2020年11月29日

独鈷山[平井寺トンネルから往復](上田市)

201129DSC09084x.JPG
北尾根に乗る手前は東から北へと山腹を巻いて行く。

平井寺トンネル(林道駐車スペース)925-1004登山口-1032「山頂まで50分」-1047「山頂まで35分」1051-1112独鈷山1143-1202「山頂まで35分」-1210「山頂まで50分」1213-1229登山口-1303平井寺トンネル

塩田平周辺の里山の中では知名度は高いと思う。以前、南側の宮沢バス停から登り沢山池に下った。今回は東の平井寺トンネルから。諸々の理由から平井寺トンネル北側付近に駐車して林道を歩いたが、林道に車を乗り入れ登山口から歩くのが一般的だと思う。少々甘く見ていたきらいがあるが、足を滑らすような急登が続き、修験の山であることを感じさせた。

201129DSC09058.JPG 201129DSC09071.JPG
(左)案内板がある登山口。(右)前半は各所に説明板がある。

林道を40分ほど歩くと、登山口の案内板があり右折して登山道へ。ヒノキ植林の中を進むと「馬返し」「山頂90分」の標識。左に曲がり進めば歴史を物語る「中寺跡」「坐禅岩」「柳小坂」の説明板が続く。周囲は明るい落葉の雑木林となるが、勾配は徐々に増す。右下に沢を見ながら、溝状の抉れた道を、ときには赤テープを見て右手に折り返す道も使いながら登る。

201129DSC09076.JPG 201129DSC09078a.JPG
(左)「山頂50分」付近の美林。(右)急坂が続き「山頂35分」の標識。

「山頂50分」の標識は美しい雑木の緩い斜面。ここから左の山腹へとジグザグに登って行く。とにかく急で、落葉の下の濡れた土が滑る。「山頂35分」の標識を過ぎれば傾斜は緩み、右下が切れ落ちた際を進むようになる。落葉の山腹を東から北へ巻いて行き、北側の尾根に取り付く。ここに「山頂5分」の標識。山頂直前にロープのある岩場があり、難しいことはないが多少の緊張を強いられる。

201129DSC09089.JPG 201129DSC09096.JPG
(左)山頂直下の岩場。(右)独鈷山の山頂。四阿山と浅間山が見える。

手足を使って攀じればすぐに独鈷山の山頂。ところどころ木枝が邪魔するが、秋晴れの展望が得られた。西には槍・穂高、その左に美ヶ原から蓼科山。目を北側に移せば、浅間山・四阿山、眼下に塩田平。北信五岳は霞んでいるが、後立山連峰がところどころ雲からのぞく。山頂には2組5人。展望を楽しんでから往路を戻った。落葉の急坂は下りに一層の慎重さが必要だった。

201129DSC09107a.JPG 201129img303.jpg
(左)独鈷山から槍・穂高の展望。
posted by 急行野沢 at 22:41| Comment(0) | 登山(千曲川左岸-更級・塩田平) | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

鼻曲山[旧碓氷峠から往復](軽井沢町/群馬県安中市/高崎市)

201121DSC08969x.JPG
鼻曲山登山道。笹原の登り。1486標高点付近。

旧碓氷峠(展望台入口駐車スペース)738-829ニノ字山-914留夫山919-1012鼻曲峠-1030鼻曲山(小天狗)1048-1052鼻曲峠-1120「1590圏小ピーク」1140-1239ニノ字山-1317旧碓氷峠

鼻曲山には以前、長日向から登ったことがある。その時は天気も悪く、はっきりした印象が残っていない。一応、信州百名山。今回は南の旧碓氷峠から登ってみようと思う。軽井沢の中心部を抜けて旧碓氷峠へ。展望台入口の駐車スペースに車をとめる。熊野神社の下を通り、思婦石の前までは車道を歩く。思婦石の脇の道標に従って登山道に入る。雑木の樹林帯の中、緩やかな登り。

201121DSC08919a.JPG 201121DSC08942.JPG
(左)ニノ字山手前の緩やかな道。(右)樹林に囲まれた留夫山。

右折して尾根に乗れば、右下に溝状の抉れた道を見ながら、その左にテープを見ながら登る。一ノ字山はどのあたりかわからないまま通り過ぎた。ニノ字山(1419)にかけて緩やかな道が続く。晩秋、落葉の明るい道をたどるのは楽しい。緩やかに下った鞍部から、留夫山への登り。笹もあらわれ傾斜も増して留夫山に到着。樹林の中で展望はきかない。

201121DSC08971.JPG 201121DSC08976.JPG
(左)1602付近から東側の展望。(右)鼻曲峠。

右手が切れ落ちた尾根を下り、鞍部では左下に林道が見える。登り返す斜面は笹に覆われ、道形を隠しがちなところも。小ピークをひとつ越えた1602付近では、右手に上州の山並みが展望できた。榛名山あたりだろうか。霧積からの道を合わせる鼻曲峠に下り、鼻曲山本体への登りとなる。最後は溝状に抉れた急登が笹の中に続く。

201121DSC08983.JPG 201121DSC08986a.JPG
(左)山頂直下は笹の急登。(右)大天狗。前方から関東平野を見おろす。

まず、山名標のある大天狗にたどり着き、関東平野を見渡す。その向こうに見えるのは筑波山だろうか。西に少し進めば、小天狗。登山地図などでは、こちらを鼻曲山としている。大天狗より小天狗の方が幾分、展望はよいが、前方に見えるはずの浅間山は雲に隠れている。南には軽井沢の町を見おろす。その向こうには、雲の上に八ヶ岳が頭を出している。思ったよりも雲が多い。

201121DSC09006.JPG 201121DSC09003.JPG
(左)鼻曲山(小天狗)。浅間山は雲の中。(右)軽井沢を見おろす。雲の上に八ヶ岳。

2人組が到着したのを機に下山にかかる。今日出会った唯一の登山者。途中、留夫山に登り返すのが煩わしかったので、西側の林道を使って巻いた。終始強風が吹いていたが、下山する頃に雲が晴れて浅間山もすっかりその姿を見せるようになった。黙々と樹林帯を歩くのに終始した感があるが、こんな山歩きもたまにはいい。連休なので、軽井沢周辺は多くの観光客で賑わっていた。

201121DSC09002.JPG  201121img302.jpg
(左)関東平野を見おろす。遠く筑波山が霞む。
posted by 急行野沢 at 22:45| Comment(0) | 登山(浅間・高峰) | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

子檀嶺岳[修那羅峠から](青木村)

201119DSC08856x.JPG
子檀嶺岳から後立山連峰を望む。爺ヶ岳・鹿島槍・五竜。

修那羅峠1014-1115鉄塔(1054標高点)-1124林道-1148(1155標高点)-1202子檀嶺岳1229-1245林道終点-1320県道-1339修那羅峠

子檀嶺岳は里山の範疇ではあるものの、信州百名山にも名を連ねる青木村の名山。以前、南側から登り東の管社へ下った。今回は一般コースではなく、修那羅峠から道のない尾根伝いに歩いてみようと思う。修那羅峠北側、修那羅石仏入口の駐車スペースに車をとめ、東側の山腹に取り付き、微かな踏み跡をたどる。

201119DSC08823.JPG 201119DSC08828.JPG
(左)道のない尾根をたどる。(右)送電鉄塔(1054)。前方は四阿屋山か。

しばらく車道を右下に見て、南に巻き気味に進んだ後、左折して赤松の尾根を登る。左右にのびる尾根にたどり着いたら右折。その先の957ピークでは南か北の尾根に引き込まれがちだが、南東方向へ。小ピークを越えて雑木の鞍部から急登で尾根に乗り右折。940M圏のピークを越えて、やや右手山腹から1054を目指す。

201119DSC08838.JPG 201119DSC08852.JPG
(左)1155へ急登。(右)1155からは歩きやすい道。村松からの道と合流。

所々、足元には藪が蔓延る。里山らしく落葉が覆う登り下りは急。山仕事らしい踏み跡は曖昧で、尾根の方向を見定めて進みたい。1054手前の送電鉄塔に着いて一安心。ここからは整った送電巡視路を南下して林道へ。林道の先は右・唐松、左・雑木の尾根に急登で汗を絞らされ、一般登山道の1155ピークに登り着く。あとは松茸山のテープが張られた、整備された道を東にたどり、祠のある子檀嶺岳の山頂へ。

201119DSC08868.JPG 201119DSC08860.JPG
(左)子檀嶺岳から四阿山・浅間山を望む。(右)眼下に青木村。正面は夫神岳。

ここまでの樹林帯が嘘のように、山頂からは展望が広がる。眼下に青木村の中心部。その向こうに夫神山をはじめ塩田平の里山。その向こうの美ヶ原・蓼科方面は雲の中。右手の連なりは滝山連峰、左手には浅間山と四阿山。そして、北西方向を振り返れば、聖山の向こうに鹿島槍を中心とした後立山連峰が白く輝いている。

201119DSC08883.JPG 201119img299.jpg
(左)一般コースは道標も整備されている。尾根からの下降点。

下山は一般コースへ。1155の少し西で尾根から右折、急な下りもわずかで林道に出る。あとは林道と舗装道を淡々と歩いて、修那羅峠に帰着。11月も後半なのに、今日も暑いくらい。往路の尾根歩きは思ったよりも藪っぽくて、方向も定めにくかった。

posted by 急行野沢 at 22:05| Comment(0) | 登山(千曲川左岸-更級・塩田平) | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

金峰山[廻り目平から](川上村/山梨県甲府市/北杜市)

201115DSC08726x.JPG
金峰山からの展望。手前に瑞牆山・小川山。その向こうに八ヶ岳・北アルプス。

金峰山荘709-802中ノ沢出合(林道終点)807-825最終水場-846中間地点850-940金峰山小屋-1001金峰山1028-1100砂払ノ頭-1151大日岩北側1222-1246八丁平-1321中ノ沢出合(林道)-1407金峰山荘

先日登った御座山からは五丈岩がしっかり見えた。そこでもう1回、金峰山に登ってみようと思いたった。過去1回は20年以上前、甲武信岳からの縦走で山頂を踏んでいるが、そのときは霧が深く展望は優れなかった。山頂から下って金峰山小屋に宿泊したが、先代の娘さんが小屋を継いですぐの頃。宿泊者は10数人だけで、炬燵を囲み楽しく過ごしたことを憶えている。今回は川上村側から登る。

201115DSC08652.JPG 201115DSC08661.JPG
(左)林道終点。中ノ沢出合。(右)最終水場。

午前7時、金峰山荘の駐車場に車をとめる。まずは、西股沢に沿うつま先上がりの林道を歩く。1時間弱で林道終点(中ノ沢出合)。木橋で沢を渡り、シャクナゲの中、右手にジグザグに登る。その後は沢筋に出て沢の右上(左岸)を登って行く。周囲は唐松と針葉樹が混在する。道が沢に接近して「最終水場」の案内板。標高2000の掲示があって、右手への登りで標高を上げていく。

201115DSC08664.JPG 201115DSC08674.JPG
(左)中間地点。(右)苔むす針葉樹林の道。

斜上トラバースと急登を繰り返し、右手の尾根にのるとシャクナゲの中、「中間地点」の案内板がある。標高2150m。その先はシラビソ・コメツガなど針葉樹林の中、木の根の張り出した尾根を登って行く。2302標高点手前で左に巻き、道は緩やかに。その先は再び針葉樹林帯の中の登り。展望もない中を淡々と登れば、意外とあっけなく金峰山小屋に到着。

201115DSC08696.JPG 201115DSC08699.JPG
(左)金峰山小屋と小川山。(右)ハイマツ帯の登り。

ここに至ってようやく展望が開ける。ハイマツ帯の中、山頂に向かって岩がゴロゴロした道を急登。20分ほどで三角点と山名標がある山頂に到着。いきなり人が多くなり驚く。廻り目平からの登山道で行き会った登山者は4人だけ。しかし、山頂から五丈岩にかけて50人を超える登山者で賑わっている。しかもその後も続々と登ってくる。

201115DSC08728.JPG 201115DSC08731.JPG
(左)金峰山の山頂一帯。五丈岩の右に南ア。(右)五丈岩と富士山。

天気は快晴で、四周の展望をほしいままにする。西は小川山・瑞牆山の向こうに八ヶ岳。その右に北アルプスが霞む。南西には南アルプス。そして南には富士山が大きい。下山は大日岩経由。ハイマツ帯の稜線をいくつもの岩峰を右に巻いて下っていく。足場が見つけにくい岩の登り下りも。砂払ノ頭が最後の展望地。あらためて景色を見渡して、ここから樹林帯に入る。

201115DSC08754.JPG 201115DSC08768.JPG
(左)大日岩への下りから稜線を振り返る。(右)大日岩。

奥秩父らしい樹林帯の急な下りを進めば、大日岩前の道標がある分岐へ。小川山登山道の示す方向に従い、岩によじ登り、左が切れ落ちた岩の上を進む。少々スリリング。テラス状の場所で八ヶ岳と瑞牆山を眺めながら休憩。その先はまったく人に会わない行程となる。

201115DSC08776.JPG 201115DSC08794.JPG
(左)大日岩から八ヶ岳と瑞牆山。(右)八丁平の分岐。

休憩後、シャクナゲと針葉樹の中、岩の左下を巻いて足元が切れ落ちたザレ場を通過して急な下りへ。緩やかになると八丁平の分岐。右折して苔の深い森を進めば、沢音が大きくなる。おおむね砂洗川の左岸を、所々は高巻きもしながら下って行けば林道の終点に出る。あとは淡々と林道を歩いて金峰山荘に帰着。稜線部の快晴の展望、そして奥秩父らしい苔むす針葉樹林帯を楽しむことができた。

201115DSC08802.JPG  201115img298.jpg
(左)八丁平付近の苔と樹林。

[参考]金峰山荘・駐車料金 500円(施設利用料なので1人単位)
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

御座山[長者の森から] (北相木村/南相木村)

201108DSC08608x.JPG
御座山から八ヶ岳・南アルプスを望む。

長者の森・駐車場711-744沢を離れる(左折)-833白岩コース合流838-911見晴台916-943前衛峰947-1021御座山1116-1141前衛峰-1207見晴台-1235白岩分岐1245-1316右折して沢沿い-1336長者の森

佐久の幽巒と称される。以前、南の栗生から登ったのは短時間で登頂できそうだったから。北の「長者の森」から登るのがメインのようなので、今更ながらそちらからの道をたどってみた。各ポイントに道標もあり、道もよく整備されている。山頂まで展望が開ける場所はほとんどないけれど、この季節なら落葉の樹間から明るい日差しがこぼれている。

201108DSC08493.JPG 201108DSC08502.JPG
(左)雲海の四方原山方面。(右)鉄塔手前から山頂部を望む。

長者の森の広い駐車場には先着3台。道標に従って、長者の森の中の道を歩き、ダートの林道へと進む。沢の右(左岸)から左に移り、沢を右下に見ながら左折して沢を離れる。幅広い道が続いている。山腹の左を巻いた後、大きく折り返しながら標高を上げる。やがて尾根上を行くようになれば、左手樹間に御座山前衛峰、右手には雲海の中に四方原山方面が見える。周囲は唐松や雑木である。

201108DSC08515.JPG 201108DSC08523.JPG
(左)白岩コースと合流。(右)落葉の樹間から御座山が見える。

緩やかに下ると赤白の送電鉄塔の下に出る。ここから登り返すと、尾根上で白岩からの道と合流し、左折して南へ尾根をたどる。雑木林が美しい緩やかな道は尾根の右下をやや下り気味に、その後、左下を登って行く。右折して大岩の脇の尾根上へ。周囲は針葉樹林に変わる。ジグザグの登りでは、周囲にシャクナゲが多くなる。花の頃はさぞかし美しいだろう。岩の上の「見晴台」に到着すれば、右手に蓼科山、前方に山頂部が見える。

201108DSC08536.JPG 201108DSC08550.JPG
(左)見晴台から山頂部を望む(右奥)。(右)前衛峰から御座山を望む。

針葉樹とシャクナゲの尾根上を緩急繰り返し登る。道が緩めば樹林の中の1992ピーク。その先の岩場には「前衛峰」の表示があり、前方に山頂方向の展望が開けている。岩場の下りがあり、ダケカンバや雑木の明るい鞍部(ウダノ沢ノトーミ)を過ぎて御座山本体への登りへ。苔むした針葉樹林帯やシャクナゲの中、厳しい急登が続く。とはいっても標高差は150mほど。

201108DSC08556a.JPG 201108DSC08562.JPG
(左)ウダノ沢ノトーミ。(右)苔むした針葉樹林帯の急登。

勾配が緩めば、やがて避難小屋が見えて、その裏には山頂部の岩稜が続く。岩場に一歩登ると一気に展望が広がる。西に向かって足元が切れ落ちた岩稜を伝うように進めば、先端に御座山の山名標が立っている。北アルプス方面は雲に隠れているが、蓼科山から八ヶ岳連峰の全体、天狗山・男山の向こうに南アルプス、その左に奥秩父の山並み。金峰山の五丈岩もはっきり見える。

201108DSC08571.JPG 201108DSC08575.JPG
(左)御座山の山頂。八ヶ岳方面を望む。(右)奥秩父方面の展望。

絶景を堪能しながら休憩をとり、下山は往路を戻った。途中の山頂・山頂で出会った登山者は15人ほど。やはり地味な山であり、その分しみじみとした山歩きが楽しめたと思う。どういうわけか、意外と時間がかかってしまった。

201108DSC08596.JPG  201108img297.jpg
(左)御座山の山頂は岩稜帯。前方の北ア方面は雲の中。
posted by 急行野沢 at 23:30| Comment(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

栂峠から栂峠山・四方原山 (北相木村/佐久穂町/群馬県上野村)

201103DSC08334x.JPG
落葉に覆われた巻道(栂峠山手前)。

加和志湖畔(栂峠林道入口)714-804栂峠入口(林道から山道へ)812-836栂峠845-927栂峠山(寄沢1633m)937-1014「1632ピーク」1019-1059コンクリート階段1104-1138四方原山1205-1225東山林道-1351白岩バス停-1411加和志湖畔

以前訪れた四方原山栂峠の間を歩きたいと思っていた。この間の最高峰は1685m三角点(寄沢)であるが、宮坂七郎著「新版 信州の山(中部下巻)」では栂峠山の名前で登場している。展望のすぐれない山域だが、秋の深まりは感じられるのではないか。ただし、踏み跡不鮮明の箇所多数で道迷いのリスクは高い。特に尾根が広がった場所では方向を見定めて進む必要がある。

201103DSC08288.JPG 201103img296.jpg
(左)栂峠林道から山道への取付き地点。

北相木村の奥、加和志湖畔の路側余地に駐車。分岐する栂峠林道を歩きはじめる。曇り空のもと、唐松や雑木の中、沢に沿った後、左に右にと曲がれば送電鉄塔の脇を通り過ぎ、林道終点手前の右カーブが山道への取付き地点。「西群馬幹線104」の文字と矢印の掲示の脇から送電巡視路特有のプラスチック階段を急登する。数回折り返すうちに右手の笹の中に細い踏み跡が見つかる。

201103DSC08297.JPG 201103DSC08316.JPG
(左)笹の中のトラバース道。(右)栂峠。左奥にお地蔵様。前方の林道を進む。 

この山腹をトラバースする踏み跡をたどる。尾根を回り込む箇所に社があり、その先、数ヶ所に「栂峠」を示す道標がある。最後に少々の登りで、笹と唐松の中にお地蔵さんが佇む栂峠に到着。「ぶどう峠・佐久町・白岩」の三方向を示す案内板がある。目の前の林道を左(北)に進む。途中、倒木が道をふさいでいる場所を過ぎ、「栂峠・十石峠・四方原山・茂来山」を示す道標がある分岐を左折。

201103DSC08330.JPG 201103DSC08346.JPG
(左)「四方原山」の案内板。林道から山道へ。(右)栂峠山(寄沢)山頂。 

その先左手に「四方原山」の道標があり、尾根の南西をたどる明瞭な巻道に入る。途中で適当に落葉の山腹をよじ登って稜上へ出て、少々の急登で栂峠山へ。展望がないのは予習済だが、三角点と境界見出標があるだけで山頂らしくない。そのまま西へ尾根を上下しながら進むが、霧が濃くなり尾根が広がると方向が定めにくい。マークも見ながら右の間違った尾根に入らないように。なお、ピークに寄らないなら、ずっと巻道を行った方が歩きやすい。

201103DSC8355.JPG 201103DSC08375.JPG
(左)1632ピーク。(右)右手のコンクリートで固めた階段を登る。 

交差した巻道を進んでから、1632ピークに寄るために再び尾根上の道へ。岩がちの急登もある。1632も樹林の中の変哲もない場所。尾根をしばらくたどってから目の前に交差した巻道を右へ。その先、左右に折り返して下るあたりは落葉で道形がはっきりしない。やがて左下に林道があらわれたので、早めに林道に下る。林道はしばらくで分岐するが、分岐の脇にコンクリートで固めた階段がある。

201103DSC08381.JPG 201103DSC08385.JPG
(左)階段の先は急登から大岩の右を巻く。(右)大岩を巻いた先の平坦地。 

この階段を登り、切れ落ちた急坂を進み、大岩を右から巻く。平坦な草原状となり、四方原山の山上台地の一角に出る。いくつかの道標があるが、台地の左の際あたりをたどって行く。右からも緩やかな尾根が合流し、唐松林の中、マーク頼りに薄い踏み跡をたどれば四方原山の山頂に到着。唐松に囲まれて展望のないヤブっぽい山頂である。休憩の後、さらに西に尾根をたどる。

201103DSC08403.JPG 201103DSC08411.JPG
(左)四方原山の山頂。(右)四方原山から西に進む。

右手に林道を見て緩いピークを越えたところに東山林道を示す道標があり、左折して下ればほんの数分で林道に降り立つ。あとはこの林道を延々と下り白岩の集落へ、そして加和志湖へと戻った。後半は天気が良くなり、きれいな中腹の紅葉を眺めながら林道を下った。途中、ひとりも登山者に会わなかった。

201103DSC08418.JPG 201103DSC08439.JPG
(左)東山林道を示す道標。(右)東山林道中腹の紅葉。
posted by 急行野沢 at 22:21| Comment(2) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする