2014年10月18日

滝山連峰[二ツ石峰~入山](青木村/松本市・旧四賀村)

141018DSC08860.JPG 141018DSC08879.JPG
(左)保福寺峠(右)二ツ石峰への道

保福寺峠922-1018二ツ石峰1024-1050林道に出る-1058林道分岐1102-1122(1548峰)-1150入山-1153入山山頂直下1232-1250(1548峰)-1307林道分岐1312-1320林道から山道へ-1350二ツ石峰分岐1400-1455保福寺峠

先週は滝山連峰の北半分を歩いたので、今日は南半分の保福寺峠から入山までを歩いてみようと思う。以前の一度、二ツ石峰までは歩いたことがあるのだが。今日は好天なので、ウェストン由来の保福寺峠からは、南側の一段高いところに登ると北アルプスの眺望を得ることができた。道標にしたがって北側の1449峰を目指して登り始める。左はカラマツ、右は雑木の中の急登。1449峰から少し下った鞍部あたりが、やや色づいた雑木の林相が美しいところ。二ツ石峰に向けては再びひたすらの急登となる。一部、道形は定かでなく赤テープを探しながらの登りとなる。

141018DSC08889.JPG 141018DSC08893.JPG
(左)二ツ石峰への分岐。(右)二ツ石峰の次のピークから、北アルプスの眺望。

分岐から左に入ると数分で樹林の中の二ツ石峰山頂。展望はない。分岐に戻って北に向かうと、次のピークで北アルプスの展望が開ける。その先は道はわかりにくくなるが、稜線の少し右下を歩き、途中からテープを頼りに右下方向に下る。針葉樹林と雑木の境界を急降下する。急な下りがやわらげば、左手に林道が見える。周囲の眺望を楽しみながら、この林道を右に進めば、3方向の林道の分岐に出る。その脇に道標があり、それに従って山道に入る。

左・針葉樹、右・雑木の樹林帯を一直線に登る。途中、1548峰は紅葉の木に囲まれ北アルプスの展望にも恵まれる。正面の木の間越しに左半分は緑色、右半分は紅葉が彩る入山の山容が見える。最後に急な登りをこなして、御鷹山からの道を合わせれば入山山頂。山頂は展望もなく樹林の中でうす暗いので、少し下った紅葉の樹林の中で休んだ。下山は、往路を保福寺峠に戻った。

141018DSC08910b.JPG 141018DSC08942.JPG
(左)林道分岐点。入山へは正面のピークをまず目指す。(右)紅葉が美しかった入山山頂直下。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック