2019年02月05日

小浅間山(軽井沢町)

190205DSC04938a.JPG
小浅間山(三角点峰)からの浅間山。

峰の茶屋1004-1032馬返し1038-1051小浅間山・西峰1059-1108三角点峰1110-1114東峰1143-1155馬返し-1217峰の茶屋

浅間山の展望を楽しむ小浅間山の軽いスノーハイク。のはずだったが、雪があまりに少ない。一部、ずいぶん前のものと思われるスノーシューの跡もあったけれど、今日の状態では雪の装備はまったく不要。2月とは思えない陽気で、冬支度だと暑いくらい。平日なので誰にも会わなかった。

峰の茶屋の西側スペースに車をとめる。登山届箱や火山についての案内板があり、東大火山観測所を右に見て歩きはじめる。小浅間山の南側山麓を緩やかな登りで巻いていく。周囲は唐松と雑木。雪はよく踏まれているが、ところどころ道の中央が凍結している箇所は道脇を歩く。

190205DSC04896.JPG 190205DSC04910a.JPG
(左)東大火山観測所を右に見て歩きはじめる。前方に山頂部が見える。(右)馬返しから山頂方面へ。

30分ほどで樹林帯を抜け視界が開け、浅間山本体と小浅間山の鞍部に到着。「小浅間山山頂」の方向を示す標識がある。馬返しと呼ばれるところらしい。浅間山側には「立入禁止」の看板があり、その右手に火山観測施設がある。右折すると砂礫の登りとなる。東峰と西峰の分岐に達し、まずは急坂を登って西峰へ。

西峰からは東側以外の展望が開けている。西には浅間山が大きいが、北には四阿山から草津白根方面の山並が連なっている。分岐まで戻り、一面砂礫の斜面を登る。やや左に道をとり植生の間を進み、三角点があるはずのピークの広場へ。一角に石碑のようなものがあるが、三角点は見つけられなかった。地図を見るとここが最高地点だと思う。視界は西側の浅間山方面だけが開けている。

190205DSC04927.JPG 190205DSC04950.JPG
(左)西峰から四阿山・草津白根山方面の展望。(右)広い砂礫の東峰からの浅間山。

南へ進むと砂礫の広くなだらかなピークに出るが、その中央に「小浅間山」の山頂標識が倒れている。このピーク(東峰?)を一般的には小浅間山の山頂としているのだろうか。西側の浅間山のほか、東に浅間隠山や鼻曲山、南の上信国境の山並は霞んでいるが、その右には八ヶ岳が微かに見える。雄大な展望を楽しむことができた。下山は往路を戻った。

190205DSC04958.JPG 190205img001.jpg
(左)東峰から浅間隠山・鼻曲山方面の展望。
posted by 急行野沢 at 18:50| Comment(0) | 登山(四阿・湯の丸・浅間) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください