2011年09月18日

北八ヶ岳[双子山~双子池](佐久市/佐久穂町)

110918DSC_0075.JPG 110918DSC_0090.JPG
(左)大河原峠。(右)左・蓼科山、右・双子山山頂付近。

三連休だから山歩きに出かけたいが、家人は1時間くらいしか歩きたくないなどといっている。さほど歩かなくて気持ちの良い山岳風景が楽しめるところとして、北八ツの双子池を思いついた。神秘的な池であり、その北にある双子山は展望にも優れたなだらかな山頂だったと記憶している。

三連休とあって大河原峠の駐車場は車であふれかえっていた。仕方なく少し佐久側に下った路側に駐車。大部分の人々は蓼科山へ向かうが、双子山への登山道にも何グループかの姿がある。クマザサの登り道をたどるが、この季節、咲いている花は見られない。25分ほどで双子山山頂。間近に蓼科山を眺めるが、遠い山々は今日は雲の中。しばし草原の稜線の闊達な道。その先は北八ツらしい鬱蒼とした針葉樹林帯の下り。30分もかかってようやく双子池のほとりにおりたつ。

雄池・雌池とも澄み切った水の色に感嘆。残暑の厳しい日々が続いているが、爽やかな風が吹き抜けて行く。何グループもが二つの池の間に建つ小屋の前で昼食をとっている。 帰路は双子山の北東側山腹をまわる林道を1時間ほどたどって大河原峠にもどる。帰路、長門牧場に寄って、ヨーグルトやチーズなどの乳製品をお土産に買って帰った。

110918DSC_0105.JPG 110918DSC_0108.JPG
(左)双子池(雄池)
posted by 急行野沢 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(北八ヶ岳・蓼科) | 更新情報をチェックする