2016年12月04日

児野山(城山)(木曽町)

木曽福島・大手町駐車場940-1020権現滝1025-1120児野山1155-1242福島城址1252-1305紅葉ヶ丘1310-1335大手町駐車場

161204DSC00024.JPG 161204DSC00039.JPG
(左)案内板のある登山口。(右)四阿の前から権現滝を見上げる。

木曽福島中心部の町営大手町駐車場に車をとめ、木曽川右岸を下流へ歩く。すぐ右手に「城山自然遊歩道」の案内板。少し登ると道は沢沿いになり、緩急を繰り返しながら進む。落葉樹と杉林。大きく左から回り込んで権現滝を見上げる広場に出る。四阿や地図・説明板がある。右に紅葉ヶ丘への道を分けジグザグに登り左への長いトラバース。

161204DSC00059.JPG 161204DSC00068.JPG
(左)前方の稜線へと道は登っていく。(右)児野山山頂。樹林に囲まれている。

再び、右の山腹へジグザグに登った後は、左下に涸れた沢を見て進む。雑木の落葉とも違い、サワラ・ヒノキに針葉樹・広葉樹の混在した林相が美しい。沢の源頭となり、小さな鞍部に登りつき尾根に出る。右手進むと程なく児野山山頂。展望のない樹林の中に三角点が佇みベンチがある。少し進んだ無線小屋の脇からは、木の間から御嶽山が全容を見せていた。

161204DSC00071.JPG 161204DSC00092.JPG
(左)山頂の少し先からは御嶽が見える。(右)福島城址(本丸)は樹林に囲まれた広場。

帰路は尾根伝いの道を選ぶ。山頂直下の分岐から「ブナ大木」方面を目指す。踏み跡はいままでよりも薄いが、赤テープも随所に。緩やかなアップダウンで少しずつ標高を落としていく。尾根伝いながら、樹林の中で展望は皆無。ヒノキ・サワラの中、ところどころブナの大木があるのが意外な感じ。

1194ピークから急降下で広い道に降り立ち、道標に従って左にひと登りすれば福島城址(本丸)。樹林の中の広場。軽トラくらい通れそうな広い道を下ってアンテナと四阿のある紅葉ヶ丘で林道に出る。正面に中央アルプスの展望が開ける。道標に従って、山村代官屋敷を目指せば福島小学校の校庭の脇に降り立つ。駐車場所はすぐ隣である。

161204DSC00112.JPG 161204img001.jpg
(左)紅葉ヶ丘からは木曽福島の街の向こうに中央アルプスの展望。

木曽福島の裏の里山といった程度の認識しかもたずに登ったが、思ったよりは山深い印象。あまり展望はないけれど、ヒノキ・サワラにモミなどの針葉樹、ブナなどの広葉樹も混在する林相は他ではあまり見られないものだと感じた。道標も多くあって安心して歩ける山だと思う。途中出会った登山者は一人だけだった。

[参考]大手町駐車場・駐車料金 4時間半 350円
posted by 急行野沢 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(木曽・東濃) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック