2019年10月20日

扉温泉から鉢伏山(松本市/岡谷市)

191020DSC00319x.JPG
鉢伏山の山頂。一瞬、雲が切れて中央アルプスが望めた。

扉温泉登山口835-848橋(左岸へ)-954林道終点(1)959-1030林道終点(2)1035-1111横峰分岐-1130鉢伏山(三角点)1141-1206前鉢伏山1235-1247横峰分岐-1306林道終点(2)-1319林道終点(1)1324-1410橋-1423扉温泉登山口

鉢伏山荘の駐車場まで車で入れば、20分ほどの歩行で鉢伏山の山頂に達することができる。草原状のなだらかな山頂からは展望が開けるはずである。一方、山麓からも登山道が通じていて、今回たどる扉温泉からの道はその代表的なもの。天気予報を信じて登りはじめたが、霧に覆われ展望がすぐれない中を歩くこととなった。

191020DSC00260a.JPG 191020DSC00290a.JPG
(左)扉温泉の登山口。(右)沢沿いの登山道。

扉温泉へのか細い道を進み、明神館を過ぎれば右手に鉢伏登山道入口の大きな案内板がある。付近の路側余地に駐車。前日の雨で足元滑りやすい登りから、白樺林を経て沢沿いへと下る。木橋を左岸(右)に渡り、その先でしっとり苔むした谷状の道を進む。再び沢沿いになった道は右手の尾根を上り、沢の左岸上方を緩やかに進む。沢に沿い、あるいは沢をやや下に見て進む。ところどころ紅葉した木々も見られる。

191020DSC00291.JPG 191020DSC00297.JPG
(左)林道終点(1)。この先で左へ沢を渡り、山腹に取り付く。(右)林道終点(2)。

急流の沢に沿って進めば、林道の終点広場に出る。そのまま沢沿いに直進しそうなところ、赤テープに従って右岸(左)へ沢を渡り山腹にとりつく。足元は笹が覆う唐松林の中、大きく折り返しながら登っていく。山腹を巡る林道終点を経て、尾根はかたちを整えていく。道は急登を強いることなく適度な斜度を保ち、九十九折で小気味よく標高を上げていく。いったん尾根が緩んだ後も、ジグザグに歩きやすい登りが続く。

191020DSC00301a.JPG 191020DSC00311a.JPG
(左)歩きやすい登りが続く。(右)草原をトラバースして山頂台地の一角へ。

樹木が少なくなり周囲が開ければ、道は右へとトラバース。山頂大地の一角で、鉢伏山・前鉢伏山・鉢伏山荘からの道が交差する横峰分岐へ。晴れていれば緩やかな草原がつながる風景が美しいはずだが、霧で視界はすぐれない。南東方向に広い道をたどって鉢伏山の山頂(三角点へ)へ。霧で四周の展望は望めないが、一瞬、雲が晴れて中央アルプスが望めた(冒頭写真)。下から登ってきたご褒美だろうか。

191020DSC00317.JPG 191020DSC00340.JPG
(左)鉢伏山。(右)前鉢伏山への道。レンゲツツジが紅葉している。

横峰分岐まで戻り、北西方向にある前鉢伏山へ。林道から平坦な登山道に入れば、葉を赤くしたレンゲツツジが笹原に彩りを添えている。前鉢伏山の山頂にあるベンチでしばらく待ったが霧が晴れる気配はない。横峰分岐までもどり、往路を下山した。道は歩きやすく道標も適度にある。特に沢を離れてから一気に標高を上げていくあたりは気持ちよい。下山後はすぐ近くの桧の湯で汗を流した。

191020DSC00335.JPG 191020img011.jpg
(左)前鉢伏山の山頂。
posted by 急行野沢 at 22:05| Comment(0) | 登山(霧ヶ峰・美ヶ原) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください