2012年05月26日

鍬ノ峰(大町市)

登山口1011-1026送電鉄塔-1050稜線南端-1127南峰-1143鍬ノ峰山頂1245-1259南峰-1324稜線南端-1327送電鉄塔-1348登山口

国営アルプスあずみの公園の入口を過ぎ、さらに餓鬼岳の登山口を通り過ぎて狭い舗装道を進む。安曇野の里山のひとつくらいにしか考えていなかったが、登山口につくと駐車スペースには10台以上も車が止まっているのに驚いた。ようやく一番奥に1台分のスペースを見つけて車を滑り込ませる。けっこう人気のある山のようで「安曇野の里山の盟主」とも、さらに新緑や花などちょうどこの山にとっての一番魅力のある季節でもあったようだ。

120526P1100921.JPG 120526P1100934.JPG
(左)南尾根の稜上から南峰方面。(右)イワカガミ

最初は送電線の巡視路で階段状の登り。高圧線鉄塔を過ぎて山腹を急登していく。山頂までの標高差は500mあり、侮れないが気持ちよく道は標高をあげていく。ヒノキの混在した雑木が、少しずつ新緑の美しい雑木の風景にかわっていく。やがて南尾根の稜線に達すると視界が開ける。木の間越しに残雪の北アルプス。ときどきは安曇野を見下ろせる。2箇所ほど岩場があり、右側を巻く。岩場にはイワカガミの花が見られる。

稜線まではシャクナゲ・ツツジもぽつぽつとは咲いていたが、稜線上ではかなりまとまっているところも見られる。シラカバの新緑を過ぎ、南峰までは急登が続く。ときには手足を使って攀じるような場所も。南峰までで厳しい登りは終わり、あとは多少の上り下りはあるが気持ちの良い稜上の道。左手には残雪の山並の展望が広がってくる。

120526P1100937.JPG 120526P1100939.JPG
(左)南峰への道。(右)シャクナゲ咲く道。前方に残雪の北アルプスを見ながら。

山頂はこの程度の標高の山としては珍しく、360度の展望が開けている。まず、目に飛び込んでくるのは残雪の北アルプス。左から、餓鬼・唐沢・烏帽子・北葛・針ノ木・蓮華そして爺ヶ岳。その右手の頸城山塊は霞んでいる。眼下には七倉ダム。反対側に目をやると大町市付近の平地が見渡せ、その向こうの山地は霞んでいる。ゆっくり展望を楽しんでから、往路を下山した。

120526P1100973.JPG 120526P1100974.JPG
(左)山頂からの展望。餓鬼岳・唐沢岳、ダム湖の奥に烏帽子岳。(右)山頂からの展望。北葛・蓮華の間に針ノ木岳。右に爺ヶ岳。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック