2016年08月31日

仙丈ケ岳(伊那市/山梨県南アルプス市)

仙流荘605=(南アルプス林道バス)=655大平山荘前
大平山荘700-(薮沢新道)-805薮沢渡る-903馬の背ヒュッテ913-1002仙丈小屋-1025仙丈ケ岳1120-1210小仙丈ヶ岳1215-1255五合目(大滝ノ頭)1300-1420北沢峠1430-1440大平山荘[泊]

北沢峠付近に一泊して仙丈と甲斐駒に登るプラン。選んだ山小屋は、地の利はやや悪い大平山荘。昔ながらの雰囲気で比較的すいているとあったので。電話をすると小屋の小母さんに「甲斐駒は時間がかかるから、2日目にして早立ちした方がよい。1日目を仙丈にしなさい」と諭された。素直にそれに従う。

160831CIMG6888.JPG 160831CIMG6919.JPG
(左)薮沢新道。最初は樹林帯を進む。(右)薮沢沿いの道。ナナカマドが赤い実をつけていた。

仙流荘のバス乗場は、8月末の平日なのに意外と人が多かった。バス3台で50~60人だろうか。大平山荘前で下車。不要な荷物を小屋に預けて薮沢新道から仙丈ケ岳を目指す。薮沢沿いに登るのは少数派だろうが、時間的なことだけ考えると小仙丈経由より楽だと思う。最初は針葉樹林帯の緩やかな道。左の山腹に急登して、その先で次第に右手の沢音が大きくなる。

沢沿いの道になり丸太橋で右(左岸)に渡ったあたりでは、ミヤマシャジン・トリカブト・アキノキリンソウなどの花々。ナナカマドが赤い実をつけている。ときどき高巻きながら沢沿いに進めば、谷状の地形の前方が開けてくる。ただ、山頂方面は霧に隠れている。左に薮沢小屋への道を分け、沢を離れて右の山腹を登る。鹿除けネットがあるダケカンバ林の緩やかな登り。

160831CIMG6945.JPG 160831CIMG6957.JPG
(左)馬の背から仙丈小屋への登り。山頂部はまだ霧の中。(右)仙丈小屋付近まで来ると霧が晴れて薮沢カール全体と山頂が見えた。

途中、馬の背ヒュッテで一息入れて登れば、馬の背の稜線に出る。丹渓新道を右に分け左に進めばハイマツ帯に入り、振り返れば甲斐駒・鋸岳の展望が開ける。前方の山頂付近はまだ霧の中。かすかに見える仙丈小屋を目指し、稜線から左手の山腹を登る。沢沿いの草原状の道となって仙丈小屋まで来ると、霧が晴れて薮沢カールの全貌と山頂部の姿が見えた。

160831CIMG6977.JPG 160831CIMG7020.JPG
(左)山頂への登りから見た鋸岳・甲斐駒。眼下の薮沢カールに仙丈小屋が見える。(右)仙丈ケ岳山頂。背景は中央アルプス。

カールの右手を登り、山上稜線に出たら左へ。そして思っていたよりもスムースに、仙丈ケ岳の山頂に到達。霧もどんどん晴れて素晴らしい展望となった。北に鋸・甲斐駒・八ヶ岳、その右に鳳凰三山。富士山・北岳・間ノ岳の標高トップ3も並び、中央アルプス・伊那谷も。1時間弱もこの眺望を楽しんだ。山頂には10数人程度の登山者。

160831CIMG7023.JPG 160831CIMG7034.JPG
(左)仙丈ケ岳山頂からの眺望。左に鳳凰三山、中央奥に富士山、その右に北岳・間ノ岳。(右)小仙丈ヶ岳への道から仙丈ケ岳山頂部を振り返る。山頂は一番右。

下山は小仙丈ヶ岳経由。2~3の小ピークの左を巻いた後、仙丈小屋への巻道を左に分けハイマツ帯の下り。岩を攀じた後、小仙丈ヶ岳まで緩やかな稜線歩き。右手に小仙丈沢カールが広がる。小仙丈ヶ岳からの下りは六合目から針葉樹林帯に。薮沢小屋分岐の五合目を過ぎ、ひたすら下り北沢峠へ。さらに伊那側に下って大平山荘へ戻る。宿泊者は6人だけで、ひとりで畳6畳分を占有することができた。

160831CIMG7050.JPG 160831img001a.jpg
(左)小仙丈岳から見た仙丈ケ岳山頂部と小仙丈沢カール。

[参考]
南アルプス林道バス 仙流荘~北沢峠 片道 1,130円+荷物料金210円
大平山荘 1泊2食 8,500円
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(南アルプス) | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

<関西遠征> 大台ヶ原山(奈良県上北山村/三重県大台町)

[往路アクセス]大阪阿倍野橋740~(近鉄特急)851大和上市900~(奈良交通バス)1051大台ヶ原 [山歩き]大台ヶ原登山口(ビジターセンター)1055-1125日出ヶ岳1140-1200正木峠-1215尾鷲辻-1225牛石ヶ原-1235大蛇嵓1308-1335尾鷲辻1340-1410ビジターセンター [復路]大台ヶ原1430~(奈良交通バス)1621大和上市~橿原神宮前~京都~金沢~長野

160CI820MG6704.JPG 160820CIMG6716.JPG
(左)大台ヶ原バス停。広大な駐車場となっている。前方に見えるビジターセンターの脇が日出ヶ岳への登山口。(右)木製の階段を上って展望台のある日出ヶ岳山頂へ。

大阪に出張する用件があり、ついでに調べると、大阪を朝出発すれば大台ヶ原に登り、その日に長野まで帰れることがわかった。用件を済ませ1泊した翌朝、阿部野橋から近鉄特急に乗り大和上市へ。そこから奈良交通バスに2時間弱揺られ大台ヶ原へ向かう。周辺の地名は谷崎潤一郎の「吉野葛」を思い起こさせた。

標高2,000mに足りないので真夏に登るのもどうかと思っていたが、バスの座席は半分以上、埋まっていた。バスは山深い急カーブの連続する道を上っていく。伯母峰を過ぎると大峰方面の累々たる山並みが望まれた。といっても地理感に乏しいので、山名同定などとてもできない。バス終点は広大な駐車場。一角のビジターセンター脇が登山口。

160820CIMG6724.JPG 160820CIMG6748.JPG
(左)日出ヶ岳山頂の展望台から大峰方面の眺め。(右)正木峠付近から見た日出ヶ岳。

最初しばらくは水平道。周囲はトウヒなど亜高山的な針葉樹林で、足元をササが覆う。石段状の登りとなり稜線に出て左折、木製階段に息を切らし笹原に開けた日出ヶ岳山頂に到着。大台ヶ原の最高峰である。木製の展望台に上れば360度の展望が開ける。東側は雲が多く、熊野灘も見えず展望は閉ざされがち。西側には大峰方面の広大な山並みが広がっている。

160820CIMG6758.JPG 160820CIMG6771a.JPG
(左)正木峠から南へ木段の下り。(右)牛石ヶ原。

分岐まで戻り低木のトンネルのような中、木道の登りで好展望の笹原の正木峠へ。振り向くと日出ヶ岳が見える。木の階段を急降下し緩い登り下りで枯木が印象的な正木ヶ原へ。日差しは厳しいけれど、風は涼しく気持ちがよい。針葉樹林の中を歩き四阿のある尾鷲辻、さらに笹原と樹林帯が交互にあらわれて神武天皇像がある牛石ヶ原。すぐ先の分岐を左に進み、岩がちの道を下れば大蛇嵓。足元が切れ落ちた岩場で、前方の展望が素晴らしい。

帰路は尾鷲辻まで戻り、ほとんど水平道といってよい中道を、樹林帯の中、美しい苔など見ながらビジターセンター(バス停)まで戻る。全体として、急な木製階段もあるものの、ほとんど緩やかな歩きやすい道。ちょっと登山というもの憚られるほど。家族連れなどにはちょうどいいかもしれない。信州とは違った大台の自然を感じることができたが、登山口までの交通アクセスに非常に時間がかかった。(バスは季節運行で曜日により時間が異なるので確認が必要)

160820CIMG6772.JPG 160820img001a.jpg
(左)岩場の先が切れ落ちて展望が広がる大蛇嵓。

[参考]奈良交通バス 大和上市駅~大台ヶ原 片道2,000円
posted by 急行野沢 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(西日本) | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳(大町市/富山県立山町)

第1日[8月7日]扇沢・柏原新道登山口555-705ケルン710-823水平道828-929種池山荘1003-1047爺ヶ岳南峰1052-1111爺ヶ岳中峰1155-1220爺ヶ岳北峰下-1253冷乗越1258-1315冷池山荘[泊]
第2日[8月8日]冷池山荘527-622布引山627-708鹿島槍ヶ岳(南峰)743-815布引山-900冷岳山荘918-932冷乗越-1004爺ヶ岳北峰下-1027爺ヶ岳中峰下-1037爺ヶ岳南峰下1045-1112種池山荘1140-1228水平道-1318ケルン1327-1418柏原新道登山口

160807CIMG6344.JPG 160807CIMG6416.JPG
(左)柏原新道から針ノ木岳方面を望む。(右)爺ヶ岳への登りから振り返ると眼下に種池山荘、立山・剣岳が雲の中から姿を見せる。

柏原新道から爺ヶ岳・鹿島槍へという後立山入門コース。山小屋の大混雑を避けて日曜泊のプランとした。朝5時半に扇沢手前の登山口に到着。登山口の少し上にある無料駐車場には何台分かの空きがあった。もっと遅い時間に歩き出しても良かったのだが、駐車場の確保に不安があって早めの時間に登山開始とした。今回のコースは道もよく整備されて歩きやすく危険なところもない。

柏原新道は最初、樹林帯の標高差200mを一気に登るが、その後は概ね尾根の左側を比較的緩やかに登っていく。左手の木の間には針ノ木岳方面の展望が得られる。ガレ場を前後に挟むケルンが種池までの1/3程度。左前方に種池山荘の稜線が見える。中間部は水平道という案内板もあり緩やかな道が続く。ガレ場を過ぎて最後に富士見坂・鉄砲坂を登れば、樹林から抜け出し花畑の先の種池山荘に到着。

160807CIMG6453.JPG 160807CIMG6480a.JPG
(左)爺ヶ岳中峰。左に南峰、雲の中に劔・立山。(右)冷乗越から見た冷池山荘。

種池山荘からハイマツの中を緩やかに登ると、背後に立山・劔岳が望める。雲が多くなって左前方の鹿島槍は霞みがち。ガレ場をジグザグに登って巻道から右へひと登りで爺ヶ岳南峰。ここから鹿島槍を展望する写真をよく見るが、霧が多く見晴らしはいまひとつ。鞍部に下って、巻道から再び右に登れば霧の中の爺ヶ岳中峰。南峰よりも立ち寄る人が少ないような気がする。

道は稜線の西側を巻くように下り、北峰は直下を通過する。いったん樹林帯に入った後、ガレた下りとなり少し登り返して冷池山荘に到着。この時間、霧が多く周囲の展望はほとんど得られない。小屋は昨日の土曜日は混雑したようだが、今日は1畳1人程度を確保できてまずまず。

160807CIMG6532.JPG 160808CIMG6571a.JPG
(左)冷池山荘から見た爺ヶ岳。(右)布引山から見た鹿島槍ヶ岳。

2日目は朝食後、余計な荷物は小屋にデポして登り始める。今朝は快晴。すぐ先のテン場を過ぎれば花畑が広がる。その先のハイマツ帯で振り返れば遠く槍ヶ岳や富士山が見える。左手には立山・劔岳。前方に見える鹿島槍はやはりいい山だなと思う。ガレ場をジグザグに急登して布引山。やや下ってハイマツや花の咲く中を少し進んだ後、いよいよ鹿島槍ヶ岳本体への登りとなる。足元はガラガラしているが、危険なところはない。

160808CIMG6578.JPG 160808CIMG6592.JPG
(左)鹿島槍ヶ岳からの展望。手前に爺ヶ岳、遠景には槍ヶ岳。(右)鹿島槍ヶ岳からの劔岳・立山・薬師岳方面の展望。

到着した鹿島槍ヶ岳(南峰)からは360度の展望が広がる。前方には五竜岳方面へと稜線がつながる。西には劔岳・立山・薬師。南には爺ヶ岳・針ノ木など、その向こうに槍ヶ岳が見える。下山は往路をそのまま扇沢へと戻った。途中、爺ヶ岳の各ピークは省略して巻いたが、それでも爺ヶ岳の登り返しはきつかった。冷池あたりからは昨日と同様、どんどん雲があがってきて展望は閉ざされがちとなった。

160808CIMG6600.JPG 160807img001.jpg
(左)鹿島槍ヶ岳から五竜岳方面の展望。

[参考]冷池山荘 1泊2食 9,500円
posted by 急行野沢 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(北アルプス・乗鞍) | 更新情報をチェックする