2020年07月30日

志賀高原[大沼池~赤石山](山ノ内町/群馬県中之条町)

200730DSC05849x.JPG
赤石山山頂付近から大沼池を望む

大沼池入口834-930大沼池北(大沼林道終点)-946大沼池東(レストハウス前)955-1042稜線(忠右衛門新道分岐)-1103赤石山1142-1157忠右衛門新道分岐1202-1237大沼池東1245-1302大沼池北-1350大沼池入口

天気予報は曇だったはずだが、大沼池入口に車をとめると小雨が降っている。どうしようか悩んだが、場合に寄っては大沼池で引き返せばいいと考えて歩きはじめる。数日後には梅雨明けが見込まれているけれど、長引く梅雨空に我慢できずに出かけてきた。他に一組、出発を躊躇っているグループがいた。林道が通行止めとなっていて、横湯川支流沿いの山道を歩くよう案内掲示されている。

その指示に従い、ウツボグサの咲く平坦地から、笹と樹林帯に囲まれた緩やかな登りをたどる。傾斜がやや下りに転じて林道へと合流する。昔歩いた記憶は曖昧で、簡単に大沼池に到達した気がしていたが、歩きはじめから大沼池の北端まで1時間ほどかかる。雨はすっかり上がったが、周囲の山並みは雲に包まれている。

200730DSC05789a.JPG 200730DSC05808a.JPG
(左)大沼池を北端から望む。(右)稜線へは階段状の急登が続く。

大沼林道終点は大沼池の北端にあたり、目の前にエメラルド色の水面が広がっている。池の畔の東側をたどりレストハウスの前に出る。多くのベンチが置かれているが、他に人はいない。ここから赤石山を目指すのは未踏の道。最初は緩やかだが、すぐに細丸太の階段状の急登が連続するようになり汗を絞らされる。両側は背の高い笹と針葉樹林。

200730DSC05814.JPG 200730DSC05821.JPG
(左)稜線に出たところ(忠右衛門新道分岐)。(右)赤石山手前へ岩峰への登り。

我慢して登れば稜線上に出る。ベンチが置かれ、文字の読めない古い案内板がある。ここで左折。周囲の樹林は少し疎らになった気がする。振り返ると鉢山方面への稜線が雲の中から浮かんでいる。道はこれまでよりも緩やかな登り。赤石山直前はザレた赤砂の急登。ひとつ岩峰を越えて、次の岩峰が最高点か。その右手の樹林の中、大高山方面との分岐点に赤石山の山頂標識があった。

200730DSC05851.JPG 200730DSC05829.JPG
(左)赤石山。岩峰の右手樹林内に山頂標識がある。(右)赤石山の山頂標識。

山頂一帯は涼しい風が吹いている。2つの岩峰の間の稜線で休憩とする。周囲の赤い砂礫が赤石山の名前の謂れか。雲が晴れてきて、眼下に大沼池が見える。その向こうの志賀山は山頂を雲に隠している。雨を覚悟していたので、この程度の展望でも上出来。下山は四十八池経由なども考えたが、時間の制約もあり往路をそのまま戻った。帰りの大沼池では何人かのハイカーとすれ違った。
posted by 急行野沢 at 23:24| Comment(0) | 登山(志賀草津・苗場) | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

岩菅山~裏岩菅山(山ノ内町)

200719DSC05674x.JPG
クルマユリ咲く稜線を裏岩菅山へ

聖平登山口730-740小三郎小屋跡-800アライタ沢出合-841中間点-917ノッキリ922-952岩菅山958-1038裏岩菅山1048-1131岩菅山1205-1226ノッキリ1231-1253中間点-1327アライタ沢出合1332-1352小三郎小屋跡-1400聖平登山口

いつまでたっても梅雨が明けないので、夏山の計画をどうするか悩んでいる。コロナや大雨・地震などの影響も考えなければならない。とりあえず今日は晴れの天気予報の県北部の山を考えて、岩菅山に向かう。過去に登った時にはあまり天気が良くなかったし、裏岩菅山にも足をのばしてみたい。

200719DSC05624.JPG 200719DSC05627.JPG
(左)上条セギに沿う道。(右)アライタ沢出合。

志賀高原を走り聖平の登山口に車をとめる、先着は7台ほど。まだ駐車スペースに余裕はある。まずは直線状の木段・石段の登りで小三郎小屋跡へ。目の前、左右に上条セギが流れている。左折して、この江戸時代につくられた農業用水路に沿って平坦路を進む。20分ほどでアライタ沢出合。岩盤を流れる沢を木橋で渡り、左手の山腹に取り付き、大木の多い樹林帯を木段のジグザグで急登する。

200719DSC05642.JPG 200719DSC05647.JPG
(左)左手樹間に岩菅山を望む。(右)寺子屋山からの道を合わせるノッキリ。

傾斜が緩むと1739標高点。ぬかるんだ緩やかな道を経て小丸太階段の登りに。緩やかな階段状の登りは傾斜を増し1893標高点へ。すぐ先に「中間点」の案内板がある。周囲は針葉樹やダケカンバ。ゴゼンタチバナが道脇に咲いている。ここから道は尾根上をたどる。笹と樹林の中、ときどきは左の樹間に岩菅山を望める。道は尾根を左に外れ緩やかになり、寺子屋山からの道を合わせるノッキリへ。ベンチがあり、ここで左折。

200719DSC05650.JPG 200719DSC05666.JPG
(左)岩菅山への登り。(右)志賀高原の山々を振り返る。

すぐに樹林帯を出ると、目の前に岩菅山が大きくそびえている。笹原の中、足元がガラガラした登りはだんだん傾斜を増していく。急登を経て岩菅山の山頂に到着。数人の登山者がいるだけ。梅雨の晴れ間といっても雲は多く遠望はきかない。しかし、志賀高原付近のおもだった山々は望むことができた。予定より時間も早いので、裏岩菅山に向かう。

200719DSC05667.JPG 200719DSC05679.JPG
(左)岩菅山の山頂。向こうに裏岩菅山が見える。(右)稜線上から岩菅山を振り返る。

ここからは稜線歩き、といってもそれなりの登り下りはある。急な下りで一度標高を落とす。道脇にはさまざまな花が咲いているが、目に付くのはクルマユリ。ハクサンチドリやハクサンボウフウも笹原の中で目を楽しませる。日差しは暑いが、稜線を渡る風は涼しい。展望のよい笹原の稜線を緩やかに上下していく。

200719DSC05685.JPG 200719DSC05693a.JPG
(左)裏岩菅山へ稜線を進む。(右)シャクナゲ咲く裏岩菅山手前。

やや急な登りで標高2,300mを越えれば、あとは緩やかな道。道脇にシャクナゲを見ながら裏岩菅山に到着。先行者がひとり休んでいた。雲が多くなってきたが、その中、北東に続く烏帽子岳方面の切り立った稜線が目をひく。北側にはゲレンデをまとった焼額山。下山は往路をもどった。天気は下り坂。距離や時間が適度なのか、トレランの人を多く見かけた。

200719DSC05702.JPG 200719img259.jpg
(左)裏岩菅山の山頂。烏帽子岳方面の稜線が見える。
posted by 急行野沢 at 22:49| Comment(0) | 登山(志賀草津・苗場) | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

八島湿原(下諏訪町/諏訪市)

200712DSC05582.JPG 200712DSC05589.JPG

八島湿原・駐車場1222-1240ヒュッテみさやま1255-1314鎌が池-1329駐車場

別の山に登るつもりだったが、思ったよりも天気が悪い。雨の中を歩く気にならず、天気がよさそうな中南信方面に車を走らせ、何となく八島湿原の駐車場に車を入れた。駐車場は満車に近い状態。雨は落ちていないので湿原を一周してみようと思う。

反時計回りに湿原の周回路を一周する。ニッコウキスゲが至る所に咲いている。その他、クガイソウ、ハクサンフウロ、ウツボグサなど花を楽しむことができた。意外に人が多いのは、みんな天候を考えて短時間で歩ける場所を狙ったということなのだろうか。もちろん遠望はきかないが、さほど暑くもなく気持ちよく歩くことができた。

200712DSC05603.JPG 200712DSC05610.JPG
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | 季節の散策(花・湿原など) | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

美ヶ原[武石峰周辺](松本市/上田市)

200705DSC05434x.JPG
武石峰山頂。後方の北アルプスは雲の中。

思い出の丘・駐車場1120-1140武石峰-1202焼山下-1229美ヶ原自然保護センター1244-1315焼山下-1340武石峰-1400思い出の丘・駐車場

雲が垂れ込めている。天気がどうなるかわからないので、簡単に歩ける安全な山を思案し、美ヶ原に出かける。武石峰周辺を歩いたことがなかったので、思い出の丘の駐車場に車をとめて歩くことにする。登山ではなく高原散策といった感じである。緩やかな草原の丘陵を上下しながら歩くので展望はいい。今日は雲が多く遠景が望めないが。

200705DSC05427.JPG 200705DSC05430a.JPG
(左)思い出の丘から武石峰へ。(右)武石峰への登りから振り返る。

駐車場からひと登りで思い出の丘、そこから小さな鞍部を介して武石峰へ。笹原の中、歩きやすい道が続くが、西側から強風が吹きつけている。レンゲツツジがわずかに咲き残る。ハクサンフウロなどの花々も。武石峰からは、晴れていれば北アルプスはじめ四方の展望が得られるのだろうが、見えるのは近くの山並みだけ。当初の目的は武石峰だったが、これだけではあっけない。自然保護センターまで歩こうかと思う。

200705DSC05440a.JPG 200705DSC05445.JPG
(左)左前方は焼山と牧場。(右)樹林帯に入る場所も。

階段状の下りで武石峰から南へ下る。車道の左手につけられた山道を進めば、左前方に焼山が見える。その緩い山腹は牧場であり、放牧された牛が見える。焼山の南西下で車道を横切り、緩やかな小ピークを越えて行く。鞍部あたりは意外なことに樹林帯に入り、レンゲツツジも多くなる。ピークをひとつ越えて、緩やかに登ると美ヶ原自然保護センターに到着。

200705DSC05448.JPG 200705DSC05460.JPG
(左)武石峰を振り返る。(右)自然保護センターに到着。

通常はここの駐車場に車をとめて王ヶ頭あたりに向かう。天候のせいもあるのか、今日は車や人影もまばら。少し休憩した後、来た道をもどった。最後は小雨が降ってきた。途中すれ違った登山者は4人だけ。車道とつかず離れず付けられた道なので登山という感じではないけれど、たまにはこんな歩き方もいいと思った。
posted by 急行野沢 at 22:41| Comment(0) | 登山(美ヶ原・鉢伏) | 更新情報をチェックする