2020年01月03日

戸隠鏡池~奥社(長野市)

200103DSC01759x.JPG
鏡池からの戸隠連峰。今日は稜線は雲に霞んでいる。

戸隠神社奥社入口駐車場957-1013随神門-1030天命稲荷神社-1039鏡池(~どんぐりハウス)1111-1145植物園分岐-1212植物園入口四阿1222-1227駐車場1240-1311戸隠神社奥社1319-1343駐車場

正月3日となり身体もなまっているので、戸隠の雪の中を歩きに出かけた。冬装備の確認も兼ねて。奥社入口の駐車場には結構な数の車がとまっている。これほど雪が少ない冬ははじめてだが、それでも奥社参道は雪に覆われている。軽装の参拝者にまじって随神門まで奥社参道を歩くが、雪が踏み固められていて滑りやすい。

200103DSC01741.JPG 200103DSC01743.JPG
(左)戸隠奥社入口。(右)随神門。

随神門で左折して鏡池に向かう。少ない積雪にXCスキーなどのトレースがあり歩きやすい。足跡から今日の先行者は1名のみ。天命稲荷神社を経由して、東側から鏡池の畔に出る。鏡池の向こうに戸隠連峰を望む展望が一番の見どころだが、稜線部は雲に霞んでいる。どんぐりハウス前で休憩して青空を待っていたが、小雪が降り出した。

200103DSC01749.JPG 200103DSC01762.JPG
(左)鏡池への道。(右)どんぐりハウスの前から鏡池。

帰路は鏡池の西側を歩いて戻る。やや雪が深いがスノーシューの跡などもあってツボ足でも困ることはない。天命稲荷神社あたりからは、鏡池に向かう人々と多く行違うようになる。スノーシューを履いているグループもいたが、この雪の状態ではスノーシューを履かない方が歩きやすいし速いと思う。随神門の手前で右折して植物園の中を通って奥社入口まで戻った。

200103DSC01798.JPG 200103DSC01794.JPG
(左)奥社参道杉並木。(右)戸隠神社奥社。

その後、奥社まで往復した。踏み固められた参道が滑りやすいので、長靴に履き替えた。このような道では登山靴よりも長靴の方が歩きやすいのではないか。随神門を過ぎたあたりの杉並木はやはり素晴らしい。その先、急坂で滑って苦労している人も多い。奥社入口に救急車が来ていたが、雪の坂道で滑ってケガをした人がいたようだ。奥社で新年のお参りをして戻った。

こちらもご覧ください → 「戸隠高原[鏡池スノーシュー]2019年1月11日」
posted by 急行野沢 at 23:20| Comment(0) | 登山(戸隠・雨飾・妙高) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください