2017年02月25日

岡谷高尾山(岡谷市)

東雲閣(登山口)1003-1020高尾山(女高尾山)1034-1119展望公園(塩嶺王城パークライン)1130-1151三郡の辻-1157しだれ栗・展望台1232-1256男高尾山1304-1318鈴ヶ入-1333東雲閣

高尾山といっても有名な東京西郊のそれではなく、岡谷市街地の西に位置する里山。調べていたら、偶然にも数か月前の山岳雑誌に掲載されていた。地図上の高尾山は女高尾山とも呼ばれ、その西側隣に男高尾山もある。両方をつないで塩嶺王城パークラインの稜線も組み合わせれば、それなりの道程となるようだ。

170225DSC01860a.JPG 170225DSC01869.JPG
(左)登山口にある四阿風の東雲閣。登山口は前方左側。(右)高尾山山頂から諏訪湖・蓼科・八ヶ岳の眺め。

岡谷市街から辰野方面に向かい県道14号を南下。鶴峰公園の標識を見て右に細い道を入り登っていくと「高尾城跡」の案内板に導かれて、東雲閣という四阿風建物の前に到着、車をとめる。少し戻って左に入ると登山口の標柱。鳥居をくぐり、その先は赤松林の中をジグザグに登る。○合目の標柱が続き20分ほどで高尾山(女高尾山)山頂に。

山頂は東側が切開かれ、眼下に諏訪湖、その向こうに蓼科・八ヶ岳。山頂広場の石祠の裏に踏み跡を見つけ凍り付いた北斜面を下る。凍結した急斜面に思わず一時、軽アイゼンをつける。痩せた吊尾根を渡り、林道から左折し赤松林の防火帯を直線的に登る。本日唯一の登りらしい登り。やや左にトラバースして塩嶺王城パークライン(舗装道・冬期閉鎖)に登りつく。一帯は公園に整備され展望は素晴らしい。北・中央・南アルプスから八ヶ岳。

170225DSC01879.JPG 170225DSC01896.JPG
(左)防火帯の登り。(右)展望公園からの北アルプスの眺め。

車道の左に沿うように中部北陸自然歩道が付けられていて、緩やかな道に雪を踏みながら南下する。野鳥観察らしい人々が車道を歩いている。少しの登りで樹林の中、石祠のある小ピーク「三郡の辻」。階段状に下って小野峠、林道を横切って登っていけばシダレ栗群生地。鉄製の展望台があり、その下でゆっくり休憩。展望台上からは、やや樹林が邪魔だが四周が見渡せる。

170225DSC01906.JPG 170225DSC01922.JPG
(左)塩嶺王城パークラインの左に沿って中部北陸自然歩道がつけられている。(右)シダレ栗群生地とその傍らには展望台と四阿。

小野峠まで戻り、林道高尾山線を北東に進む。男高尾山を示す標識を右折、アカマツ林の水平道を男高尾山へ。送電鉄塔の草地手前あたりが最高点と思われる。展望もなくあっけない感じ。凍結した北面の急下降は危ないので林道まで戻り、雪の谷間の道を鈴ヶ入へ。その先は沢沿いの道を、堰堤を脇に見て下れば意外と早く東雲閣に下りついた。

170225DSC01945.JPG 170225img001a.jpg
(左)男高尾山山頂。鉄塔の下に草地はあるが、展望ははかばかしくない。

ところどころ展望が開ける場所があり、思っていたよりも楽しめた。稜線の舗装道は夏場には車で走れるし、赤松の多い低山であることを考えると、展望のよい初冬早春あたりが適期だろうか。途中出会った登山者は女高尾山登路で1組、パークウェイで野鳥観察会の10人ほど。林道が交錯するなど、わかりにくいところがあるので、地図を確認しながら歩きたい。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(諏訪伊北) | 更新情報をチェックする

矢木温泉(下諏訪町)

