、標高が市街地とさほど変わらないのにこの積雪があるのはうらやましい。正月休みとあって周辺の子どもづれで賑わっていた。
ペアリフトが直列に2基架かっていて、下部のリフトは初心者向け緩斜面だが、上部リフト沿いはなかなか滑り応えのある中斜面だった。長岡市街や信濃川の流れを正面に見ながら、滑ることができた。
posted by 急行野沢 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー新潟県 | 更新情報をチェックする