2016年11月26日

大芝山~霧訪山(塩尻市/辰野町)

善知鳥峠905-1006大芝山1013-1028たきあらし峰-1055北小野新登山道分岐-1120霧訪山1205-1222北小野新登山道入口-1245南沢-1311かっとり城跡-1325小野登山口1335-1400道玄バス停1426=(塩尻市地域振興バス)1431善知鳥峠

霧訪山には9年前に一度登っている。そのときは小野から登って下西条に下山。評判通り山頂の眺望は素晴らしかったけれど、途中の登山道にはこれという印象がない。展望のきく晩秋、今回は登路の変化を求めて積雪の中、善知鳥峠から大芝山経由で登ってみた。道もはっきりしているし、おもな分岐には道標もあって歩きやすい。

161126CIMG9120.JPG 161126CIMG9140.JPG 
(左)善知鳥峠の登山口。手前に10台分の駐車場がある。(右)樹林の中の大芝山山頂。誰も歩いた跡がない。

善知鳥峠分水嶺公園の少し北側にある登山者用駐車場に車をとめる。案内板の脇から登山開始。2日前に降った雪は登山道に10~20cm程度。この先、北小野新登山道分岐まで、誰も歩いた跡はなかった。右手山腹をジグザグに登って送電鉄塔(No.39)から尾根を進んだ後、左にトラバースすれば大芝山への稜線に登りつく。

稜線を左に進めば北斜面の雪の急登となり、送電鉄塔(No.38)の下に出る。少し進んだ次の鉄塔からは南ア・八ヶ岳方面の展望。唐松のやや広い尾根を進んだ後、洞の峰方面からの道が合流する「大芝山の肩」を経て、緩やかな雑木の道を進めば大芝山山頂。樹林の中で展望はない。

161126CIMG9150.JPG 161126CIMG9164.JPG
(左)たきあらしの峰。送電鉄塔下から視界が開ける。途中、随所に道標がある。(右)右手・下西条からの道をあわせると登山者が増える。

緩やかに登り返すと鉄塔のある「たきあらしの峰」に到着。木の間越しに北ア・八ヶ岳などの展望。屋根は左に曲がり、登り返しはトラロープもある滑りやすい雪の急登。小ピークで左から北小野新道をあわせ、その先、右手の下西条の道から、2人の登山者が登ってきた。

男坂に息を切らせた先、傾斜が緩めば程なく霧訪山山頂に到着。さすが眺望が評判の山なので、2日前の積雪にもかかわらず山頂には入れ替わり8人ほどの登山者。天気は快晴。360度の展望が広がる。北アルプスは穂高・槍から後立山まで。美ヶ原・蓼科・八ヶ岳。南アは甲斐駒・北岳・仙丈からずっと南まで。御嶽が煙をあげている。

161126CIMG9187.JPG 161126CIMG9190.JPG
(左)霧訪山山頂からの展望。北アのほぼ全貌が見渡せる。(右)八ヶ岳・蓼科方面の展望。

下山は来た道を途中の分岐まで戻り、北小野新登山道を歩く。赤松の尾根を急降下し送電鉄塔から右の谷へジグザグに降りたら、あっけなく林道に出た。少し林道を進んだ先から右手の山腹をずっとトラバースしていく。送電巡視路を使って周回コースを設定したようだ。

小野からの登山道に合流し、かっとり城跡を経由して赤松の尾根を急降下。小野登山口に下り、塩尻市地域振興バス(本数少ない・冬期は日祝運休)に乗って善知鳥峠に戻った。善知鳥峠から大芝山を経由して、少しは歩きごたえのある山行になった。積雪後でも登山者がいるだけあって、山頂からの眺望は素晴らしかった。

161126CIMG9209.JPG 161126img001.jpg
(左)北小野新登山道を下り山腹をトラバースして「かっとり城跡」の少し上で小野からの登山道に合流。

[参考]塩尻市地域振興バス 100円
posted by 急行野沢 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(諏訪伊北) | 更新情報をチェックする

岡谷温泉[ロマネット]

161126aCIMG9228.JPG

霧訪山から下山後の立ち寄り湯は、最寄りの温泉ということであれば辰野の荒神山温泉[湯にいくセンター]あたりに足を運ぶところ。ただ何回も訪れたことがあるので、今回は岡谷のロマネットへ。写真などで見て、古代ローマを思わせるような円形の浴槽がずっと気になっていた。地元の人たちにとっては馴染の施設だろうが、今回が初訪。その理由は岡谷付近に下山することがあまりなかったから。

円形の浴槽の底に小石が敷き詰められていて気持ちがいい。湯は薄茶色で、いわゆるモール泉。循環だけれど泉質は悪くないと思う。浴室の周囲にはステンドグラスがあり、なんとなく雰囲気がいい。洗い場は20箇所、サウナもある。駐車場も広いし、使い勝手の良い施設だと思う。(おとな入浴:430円=26日「風呂の日」特別料金。通常530円)
posted by 急行野沢 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(諏訪) | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

達磨山(上田市・旧真田町)

真田氏本城跡(駐車場)853-925達磨堂分岐-945送電鉄塔950-1035西尾根-1100達磨山1139-1202西尾根-送電鉄塔1230-1240達磨堂分岐1250-1312真田氏本城跡

161120CIMG8976.JPG 161120CIMG8992a.JPG
(左)真田氏本城跡入口の駐車場。(右)達磨山と達磨堂の分岐。

登山口は真田氏本城跡。大河ドラマ「真田丸」人気で多くの観光客が訪れるようになり、駐車場と綺麗なトイレも用意されている。その一隅に「達磨堂参道入口」の案内板があり、それに沿って山の北側を巻く林道(水路道)を進む。左手はところどころ伐採地。杉林に入り、左に石灯籠があって林道終点、山道に入る。

沢を右下に見て樹林帯を進む。左は松茸山らしく「入山禁止」の掲示とロープが張られている。杉林の中に「達磨堂」「達磨山」の分岐を示す道標があり、左折して山腹に取り付く。ジグザグを繰り返して唐松林を急登し、送電鉄塔の下に出る。鉄塔下の広場からは、西に遠く北アルプスが霞んで見えた。

161120CIMG8997.JPG 161120CIMG9000.JPG
(左)送電鉄塔下からの展望。今日は平地では霧が深く、雲海の向こうに北アルプスが霞んでいる。(右)露岩帯の尾根を進む。

赤松の尾根道から露岩帯を進めば、右手のピーク上に反射板が見える。その先は尾根上の一直線の急登がはじまる。何箇所か大きな露岩から右手の展望。右に大岩がふたつ並んだ場所からは、踏み跡もはっきりしない急登。テープマークを頼りに登る。足元も滑りやすい。最後はやや左から回り込むようにして西尾根に登りつく。

161120CIMG9005.JPG 161120CIMG9022.JPG
(左)足元も滑りがちな超急登が続く。テープマークは随所に。(右)西尾根に登りつけば快適な落葉の稜線を進む。

西尾根に登りつけば傾斜も緩み歩きやすい尾根道に。少し進むと稜線も適度な広さとなり、今日一番気持ちのよい落葉の道になる。落葉に隠れがちな稜上の道を進む。前方の木の間越しに烏帽子岳、さらに進み左が切れ落ちた露岩の上からは一瞬の北アルプスの展望も。いくつか小ピークを越えて行く。赤松林の中の小ピークを越えて、樹林の中に三角点が佇む達磨山山頂に到着。山名標すら見あたらない。

自然林に囲まれてあまり展望は得られない。落葉の木の間から東に烏帽子岳、北に四阿山。下山は往路を戻った。達磨堂へ寄る予定だったが、沢沿いに倒木が多く見えて断念。林道終点に狩猟の人たちがいて、猪を追っているという。松茸と狩猟の季節は避けるべきか。とすると適期は早春だろうか。予想通りひとりの登山者にも出会わなかった。踏み跡は割としっかりとしていて、わかりにくい場所にはテープマークが十分にあった。

161120CIMG9028.JPG 161120img001.jpg
(左)樹林に囲まれた達磨山山頂。三角点があるものの、山名標すら見あたらない。前方に烏帽子岳が見える。

千古温泉(上田市・旧真田町)

161120aCIMG9060.JPG 161120aCIMG9066.JPG

達磨山から下山後は、ごく近くにある千古温泉に立ち寄って汗を流す。以前一度訪れたのは、もう10年も前のことで記憶もあいまい。旧真田町の西の山際にあり、川に面した森閑とした佇まい。受付の人の対応も丁寧で気持ちがよい。

浴室は狭く、3人程度しか入れない浴槽と洗い場が2つ。露天風呂はない。加温した湯を掛け流している。ほのかな硫黄臭が漂い、ややぬめり感のある青みがかった湯。マンガンの含有分が多いらしく、洗い場の器具などに触れると指が黒くなる。泉質の良さは魅力的。浴室の窓の外には紅葉が広がっていた。(おとな入浴:500円)
posted by 急行野沢 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(上田・小県) | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

栂峠~新三郎~ぶどう岳~ぶどう峠(北相木村/群馬県上野村)

和加志湖畔駐車スペース816-923林道から登山道へ-950栂峠956-1025新三郎1045-1131送電鉄塔1202-1227ぶどう岳1234-1308ぶどう峠1318-1421和加志湖畔

信州東端と関東を隔てるいくつかの峠を思うとき、連想するのは大島亮吉の著書。登山をはじめて間もない頃、そこに記された古き良き時代の山旅には憧憬を感じた。今日はそんな上信国境の稜線歩き。踏み跡はどの程度なのか、少々の不安があった。

161112CIMG8792.JPG 161112img001.jpg
(左)林道栂峠線から山道へのとりつき地点。

県道124号で北相木村の中心部を過ぎ、人造湖の和加志湖畔へ。湖畔のスペースに駐車する。県道から左に分岐するダートの「林道栂峠線」を歩きはじめる。唐松林の中、林道は栂峠川に沿って上って行く。林道は標高1470m付近で終点となるが、その少し手前の左手に「栂峠」という北相木村の案内板と「西群馬幹線」という送電線巡視路の入口表示がある。ここから山道に入る。

161112CIMG8806.JPG 161112CIMG8809.JPG
(左)熊笹の中に地蔵が佇む栂峠。(右)栂峠から南方向を見る。新三郎へのとりつきはわかりにくいが、コンパスを頼りに進み、シャクナゲ群生地の中の登山道を見つける。

巡視路らしい階段状の登りを3~4回ターンすると右手の熊笹の中にはっきりした踏み跡を見つける。唐松と熊笹の気持ちのよいこの道は、山腹をずっとトラバースして栂峠まで進んでいく。途中、尾根の突端を回り込むところに社があり、「栂峠」を示す標識も何箇所か。やや左上に登ってお地蔵様の佇む栂峠に到着。十石峠方面からの古い林道が達している。

栂峠付近は平らな地形で方向が定めにくい。林道を南に向かい、大きく左折する手前で赤テープに従い真っすぐ前方(南の方向)に入る。赤テープはそのまま前方の谷に降りていくので、右手前方のピークを見ながら右寄りに軌道修正し、青いテープを見つけシャクナゲ群生地に到達。ここからはシャクナゲの中のはっきりした登り道となる。花の咲くころはさぞかしと思わせる。途中の岩峰を右に巻き、岩のヤセ尾根を辿って、三角点のある新三郎の山頂に到着。何はともあれ本日の最高峰である。

161112CIMG8833.JPG 161112CIMG8837.JPG
(左)三角点のある新三郎の山頂。(右)南・西の展望がある新三郎。南側正面には御座山。

新三郎の展望は南に御座山、西に茂来山、八ヶ岳・蓼科が雲間に見える。稜線は左折し東へ向かう。痩せた岩場の稜線を急降下、2つめの岩頭のピークは右下に大きく巻いて下る。ここはテープはなかった。この付近から1628ピークの前後にかけては、落葉した広葉樹の明るく気持ちよい稜線。そのまま尾根伝いに東へ直進しそうになるところ、「安曇野幹線2号線197号・198号」の標識で右へ急降下する(197号の方向に進む)。下った鞍部には送電鉄塔が2基。

161112CIMG8875.JPG 161112CIMG8904.JPG
(左)「安曇野幹線2号線」の標柱がある。ここは直進せずに右に下る。(右)送電鉄塔下からの西方向の展望。左は御座山、右は茂来山、正面奥に八ヶ岳。

全体として展望が優れない山域だが、この送電鉄塔の広場からは正面にぶどう岳、御座山、右手に八ヶ岳、左手には西上州の山並みを望む。登り返して樹林の中で展望のないぶどう岳山頂へ。その先は岩が多い下り。途中の岩頭で南側の展望が開けるが、右下に巻き気味に急降下してぶどう峠に下りつく。あとは県道(舗装道)を1時間歩いて加和志湖に戻った。ぶどう峠に自転車をデポしておく手もあると思う。

161112CIMG8898.JPG 161112CIMG8918.JPG
(左)送電鉄塔下から東方向には西上州の山並が広がる。目を引くのは両神山。(右)樹林の中のぶどう岳。

コンパスで方向を確認しながら、稜線を外さなければさほど困難はない。ポイントは、栂峠から新三郎への取り付きと、送電鉄塔手前の分岐。岩場の下りで直進困難となる箇所は、どこも右(西側)を巻く。木の枝につかまりながら進む急傾斜も随所にあったが、思っていたよりも踏み跡ははっきりしていた。予想していた通り、今日はひとりの登山者にも会わなかった。
posted by 急行野沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

海の口温泉[鹿の湯旅館](南牧村)

161112aCIMG8962.JPG 161112aCIMG8967.JPG

ぶどう峠方面からの帰路、温泉に立ち寄りたかったけれど、「八峰の湯」や「灯明の湯」あたりは何回も訪れているので、少し大回りをして海の口温泉「鹿の湯」へ。初めての訪問。国道141号沿いにあまり目立たない看板が出ていて、そこからわずかに西側に入ったところにある。

外観は鄙びた温泉旅館。しかし、宿の人の対応は親切で、建物内も清潔で綺麗。浴室には洗い場が4つと内湯の浴槽。露天風呂はない。独自源泉で循環加温の湯。少しぬるすべ感があるくらいの無色無臭で強い特徴はないが、浴感は意外と良くて、気持ちよく汗を流すことができた。国道から少し入っただけなのに山間の一軒宿のような雰囲気を感じた。他に客の姿は見あたらなかった。(おとな入浴:550円)
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(佐久・東御) | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

大林山~八頭山(千曲市/筑北村/上田市)

坂上トンネル東入口847-925反射板930-1014九竜山-1038大林山1120-1150岩井堂分岐-1205県道への分岐1210-1230八頭山1235-1247県道への分岐-1320坂上トンネル東入口

11月に入ったので低山に足を運んでもいいだろうと考え、大林山に向かう。過去に2回登ったことがあり一度は岩井堂へ、もう一度は氷沢側へ下山した。今回はネット上の山行記録などを参考に周回コースをたどってみた。戸倉上山田から筑北村へ抜ける県道55号線、千曲市と筑北村の境にある坂上トンネル東入口の広いスペースに車をとめる。

161105CIMG8674.JPG 161105CIMG8680.JPG
(左)旧道32号カーブからの登り口。(右)尾根上に出ると反射板がある。

一隅に「八頭・大林登り口」の案内板があり、ここから杉林の中を登れば数分で旧道(舗装道)に出る。今日は左に下り気味に進み、登り口の案内板とカーブミラーのある32号カーブから右手の山腹にとりつく。杉林の直登は途中2回林道を横切って尾根に至る。するとすぐ右手には大きな反射板。切開かれて四阿山方面の展望が得られる。

161105CIMG8694.JPG 161105CIMG8701.JPG
(左)トラロープが張られた尾根上の急登を行く。(右)左から尾根が合流し、風越分岐の道標がある。

すぐ先で右に巻道の登山道を分けて今日は尾根伝いの道を進む。ヒノキ林の中の尾根の直登。踏み跡がわかりにくいところがあるが、赤テープを見ながら尾根を外さなければ問題はない。再び右に踏み跡を分けると、今度はトラロープが張られた超急登。色づいた木々に気を紛らわせる。左から顕著な尾根が合流し、風越分岐の道標がある。その先すぐ「九竜山山頂」の標識がある。1168標高点を示すものか、斜面の途中にあり山頂とは呼べないところ。

その先は道形もしっかりした尾根上の道を登る。室賀小・学校登山の「8合目」「9合目」のプレートを見ながら登れば、左の視界が開け傾斜も緩んで大林山山頂の小広場に飛び出す。以前よりも草木が茂りヤブがちになった印象があるものの、ここからの展望は素晴らしい。今日は快晴。展望の主役は山名標の背後に連なる北アルプスの山並み。右は白馬から左は槍ヶ岳まで、正面は鹿島槍と五竜。その右には妙高・戸隠の山々。振り返ると蓼科山や八ヶ岳などが霞んでいる。

161105CIMG8717.JPG 161105CIMG8718.JPG
(左)大林山山頂。背後には北アルプスの展望が広がる。(右)大林山から南側の展望。蓼科・八ヶ岳方面が霞む。

下山は南西側の尾根を下り、小ピークの道標で右折。尾根を下ってから右へ延々とトラバースする。こちらが通常の大林山への登山路。歩きやすい道が続く。右へ岩井堂への道を分け、鞍部へと下る。未踏の八頭山へここから往復する。唐松林の容赦のない一直線の登りをこなし、樹林に囲まれた八頭山山頂へ。鞍部まで戻って、大きく折り返しながら旧道への道を急降下する。旧道の37号カーブに出て、駐車場所に戻った。

今回のルートは尾根上のトラロープの滑りやすい急登が多く、あまり一般的とはいいがたい。初めて大林山に登るなら、37号カーブから八頭山との鞍部(ぽんぽんの平)を経由するルートをお勧めしたい。

161105CIMG8753.JPG 161105img001.jpg
(左)樹林の中で展望のない八頭山山頂。 

戸倉国民温泉(千曲市)

161105DSC_0233.JPG 161105DSC_0232.JPG

大林山から下山後は戸倉上山田温泉で汗を流す。温泉銭湯のような施設がいくつかあるけれど、なんとなく国民温泉へ足が向いた。つくりはまったくの銭湯だが、湯は掛け流しの温泉である。カランやシャワーも温泉。薄緑の湯はほのかな硫黄の匂いで、すべすべした感触を今日は強く感じた。シャンプー・石鹸などは備え付けてないので持参する必要がある。土曜日の午後ということもあって、多くの人が入りに来ていた。(おとな入浴:300円)
posted by 急行野沢 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(千曲・坂城) | 更新情報をチェックする