2017年11月24日

<山梨遠征> 三ツ峠山(山梨県富士河口湖町/都留市/西桂町)

河口湖畔駐車場-(徒歩)河口湖駅940=(富士急行バス)1015三ツ峠登山口1020-1030駐車場-1130山頂下広場-1139三ツ峠山(開運山)1152-1200広場1228-1346霜山1351-1441ロープウェイ山頂駅-1503河口湖畔駐車場

前回に続いて山梨遠征。西高東低の冬型気圧配置により快晴の富士五湖へ向う。東京に住んでいた頃、御坂山塊あたりは何回か登りに来たけれど三ツ峠は登り残していた。人気の山を避けてきた天邪鬼がたたって、いまさらの三ツ峠といった感じがする。山頂部は3つのピーク(開運山・木無山・御巣鷹山)からなり、最高峰は開運山である。

171124CIMG0042.JPG 171124img001.jpg
(左)駐車場の先から登りに。広い作業道が山頂部まで続く。

河口湖畔の無料駐車場に車をとめる。時間に余裕があり、河口湖駅まで歩いて始発の天下茶屋行バスに乗る。平日は1日1本のみの運行。20人ほどの登山客が乗車。ほとんどが三ツ峠登山口で下車。そのまま前方の舗装道を10分ほど歩けば、駐車場とWCがある。ここが登山口のおもむき。

山小屋の運搬車なども通るのだろう、ところどころ簡易舗装の広い作業道を進む。沢沿いに進んだ後、右手の山腹を登り、尾根に乗る。雑木に唐松や桧が混在する樹林帯の中。山頂への最短ルートだけれど、登山道らしさはない。山頂部の北側を緩やかに進めば、三ツ峠山荘の前に出て富士山の眺めが広がる。

171124CIMG0058a.JPG 171124CIMG0061.JPG
(左)三ツ峠山荘の先の広場から見た山頂と屏風岩。(右)三ツ峠山山頂。

その先の広場からは開運山の山頂部と屏風岩が見える。四季楽園の前を通り、階段状の登りでアンテナと反射板の前を過ぎれば三ツ峠山(開運山)の山頂に到着。手狭な山頂からは真正面に富士山の素晴らしい展望。その右手の八ヶ岳や南アルプスの稜線部は雲に覆われている。平日だが山頂には入れ替わり多くの登山者がやってくる。

171124CIMG0063a.JPG 171124CIMG0075a.JPG
(左)三ツ峠山頂からの富士山。(右)山頂から御巣鷹山と八ヶ岳・南ア方面。

山頂は狭いので、四季楽園と三ツ峠山荘の間にある先ほどの広場で昼食休憩。下山は南下してロープウェイを目指す。三ツ峠山荘の先で往路を右に分け、左に尾根をたどる。すぐに左手が開け富士山の展望がよいベンチが並ぶ。母ノ白滝への道を右に分けるあたりは草原が広がり気持ちがよい。

171124CIMG0077.JPG 171124CIMG0091.JPG
(左)山頂から山荘や広場付近を見おろす。(右)母ノ白滝への分岐周辺は草原が広がる。

その先は明るい落葉の雑木の中、緩急を繰り返して下っていく。道は終始歩きやすい。小ピークの多くは左右に巻いて行く。1370標高点の先の送電鉄塔でようやく展望が開け、河口湖と富士山が見える。霜山の三角点は樹林の中で展望なし。尾根の左下にヒノキ林の薄暗い巻道が続き、車道を横切った後は、階段状の登りで小ピークを越えて祠が祀られた天上山。富士の展望は木の間越し。

171124CIMG0108.JPG 171124CIMG0115.JPG
(左)送電鉄塔で展望が開け、河口湖を見下ろす。(右)霜山山頂は樹林の中。

その先、ロープウェイ山頂駅に至ると富士山を背景に写真を撮りあう外国人観光客で大混雑していた。そんなわけでロープウェイには乗らず、並行する階段状の急坂を河口湖畔へと下った。河口湖周辺では外国人観光客の姿が多く、富士山の人気を思い知らされた。

[参考]富士急行バス 河口湖駅~三ツ峠登山口 730円
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | 登山(山梨県) | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

<山梨遠征> 茅ヶ岳・金ヶ岳(山梨県甲斐市/北杜市)

深田記念公園駐車場・登山口801-910女岩手前-950尾根-1010茅ヶ岳1022-1111金ヶ岳1125-1213茅ヶ岳1245-(尾根)1327防火帯-1411深田記念公園-1415駐車場

深田久弥終焉の地という枕詞が必ず付くようになってしまった山。ニセ八ツなどとも呼ばれるけれど、八ヶ岳とは比べるべくもない、里山の雰囲気。しかし、落葉した雑木林の美しさと山頂からの展望を楽しむことができた。

韮崎市街から県道27号を北上すると深田記念公園の案内板があり、広い駐車場が用意されている。車道を少し歩いて登山口へ。右折して登山道に入る。軽トラも走れそうな広く緩やかな道が、谷状の地形に続く。舗装車道とクロスし長い直線のだらだらした登りの後、「保安林」の標識あたりからは道幅も狭くなる。

171116CIMG9897.JPG 171116CIMG9919.JPG
(左)女岩へは立入禁止。右の岩場を登り上部を巻く。(右)落葉した雑木林の登り。

女岩へはロープで立入禁止となっている。木の間からわずかに女岩の姿を覗いた程度で、右手に岩の段差を急登していく。ひと登りすれば道は緩むが、その先は沢を離れ、山腹をジグザグに登る。落葉した美しい木々の中を登るのは楽しい。深い落葉に道は埋もれがちだが赤テープや道標も過不足なく設けられている。

171116CIMG9929.JPG 171116CIMG9937.JPG
(左)深田久弥終焉地。(右)茅ヶ岳山頂。背後は金峰山ほか奥秩父の山並。

やがて道は尾根上に登りつき左折する。ほどなく深田久弥終焉地。小さな石柱に花が供えられ、背後の木の間には金峰山が望める。岩の段差に所々にロープもある尾根を登って茅ヶ岳へ。小広い山頂からの展望は360度。今日は快晴。南東に富士山、南西に南ア、北東に金峰山など奥秩父の山々。そして北西には、金ヶ岳とその背後に八ヶ岳。

171116CIMG9940a.JPG 171116CIMG9939a.JPG
(左)茅ヶ岳からの富士山。(右)茅ヶ岳から見た金ヶ岳。左奥は八ヶ岳。

金ヶ岳へは霜柱を踏んでいったん鞍部まで下り、石門(岩の洞門)をくぐり、その先は岩がちの急登が続く。今日一番の辛抱のしどころ。振り返れば、茅ヶ岳の向こうに富士山。観音峠からの道を合わせ、小ピークを越えて行けば金ヶ岳山頂。北側は樹林が覆うが、南側は展望が開け富士山や南アルプスが見える。

171116CIMG9975a.JPG 171116img001.jpg
(左)金ヶ岳からは南側の展望が開ける。南アルプスを望む。

茅ヶ岳まで往路を戻り、昼食休憩。その間に6人ほどの登山者が去来する。ときどき吹く風が冷たい。下山は尾根道へ。前半は明るい雑木林の歩きやすい道。後半は防火帯を下る。直進行止りの標識から左折して舗装車道を少し歩き、さらに右折して往路の登山道を下る。深田記念公園で有名な「百の頂に百の喜びあり」の石碑を見て駐車場に戻った。
posted by 急行野沢 at 23:00| Comment(0) | 登山(山梨県) | 更新情報をチェックする

武田乃郷・白山温泉(山梨県韮崎市)

171116DIMG0030.JPG 171116DIMG0031.JPG

茅ヶ岳からの下山後は韮崎市街地の西側にある武田乃郷・白山温泉で汗を流す。比較的こぢんまりとした施設だが、きれいで清潔。洗い場は8つ。露天と内湯の2つの浴槽がある。掛け流しの湯は少し緑色がかっていて、少しぬるぬるする浴感で気持ちよい。あまり温度が高くないぬる湯で、いつまでも入っていられる。さっぱりと汗を流すことができた。嬉しいのは露天風呂から、登ってきた茅ヶ岳・金ヶ岳が正面に見えたこと。(おとな入浴:500円)
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | 温泉(その他の県) | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

北八ヶ岳[桜平から東天狗岳](茅野市/小海町/南牧村)

171105CIMG9775a.JPG
南側の鞍部から見た東・西天狗岳。

桜平駐車場809-815林道ゲート-840夏沢鉱泉-922オーレン小屋927-1004箕冠山-1014根石岳-1037東天狗岳1052-1118根石岳1158-1208箕冠山-1230夏沢峠1235-1256オーレン小屋-1326夏沢鉱泉-1352桜平駐車場

本格的な冬が来る前に少し高い山に登りたいと考えて北八ヶ岳・天狗岳へ。桜平まで車を入れて、夏沢鉱泉・オーレン小屋を経由するお決まりのルート。桜平は駐車場が整備されていた。最上部の駐車場(20台)は満車だったので、少し下の駐車場(60台)にとめる。ここからでも林道ゲートへ10分かからない。

171105CIMG9730.JPG 171105img001.jpg
(左)桜平の駐車場。

つま先上がりの林道を歩いて夏沢鉱泉、そして薄雪を踏んで沢沿いの樹林帯の緩やかな登りでオーレン小屋へ。オーレン小屋も昨日で営業終了。箕冠山へは樹林帯のだらだらとした登り。足元には1~2cmほどの雪がある。溝状の道を進み、背後に木の間越しの峰の松目が見えるようになると箕冠山に到着。夏沢峠からの道が合流する。

