2014年11月03日

高松山(長和町)

松沢林道ゲート1020-1035星糞峠1042-1053(1551ピーク)-1117(1650ピーク)小ピーク-1142高松山山頂(三角点)-1145北峰1230-1255男女倉集落上部の林道-1310車道-1430松沢林道ゲート(下山は大きく道を誤っているので参考にならない)

141103DSC09343.JPG 141103DSC09376.JPG
(左)黒曜石体験ミュージアム。背後の右側の鞍部が星糞峠。(右)四阿の立つ星糞峠。

山頂一帯に草原が広がるという高松山は、ブランシュたかやまスキー場の北西にある1668mのピーク。ほとんど道らしい道もないと聞いていたが、晩秋のこの季節を逃してはならないと出かけてみた。

国道152号からブランシュたかやまスキー場を目指す。スキー場の駐車場を過ぎて、すぐ右手に黒曜石体験ミュージアムがある。この付近は、石器時代には刃物・槍の材料などとして用いられた黒曜石の産地として知られている。このミュージアムからも星糞峠までの遊歩道がつけられているようだったが、今回は松沢林道の入口(ゲートあり)付近に駐車して歩き始める。ほぼ水平の林道を東に向かえば、15分ほどで星糞峠に到着。星糞とは黒曜石のことでこの一帯に多く産出するらしい。四阿やトイレが建ち黒曜石の解説看板がいくつもある。

141103DSC09399.JPG 141103DSC09404.JPG
(左)1650ピークまで来ると正面に高松山が見える。(右)高松山山頂直下。草原にカヤトをかき分けて登る。

星糞峠から北西方向の1551ピークを目指す。地図とコンパスを頼りにカラマツ林の中を進む。幸いカラマツ林の中は、どこでも歩ける。赤テープや黄テープがあらわれ踏み跡も交錯するが、途中、あらぬ方向に行ってしまうので、あくまでコンパスが頼り。10分ほどで1551ピークに到着。カラマツ林の中、やや右に尾根通しに進むようなルートをとって、次の1650ピークに。ここまで来ると、カヤトの鞍部の向こうに高松山が見える。カヤトの中を下り、カラマツ林の中を登る。左手には一面の草原が広がる。カヤトと樹林帯の境界線あたりをたどって、山頂と思われる地点へ。山頂台地上にはしっかりした踏み跡があり、その途中に三角点があった。

141103DSC09411.JPG 141103DSC09430.JPG
(左)高松山山頂の三角点。(右)山頂部から見た蓼科山・八ヶ岳。

草原の山頂からは360度の素晴らしい展望。来た方を振り返ると、蓼科・八ヶ岳。ブランシュたかやまのゲレンデの右に、鷲ヶ峰や三峰山、さらに美ヶ原の台地。北に目をやると浅間山。風が強くて寒い。数本の木が立つ西北方向のピーク(北峰というらしい)まで行き、風をしのいで休憩とする。下山は南にまっすぐ下るルートがあるとのことだったので、それをたどったつもりだったが、方向を勘違いして男女倉に降りてしまった。したがって下山の記録は参考にできない。距離は短くカラマツ林の中はどこでも歩けるような感じの山だが、赤テープの類や頼りになる踏み跡もほとんどなく、完全にコンパスを頼りに登る山であった。
posted by 急行野沢 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(霧ヶ峰・美ヶ原) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック