2015年12月29日

<新潟遠征> 上越国際スキー場当間ゲレンデ(新潟県十日町市)

151228DSC04976.JPG 151228DSC05004.JPG
(左)当間ゲレンデの入口。当間第1リフト下。(右)手前・当間第5リフト側から前方に第4クワッド・第4ゲレンデ。

長野市近辺のスキー場はどこも雪不足。リフト1~2本稼働がせいぜいといったところ。しかし、せめて年内に1回くらい滑りに行きたいとネットで調べて、上越国際の「全面滑走」の文字を見つける。半信半疑だけれど、とりあえず出かけてみる。ブログタイトルに反して今年も初滑りが長野県外となってしまった。

十日町市にある当間側からの入口はいつもながらローカルゲレンデの雰囲気。当間第1から第2への連絡コースがあまり整備されておらず登りになるためか、当間第1が少しにぎわっていた。今日は当間第4・第5、パノラマ第3を中心に滑った。それよりも表側(長峰・美奈・大沢方面)には足を運ばなかった。

「全面滑走」といういい方はほぼ正しかった。普段からあまり人気のないリフト(当間第8、大沢第2・第3など)は動いていなかったけれど、目くじらを立てるようなことではない。例年よりはるかに雪は少なく。ブッシュの出ている箇所もあちこちに見られた。(マスター5時間券:2,000円)
posted by 急行野沢 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー新潟県 | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

鏡台山~五里ヶ峰(坂城町/千曲市)

林道更埴坂城線・沢山峠931-952富士見台956-1015鏡台山1023-1051沢山峠1054-1113「981標高点」-1140五里ヶ峰1218-1300沢山峠

151226CIMG1530.JPG 151226img001.jpg
(左)沢山峠登山口。左は鏡台山、右は五里ヶ峰へ。

千曲市のあんずの里・森集落から南下して林道更埴坂城線(舗装道)をたどり、千曲市・坂城町境界の沢山峠に駐車。ここから北東にある鏡台山と、南西にある五里ヶ峰をそれぞれ往復登山するお手軽プラン。林道には「積雪及び路面凍結のため冬期通行止」という表示があるが、冬らしくない気候のせいかゲートは開いていた。沢山峠には数台分の駐車スペースがあり、鏡台山・五里ヶ峰への登山口案内板が立てられている。

まずは鏡台山へ。すぐに男坂・女坂の分岐があり「ここから急登」と案内板。左の女坂を登る。急登が緩んだ後、尾根の左側を回り込むようにして富士見台分岐。戻るように岩稜に立てば展望が開ける。短いトラロープの岩の斜面のあたりから熊笹が多くなり、緩急の登りが続く。右手は唐松・赤松、左手は落葉した自然林。熊笹がさらに多くなってくると間もなく鏡台山山頂に到着。訪れるのは3回目になる。西方向の姨捨山・聖山など筑摩山地の山並みが望めるが北アルプスは雲の中。

151226CIMG1558.JPG 151226CIMG1571.JPG
(左)鏡台山登山道。山頂直下。(右)鏡台山山頂。晴れていれば北アルプスまで見渡せるが。

往路を沢山峠まで戻ってから、五里ヶ峰へ。山頂直前まで林道並みの広い道が続く。緩やかな道をたどると送電鉄塔の脇に出る。送電線に沿う道には入らず、前方の981峰を目指す。3つほど小ピークを越えていくが、いずれも右側から回り込むようにして尾根上に登っていく。熊笹やススキ、唐松・赤松・落葉樹が混在して展望はない。

道がやや細くなり尾根上を左から回り込むようにたどると、左に福井・葛尾山からの道が合流。その先、明るい落葉の林をひと登りすれば五里ヶ峰の山頂。こちらも3回目。西側が切り開かれて、眼下に戸倉上山田の街並が見える。遠望の山並は雲に隠れがち。日差しが暖かく、秋の山にいるようだ。そのせいか、こんな年末なのに途中、3人の登山者と会った。

151226CIMG1596.JPG 151226CIMG1602.JPG
(左)五里ヶ峰山頂直下。福井方面からの登山道が合流。(右)五里ヶ峰山頂。

2015年12月23日

大峰山~水晶山~大道山(坂城町/上田市)

林道水晶線・芝峠下958-1003芝峠-1047大峰山1057-1126水晶山-1136芝峠-1206大道山1214-(林道)-1232芝峠下

151223CIMG1483.JPG 151223CIMG1485.JPG
(左)「芝峠へ」という道標がある登山口。(右)尾根上に登りつくと芝峠。

いつまでも寒気も雪も訪れず、スキーに行く気にもならない。坂城の里山歩きに出かける。坂城IC入口直前を左に曲がり、標識に従ってダートの林道水晶線へ。落石と木の枝で道幅が狭い箇所があり、軽四駆でないと厳しい道。4~11月には途中で通行止めになるらしい。途中「芝峠へ」という道標を見ながら、延々と進む。

林道が分岐する箇所に車2~3台の駐車スペースがあり、前方の尾根に向かう登山道入口に「芝峠へ」の標識がある。右へトラバース気味に登れば5分ほどで芝峠。大峰山/大道山を示す標識がある。まず、右の大峰山へ。水晶山への道を2回分岐して直進、緩やかに登る。最初の小ピークは赤松に囲まれ、入山禁止のテープが道脇に張られている。その先に登り返すあたりは雑木や白樺の林相が美しい。道はよく踏まれている。

151223CIMG1496.JPG 151223CIMG1514.JPG
(左)大峰山への登り。(右)西側の展望が開けた大峰山山頂。蓼科山が見える。

小ピークを右に曲がり大峰山山頂へ。祠がひとつあり、西側の展望が開けている。雲が多いので、蓼科・八ヶ岳あたりは認められるものの他は雲の中。右手はカラマツの木々に邪魔されて、北アルプスが見えにくい。芝峠まで戻る。途中、案内標識に従って水晶山に立ち寄るが、松林の中で展望はない。

芝峠から大道山へと向かう。右手を回り込んで尾根にのり、小ピークをひとつ越えて赤松の多い大道山へ。山頂では祠と三体の石像が坂城の町を見下ろしている。西側が切り開かれ北アルプスが眺められる。大道山は西側直下に林道が到達している。この林道をたどって、駐車場所まで戻った。年末近いのに里山には雪もなく、晩秋の趣き。そんな風情を楽しんだ。

151223CIMG1530.JPG 151223map.jpg
(左)大道山山頂から北アルプスの展望。眼下に坂城の町。

2015年12月19日

唐鳥屋山(筑北村・旧本城村/松本市・旧四賀村)

立峠石畳入口(駐車場所)1138-1204立峠-1221唐鳥屋山(唐鳥屋城跡)1304-1317立峠-1325古峠-1350三角点(1070.4m)1400-1415古峠-1425古峠入口(地蔵原)-1440立峠石畳入口

151219CIMG1378.JPG 151219CIMG1390a.JPG
(左)立峠石畳入口。(右)立峠。

昔の善光寺街道は松本平北端(旧四賀村)から筑北の小盆地(旧本城村)に抜けるのに立峠を越えた。峠の北側に位置する乱橋宿からは石畳が敷かれ、現在は村史跡に指定されている。

国道403号を南下し風越峠越えの県道に左折、さらに右手の乱橋の集落の中に車を進める。花川原峠を越えるこの狭い道の右脇に、間もなく「立峠石畳」を指す案内標識があらわれる。近くに駐車して右に分岐するこの石畳の道を歩き始める。石畳は途中で終わるが、その先も道は車両が通れるほど広い。途中、歴史の説明看板、古峠への案内標識、地蔵、コンクリート製の小屋を通り過ぎて小広い立峠へ到着。善光寺街道の要衝であり、かつては茶屋があったという。乱橋宿方面が見渡せる。反対側の岩井堂に向けて登山道が下っている。

唐鳥屋山へは左の尾根にとりつく。落葉の道を登れば、送電鉄塔の下に出て、あとは右・松林、左・雑木の尾根を緩やかに登り下りして「唐鳥屋城跡」という標柱がある唐鳥屋山へ到着。切り開かれていて里山としては良い展望。成長した樹木が少々煩わしい。正面(東)は大洞山、その左は大沢山や四阿屋山、聖山方面、その左の北アルプスは雲の中。右手に虚空蔵山が大きい。

151219CIMG1409.JPG 151219CIMG1430.JPG
(左)唐鳥屋山山頂(唐鳥屋城跡)。(右)古峠は広い鞍部。

立峠まで戻り、反対側(西)の尾根に取り付く。1036mピークを過ぎ下った鞍部は広く、その一角には「古峠」の標柱が立っている。赤テープを頼りに正面に見える尾根に取り付く。左・松林、右・雑木の尾根上に踏み跡は続く。なだらかな小ピークでは、一箇所左の展望が開ける。雑木の美しい斜面の先、正面の岩がちな傾斜のやや右を巻くように登れば、1070.4m三角点に到達。松林と雑木に囲まれて展望はない

来た道を古峠まで戻り、左に折れ、谷状の地形の底をたどるように下る。薄雪のため踏み跡がよくわからない。途中から杉林の中を下ると、地蔵があり「地蔵原」という標柱もある古峠入口の地点に飛び出した。そこからは往路を石畳の入口まで下った。短時間の山行で展望が開ける場所も限られていたが、薄雪を踏みながらの里山歩きは楽しかった。

151219CIMG1441.JPG 151219img001.jpg
(左)1070.4m三角点は樹林の中。
posted by 急行野沢 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(筑北・長野西山) | 更新情報をチェックする

みたらしの湯[麻績村福祉センター](麻績村)

151219aCIMG1480.JPG 151219aCIMG1478.JPG

唐鳥屋山から下山後は、冷え切ったからだを温めたかったので、麻績村の「みたらしの湯(麻績村福祉センター)」に立ち寄る。あまり知られていないが、これはという温泉が思いあたらない地域では貴重な存在。「福祉センター」という名称のとおり、入浴客のほとんどが地元の方のようだった。駐車場にも軽トラが多い。

地元向け施設のせいか、300円という料金がうれしい。小奇麗な施設で休憩室などもあるが、気の利いた食事処などは設置されていない。注ぎ口はほのかな硫黄臭もあり、新鮮な源泉が注がれている。浴槽内は循環と思われ、冷鉱泉なので加温されている。浴室はコンパクトで、洗い場が7箇所、浴槽も5~6人でいっぱい。露天風呂などはないけれど、これで十分という気がする。(おとな入浴:300円)
posted by 急行野沢 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(安曇野・松本・筑北) | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

<山梨遠征> 日向山(山梨県北杜市)

駐車場所1017-1022矢立石登山口-1055「3/10標識」-1131「8/10標識」-1141日向山三角点-1147雁ヶ原1235-1334矢立石登山口-1339駐車場所

日本海側を中心に雪の天気予報が出ているが、山梨方面は天気がよさそうなので、白州の日向山を目指す。国道20号を南下し、「道の駅・はくしゅう」南の白州中学校東交差点を西に曲がる。その先は「日向山」の案内表示に従って尾白川林道に入り、矢立石登山口を目指す。しかし、登山口手前で冬季通行止。ゲート手前に駐車し5分ほど歩いて登山口へ。登山口には10台ほどの駐車スペースがある。

151217CIMG1239.JPG 151217CIMG1260.JPG
(左)矢立石登山口。10台ほどの駐車スペースがある。(右)3/10標識の手前は平坦になり、ヤセ尾根を渡る。

登山道はよく踏まれ、急登もなく歩きやすい。途中、ポイントになる場所があまりないけれど、1/10~10/10まで標識があるので目安になる。最初は赤松の中を左へトラバース気味に進んでから、ジグザグに右手の尾根に登る。広い尾根上の気持ちのよいところで道は左折。やや左を巻きながら尾根上を進む。

深くえぐれた中につけられた道は、やがてカラマツ・雑木混交林の中を行くようになる。いったん勾配が緩んでヤセ尾根を進むと「3/10」標識。左手に巻きながら尾根上を進む。両側の山腹に熊笹が多くなり、整ったカラマツ林の中の登りが続く。「5/10」標識付近ではブナの大木も見られる。標高が上がると小雪が降り始めた。

151217CIMG1272.JPG 151217CIMG1282.JPG
(左)8/10標識で勾配は緩む。(右)雨量計のある山頂手前の鞍部。

「8/10」標識で道は緩み、水平に進んだ後、雨量計のある鞍部へ。小さく登り返し、案内表示に従って右に少し入ると三角点がある。樹林の中で展望はない。登山道に戻って数分進むと、「雁ヶ原」に到着。砂礫地に出て展望が開ける。今日は白砂の上に薄く雪が積もっていて、雪と砂の区別が判然としない。

151217CIMG1285.JPG 151217CIMG1313.JPG
(左)三角点。(右)雁ヶ原。前方は鞍掛山方面。甲斐駒方面は雪雲の中。

一角に「山梨百名山・日向山」の山名柱がある。白砂に岩塔が立ち並ぶ風景は、確かに異様である。花崗岩が風化してできた光景だという。冷たい強風が吹いてバランスを崩しそうなので、危険な場所には近寄れない。正面には雨乞山、右手は晴れていれば八ヶ岳が望めるのだろう。左は鞍掛山、その左の甲斐駒方面は雪雲に隠れている。

強風で体が冷え切ってしまったので、少し戻った樹林の中で休む。登山口の掲示では、錦滝経由下山路は通行止と書いてあった。無理をせず、下山は往路を戻った。

151217CIMG1315.JPG 151217img001.jpg
(左)雁ヶ原の白砂・岩塔の向こうに雨乞山を望む。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(山梨県) | 更新情報をチェックする

<山梨遠征> 甲斐駒ケ岳温泉[尾白の湯](山梨県北杜市)

151217aCIMG1359.JPG 151217aCIMG1366.JPG

日向山から下山後は、すぐ近くにある甲斐駒ケ岳温泉・尾白の湯に立ち寄る。キャンプ場なども備えた広い総合施設「べるが(白州・尾白の森名水公園)」の一角にある。

建物も小奇麗で、浴室にもサウナやさまざまな浴槽が用意されている。露天風呂も2つの浴槽があり、ひとつは赤色の湯。源泉「甲斐駒ケ岳温泉」を使っているという。成分が非常に濃厚なので、内湯やもうひとつの露天風呂は地下水を混ぜているとのこと。循環・加温・加水。源泉は塩分が強く、強い浴感はあった。周囲の眺望はとても素晴らしいところにあると思うが、あいにくと今日は小雪の舞う曇り空。料金はちょっと高い。地元住民は割引価格が設定されていた。(入浴おとな:820円)
posted by 急行野沢 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(その他の県) | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

安曽岡山(上田市)

古安曽登山口920-947吉沢城跡峰(781m)954-1025中間峰(940m)032-1102三角点(1053.4m)-1110安曽岡山1140-1152鞍部-1217林道終点-1236パノラマライン入口-1258古安曽登山口

151213img001.jpg 151213CIMG1106.JPG
(右)登山口。

塩田平の南端を区切る里山のひとつ。このあたりは松茸シーズンが終わる11月中旬以降が登山適期なので、初冬の一日、しみじみとした里山歩きに出かける。平井寺トンネルへの道を南下し、給油所の角を別所温泉方面へ右折。500m先の「まつたけ二幸園」の看板を左折。その先も二幸園を目指して車を進め、左にその建物が見えたら右折してすぐに登山口。駐車は路肩のスペースに。

地元の学校登山が行われるのか、手製の登山口標識がある。松林の中のいきなりの急登。小灌木が混在する道は少々ヤブがかり足元も滑りがち。781m標高点に至って、塩田平の眺望が広がる。吉沢城跡だという。平坦地や堀切など山城の痕跡を感じさせる。岩稜が続き、前方に山頂が見える。

151213CIMG1136.JPG 151213CIMG1148.JPG
(左)吉沢城跡からの塩田平の眺め。(右)吉沢城跡から前方に安曽岡山山頂。

中間峰(940m)に向けて急登が続くが、右手は落葉の雑木林で明るいのが救い。左はアカマツの林が続く。文字の消えたプレートがある中間峰は北方の展望が開ける。ゆるやかな道の後、落葉の山腹を急登する。最後はテープに従って右から回り込んで小ピークに登りつく。道は右折してヤセ尾根をたどった後、雑木林の中を急登し、ゆるんだところに三角点標石。樹林に囲まれた道の真ん中にポツンとある感じ。

151213CIMG1156.JPG 151213CIMG1168.JPG
(左)中間峰(940m)には文字の消えたプレートが木の幹に。(右)三角点は登山道の真ん中に。

ゆるやかな道を進めば山頂に到着。西側はヒノキ林が遮っている。東側は自然林の木の間越しに、わずかに前方の山が見える程度。登山者ノートが備え付けられている。登った急坂を下るのは嫌なので、下山は前山寺方面へ。南に進めば、塩田平の展望がある小ピークを過ぎ、一気に急降下。前方の高ボッチとの鞍部に降り立つ。手製の「高ボッチ・安曽岡山」と書かれたプレートがある。

151213CIMG1176.JPG 151213CIMG1186.JPG
(左)安曽岡山山頂。西側はヒノキ、東側は雑木林に囲まれて展望はない。(右)安曽岡山から南に下った高ボッチとの鞍部。

右折して下る道は判然としないが、テープに導かれてかすかな踏み跡をたどる。踏み跡が右手に巻き気味なので谷の底へ降下すれば、確かな踏み跡とテープが見つかった。苔むした石が転がる谷の底を下っていけば、荒れた林道に出る。やがてよい道になり、左に「弘法山登山口」の案内を見送れば、その先で右折して塩田パノラマラインに入る。この、山麓を水平に走る林道を淡々とたどって登山口に戻った。最初から最後までひとりの登山者にも出会わなかった。

2015年12月05日

四方原山~赤羽の頭(北相木村/佐久穂町/小海町)

東山林道・稜線直下(標高1530地点)登山口1002-1009稜線分岐-1021四方原山1036-1048稜線分岐-1132「1682ピーク」1138-1157赤羽の頭(1689.9三角点)1235-1259「1682ピーク」-1347稜線分岐-1355登山口

151205map.jpg  151205CIMG0914.JPG
(左)登山口までの林道のルート。 (右)登山口。

古い登山ガイドでは、茂来山から四方原山への縦走路がかなりメジャーなコースとして取上げられていたと記憶している。最近は茂来山が単独で取上げられていても、四方原山の名はあまり見ない。こんなヤブ山はいまどきの志向には合わないということか。樹林が育ちほとんど展望が得られないせいかもしれない。

国道141号の小海大橋で東に折れ、北相木村中心部を過ぎて白岩集落から林道に入る。この林道が心配だったが、意外に路面は荒れておらず、問題なく稜線直下・標高1530m地点まで車で入ることができた。ただ車体が枝を払うところが随所にあるから、高級車を乗り入れるのは避けた方がいい。落石や工事などで通行止のリスクも大きいと思う。なお、稜線の反対側(北側)直下によく整備された林道が達しているのが見えた。どこからのものか、通行可能なのかは不明。

151205CIMG0922.JPG  151205CIMG0929.JPG
(左)10分足らずで稜線に飛び出す。 (右)四方原山山頂。樹林に囲まれて展望は木の間越しのみ。

登山口には5台ほどの駐車スペースがある。「四方原山」案内板の矢印の方向には、カラマツ林の中に踏み跡が登っている。赤テープもところどころ。10分もかからずに稜線に出たところに、四方原山・茂来山・東山林道の三方を示す案内板がある。まずは右手(東)に稜線をたどれば、右手に白岩方面からの道を合わせたあとすぐに三角点のある四方原山頂。樹林に囲まれ展望がないことは予習済み。しかし、この季節は、葉を落とした木の間越しに御座山の姿くらいは認められる。

折り返して東山林道分岐まで戻り、さらに茂来山方面に進む。緩やかな道が整然としたカラマツ林の中に続く。お地蔵さんがあるはずだが、気づかず通り過ぎてしまったようだ。雪はまったくない。小ピークをひとつ越え、1600m圏に登り出た後、しばらくすると尾根が広がり雑木・カラマツ林の中の気持ちのよいところに。ただ、踏み跡は錯綜し、右手の尾根に進みがちなところ。左の小さな岩峰を越えて、西の方向を見定めて進みたい。

151205CIMG0948.JPG  151205CIMG0957.JPG
(左)尾根が広がったあたりは気持ちがよいが、道はわかりにくい。 (右)一瞬の樹林の間から、遠く金峰山が望めた。

コブをひとつ越えた後、一瞬左手の展望が開け、金峰山の五丈岩が遠くに見える。右に曲がる尾根を登った1682ピークで道は左折。すぐ下って登り返した小ピークからヤセた尾根をたどった先の大岩のピークからは、北側に浅間山が見えた。大きく下って落葉でフカフカの山腹を登っていけば、赤羽の頭1689.9mに到着。樹林に囲まれて展望はないが、この季節は木の間越しの光が明るい。

あわよくば茂来山まで、と思っていたが、まだ半分くらい。日が短い季節なので、今日はここまで。往路を稜線沿いに戻り、分岐点から東山林道に下った。小さなコブを越えていくのが、帰路には煩わしくなってきた。晩秋初冬がこの山域には最適期と思われるが、山中、ひとりの登山者にも出会わなかった。踏み跡は一部不明瞭であり、赤テープや方角の確認が必要な箇所もあった。

なお、「赤羽の頭~茂来山」間の記録は→こちらをご覧ください

151205CIMG0970.JPG  151205img002.jpg
(左)赤羽の頭も樹林に囲まれはかばかしい展望は得られない。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

海ノ口温泉[元湯ホテル和泉館](南牧村)

151205aCIMG1011.JPG 151205aCIMG1018.JPG

四方原山から下山の後は、海ノ口へ。お世辞にも活気があるとはいえない温泉地。そんな海ノ口温泉で、たぶんただ1軒だけ営業を続けている湯元ホテル和泉館の玄関に「ご入浴できます 500円」と書かれていた。フロントで声をかけても誰も出てこない。「人がいないときは入浴料はこの中に」と書かれた箱があったので、そこに500円を入れ、長い廊下を通って浴室に向かう。他に客の姿は見あたらない。

季節によっては露天風呂に湯を入れることもあるのだろうか。今日は内湯のみ。小さな浴槽のひとつに源泉が注がれている。茶色の湯の花が舞い鉄分の香りがする湯。沸かしてない源泉なので温い。大きな浴槽は、よくわからなかったがサラ湯かもしれない。源泉をもっと生かして集客をはかる方法があるのではないかと思った。(おとな入浴:500円)
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(佐久・東御) | 更新情報をチェックする