2015年08月23日

<群馬遠征> エビ山~弁天山(群馬県中之条町)

150823DSC03416.JPG 150823DSC03460.JPG
(左)エビの見晴台。足元にはアキノキリンソウ。(右)弁天山山頂。

野反湖ビジターセンター・駐車場830-842キャンプ場分岐-930エビ山940-1030湖畔への分岐-1043弁天山1053-1104富士見峠1110-1150エビ沢分岐1217-1147キャンプ場-1302ビジターセンター

野反湖からカモシカ平・大高山方面に足をのばそうと出かけたが、霧雨が降りしきる天気なのでハードな山登りをする気にはならない。しかし、このまま帰るのも癪なので、別の計画を考える。野反湖西岸のまだ歩いていない部分(エビ山から富士見峠まで)を歩いてみようと思い立つ。

野反湖北端のビジターセンター前に駐車。西岸湖畔の遊歩道を歩くとやがてキャンプ場。キャンプ場内の標識のある分岐で右折し、エビ山への登りにかかる。少々笹がうるさいところもあるがカンバ類と針葉樹の中を登る。途中、「エビの見晴台」という小ピークあたりからは周囲も開けた感じになるが、一面の霧雨で展望は皆無。足元を彩るのはもっぱら黄色いアキノキリンソウ。

やがてエゾリンドウやハクサンフウロも見られるようになってエビ山山頂。ここからは南の弁天山方面に向かう。いったん下って緩やかになるとダケカンバの美林、さらに下った弁天山との鞍部からは一瞬霧が晴れて湖面が顔を見せる。笹原に樹林が点在する風景が美しい。左に湖畔への道を分け、だらだらした登りで弁天山へ。登りが緩むと再び左に湖畔への分岐、さらに右に花敷への道を分け、左に巻道を分けた後、ちょっと急登すると弁天山。普段は展望が素晴らしいのだと思う。

150823DSC03465.JPG 150823DSC03497.JPG
(左)富士見峠付近の花畑にはマツムシソウ。(右)ダケカンバの美林。

富士見峠への下りは、傾斜が緩むとお花畑が広がる。目立つのはマツムシソウ。富士見峠からは、湖畔西岸の遊歩道を歩いてビジターセンターに戻る。この道は以前一度歩いたことがあるけれど、ダケカンバの林が美しい。キャンプ場の手前では、ヤナギランが咲き乱れていた。途中、雨が晴れたときもあったけれど、ビジターセンターに着く頃には雨は一層激しくなってきた。
posted by 急行野沢 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(志賀草津・苗場) | 更新情報をチェックする

<群馬遠征> 京塚温泉(群馬県中之条町)

150823aDSC03515.JPG 150823aDSC03528.JPG

野反湖からの帰路には、京塚温泉に立ち寄る。野反湖方面からの帰路、国道沿いに「京塚温泉露天風呂」という案内板が出ていて以前から気になっていた。案内に従って車を進めると介護施設の建物の裏に、仮設風の建物と露天風呂があったけれど鍵がかかっている。貼り紙には近くの3箇所の店舗・施設の名前が書いてあり、そこで入浴券を手に入れるようにと書かれている。国道との分岐にある豆腐店は「本日休業」。途中に「くじら屋」という看板があったことを思い出し、その宿泊施設に行って入浴料を支払い、鍵を借りた。

扉の鍵を開けると、屋根が架けられた割と大きめの露天風呂。向こう側は川が流れている。湯は浴槽ではやや青っぽく見えるが、無色透明なのだと思う。花敷温泉とおなじ源泉のようだ。竹筒の湯口から滔々と湯が注がれている。少しトロトロする感じ。洗い場も仮設風に一端につくられている。しっかり施錠管理されているけれど、全体にあまり清潔で綺麗という印象でないのが少々残念。以前は隣接する内湯にも入れたようだが、そちらは「会員のみ」と書かれていたので、地元の方専用になったようだ。(入浴:500円)
posted by 急行野沢 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(群馬県) | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

烏帽子岳[市民の森コース](東御市/上田市)

上田市民の森・駐車場811-831林道終点-928殿城山分岐-1000すずめ石-1030烏山林道(最初の交差)1035-11227回目林道交差1127-1150角間分岐-1215烏帽子岳山頂1306-1323角間分岐1328-1338最上の林道交差-1402烏山林道(最下部林道交差)1407-1425すずめ石-1452殿城山分岐1457-1548林道終点-1605市民の森・駐車場

150815DSC_0001a.JPG 150815DSC_0005.JPG
(左)市民の森の園地内。左のゲートのある舗装林道を進む。(右)すずめ石。ここまでで2時間弱。

5月に2回、烏帽子岳に登っているけれど、市民の森ルートの最初の部分をショートカットしたような登り方だったので、ちょっと後ろめたい感じがしていた。いつか最初から歩いてみたいと思っていたので、夏休みの一日、出かけてみた。

上田市民の森の広い駐車場に車をとめて園地内中央の舗装道を上って行く。途中、左に「殿城山」を示す案内板があるが、そこで曲がらず、その先の左に分岐する車止めのある舗装林道に入る。「烏帽子岳」を示す案内板が木の枝に隠れてわかりにくい。20分ほどで舗装林道は終わり登山道となる。山腹の右を巻いて、最初は水平道だが少しずつ勾配は増していく。アカマツからカラマツ・雑木の混交林の中、少々ヤブがちなところもあるが道は歩きやすい。この先、殿城山分岐までは以前に歩いたことがあるけれど、アップダウンがあって時間がかかった。

150815DSC_0010.JPG 150815DSC_0015.JPG
(左)7回目林道交差の手前には白樺の樹林帯。(右)角間分岐の先、樹林帯が途切れ展望が開ける。

分岐の先の1276標高点からは大きく下って荒れた林道にいったん出る。林道はすぐに終点となり再び登山道へ。その先、右手に「すずめ石」と呼ばれる石があらわれる。だらだらとした登りが続く。このあたりまでで、歩き始めて2時間。やはりちょっと前半部分が長すぎる。やがて、烏山林道と交錯する。都合7回林道と交錯しながら標高を上げていく。白樺の樹林帯が見られるようになると、少し元気がでてくる。

角間温泉からの道が左から合流し、山頂方向や四阿山が見える。その先わずかで、樹林帯を抜け、展望が開ける。お花畑というほどではないが、そこここに花々が咲いている。マツムシソウ・ハクサンフウロ・ヤナギラン・ウスユキソウなど。岩稜の急登をこなせば烏帽子岳の山頂にたどり着く。湯の丸側からは多くの人が登ってきていたが、私と同じルートで登った人はいないようだ。もう少し速く歩けるかと思ったけれど、4時間かかった。少し雲が多いけれど、360度の展望が広がっていた。下山は往路を戻った。

150815DSC_0024.JPG 150815DSC_0026.JPG
(左)烏帽子岳山頂。背景は四阿山。(右)烏帽子岳山頂から湯の丸山・籠の登山・浅間山方面。
posted by 急行野沢 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(四阿・湯の丸・浅間) | 更新情報をチェックする

真田温泉[ふれあい真田館](上田市)

150815aDSC_0044.JPG 150815aDSC_0045.JPG

烏帽子岳から下山後は、真田温泉「ふれあい真田館」で汗を流す。温泉として優れているかどうかより、できるだけ下山地に近い温泉に立ち寄った方がいいと諭され、最近はできるだけそうしている。いくら良い温泉であっても、下山後に汗が乾いてからたどり着くようでは意味がないのかもしれない。

加温・循環で泉質を云々する施設ではないかもしれないけれど、こういう整った施設の方がありがたいことも多い。塩素臭がやや気になったけれど、ちょっとぬめり感のする湯は、そんなに悪くはないかなとも思った。(おとな入浴:500円)
posted by 急行野沢 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(上田・小県) | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

ダン沢の頭(山ノ内町/群馬県中之条町)

白根開善学校先・林道ゲート822-904馬止・登山口-1038一つ石1043-1109オッタテ峠(稜線)1115-1205ダン沢の頭1227-1300オッタテ峠1305-1332一つ石1345-1436馬止・登山口-1515林道ゲート

150802DSC03181a.JPG 150802DSC03197.JPG
(左)馬止・登山口。(右)正面に一つ石のピークが見える。急な登りが続く。

真夏なのでせめて標高2,000m以上の山に登りたいと調べていたら、目に付いたのがこのダン沢の頭。志賀高原(赤石山)から野反湖(高沢山)にかけての稜線はササが深い篤志家向けのルートだと思っていたけれど、刈り払いがされているという情報もあり、そのあたりも確かめたいと思った。

旧六合村(現在は中之条町に合併)の白根開善学校の奥の林道ゲート前に邪魔にならないように駐車。ここから林道を40分ほど歩けば、右手に標識の立つ馬立と呼ばれる登山口。ここから鷹巣尾根と呼ばれる尾根を登っていく。カラマツの中、やがて広葉樹も混在し、道ははっきりして歩きやすい。ツリガネニンジンやアカモノなどが足元に咲いている。標高1450mほどの案内標柱のある場所で初めて右手が開ける。その先も樹林帯の中を進むが、少しずつ樹林は低くなりササ原と樹林の中を交互に進むような感じに。やがて、正面に一つ石のピークが見える小さな平地に出る。

150802DSC03205a.JPG 150802DSC03211a.JPG
(左)一つ石では、東側の展望が開ける(薄雲でほとんど何も見えなかったが)、(右)オッタテ峠で主稜線に飛び出す。向こう側の標識のある場所に左から鷹巣尾根の道が合流している。

この先、一つ石までの登りが少々苦しいところ。案内標識が立つ一つ石では、東側が開けているが薄雲が多くて遠望ははっきりしない。一つ石からは針葉樹林帯の中の道が続く。少し勾配は緩んだ感じで、右手遠くに天狗原の湿原が見えればほどなくオッタテ峠。志賀~野反湖の稜線に飛び出したことになる。右手は、以前、野反湖からカモシカ平まで来たことがある。今日は左へ。

主稜線上の道ははっきりしていて迷う心配はない。ササが少しうるさい箇所もあるけれどヤブ漕ぎというほどのことでもない。右手には大高山方面が見える。オッタテの峰という樹林の中のピークを過ぎ、いったん下って登り返せば、最後は背丈ほどのササの海の中を登るような感じでダン沢の頭へ。周囲は開けているが、雲が多くて展望はほとんど得られなかった。山頂で休んでいると遠く雷鳴が聞こえた。休憩も早々にして、急いで往路を下山した。

150802DSC03215a.JPG 150802DSC03222.JPG
(左)オッタテの峰への登りから、右手に大高山方面が見える。(右)ダン沢の頭・山頂。
posted by 急行野沢 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(志賀草津・苗場) | 更新情報をチェックする

<群馬遠征>バーデ六合(群馬県中之条町)

150802aDSC_0015.JPG 150802aDSC_0009.JPG

鷹巣尾根から下山後は、東に向かい国道405号に出てバーデ六合に立ち寄る。野反湖方面からの帰り道に看板を見かけていたが、「六合温泉医療センター」と大書きされていて、日帰り入浴ができることはわかっていたけれど旧六合村の健康増進施設ということなので、温泉としての情緒には乏しいのだろうと思っていた。

やはり日帰り入浴は、おまけといった感じの施設で規模は小さかった。洗い場は3つだけで浴槽も4人も入ればいっぱい。露天風呂などもない。湯には大きな特徴はなく無色無臭なのだが、加温加水なしの源泉かけ流し。この暑さで汗まみれになった身体を、すっきりさせることができた。(入浴:おとな400円)
posted by 急行野沢 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(群馬県) | 更新情報をチェックする