2018年06月24日

十石山[白骨温泉から](松本市/岐阜県高山市)

180624DSC00698.JPG
避難小屋裏から見たなだらかな十石山山頂。右手奥の乗鞍は雲に隠れがち。

白骨温泉上登山口800-853小広場(標高1790m)-915平坦地終わり(標高1860m)920-1000標高2100m-1050森林限界(標高2390m)-1120避難小屋-1125十石山三角点-1130避難小屋1245-1307森林限界-1405平坦地へ(標高1860m)-1421小広場(標高1790m)-1455登山口

一応、北アルプス主稜線の山だと思う。しかし、この辺りまで南下すると、北アルプスの呼び名がしっくりこない気がする。山頂からの展望は素晴らしいようだが、梅雨の晴れ間もすっきりと展望を見せてくれはしなかった。笹と樹林の尾根道を延々とたどったが、静かな山の味わいはあったと思う。やや薮がちだが、道はしっかりしていて危険な箇所もない。山中で出会った登山者は3組5人だけ。

180624DSC00604.JPG 180624DSC00609.JPG
(左)登山口。左手前に駐車スペース。(右)唐松林の中の道標。

白骨温泉中心部から上高地乗鞍林道を北に進んだ、ゲート手前のS字カーブ箇所に登山口の標識がある。手前に3台分の駐車スペース。他にも数台程度の駐車余地がある。道標に従い、登山道に入る。桧林を左にトラバースし、唐松の平坦地に入る。白骨温泉・スーパー林道・十石山の3方向を示す道標があり、左折して山腹を折返しながら登る。

180624DSC00621.JPG 180624img001.jpg
(左)1835標高点南側はなだらかな道。

長い斜上トラバースとジグザグの登りが交互にあらわれる。周囲はダケカンバから針葉樹林へ。左右から張り出す笹が煩わしい。斜度が緩むと林野庁の標識が大木につけられた小広場(標高1790m)。その先は1835標高点南側をたどる緩やかな道が続く。深い針葉樹の森林に、さくらフィルムの道標が数箇所見られる。標高1860m位からの尾根上の急登は辛抱のしどころ。急登だが足元は歩きやすい。

180624DSC00638.JPG 180624DSC00641.JPG
(左)登山道から見た霞沢岳方面。(右)あとわずかで樹林帯をぬける。

右手の木の間越しに見えるのは霞沢岳だろうか。標高2050m付近でいったん勾配は緩むが、その後もダラダラとした登りが続く。足元はぬかるみが多い。これといった休憩ポイントがないのが、この登山道の辛いところ。笹と針葉樹の風景に飽きがくる頃、標高2250mを過ぎると樹林は疎らになり空が広くなってくる。森林限界が近いかと思わせて、その先もなかなか遠い。道脇に残雪があらわれ、標高2290mで樹林帯を抜け出す。

180624DSC00647.JPG 180624DSC00651.JPG
(左)雪の斜面を登る。(右)雪原を登り避難小屋へ。

見上げる笹とハイマツの斜面は霧が流れている。思ったよりも残雪が多く、雪解け水が流れて道はぬかるんでいる。何箇所か残雪を横切り登っていく。雪は概ね緩んでいるが、傾斜が結構あるので途中で軽アイゼンをつける。最後に大きな雪原を登れば、避難小屋の姿が見えた。避難小屋から右下に崩壊地を見ながら、イワカガミの多い稜線を南西に進めば、十石山の山頂。といってもハイマツの海の中に、三角点があるだけ。

180624DSC00656.JPG 180624DSC00687.JPG
(左)十石山三角点。(右)避難小屋裏の展望台から。焼岳・穂高方面の展望は今日は雲に隠れてこの程度。

小屋まで戻って休憩する。外に出てみると一面の霧は少し晴れて、多少は見晴らしがきくようになった。しかし、穂高や焼岳、乗鞍の山腹部分は見えるものの、雲に隠れた山頂部を想像する程度の展望。しばらく待ったが、あまり変わりはなかった。下山は往路をそのまま戻った。下山後は白骨温泉の煤香庵で汗を流して帰途についた。

posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(北アルプス・乗鞍) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください