2020年12月26日

湯ノ丸山~烏帽子岳(東御市/上田市/群馬県嬬恋村)

201226DSC09550x.JPG
湯ノ丸山まであと少し。

地蔵峠駐車場905-937鐘分岐-1019湯ノ丸山1027-1052鞍部(小梨平分岐)-1116稜線-1125小烏帽子岳-1137烏帽子岳1158-1219稜線下降点-1232鞍部(小梨平分岐)1242-1309中分岐-1332地蔵峠

冬の足慣らしに、例年のように湯ノ丸へスノーハイクに出かける。地蔵峠の駐車場に車をとめて、第1ゲレンデを登り始める。湯ノ丸スキー場は随分前にオープンしているけれど、こちら側の第1リフトはまだ稼働していない。ゲレンデ左側についているトレースに従って登る。リフト終点で傾斜が緩み、つつじ平を示す標識が点在する。前方には青空を背景にした湯ノ丸山の姿。

201226DSC09530.JPG 201226DSC09563.JPG
(左)鐘分岐付近から湯ノ丸山。(右)湯ノ丸山から烏帽子岳を望む。

鐘分岐を過ぎると少しずつ勾配が増す。今日もすでに数人が歩いていてトレースははっきりしているが、急勾配では足を滑らせがちなので軽アイゼンを装着する。後方にはスキー場のゲレンデが広がり、左手には遠く富士山が見える。たどり着いた湯ノ丸山頂は北西から冷たい風が吹いている。天気予報はよかったはずだが、北アルプス・四阿山・八ヶ岳などの稜線は雲に隠れていて残念。

201226DSC09556.JPG 201226DSC09570a.JPG
(左)湯ノ丸山から浅間山方面。(右)鞍部付近から烏帽子岳を望む。

西側の鞍部(小梨平分岐)に向かって下る。スノーシューの跡があって歩きやすい。鞍部からは左手の稜線へトレースされている夏道をたどって登る。樹林帯を抜け稜線に出ると冷たい風が吹き、トレースも消されがち。背後に見える富士山に後押しされるように小烏帽子岳を越えて稜線を進む。北側の空は雪雲に覆われていて、右手前方に見えるはずの四阿山の山頂部も雲の中。

201226DSC09596a.JPG 201226DSC09610.JPG
(左)烏帽子岳へ稜線を進む。(右)烏帽子岳山頂。北アルプスは雲の中。

最後は岩がちな登りを経て烏帽子岳山頂へ。湯ノ丸山同様、遠望の山々は稜線を雲に隠している。それでも冷たい風の中、しばらくは展望を楽しんでから下山にかかった。小梨平の鞍部からは湯ノ丸山南側を巻く平坦路をたどって地蔵峠に戻った。途中、擦れ違った登山者は15人ほど。半分ほどはスノーシューだったけれど、今日の状況ではスノーシューはなくても大丈夫。私は軽アイゼンで歩きとおした。

201226DSC09608.JPG 201226DSC09621.JPG
(左)烏帽子岳から湯ノ丸山と浅間山方面。(右)烏帽子岳から富士山と八ヶ岳を望む。

*1年前の同コースの記録はこちら→「湯ノ丸山~烏帽子岳 2020年1月11日」
posted by 急行野沢 at 21:23| Comment(0) | 登山(四阿・湯の丸) | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

木島平スキー場(木島平村)

201222DSC09492x.JPG

先週の降雪で多くのスキー場が滑走可能となった。どこへ初滑りに行くか悩んだ末に、慣れ親しんでいる木島平に出かける。従前からリフト券は手頃な価格だったけれど、今シーズンはかなり踏み込んだ低価格設定となったのでそれにもひかれた。さらにこの時期(~12/25まで)、オープニング割引で1日券がシニア800円(おとな1000円)。

平日なのでガラガラ。これならコロナの心配もない。積雪も十分で、コンディションはこの時期としては最高。天気も良く、フラットで幅広のゲレンデを気持ちよく滑ることができた。稼働リフトは第8クワッド、第10・第6ペアのみだが、ここは第8クワッドが動けばほぼ事足りる。ファミリー層に舵を切っていることもあり厳しい斜面はないけれど、シーズン初めの基礎練習に励む人たちが多く見られた。

201222DSC09482.JPG 201222DSC09471.JPG
posted by 急行野沢 at 22:49| Comment(0) | スキー上信越道 | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

戸隠高原[鏡池敗退+奥社参拝](長野市)

201219DSC09415.JPG
奥社参道の杉並木から随神門を振り返る。

戸隠奥社参道入口駐車場1049-1111随神門(鏡池に向かうも断念)1120-1141奥社入口1158-1212随神門-1230戸隠神社奥社1240-1253随神門-1309駐車場

冬装備を少し買い替えたので、それらの確認も兼ねて戸隠の鏡池あたりを歩くつもりで出かけた。しかし、随神門から鏡池に向かう道に入ると、考えていた以上に雪が深くトレースもない。スノーシューをつけてもかなり沈み込む。ひとりでは厳しいので断念して、奥社への往復にとどめた。

201219DSC09409.JPG 201219DSC09413b.JPG
(左)戸隠奥社参道入口。(右)随神門。参道には人ひとりの幅で道がつけられていた。

戸隠奥社への参道は、人ひとりが通れる幅で道がつけられていた。私は長靴に履き替えて歩いた。参道はそれなりの人数が歩いていたが、雪山登山に近いスタイルから、観光客風の軽装までさまざま。随神門の先の杉並木は森閑とした雰囲気が沁みいるようだ。最後はやや急坂になり、足を滑らせながら登って雪に覆われた奥社に参拝した。

201219DSC09419a.JPG 201219DSC09421.JPG
戸隠神社奥社。
posted by 急行野沢 at 21:04| Comment(0) | 季節の散策(花・湿原など) | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

鼻曲山[二度上峠から](軽井沢町/群馬県長野原町/高崎市)

201213DSC09307x.JPG
1445ピークから浅間隠山を望む。

二度上峠910-943氷妻山948-1038鼻曲山(小天狗)1044-1046大天狗-鼻曲山1106-1155氷妻山-1228二度上峠(-1242浅間隠山登山口-1257二度上峠)

3週間前に旧碓氷峠からの道で訪れた鼻曲山に、今度は二度上峠から登る。登山口の二度上峠からは浅間山がきれいに見える。実は今日の行程で一番浅間山がよく見えるのはこの登山口。鼻曲山まで歩きやすい道が続くが、笹が繁る樹林帯の中を行くので展望はあまり開けない。峠脇の5台ほどの駐車スペースには先着2台。

201213DSC09300.JPG 201213DSC09308a.JPG
(左)登山口の二度上峠から見た浅間山。(右)獅子岩の標識付近は岩峰が続く。

雑木と笹の尾根道を小さなピークを越えながら登って行く。1445ピークでは北側に浅間隠山がきれいに見えた。獅子岩の標識がある前後は岩峰が連なり、右側を巻いて行く。痩せ尾根状の鞍部からだんだん急になり、ひとつピークを越え、緩いピークを巻いて登れば氷妻山にたどり着く。前方樹間に特異な形の鼻曲山が見える。右の尾根沿いに進んだ後、左折して急な下り。冷たい風が北西から吹いている。

201213DSC09321.JPG 201213DSC09323.JPG 
(左)氷妻山。(右)氷妻山からいったん下る。鼻曲山が見える。

その先は笹原の中、しばらくは緩やかなアップダウンが続く。笹が道を覆い少し煩い所も。道はだんだん急になり、右から登ってきた尾根に登り着いて左折。小さなピークを越えた先は鼻曲山本体へ今日一番の急登となる。北側の斜面なので、薄暗く土が凍り付いて固い。やがて笹が道脇を覆うようになれば山頂は近い。国境平からの道を合わせればすぐに鼻曲山山頂。

201213DSC09326a.JPG 201213DSC09330a.JPG
(左)しばらく笹原の緩やかな道。(右)山頂へ北側斜面の急登。

先日も訪れているのでわかってはいるが、浅間山の展望が木々にやや邪魔されるのが悔しい。南には軽井沢のスキー場に人工降雪が見える。八ヶ岳や美ヶ原方面は雲に霞んでいる。その先の山名標のあるピーク(大天狗)まで足をのばすが、関東平野の展望も霞み気味。下山は往路を戻った。途中から小雪が降り出し、いっそう寒さが増した。途中出会った登山者は4組7人。

201213DSC09337.JPG 201213img305.jpg
(左)鼻曲山・山頂。前方樹林越しに浅間山。
posted by 急行野沢 at 22:25| Comment(0) | 登山(浅間・高峰) | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

鍬ノ峰[仏崎観音寺から](大町市)

201205DSC09246x.JPG
鍬ノ峰から蓮華岳・爺ヶ岳方面の展望。

仏崎観音寺740-750鐘突堂-901渋澤東三角点(1209m)-929「1292標高点」-1015「1526標高点」1020-1100鍬ノ峰1142-1215岩場左巻く-1243常盤登山口-(車道)1511仏崎観音寺

初冬の北アルプスを眺望したいと考え、鍬ノ峰に登ることにした。北アルプス前衛の里山。以前、南側の常盤登山口から登ったので、今回は北側の仏崎観音寺から登る。ややハードなコースで、ロープ設置の急登や岩場も何箇所か。道形は明瞭ながら、樹林帯を黙々と登る。やや雲が多かったが、山頂から餓鬼岳・蓮華岳・爺ヶ岳などを展望できた。

201205DSC09174.JPG 201205DSC09186.JPG
(左)鐘突堂上部の岩場から平地を展望。(右)ロープ設置の急登も何箇所か。

仏崎観音寺付近の空地に駐車。杉林が覆う観音寺にお参りをし、本堂左奥の防獣柵から「鐘突堂」の標識に従い石段を登る。尾根突端の鐘突堂から見おろす平地は霧が覆う。左折して赤松と砂礫の尾根を登る。所々、岩頭を巻きロープ設置の急登。955ピークで右折。緩やかな道の後、ロープの急坂を登り、主稜線に登り着いて左折。すぐ1209(渋澤東三角点)だが、三角点は見つけられない。

201205DSC09191.JPG 201205DSC09209.JPG
(左)1209ピーク。(右)1526ピーク。いずれも樹林に囲まれ展望なし。

薄暗い樹林帯を進み1250m圏ピークで左折。1292前後からシャクナゲが増える。東側から寒風が吹き、足元は薄雪で滑りがち。道脇に笹が増え、木の根の段差の急坂を挟みながら、緩急の登りで1526ピークへ。ここも樹林の中で展望なし。その先の小ピークでようやく山頂方向が樹間に見えた。積雪が増えたが1~2cm程度。最後はようやく展望が開けた笹原を緩く登って鍬ノ峰山頂へ。

201205DSC09233.JPG 201205DSC09248.JPG
(左)山頂直下の笹原で展望が開ける。(右)鍬ノ峰山頂。餓鬼岳・唐沢岳・七倉ダムが見える。

やや雲が多いけれど、目の前に餓鬼岳と唐沢岳、その右下に七倉ダム。さらに北葛岳・針ノ木岳・蓮華岳・爺ヶ岳を見渡す。北信五岳は雲に霞んでいるが、四阿山・浅間山も展望できた。山頂には2組4人の先客。下山は南の常盤登山口へ。しばらくは笹と疎林越しに展望が続く。やはりこちらがメインルートの雰囲気。

201205DSC09240.JPG 201205DSC09267.JPG
(左)山頂から四阿山・浅間山方面。(右)下山途中にもロープのある岩場。

南峰(1560m圏)直下にはロープのある岩場があり、その先では足元が切れ落ちた岩場を巻く場所が2箇所。こちらも急坂が続く。右折して尾根から外れれば次第に道は歩きやすくなり、送電鉄塔を過ぎて常盤登山口へ。車を回収しなければならないけれど、適当な交通手段もないので、東側山麓の里道を仏崎観音寺まで2時間半歩いて戻った。

201205DSC09276.JPG  201205img304.jpg
(左)常盤登山口に到着。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(白馬山麓・安曇野・松本平) | 更新情報をチェックする