2012年07月28日

木曽駒ケ岳(宮田村/木曽町/上松町)

120728DSC_0010.JPG 120728DSC_0021d.JPG
(左)ローブウェイ千畳敷駅にあった温度計(午前9時過ぎ)。(右)雪の残る千畳敷カール。

・黒川平駐車場650=(バス)730しらび平850=(ロープウェイ)900千畳敷駅
・千畳敷駅920-1000乗越浄土-1020中岳-1050木曽駒ヶ岳1130-1200中岳-1215乗越浄土-(カール周回)1300千畳敷駅
・千畳敷駅1420=(ロープウェイ)1430しらび平1450=(バス)1530黒川平

木曽駒ケ岳は以前も千畳敷から登ったことがあるが、半分観光地のような所だという話で関心を持った家内を同行しての再訪。さすがに夏休みの土曜日とあって混雑していた。6時半を少し回った頃に到着したら、菅の台のバスセンター前の駐車場は満車で入れず、少し上の黒川平の駐車場に案内される。黒川平のバス停で待っているとバスにはすぐに乗れたが、バスを降りたしらび平ではロープウェイを1時間待つことになった。しかし、混雑していても空いている駐車場に案内されたり、ロープウェイ待ちには整理券を配るなど対応はきちんとしていて、いやな感じはしない。

ロープウェイを降りて千畳敷カールの中をしばらく歩いて登りにかかる。雪渓は以前、同じ時期に来たときより多く残っている気がする。シナノキンバイ・ミヤマキンホウゲの黄色い花が彩りを添えている。クロユリも所々に見られるが、コバイケイソウの姿はまったくない。今年はコバイケイソウははずれ年のようだと聞いた。カールの縁を乗越浄土の向けての急登路は大渋滞。高齢者のグループや子どもづれなど、歩くスピードの異なるグループが入り乱れ、そこに下山の人もいるので狭い道はネックになってしまう。混雑は我慢するしかないが、落石を起こしそうな歩き方をする人などがいて、ひやひやする。

120728DSC_0028.JPG 120728DSC_0032.JPG
(左)乗越浄土に向けての急登。(右)中岳方面から見た宝剣岳。

特異な形状の宝剣岳の脇を素通り。今日は家内同行だから登らない。景色が開け、開放的になる。宝剣山荘を過ぎれば、中岳への登り下りを経て木曽駒ケ岳への登り。木曽駒ケ岳山頂も多くの人で賑わっていたが、日差しは強いけれど周囲の展望は雲に遮られてはかばかしくはない。登山道の途中では、それなりの展望が楽しめたのに。帰路は往路を戻った。朝方は肌寒いほどだったが、昼近くになって日陰に入らないと暑いくらいになってきた。千畳敷駅では帰りのローブウェイの整理券を入手し、待ち時間がまたも1時間ほどあったので、ゆっくりとカール内の遊歩道を一周した。非常に混雑した日に出かけた割には、それなりに楽しめたと思う。

120728DSC_0041.JPG 120728DSC_0051.JPG
(左)中岳から見た木曽駒ケ岳。(右)木曽駒ケ岳山頂。
posted by 急行野沢 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(中央アルプス) | 更新情報をチェックする

早太郎温泉[こまくさの湯](駒ヶ根市)

120728DSC_0106.JPG 

帰路は菅の台バスセンターのすぐ近くにある「こまくさの湯」で汗を流した。循環の湯で、温泉らしさはあまり感じられなかった。駒ケ岳ロープウェイが混雑していたので、ここもさぞや混雑しているだろうと思ったがそうでもなかった。しかし、木曽駒ケ岳下山にはちょうどよい場所にあり、きれいな施設でもあり気持ちが良い。露天風呂からは木曽駒ケ岳方面の山並が見える。(入浴料金:おとな600円)
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(伊那谷) | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

カヤの平・北ドブ湿原(木島平村)

120708DSC_0303.JPG 120708DSC_0293.JPG

雨模様の天気なので、あまり長く歩かなくてもいいところに出かけようと考えて、カヤの平に出かけてみた。何年か前には、季節をかえて年に何回も訪れたこともある。国道403号線が山ノ内町と木島平村の境界を越えるあたりから東の山中に長い林道を車でたどる。駐車場のある総合案内所から北ドブ湿原までは30~40分ほど歩けば到達できる。駐車場には10台ほどの車がとまっている。キャンプに来ているグループが幾つかあるようだった。

山道の両側のブナの美林を眺めながらゆっくりと登って行く。西コースと東コースがあるが双方は途中で合流する。私はだいたい西から登って東に下ることにしている。北ドブ湿原はニッコウキスゲの咲く頃が一番はなやかな季節。それにはまだ早いけれど、ワタスゲが湿原を覆っていた。ブナ林や湿原を霧が流れて行く風景は幻想的。そのうちに雨が強くなったので、湿原を後にした。
posted by 急行野沢 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の散策(花・湿原など) | 更新情報をチェックする

蕨温泉[ふれあいの湯](高山村)

120708DSC_0313.JPG 

カヤの平の帰りに、高山村の蕨温泉に寄ってみる。以前、入ったことはあるのだが、その時の印象があまり残っていなかったので再訪の機会を探っていた。
敷地内には食事処や売店などもあり、道の駅のような雰囲気で賑わっている。駐車場に車は多かったが、浴室内は混雑はしていない。やや薄暗い内湯や展望が開ける露天風呂など、浴室のつくり方はけっこういいと思う。いろいろな温泉サイトでは、循環にもかかわらずけっこう高評価しているものが多い。ただ、私の体質にはこの湯はあわないようだった。(おとな:300円、浴室内にシャンプー・石鹸などはない)
posted by 急行野沢 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(北信濃) | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

白馬八方温泉[第一郷の湯](白馬村)

120701DSC_0247.JPG 120701DSC_0252.JPG

白馬村の中心部にある温泉はすべて入った気がしていたが、どうやらこの第一郷の湯は入っていなかったようだ。所用で白馬に出かけたついでに入って帰ろうとして、まったく記憶にないことに気がついた。白馬方面にスキーに来たときに第二郷の湯などに入って、第一郷の湯にも入った気になっていたようだ。

源泉掛け流しのつるつるの湯。スキーシーズンなどには大混雑するのだろうが、梅雨空の日曜の夕刻に訪れたら、ガラガラだった。(おとな入浴:500円)
posted by 急行野沢 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(白馬山麓・大町) | 更新情報をチェックする