170225aDSC01967.JPG 170225aDSC01968.JPG

岡谷高尾山から下山後は、やはり諏訪周辺の温泉に入りたい。下諏訪の矢木温泉に向かう。国道20号沿いに看板が出ている。10台ほどの駐車場があるので訪れやすい。下諏訪町内の温泉銭湯的な施設のひとつ。

タイル張りの浴室に、こうした施設としては広めの湯舟。カランは8箇所。周辺には激熱の湯も多いけれど、ここは適温。無色無臭の湯が掛け流されている。湯にはややぬめり感を感じた。入浴しているのは地元の顔見知りばかりといった感じだった。ゆっくりと温まることができた。(おとな入浴:230円、石鹸・シャンプーなどは備え付けられていない)
posted by 急行野沢 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(諏訪) | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

和合城跡~虚空蔵山(上田市/坂城町)

座摩神社下の駐車場912-935下塩尻登山口940-1010稜線-1015和合城跡-1043菖蒲平-1128高津屋山(924m)-1145鳥小屋山(958m)-1223虚空蔵山1300-1405座摩神社-1420座摩神社下駐車場

太郎山から虚空蔵山を経て西へと落ちていく稜線。その最西端の和合城跡から菖蒲平間を歩いていないことに気づき、さらに虚空蔵山までつないで歩いてみようと出かけた。南麓から見上げると、山腹にはほとんど雪はないように見える。

170212DSC01614.JPG 170212DSC01618.JPG
(左)下塩尻登山口。民家の脇に道標がある。(右)和合城跡の稜線へ落葉の道を登る。道脇に石垣が見られる。

どこかに駐車できるのかはっきりしない。面倒なことになるのも嫌なので座摩神社下の登山者用駐車場に車をとめ、西へ平地を20分強歩いて上塩尻の登山口へ。登山口には和合城跡と菖蒲平を示す道標がある。堰堤の左をかすめるようにして登山道は落葉樹や唐松の中を登る。ところどころ山城らしい石垣がある、やや左へのトラバース気味の登り。

170212DSC01632.JPG 170212DSC01646.JPG
(左)堀切や段差の向こうに和合城跡。(右)和合城跡の三角点から塩田平方面を展望する。

途中、南側に突き出た岩場の展望地があり、30分ほどで稜線に着く。前方は鼠宿へと下る道で十字の交差点。左にわずかで和合城跡。堀切や段差があって、突端からは眼下に坂城の街や塩田平を見おろす大展望。遠く北信の山々は雪雲に霞む。折り返し稜線を虚空蔵山目指して登る。一直線の急坂の先には坂城側から林道が達している。菖蒲平と呼ばれ、ここまで車が入る。絶景が広がる岩場を越え、左から林道が2回交錯する。

170212DSC01668.JPG 170212DSC01682.JPG
(左)菖蒲平の東の小ピークでは展望が開ける。虚空蔵山方面。(右)924ピーク。高津屋山の山名標があり坂城方面の展望が開ける。

急登が続く。右に分岐する巡視路に座摩神社への道標があるが、どの程度の道だろうか。日影には雪が多いが、数日前と思われるトレースがある。ロープの急登をこなせば924ピーク。北側の展望が開け「高津屋山」の山名標があるが、「陣馬鳥越山」となっている案内書を見たことがある。小ピーク(こちらを高津屋山とする案内書も)と石仏がある鳥小屋山を越えて、南側が開けた鞍部に急降下。ここから虚空蔵山への急登がはじまる。

この登りにはトレースがなく雪が深い場所も。ロープもある岩がちな急坂は足元も滑りがち。掘割を越え説明板を傍らに見て虚空蔵山の山頂に到着。展望が開け気持ちよい。下山は以前登りにとった兎峰を経由するルートで座摩神社へとくだった。雪解けで濡れた道は滑りがちで慎重に下ることになった。雪の付いた急坂を登る箇所もあったが、ところどころの展望を楽しみながら、ほとんどは落葉の道を気持ちよく歩くことができた。

170212DSC01699.JPG 170212img001.jpg
(左)急登をこなし虚空蔵山へ。説明板の向こうに三角点のある山頂が見える。

2017年02月08日

<富山遠征> 立山山麓スキー場(富山県富山市)

隣県の中でも富山県のスキー場にはなかなか足を運ぶ機会に恵まれない。所用にかこつけて強引に立山山麓を訪問した。極楽坂・らいちょうバレー・あわすの3スキー場の共通券で滑り歩いた。

170208DSC01554_goku.JPG 170208DSC01567_goku.JPG
(左・右)極楽坂

極楽坂とあわすのは地元の学校のスキー教室で賑わっていた。が、一般客は少ないようだった。極楽坂はクワッド2本とペア1本の稼働のみ。らいちょうバレーは地権者との話し合いがつかないことが報じられていたが、そのためか下部のリフトは稼働していない。ゴンドラと上部のペア1本だけで、スノーボーダーが多かった。いずれにしてもリフトが大幅に整理されたようで、少々寂しい感じがした。

雪の状態はとてもよかった。極楽坂・らいちょうバレーは山頂部から最下部までは緩急の変化があるロングコースが楽しめる。極楽坂・らいちょうバレーは山頂部で行き来できるのだが、そのあたりのペアリフトで重点的に滑ることとなった。山頂部からは遠く富山湾も望めた。(平日共通1日券:3,100円)

170208DSC01610_rai.JPG 170208DSC01532_awa.JPG
(左)らいちょうバレー(右)あわすの
posted by 急行野沢 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー富山県 | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

鳥屋城跡~丸子城跡 (上田市)

丸子公園駐車場910-920丸子駅バス停935=(千曲バス築地原行(土日のみ))945鳥屋口バス停-1034鳥屋峠1040-1113鳥屋城跡(851m)1123-小屋坂トンネル西側・林道1151-1205根羽城跡(695m)1230-1310丸子城跡(本郭・685m)1323-1332二ノ郭跡1342-1400丸子公園

冬の晴れ間の里山歩き。山城巡りとでもいった方がいいかもしれない。丸子の街の南側、内村川と依田川に挟まれた尾根を南西の鳥屋城跡(851ピーク)から歩く。天候に恵まれ、この季節なら木の間越しの展望も期待できる。丸子公園(安良居神社下)の駐車場に車をとめ、10分ほど歩いて丸子駅バス停から武石方面・築地原行バスに乗り、鳥屋口バス停で下車。

170204DSC01406.JPG 170204img001.jpg
(左)ススキの中を鳥屋峠に向かう。

車道を西に進み鳥屋の集落に入る。鳥屋峠経由で歩くため、鳥屋城跡を直接目指す右折道標は無視して、その先の細い川に沿う道に入り、熊野宮の前を通過。最上部の民家前で舗装は終わり、獣除けゲートを開けて広い作業道を進む。ススキの原と落葉樹林。前方の鞍部を目指してジグザグに作業道を進めば鳥屋峠に到着。赤松林の中、意外にも鳥屋城跡の方向を示す標識が立っている。

170204DSC01410.JPG 170204DSC01426.JPG
(左)赤松林の中の鳥屋峠。尾根上の踏み跡はしっかりしている。(右)鳥屋城跡には木製のヤグラやベンチ、説明板などがある。

尾根筋の踏み跡もはっきりしている。赤松のピークを2つ越え、蓼科山方面の南側が切開かれた鞍部から急登をこなして鳥屋城跡へ。三角点と説明板、木製のヤグラ、丸太のベンチなどがあり、南東方向が切開かれている。山城の北東側は何段もの空堀があり、トラロープも頼りに下る。赤松のはっきりした屋根を下るが、途中、露岩の先にぼんやりしていると右の間違った尾根を下りがちな場所が1箇所。コンパスを見ながら、左方向の踏み跡を探す。

170204DSC01460.JPG 170204DSC01478.JPG
(左)根羽城跡。(右)丸子城跡に向かう道は気持ちよい落葉の水平道。

やがて林道に出て、向かい側の尾根に取り付く。小屋坂トンネル南に下る道の分岐は気づかずに通り過ぎたようだ。右手前方木の間越しに浅間山を見ながら、落葉の尾根の気持ちよい登り。南方向の展望がある露岩をトラロープも使いながら登れば、695三角点。山城の案内板はないが、山行記録で「根羽城跡」とあるのを見たことがある。

170204DSC01489.JPG 170204DSC01493.JPG
(左)四阿がある丸子城跡(本郭跡)。(右)丸子城跡から南側の展望。正面に鳥屋城跡と歩いてきた尾根が見える。

尾根道は露岩の小ピークを過ぎ、石仏や祠を傍らに見て、その先はほぼ水平の気持ちよい落葉の道がしばらく続く。やがて案内板があらわれて丸子城跡の一角に入ったことが知れる。擬木の階段なども整備されて、丸子城跡(本郭)に到着。四阿やテーブルがあり東・南・西の展望が得られる。さらに10分ほどの二の郭跡には、ヤグラ風の展望台。ここからは丸子の街をはさんで浅間山・湯の丸・四阿山の展望が見事。

170204DSC01503.JPG 170204DSC01507.JPG
(左)二の郭跡には展望台がある。(右)二の郭展望台から。丸子の街の向こうに四阿山・湯の丸・浅間山。

そのまま尾根を北端まで下ってから、東側の駐車場に戻った。北斜面は一部凍りついて慎重に下る箇所も。踏み跡はほぼ鮮明だが、鳥屋城跡から丸子城跡の間は案内標識などないので地形図とコンパスを見て行動する必要がある。思ったよりも楽しめた。松茸の季節の入山は避けるべき山域だが、早春の軽い山歩きとしては楽しめるのではないだろうか。

[参考]千曲バス(丸子駅~鳥屋口) 250円

霊泉寺温泉・共同浴場(上田市)

170204aDSC01522.JPG 170204aDSC01523.JPG
 
山から下りた後は、鹿教湯温泉への途中にある霊泉寺温泉を久しぶりに訪れる。霊泉寺の脇の無料駐車場に車をとめ、ひっそりとした温泉街を進み共同浴場へ。まるで時間が止まったかのような佇まい。素っ気ない建物の前には、昔ながらの赤い郵便ポスト。

無色透明の湯が掛け流し。タイル張りの浴室は温泉銭湯のような雰囲気。200円という入浴料は嬉しい。露天風呂などないし、石鹸なども備え付けられていないけれど、これで十分という気がする。(入浴おとな:200円)
posted by 急行野沢 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉(上田・小県) | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

<飛騨遠征> ほおのき平スキー場(岐阜県高山市)

170201DSC01363.JPG 170201DSC01372.JPG

安房峠を越え平湯トンネルを過ぎたすぐ先のスキー場。場所は長野県から少々外れたに過ぎないが安房峠がその間に立ちはだかっている。770円という通行料金が問題。国道158号からは立派なアクセス道路でゲレンデ前まで導かれる。ゲレンデは小学校のスキー教室で賑わっていた。その他にもそれなりの一般客も。スキーヤーの割合が高い。

ゲレンデ構成は思っていたよりも奥行きが深かった。クワッドを降りた先に窪地があり、そこに左右からのコースが流れ込んでいる。クワッドは比較的長距離を滑ることができ、5・7ペア沿いは反復練習によい斜面。やや硬めの中斜面を快適に滑ることができた。山深いところにあり、周囲のロケーションもいい。帰路はもちろん「ひらゆの森(日帰り入浴500円)」の白濁の温泉で温まってから峠を越えた。(平日大人午後券2,050円)
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー岐阜県 | 更新情報をチェックする