171105CIMG9754a.JPG 171105CIMG9764a.JPG
(左)オーレン小屋。(右)箕冠山の先で根石岳・天狗岳の展望が開ける。

箕冠山から階段状に下ると、前方に天狗岳と根石岳、そして根石岳の手前に広い砂礫地が広がる。いつもながら、樹林帯から飛び出して一気に展望が広がるこの瞬間が気持ちよい。根石山荘を左に見て、高山植物保護ロープの間から根石岳に登っていく。背後に硫黄岳・赤岳、南アルプスが頭をもたげる。冷たい風がたえず北西から吹きつけている。

根石岳から北面の下りは雪に足を滑らせないよう慎重に。砂礫の鞍部を過ぎて東天狗岳へは途中、岩場の左側を巻き痩せた岩の尾根を登る。登りついた東天狗岳山頂からは360度の展望。素晴らしい晴天。南に赤岳はじめ八ヶ岳のピークの数々と南アルプス。そこから右に御嶽・乗鞍・槍穂高。蓼科山の右には浅間山。東に御座山が意外と立派。その右に奥秩父の山々。

171105CIMG9783.JPG 171105CIMG9786.JPG 
(左)東天狗岳山頂から蓼科山。(右)東天狗岳から硫黄岳・赤岳・南アルプス方面の展望。

しかし風が冷たくてゆっくりできない。西天狗岳に足をのばすのはやめ、根石岳に戻って、東側の岩陰で休憩とした。下山は箕冠山から夏沢峠を経由した。箕冠山からしばらくは明るい樹林帯で、木の間から東天狗・根石岳・西天狗が綺麗に並んでいるのが見える。樹林帯の中の道を夏沢峠から、オーレン小屋へ。そして桜平へと下った。途中すれ違った登山者は40人ほどだった。
posted by 急行野沢 at 21:40| Comment(0) | 登山(北八ヶ岳・蓼科) | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

姫木平ハイキングコース[大笹峰~山彦谷北の耳・南の耳~殿城山](長和町/諏訪市)

エコーバレースキー場駐車場931-1004林道から山道へ-1039大笹峰-1053山彦谷北の耳-1103山彦谷南の耳1145-1226殿城山1238-1328駐車場

秋晴れになりそうなので前夜に急いで山に行くことに決める。家内と一緒なので簡単に歩ける姫木平ハイキングコースへ。数年前のほぼ同じ季節に歩いたことがある。そのときはツツジの紅葉が綺麗だったが、今年はもう終わっていた。しかし、素晴らしい展望の中を歩くことができた。

171103CIMG0001.JPG 171103CIMG9706c.JPG
(左)エコーバレースキー場の駐車場。前方へ林道を進む。(右)駐車場にあった案内地図。

エコーバレースキー場中腹のピステというレストハウス前に駐車。「姫木平ハイキングコース」の詳しい地図もあるし、この先のルートにも案内板が過不足なく設置されている。今日も他に車はなく、ここから歩きはじめる人を見たことがない。山彦谷上部稜線まで手早く到達できる印象があり、もう少し歩かれてもいい気がする。

171103CIMG9633.JPG 171103CIMG9645.JPG
(左)大笹峰への道。(右)大笹峰から北の耳・南の耳・車山方面を展望する。

北に向かってスキー場の中を横断するように林道を歩く。蓼科山と八ヶ岳がこの先もずっと望める。少しずつ標高を上げて、北東への尾根を横切る箇所で案内板に従って、左折して山道へ。唐松からカヤトの原、ダケカンバ林の中を緩やかに登る。右手に浅間山が見える。山上稜線にたどり着いてカヤトの中を左へしばらく進めば大笹峰。ブランシュたかやまスキー場の最上部にあたり、スキー場の休憩小屋がある。

ここからは展望を楽しみながら歩く。八ヶ岳の右側に見えていた富士山はいつの間にか、車山の裏側になってしまった。右手には御嶽・乗鞍・槍穂高の山並を望む。後立山方面は美ヶ原に隠れている。眼下には八島湿原。山彦谷北の耳を過ぎ、南の耳に登って昼食休憩。360度の展望を楽しみながら。

171103CIMG9662.JPG 171103CIMG9666.JPG
(左)南の耳から見た蓼科山・八ヶ岳。(右)南の耳から見た御嶽・乗鞍・北アルプス。手前は草紅葉の八島湿原。

そのまま稜線を車山方面に向かい、分岐を左に折れて殿城山へ向かう。途中、ダケカンバの美林を過ぎ急下降の後、少しの登りで殿城山へ。目の前に蓼科山が大きい。少し手前の鞍部まで戻り、道標に従い急坂を下る。途中、岩がゴロゴロした歩きにくい下りを過ぎ唐松林へ。ネットが張られた植林地を両側に見て下り、林道に出て歩き始めた駐車場に戻り着く。北の耳から殿城山までの間、20人ほどのハイカーとすれ違った。

171103CIMG9685.JPG 171103CIMG9698.JPG
(左)殿城山手前からの蓼科山。(右)殿城山山頂。
posted by 急行野沢 at 23:34| Comment(0) | 登山(霧ヶ峰・美ヶ原) | 更新情報をチェックする