2018年08月26日

北八ヶ岳[三ツ岳~雨池山](茅野市/佐久穂町)

180826aDSC02118.JPG
三ツ岳Ⅲ峰。後方は北横岳と蓼科山。

北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅800=807山頂駅816-849北横岳ヒュッテ下分岐-923三ツ岳Ⅲ峰934-945三ツ岳Ⅱ峰951-1004三ツ岳Ⅰ峰-1034雨池山-1052雨池峠1124-1139山頂駅1150=1157山麓駅

今日は時間の制約がある。短時間で歩けそうで、登ったことのない、北八ヶ岳の三ツ岳に向かう。3週間前に訪れた大岳の南側。今回も北八ヶ岳ロープウェイの始発に乗車する。乗車率は半分程度。坪庭から北横岳への登山道をたどるのは前回と同じ。北横岳ヒュッテの少し下に三ツ岩分岐の道標があり、そこを右折。「岩場で危険です。軽装での方は入らないでください」と注意書きがある。

180826DSC02094.JPG 180826DSC02106.JPG
(左)三ツ岳への分岐。(右)前方に三ツ岳Ⅲ峰があらわれる。

石楠花など低木の中に火山性の岩が累々とした歩きにくい道。岩の間に何か落とすと探すのは不可能。2つ並んだ大きな岩頭(西峰)の左下を巻くように進むと、前方に三ツ岳の岩峰が見えてくる。威圧感がある。大岩を攀じ登り、鎖場で岩場をトラバースすれば岩が重なる三ツ岳Ⅲ峰に立つ。三つのピークで最も高く、岩峰だから展望は360度。北から西に大岳・蓼科山・北横岳、南側には縞枯山の向こうに八ヶ岳連峰と南ア。

180826DSC02110.JPG 180826DSC02115.JPG
(左)三ツ岳Ⅲ峰への登り。(右)三ツ岳Ⅲ峰から縞枯山の向こうに八ヶ岳・南ア。

風が強く、体感温度は涼しい。大きな岩の段差に鎖もある岩場を歩き、Ⅱ峰まではすぐ。振り返るとⅢ峰を見上げる。いったん樹林帯に下り、やや登り返してⅠ峰。南東方向の展望が開け、眼下の樹林帯に雨池がぽっかりと浮かんでいる。ここからは針葉樹林帯の中、岩の段差も大きな急下降。道標のある鞍部からは緩やかな歩きやすい道を登り返して雨池山へ。

180826DSC02125.JPG 180826DSC02129.JPG
(左)Ⅱ峰からⅢ峰を振り返る。(右)Ⅰ峰からⅡ峰・Ⅲ峰方面を振り返る。

雨池山頂は樹林の中で展望はない。しかし少し南に進んだ雨池山展望台からは南方向の展望が開け、縞枯山との間の八丁平を見おろせる。ここからは再び岩で足元が悪い急な下りが続く。雨池峠に降り立って、ほっとする。三ツ岳付近からここまですれ違った登山者は5名ほど。雨池峠で休んでいると、多くの登山者が雨池や縞枯山方面に去っていく。三ツ岳方面に進む人はごくわずか。

今日はそのまま八丁平の穏やかな道をたどり、ロープウェイ山頂駅に戻った。北八ツらしい樹林帯から岩が聳えているような風景は、他の山域ではあまり見られない。新鮮でもあった。歩きにくいことは間違いないけれど。

180826DSC02131.JPG 180826img001a.jpg
(左)Ⅰ峰から雨池方面を見おろす。

[参考]北八ヶ岳ロープウェイ 往復 1,900円
posted by 急行野沢 at 22:30| Comment(0) | 登山(北八ヶ岳・蓼科) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください