2017年06月17日

摺古木山~安平路山(飯田市/大桑村)

摺古木休憩舎615-705直登と周回路の分岐-738摺古木山743-843白ビソ山-908安平路避難小屋912-1000安平路山1012-1055安平路避難小屋1130-1204白ビソ山-1305摺古木山-1326摺古木自然園(標柱)1345-1415分岐-1500摺古木休憩舎

安平路山も何となく後回しにしてきた山。林道を車で走れるか分からず、長い行程は覚悟が必要だった。予想より短時間で歩けたが、笹が深い箇所もあり展望の優れる場所も限られていた。白ビソ山前後は少々長く退屈な樹林帯の道程。結局、シャクナゲ咲き展望もある摺古木山周辺が楽しかった印象。なお、笹が覆うものの踏み跡ははっきりし、赤テープも適度にあるので道に迷う心配は少ない。

170617DSC04734a.JPG 170617img001.jpg
(左)摺古木休憩舎のある登山口。手前に5台ほどの駐車スペースがある。

飯田市街から急カーブが続く県道8号で大平宿へ。右折して東沢林道に入る。まもなく舗装は終わり、その先のゲートは手で開けることができる。事前の飯田市役所への問合せでは、「ゲートから先は自己責任で」とのこと。整備の後なのか林道は思ったほど荒れておらず、問題なく林道終点の摺古木休憩舎前まで車を入れた。ただ、いつも今日のような状態とは限らないと思う。

休憩舎前には5台ほどの駐車スペース。今日は最終的に車4台、出会った登山者は6人。休憩舎脇から笹と唐松の道を進めば、すぐに急登となり右左と折り返してほぼ水平なトラバース道となる。2018ピークと風穴山の西側を、いくつも沢を横切りながら巻いていく。笹がやや深くなって、摺古木山直登と周回路の分岐標識に到着。右へ直登すれば大岩から上部で背後に恵那山方面の展望が開ける。

170617DSC04771.JPG 170617DSC04781.JPG
(左)摺古木山直登の道から振り返ると恵那山の展望。(右)摺古木山山頂。背後に乗鞍。場所を変えれば御嶽や中央アルプスも展望できる。

階段状の急登の後、右から合流する尾根に乗れば周囲にシャクナゲの花が咲いている。緩やかな道で摺古木山の山頂へ。三角点があり、背後には御嶽・乗鞍・中央アルプスの山並が望める。安平路山に向けて大きく下り、3~4つ小ピークを越えて最低鞍部へ。2200m圏ピークに向けては笹の深い登り。その先は2250m圏ピークへの登りを挟んで笹原と針葉樹林帯の緩やかな道が続く。白ビソ山の山頂も樹林の中。

170617DSC04806a.JPG 170617DSC04823a.JPG
(左)樹林の中の白ビソ山山頂。(左)安平路避難小屋と背後には安平路山。左端には中央アルプスの主稜線を望む。

苔むす針葉樹林の道を緩やかに下り笹原に出れば、赤い屋根の安平路避難小屋。背後に安平路山、左手には中央アルプス主稜線を望む。安平路山へは最初、緩やかな笹の深い道。バイカオウレンの白い花の群生地を過ぎ、沢の中を進んだ後、左手のやせ尾根に乗り急登が続く。傾斜が緩み深い笹の中を進み安平路山の山頂へ。笹が茂り樹林の中で展望なし。奥念丈岳への踏み跡は微か。気温が高く虫が多いので、避難小屋まで戻って休憩とした。

170617DSC04836a.JPG 170617DSC04855.JPG
(右)バイカオウレンの白い花が咲き、この先、急登となる。(右)安平路山山頂。笹と樹林に囲まれている。

摺古木山まで戻り、せっかくなので自然園を周回する。西の小ピークを緩やかに越え小さな草地に出た先には「摺古木自然園」の標柱が立つ小広場。中央アルプス主稜線の展望が北に広がり、シャクナゲが咲く。さらに南側に下る道沿いにもシャクナゲの花。木枝を払いながら進む箇所が多く、自然園と称するならもう少し手入れがほしいところ。沢の中を下った後はトラバース道になり、そのまま休憩舎まで下った。

170617DSC04904.JPG 170617DSC04901.JPG
(左)摺古木自然園の小広場周辺にはシャクナゲが咲いていた。(右)摺古木自然園の小広場から中央アルプス主稜線を遠望する。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(中央アルプス) | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

小沢ノ頭~物見石山(上田市/長和町)

美しの国頂上公園駐車場905-940小沢ノ頭分岐-947小沢ノ頭1005-1048物見石山1132-1205小沢ノ頭分岐-1235美しの国頂上公園駐車場

今日は時間の制約があるので、短時間で展望が楽しめる山へ。美ヶ原周辺の登山地図を見るたびに気になっていた美しの国からのルートをたどってみた。旧武石村中心部から岳の湯温泉・雲渓荘を経由して美しの国別荘地の入り組んだ道をたどり、最上部の頂上公園に駐車。他に車はいない。

170611DSC04592a.JPG 170611DSC04607.JPG
(左)美しの国頂上公園の駐車場。前方から登山道に入る。(右)ダケカンバの木々が美しい。

前方の唐松林に入り、左手に向けて登山道を進む。笹はしっかり刈られて道は歩きやすい。しばらく唐松林の中を進んだ後は、ダケカンバなどが美しい林相を見せる。緩やかな道から何回か右手を巻くように登り、稜線北側の山腹をトラバースするようになる。ときに右手のダケカンバの向こうに物見石山や遠く浅間山が見える。

170611DSC04615.JPG 170611DSC04620.JPG
(左)小沢ノ頭への分岐。(右)小沢ノ頭から物見石山・美ヶ原方面。

小沢ノ頭(1848ピーク)の北側を通り過ぎれば、西側の肩に道標が立っている。そこから踏み跡をたどり南東方向に登る。石がガラガラした登りの後、笹原状の緩やかな小沢ノ頭ピークに到着。緩やかな山頂部でどこが最高地点かよくわからない。レンゲツツジの花が咲き始めている。展望が広がり、南に蓼科と八ヶ岳、北西に物見石山と美ヶ原方面。その右に北信五岳の山並と四阿・浅間。

170611DSC04655.JPG 170611DSC04662a.JPG
(左)物見石山への登り。(右)物見石山への登りから振り返ると手前に小沢ノ頭、その向こうに蓼科山と八ヶ岳。

分岐まで戻りいったん下った後、樹林の中の1816ピークを緩やかに超えて行く。その先の笹原の小鞍部からは物見石山の岩の多い斜面が眺められる。足元には白・黄・紫の小さな花。樹林の中の道は勾配を増し、石がゴロゴロした登りに。急坂が一段落すれば、そこは物見石山の山上台地の東端。振り返ると眼下に小沢ノ頭、遠方に蓼科山と八ヶ岳。

あとは笹原と疎林の中、山上台地の緩やかな道をたどれば三角点のある物見石山頂に到着。前方間近に美ヶ原高原美術館の野外展示物。その向こうには残雪の北アルプスがほぼその全貌を見せている。王ヶ頭のアンテナ群の左には乗鞍・御嶽。快晴ではあるが、吹く風は涼しい。

170611DSC04671.JPG 170611img001.jpg
(左)物見石山から北アルプスの展望。手前に美ヶ原高原美術館。左端が王ヶ頭のアンテナ群。

山本小屋あたりまで足をのばそうかとも思ったが、観光客に紛れるのもつまらない。下山は往路を戻った。短時間でダケカンバの美林と快晴の展望を満喫できた。意外なことに小沢ノ頭で1人、物見石山で3人の登山者に会った。
posted by 急行野沢 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(霧ヶ峰・美ヶ原) | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

小川山~大日岩(川上村/山梨県北杜市)

廻り目平キャンプ場805-(かもしか登山道)-918唐沢の滝分岐-1044[2230圏ピーク]-1120小川山1155-1318八丁平(富士見平分岐)-1400大日岩1423-1447廻り目平分岐-1531林道-1620廻り目平キャンプ場

何となく気乗りがせず後回しにしてきた山。視界の開けない針葉樹林の道に、足元の悪い岩場が連続するイメージがあった。しかしシャクナゲが咲き始め、ところどころ岩頭から展望もあって、苔むす深い樹林帯も味わい深かった。岩場や木枝、木の根などで到底歩きやすくはないが、道はよく踏まれ迷うようなところはない。適度に案内板とマーキングもある。今日は気持ちよい快晴だった。

170604DSC04368.JPG 170604DSC04408.JPG
(左)廻り目平キャンプ場の駐車場。(右)シャクナゲの花が咲き始めていた。

金峰山登山口でもある廻り目平キャンプ場の大駐車場に駐車(駐車料金は帰りに金峰山荘で支払う)。キャンプや岩登りの人が多い。林道を少し歩き「かもしか登山道」案内板に従い右の登山道へ。最初は新緑の雑木林の登り。その先、岩の間を登るような道が続き小尾根にのる。数箇所の岩場から左手の展望が開ける。

170604DSC04405.JPG 170604DSC04424.JPG
(左)梯子のある岩場の登り下り。(右)唐沢の滝への分岐。前後はシャクナゲのトンネル。

ヤシオツツジの花が見られる。シャクナゲのトンネルもあらわれ、中腹にかけて花も咲き始めている。「かもしか登山道」の案内板のすぐ先の岩場を梯子で登る。大岩の右を巻いた先で、左下に梯子で急降下。岩の登り下りに多少の緊張を強いられる。唐沢の滝分岐を過ぎて、その先右手には展望台と書かれた岩。2008ピークもシャクナゲの木々の中で通り過ぎてしまう。

170604DSC04457.JPG 170604DSC04484.JPG
(左)ところどころで金峰山も見える。(右)小川山山頂。展望はない。

2130圏ピークへの登り返しでは亜高山的な針葉樹林帯へと植生が変わる。急登の末に岩峰を巻いて、金峰山の展望数箇所の後、2230圏ピークで道はやや右へ曲がる。その前後は苔むした針葉樹林の緩やかな道。やや単調な登りの後、左から道を合わせ数分で小川山山頂へ。狭い切開きに三角点と山名標柱はあるものの展望は皆無。場所を移せば金峰山と南アの展望がわずか。往復登山のつもりだったが、計画変更し大日岩へ足をのばす。

170604DSC04495.JPG 170604DSC04505.JPG
(左)小川山から南下すると苔の美しい針葉樹林帯に。(右)八丁平への中間点の展望地から瑞牆山と南アルプス。

八丁平へ南下する道も苔の多い針葉樹林帯。登山地図によっては点線の道だが、踏み跡は明らかで問題ない。2347ピークと2290ピークはいずれも右下を巻く。その中間に金峰山や南アの展望地。岩場と樹林の下りで、八丁平(富士見平分岐)へ。針葉樹の中の平坦地が続き、廻り目平分岐を見送り大日岩への登りへ。急坂で岩場の稜上に出て、大きなザレ場は右下を大きく巻く。大日小屋からの道を合わせて大日岩の下に到着。

170604DSC04552.JPG 170604img001.jpg
(左)大日岩からは展望が広がる。左に瑞牆山、右端に小川山。

目の前に瑞牆山が大きく、その背後に八ヶ岳、右に小川山。ずっと左に南ア。この眺望を前にすると、今日の目的地が大日岩だったかのよう。先刻の分岐まで戻り、廻り目平へ下る。砂洗川沿いに歩く箇所では渓流が美しい。沢沿いとはいえ高巻く箇所もあり、意外と手間取る道。林道に出て、淡々と歩き廻り目平に戻った。途中出会った登山者は小川山直下で3人、大日岩手前で6人。静かな山行が楽しめた。

[参考] 廻り目平キャンプ場駐車料金(ひとり) 300円
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする