2019年12月22日

田口峠から兜岩山 (佐久市)

191222DSC01653a.JPG
兜岩山展望地から八ヶ岳方面の展望

田口峠1051-1112三角点分岐-1132「1263」-1212兜岩山分岐-1223兜岩山(~展望地)1250-1259兜岩山分岐-1325「1263」-1340三角点分岐-1347「1265三角点」-1352三角点分岐-1407田口峠

兜岩山へは以前、荒船不動からローソク岩を経由して訪れた。今回は田口峠から。古い登山地図には、東西に続く稜線上は「南側の展望よい」と記されている。しかし、今回歩いてみるとほぼ樹林の中で視界は開けない。朽ちた古い道標が随所にあり、以前はもう少し展望もあり、人気コースだったのだろうか。

191222DSC01603.JPG 191222DSC01613.JPG
(左)田口峠トンネル西側登山口。(右)三角点分岐で右折していったん下り。左前方に兜岩山。

田口峠付近の路側に邪魔にならないよう駐車。トンネルの西側から少し北に入った脇から、小丸太の階段がトンネルの上へ伸びている。登りついた尾根上で左折。深い落葉が道を隠しているが、「保安林」の標識の脇から尾根を登る。杉林の小ピークを過ぎると左右に広道が横切り、祠が佇む「旧田口峠」。その先、雑木のはっきりした尾根上を緩急の登り。

191222DSC01622a.JPG 191222DSC01629.JPG
(左)米はかり峠。(右)小ピークをいくつも越える。朽ちた道標も随所に。

やや尾根の右手を進むようになって、1265三角点分岐のピーク。「荒船山・荒船不動」を示す道標は朽ちて地面にある。右折して、尾根上をいったん下る。木々には霧氷が見られる。下りきった箇所に石祠と「米はかり峠」と記された板。一瞬進む方向を悩むところだが、マークに従い目の前を直登する。小ピークを2つ越えた先は1263標高点の小ピーク。その先痩せ尾根が続き、3つほどコブを越える。

尾根を外さない方が安全だが、次のピークは踏み跡薄い左下を巻く。その先も小ピークをいくつも越えるが、ピークで進行方向が変わることも多く、方角を確認しながら進む。ずっと左前方の樹間に兜岩山は見えているものの、次々と小ピークがあらわれ煩わしい。右手の岩峰へ登り詰めると見せて、道は少し手前で左折する。ここはマークに注意。岩峰へ少し進んでみると、見晴らしが得られた。

191222DSC01634a.JPG 191222DSC01636.JPG
(左)兜岩山分岐ピークへの登り。(右)兜岩山分岐。前方にローソク岩。

緩やかな尾根が広がり左折すれば、兜岩山分岐のピークに向けて落葉の登り。分岐に兜岩山を示す道標はなく、「星尾峠・田口峠」を示す木板が地面に。東信地区高植協の標識もある。左折してはっきりした尾根上の道を、いったん鞍部に下り兜岩山へと登り返す。途中、右手の木の間にローソク岩や荒船山が見える。再訪を果たした兜岩山の山頂は展望のない樹林の中。

191222DSC01670.JPG 191222DSC01656.JPG
(左)兜岩山山頂。(右)展望地から北アルプス方向。

その先、数分進むと前方が切れ落ちた展望地に出る。前方に八ヶ岳連峰が連なっている。眼下にはいままで歩いて来た尾根が見える。雲が多い天気なので、右手の北アルプスは霞んでいる。左は奥秩父から西上州の山々。下山は往路を戻った。途中、1265三角点に寄り道をしたが、樹林の中にあり木の間越しに荒船山などが認められる程度。

191222DSC01695.JPG 191222img007.jpg
(左)1265三角点。前方木の間に荒船山。

途中、他の登山者に会うことはなかった。やはり展望がなかなか開けない山域であり、それで人気がないのかもしれない。尾根を進めばいいので迷うような所は少ないものの、地形は意外と複雑で小ピークで進む方向を確認した方がいい箇所も。深い落葉が尾根上を覆い、初冬の静かな山を歩くことができた。

こちらもご覧ください → 「荒船不動から兜岩山」
posted by 急行野沢 at 22:15| Comment(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

内山峠から荒船山(佐久市/群馬県下仁田町/南牧村)

191208DSC01319a.JPG
急登が終わり霧氷の木々と笹原の平坦路へ。

内山峠駐車場855-944鋏岩修験道場跡-1005一杯水-1024艫岩1034-1059経塚星尾峠分岐-1109経塚山(荒船山最高点)1112-1120経塚星尾峠分岐-1148艫岩1215-1233一杯水-1251鋏岩修験道場跡-1332内山峠駐車場

荒船山(経塚山+艫岩)は20年以上前に荒船不動から登ったが、メインルートは内山峠からの道だと思う。それを歩いたことがなくて気になっていた。いまさらのような感じだけれど、初冬の1日、内山峠からの道をたどってみた。内山峠の駐車場にはすでに10台以上の車。

191208DSC01277.JPG 191208DSC01290a.JPG
(左)内山峠登山口。(右)梯子・鎖の急登。

駐車場の奥からはじまる登山道には霜柱も見られ、4つほどの小ピークを右から巻いて登り下りする。その先には鎖や梯子のある急登。ジグザグに登り、ピークの右を巻いて、やせ尾根を渡り次の山腹に取り付く、といった道が繰り返される。地形は意外に複雑。前方に霧氷で白くなった山頂部が見えると笹が増え、1159は右側を巻く。小ピークを右に巻いてやせ尾根を渡れば鋏岩の修験場跡。

191208DSC01292.JPG 191208DSC01304.JPG
(左)木の間に山頂部が見える。(右)鋏岩修験道場跡。

正面の大岩が修験道場の跡なのか。大きな氷柱が下がっている。右を大きく巻く道は途中崩れていて、一瞬、尾根への迂回を余儀なくされる。ロープが張られ足元が崩れやすい。顕著な尾根を乗り越し、雑木落葉の雰囲気良い道を緩やかに下れば一杯水。水はわずかだが流れていた。ここから山上台地に向けての急登。ジグザグの登りの途中には、梯子や鎖、手掛かりの少ない岩場も。ただ、距離は知れている。

191208DSC01315a.JPG 191208DSC01316a.JPG
(左)一杯水。(右)一杯水の先は梯子もある急登。

左に斜上トラバースした先は、霧氷の木々と笹の平坦地(冒頭写真)。あとは緩やかな道で艫岩へ。最近も滑落事故が起きている。あいにく雲が多く、艫岩からの展望は浅間山も雲の中、間近の物見山や八風山が見える程度。風が冷たい。四阿の脇を通り、相沢・三ツ瀬への分岐を過ぎれば、山上台地の気持ち良い平坦な道が続いている。霧氷のついた落葉木と笹原の風景。1356標高点を過ぎ傍らに倒木が多くなり、尾根が狭まると分岐は近い。

191208DSC01327a.JPG 191208DSC01345.JPG
(左)艫岩の展望。今日の展望は物見山と八風山くらい。(右)山上台地の平坦な道。

星尾峠への道を右に分けて、左へ経塚山への登り。ジグザグの登りから最後、右へ進めば手狭な経塚山山頂。樹林に囲まれ展望はなく、祠と三角点が佇んでいる。艫岩まで戻って休憩して、往路を内山峠へ戻った。薄曇りで寒風が吹く天気ながら、途中50人以上の登山者とすれ違った。標高差は少なくよく歩かれている道ではあるが、岩場の鎖や梯子、切れ落ちた箇所も多いので、慎重に歩かねばならないところも多い。

191208DSC01353.JPG 191208img004.jpg
(左)経塚山の山頂。
posted by 急行野沢 at 23:43| Comment(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

内山峠から熊倉峰・物見山・八風山 (佐久市/軽井沢町/群馬県下仁田町)

190302DSC05394x.JPG
物見山の北側から浅間山を遠望

内山峠848-915熊倉峰920-1006山荘あらふね-1025物見岩-1050物見山1055-1119香坂峠-1149矢川峠-1226八風山1256-1330矢川峠-1411香坂峠-(車道)-1450山荘あらふね1455-(一部、車道)-1538内山峠

かつては人気のハイキングコースだった山域。いまは車道が登山道と交錯する箇所も多く、高原逍遥的な雰囲気も最近の好みにはあわないのかもしれない。しかし、牧場越しに展望が開ける箇所も多く、笹原に続く登山道の雰囲気も悪くない。今回は内山峠から熊倉峰・物見山を経て八風山を目指した。

190302DSC05330.JPG 190302DSC05341.JPG 
(左)内山峠の熊倉峰への登山口。(右)樹林に囲まれた熊倉峰のピーク。

内山峠にある広い駐車スペースに車をとめる。先着4台。私以外はみんな荒船山へと向かう。峠の北側には熊倉峰を示す控えめな道標があり、それに従い折り返しながら針葉樹林帯を登る。やや朽ちた小丸太の階段が所々。小ピーク手前の伐採地で振り返れば、荒船山が大きい。明るい雑木の尾根をたどれば、山名標もなく樹林に囲まれ三角点が佇む熊倉峰の山頂。

190302DSC05357b.JPG 190302DSC05377.JPG 
(左)初谷分岐上から荒船山[左]と熊倉峰を望む。(右)物見岩から下ると前方に物見山。

小ピークを2つ越えて車道に飛び出す。初谷方面への車道が分かれるところ。南には荒船山の展望。正面の笹の中の道を緩やかにたどって、再び車道に出れば内山牧場の山荘あらふねの前。この季節は閑散としている。道標に従い、物見岩へと進む。右に大きく巻いてから尾根に出て左折。右手の大岩が物見岩だろうか。その先のピークに三角点。木が育ち、以前よりも視界が悪くなった気がする。

190302DSC05386.JPG 190302DSC05403.JPG 
(左)物見山の山頂。(右)神津牧場越しに西上州の山並。

北西方向に下り車道と2回交差した後、物見山への登りとなる。右手には神津牧場が広がり、この先、香坂峠までずっと有刺鉄線が張られている。緩やかな登りでアンテナのある物見山へ。右手前方に浅間山、右手には西上州の山並が展望できた。香坂峠へは、今日のコースで唯一雪が残っていて慎重に下る。その先、緩やかなアップダウンを繰り返すあたりは、雑木と笹の穏やかな表情だが、少々退屈になってくるところ。

190302DSC05410a.JPG 190302DSC05419a.JPG 
(右)香坂峠。(右)矢川峠。

車道と接して小ピークをひとつ越え、林道と交差する矢川峠へ。ようやく八風山への登りにかかる。周囲の雑木はいつのまにか唐松に変わっている。道は尾根の左下を緩やかに登り、西に派生する小尾根をいくつか乗り越していく。笹の中からカモシカが飛び出し驚く。谷側に崩れそうな細道になった箇所には、鎖が設置されている。

190302DSC05427a.JPG 190302DSC05429a.JPG 
(左)八風山へ緩やかな登りが続く。(右)崩れそうな細道に鎖が設けられている。

その先で尾根にのり、前方・軽井沢からの道を合わせ左折。あとは緩やかに上下して進めば八風山の山頂に到着。軽井沢側の車道からは短時間で登れるが、はるばる歩いてくると充足感がある。山頂広場には一等三角点があるが、山名標は見あたらない。前方眼下には軽井沢のゴルフコースやスキー場、その向こうに鼻曲山などが見える。位置をかえると樹間に浅間山。暖かすぎるのか、遠景は霞んでいる。

190302DSC05441.JPG 190302img001.jpg
(右)八風山山頂。

下山は往路を内山峠まで戻った。物見山・物見石・熊倉峰への登り返しは省略して、山麓を巻く車道も使いながら内山峠へと帰ってきた。途中、出会った登山者は物見岩で3人1組だけ。八風山の鎖場付近をのぞき、道は緩やかで歩きやすい。暖かな天気で、春の気分を先取りしたような山行となった。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

広古屋山(佐久穂町)

群馬県南牧村自然公園845-943余地峠949-1016日影山-1042「1410ピーク」-1112矢沢峠-1145広古屋山東肩-1155広古屋山1224-1231東肩1237-1314「1308ピーク」-1342大上峠1350-1431南牧村自然公園

佐久と西上州を分かつ上信国境に位置する広古屋山。登山記録も多くは見あたらない。山頂は県境からわずかに信州側。佐久側から国道299号を十石峠へ向かい、古谷大橋手前で左折。大上峠を越えて群馬県に入り、南牧村自然公園の駐車場に車をとめる。一隅に岩清水の湧き水が引かれ、余地峠の説明板がある。周囲は桜の花と新緑が美しい。

180422CIMG2914a.JPG 180422CIMG2937.JPG
(左)南牧村自然公園の駐車場。(右)余地峠。左に馬頭観世音。

舗装道を北に向かい、すぐ左の舗装林道へ曲がる。程なく舗装は終わり、山腹を右に巻くように進む。杉桧の植林から、雑木や唐松の新緑へ。尾根を回り込み、林道は左に曲がる。道脇に馬頭尊を見た先で、林道を見送り左折する山道に入る。しばらくして右手に見える林道に合流し、右に巻きながら登れば余地峠に着く。馬頭観世音などが立ち、歴史ある峠道であったことを偲ばせる。

180422CIMG2954.JPG 180422CIMG2967.JPG
(左)日影山付近の笹原の稜線。(右)1,410北鞍部への下りで篠竹があらわれる。

馬頭観音と「日影山国有林」の看板の間から雑木の尾根上を直登。右手にはジグザグに作業道が上っている。踏み跡は薄いがヤブもない。小ピークを越えると、左・雑木林、右・唐松林の緩やかで明瞭な尾根道になる。少々倒木が煩わしい。1,400m圏ピーク(日影山と呼ばれるらしい)の前後は、笹原が広がり明るい雰囲気。

小ピークをひとつ越え、稜線伝いに右に折れて鞍部に下ると、枯れた篠竹の薮があらわれる。この先、大上峠まで概ね篠竹の中の踏み跡を歩く。1410ピークに向けて、篠竹の踏み跡を登る。1410からは歩きやすい西や南の尾根に入りがちだが、篠竹が鬱陶しい南東側の尾根の方向を見定めて進む。小ピークでやや右に向きを変える前後の右手は針葉樹林。前方、樹間に広古屋山が見える。

180422CIMG2979.JPG 180422CIMG2980.JPG
(左)矢沢峠の標識。南側から見たところ。(右)地図上の矢沢峠付近。右手(西側)に笹原が広がる。

緩やかに篠竹の中を進むと、小広場に「矢沢峠」の標識。ここは地図上の矢沢峠より少し北。その先、地図上の矢沢峠付近は気持ちよい笹原が広がる。広古屋山へは石がゴロゴロした雑木林の中、踏み跡も不明瞭な急登。傾斜が緩み、右へ進めば広古屋山東肩のピーク。さらに稜線を進めば三角点と山名標がある広古屋山山頂。樹林に囲まれ、木の間から八ヶ岳方面が認められるくらい。しかし、この季節なら樹間からの光が明るい。

180422CIMG2987.JPG 180422CIMG2996.JPG
(左)広古屋山東肩への急登。(右)樹林の中の広古屋山山頂。

東肩の手前まで戻るとマークがあり、ここが大上峠方面への下り口。篠竹藪の中に続く踏み跡を、急下降。途中、足元に石がゴロゴロしたところが2箇所ほど。吊尾根状の鞍部から登り返し、1308ピークを過ぎて前方左右につながる尾根に登って左折。緩やかに下れば、やがて園地風な疎林(自然樹木園)の中を行くようになり、さまざまな案内板が立つ大上峠に下りつく。

180422CIMG3005.JPG 180422CIMG3022.JPG
(左)広古屋山東肩西側から大上峠方面へ、マークを見つけ左手前(南東)へ下降する。(右)大上峠へ篠竹の中の踏み跡を下る。

あとは、右手の木の間越しに西上州の山並を見ながら、舗装道を淡々と歩いて自然公園に戻った。はっきりした登山道や案内板はないし、展望が開けるところもない。枯れた篠竹が風景を暗くしているきらいがあるものの、しかし、日影山や矢沢峠付近で笹原が広がる景色は悪くないと思った。当然ながら、途中誰一人にも出会わなかった。

180422CIMG3030.JPG 180422img001.jpg
(左)車道が通じる大上峠へ降り立つ。歩いてきた後方には樹木園が広がっている。
posted by 急行野沢 at 23:00| Comment(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

荒船不動から兜岩山(佐久市)

荒船不動尊の下の駐車場931-1014県境稜線1019-1038御嶽山-1119兜岩山分岐-1133兜岩山(展望地往復・休憩)1213-1226分岐-1304御嶽山分岐-1315稜線から下降点-1352駐車場

荒船山近くの山という程度の認識しかなかったが、途中の岩峰群がどんな具合なのか、興味はもっていた。岩峰の巻道は凍結時には危険らしいので、暖かい日が続いたこの時期に出かけてみた。佐久市街から国道254号をたどり内山大橋直前を右折し、舗装道を進んで荒船不動尊の下の駐車場に車をとめる。

180405CIMG2718.JPG 180405CIMG2730.JPG
(左)唐松林の中、沢沿いに登る。(右)県境稜線に着くと道標がある。稜線上は雑木林の明るい道。

駐車場から参道を進み、荒船不動尊に参拝してから、手前の「兜岩」「御嶽山」の案内標に従い杉林を下る。駐車場からの近道と合流し沢を跨ぐ。次の堰堤のある沢の左岸を登る。右岸に渡り返して登った後は、少しほっとさせる唐松林の緩やかな道。やがて涸れた沢の二股から、目の前の尾根を急登して長野・群馬の県境稜線にたどり着く。

左・星尾峠、右・田口峠を示す道標があり、右折。雑木林の気持ちの良い稜上の道。すぐに痩せた尾根の急登となり、御嶽山分岐点に到着。御岳山園地の道標に従って右折し、岩場を左に巻いて登れば、霊神像や祠のある御嶽山。樹林の中、展望は得られない。分岐に戻り、稜線を南に急下降する。前方の樹間に屹立するローソク岩が見える。

180405CIMG2745a.JPG 180405CIMG2752a.JPG
(左)P1から見たP2とP3。(右)P1南側は東側が切れ落ちて立岩方面が展望できる。

鞍部から岩がちの痩せ尾根を登れば、最初の岩峰(P1)に突き当たり、右を巻く。P1の裏に出ると、足元左側が切れ落ちて東側の展望が開ける。西上州の山並の中で、正面に目立つのは立岩だろうか。目の前のP2、P3の岩峰も右(西側)を巻く。道は狭く足元も崩れがちで、踏板を渡した箇所も。凍結時には歩きたくないところ。稜上に復せば、すぐに道標のある分岐。

180405CIMG2754a.JPG 180405CIMG2766a.JPG 
(左)岩峰群の西側を巻く道は崩れやすく踏板を渡している箇所も。(右)兜岩山へは気持ち良い雑木の道。

道標に兜岩山の表記はないが右折。鞍部まで下り、兜岩山への登りとなる。明るい雑木林の尾根道。到着した兜岩山山頂は、樹林に囲まれ三角点がある小広場。そのまま南西に数分歩けば、切れ落ちた岩場の上の展望地に至る。正面の南西方向には、蓼科や八ヶ岳、右手遠くには北アルプスが連なっている。春霞の中なので、遠景はやや霞みがち。下山は往路を戻った。

180405CIMG2770.JPG 180405CIMG2781.JPG
(左)樹林に囲まれた兜岩山山頂。(左)山頂先の展望地から遠く北アルプスを望む。

岩峰の前後など、切れ落ちた箇所では慎重な行動が必要。この季節なら落葉の雑木林越しの景色もあり、気持ちよく稜線上を歩いた。なお、途中の岩峰をローソク岩と呼ぶようだが、P1・P2・P3全体をそう呼ぶのか、どれかひとつをさすのかよく解らなかった。一番大きなP3(1389)を剣ヶ峰とも呼ぶようだが。

180405CIMG2761a.JPG 180405bimg001.jpg
(左)兜岩山手前から木の間越しに見たローソク岩の岩峰群。

こちらもご覧ください → 「田口峠から兜岩山」
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

小川山~大日岩(川上村/山梨県北杜市)

廻り目平キャンプ場805-(かもしか登山道)-918唐沢の滝分岐-1044[2230圏ピーク]-1120小川山1155-1318八丁平(富士見平分岐)-1400大日岩1423-1447廻り目平分岐-1531林道-1620廻り目平キャンプ場

何となく気乗りがせず後回しにしてきた山。視界の開けない針葉樹林の道に、足元の悪い岩場が連続するイメージがあった。しかしシャクナゲが咲き始め、ところどころ岩頭から展望もあって、苔むす深い樹林帯も味わい深かった。岩場や木枝、木の根などで到底歩きやすくはないが、道はよく踏まれ迷うようなところはない。適度に案内板とマーキングもある。今日は気持ちよい快晴だった。

170604DSC04368.JPG 170604DSC04408.JPG
(左)廻り目平キャンプ場の駐車場。(右)シャクナゲの花が咲き始めていた。

金峰山登山口でもある廻り目平キャンプ場の大駐車場に駐車(駐車料金は帰りに金峰山荘で支払う)。キャンプや岩登りの人が多い。林道を少し歩き「かもしか登山道」案内板に従い右の登山道へ。最初は新緑の雑木林の登り。その先、岩の間を登るような道が続き小尾根にのる。数箇所の岩場から左手の展望が開ける。

170604DSC04405.JPG 170604DSC04424.JPG
(左)梯子のある岩場の登り下り。(右)唐沢の滝への分岐。前後はシャクナゲのトンネル。

ヤシオツツジの花が見られる。シャクナゲのトンネルもあらわれ、中腹にかけて花も咲き始めている。「かもしか登山道」の案内板のすぐ先の岩場を梯子で登る。大岩の右を巻いた先で、左下に梯子で急降下。岩の登り下りに多少の緊張を強いられる。唐沢の滝分岐を過ぎて、その先右手には展望台と書かれた岩。2008ピークもシャクナゲの木々の中で通り過ぎてしまう。

170604DSC04457.JPG 170604DSC04484.JPG
(左)ところどころで金峰山も見える。(右)小川山山頂。展望はない。

2130圏ピークへの登り返しでは亜高山的な針葉樹林帯へと植生が変わる。急登の末に岩峰を巻いて、金峰山の展望数箇所の後、2230圏ピークで道はやや右へ曲がる。その前後は苔むした針葉樹林の緩やかな道。やや単調な登りの後、左から道を合わせ数分で小川山山頂へ。狭い切開きに三角点と山名標柱はあるものの展望は皆無。場所を移せば金峰山と南アの展望がわずか。往復登山のつもりだったが、計画変更し大日岩へ足をのばす。

170604DSC04495.JPG 170604DSC04505.JPG
(左)小川山から南下すると苔の美しい針葉樹林帯に。(右)八丁平への中間点の展望地から瑞牆山と南アルプス。

八丁平へ南下する道も苔の多い針葉樹林帯。登山地図によっては点線の道だが、踏み跡は明らかで問題ない。2347ピークと2290ピークはいずれも右下を巻く。その中間に金峰山や南アの展望地。岩場と樹林の下りで、八丁平(富士見平分岐)へ。針葉樹の中の平坦地が続き、廻り目平分岐を見送り大日岩への登りへ。急坂で岩場の稜上に出て、大きなザレ場は右下を大きく巻く。大日小屋からの道を合わせて大日岩の下に到着。

170604DSC04552.JPG 170604img001.jpg
(左)大日岩からは展望が広がる。左に瑞牆山、右端に小川山。

目の前に瑞牆山が大きく、その背後に八ヶ岳、右に小川山。ずっと左に南ア。この眺望を前にすると、今日の目的地が大日岩だったかのよう。先刻の分岐まで戻り、廻り目平へ下る。砂洗川沿いに歩く箇所では渓流が美しい。沢沿いとはいえ高巻く箇所もあり、意外と手間取る道。林道に出て、淡々と歩き廻り目平に戻った。途中出会った登山者は小川山直下で3人、大日岩手前で6人。静かな山行が楽しめた。

[参考] 廻り目平キャンプ場駐車料金(ひとり) 300円
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

栂峠~新三郎~ぶどう岳~ぶどう峠(北相木村/群馬県上野村)

和加志湖畔駐車スペース816-923林道から登山道へ-950栂峠956-1025新三郎1045-1131送電鉄塔1202-1227ぶどう岳1234-1308ぶどう峠1318-1421和加志湖畔

信州東端と関東を隔てるいくつかの峠を思うとき、連想するのは大島亮吉の著書。登山をはじめて間もない頃、そこに記された古き良き時代の山旅には憧憬を感じた。今日はそんな上信国境の稜線歩き。踏み跡はどの程度なのか、少々の不安があった。

161112CIMG8792.JPG 161112img001.jpg
(左)林道栂峠線から山道へのとりつき地点。

県道124号で北相木村の中心部を過ぎ、人造湖の和加志湖畔へ。湖畔のスペースに駐車する。県道から左に分岐するダートの「林道栂峠線」を歩きはじめる。唐松林の中、林道は栂峠川に沿って上って行く。林道は標高1470m付近で終点となるが、その少し手前の左手に「栂峠」という北相木村の案内板と「西群馬幹線」という送電線巡視路の入口表示がある。ここから山道に入る。

161112CIMG8806.JPG 161112CIMG8809.JPG
(左)熊笹の中に地蔵が佇む栂峠。(右)栂峠から南方向を見る。新三郎へのとりつきはわかりにくいが、コンパスを頼りに進み、シャクナゲ群生地の中の登山道を見つける。

巡視路らしい階段状の登りを3~4回ターンすると右手の熊笹の中にはっきりした踏み跡を見つける。唐松と熊笹の気持ちのよいこの道は、山腹をずっとトラバースして栂峠まで進んでいく。途中、尾根の突端を回り込むところに社があり、「栂峠」を示す標識も何箇所か。やや左上に登ってお地蔵様の佇む栂峠に到着。十石峠方面からの古い林道が達している。

栂峠付近は平らな地形で方向が定めにくい。林道を南に向かい、大きく左折する手前で赤テープに従い真っすぐ前方(南の方向)に入る。赤テープはそのまま前方の谷に降りていくので、右手前方のピークを見ながら右寄りに軌道修正し、青いテープを見つけシャクナゲ群生地に到達。ここからはシャクナゲの中のはっきりした登り道となる。花の咲くころはさぞかしと思わせる。途中の岩峰を右に巻き、岩のヤセ尾根を辿って、三角点のある新三郎の山頂に到着。何はともあれ本日の最高峰である。

161112CIMG8833.JPG 161112CIMG8837.JPG
(左)三角点のある新三郎の山頂。(右)南・西の展望がある新三郎。南側正面には御座山。

新三郎の展望は南に御座山、西に茂来山、八ヶ岳・蓼科が雲間に見える。稜線は左折し東へ向かう。痩せた岩場の稜線を急降下、2つめの岩頭のピークは右下に大きく巻いて下る。ここはテープはなかった。この付近から1628ピークの前後にかけては、落葉した広葉樹の明るく気持ちよい稜線。そのまま尾根伝いに東へ直進しそうになるところ、「安曇野幹線2号線197号・198号」の標識で右へ急降下する(197号の方向に進む)。下った鞍部には送電鉄塔が2基。

161112CIMG8875.JPG 161112CIMG8904.JPG
(左)「安曇野幹線2号線」の標柱がある。ここは直進せずに右に下る。(右)送電鉄塔下からの西方向の展望。左は御座山、右は茂来山、正面奥に八ヶ岳。

全体として展望が優れない山域だが、この送電鉄塔の広場からは正面にぶどう岳、御座山、右手に八ヶ岳、左手には西上州の山並みを望む。登り返して樹林の中で展望のないぶどう岳山頂へ。その先は岩が多い下り。途中の岩頭で南側の展望が開けるが、右下に巻き気味に急降下してぶどう峠に下りつく。あとは県道(舗装道)を1時間歩いて加和志湖に戻った。ぶどう峠に自転車をデポしておく手もあると思う。

161112CIMG8898.JPG 161112CIMG8918.JPG
(左)送電鉄塔下から東方向には西上州の山並が広がる。目を引くのは両神山。(右)樹林の中のぶどう岳。

コンパスで方向を確認しながら、稜線を外さなければさほど困難はない。ポイントは、栂峠から新三郎への取り付きと、送電鉄塔手前の分岐。岩場の下りで直進困難となる箇所は、どこも右(西側)を巻く。木の枝につかまりながら進む急傾斜も随所にあったが、思っていたよりも踏み跡ははっきりしていた。予想していた通り、今日はひとりの登山者にも会わなかった。
posted by 急行野沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

茂来山~赤羽の頭(佐久穂町/小海町)

槙沢登山口910-959北尾根に乗る1003-1033茂来山1057-1135[1662三角点]1140-1214赤羽の頭(1689三角点)1233-1303[1662三角点]-1345茂来山1358-1431北尾根下降点1435-1503槙沢登山口

160403CIMG3250.JPG 160403CIMG3283.JPG
(左)茂来山槙沢登山口。7~8台の駐車スペースがある。最初は沢沿いの歩きやすい道。(右)茂来山北尾根に乗る。「栗の古木」のプレート。臼田営林署のプレートも。

四方原山から赤羽の頭まで歩いたのは昨年12月。歩き残している茂来山と赤羽の頭の間を歩きに出かける。国道299号から「茂来山登山口」の案内板に沿って槙沢登山口まで車を入れる。登山口には7~8台分の駐車スペース。

最初は唐松林の中、沢沿いの緩やかなよい道を進む。沢の分岐はいずれも左をとって進めば、沢の水は枯れ勾配は増す。白樺の木々があらわれると道は大きなジグザグで山腹を登り、茂来山の北尾根に登りつく。栗の古木と臼田営林署の「あと1km」の古いプレート。尾根を右にたどる。

160403CIMG3314.JPG 160403CIMG3325.JPG
(左)茂来山山頂。360度の展望が広がる。後方は浅間山方面。(右)茂来山から赤羽の頭へ。気持ちよい尾根道が続く。古い文字の読めない道標もところどころに。

岩がちなヤセ尾根の急登が続く。北斜面なので雪解けの水で道は湿り滑りやすい。顕著な尾根が右から合流し左に進めば、小さな鞍部で左から霧久保沢コースが合流。ひと登りで茂来山の山頂。10年ほど前に登ったけれど記憶はあいまい。祠がふたつ。雲が多いけれど、360度の展望。北に浅間、西に蓼科・八ヶ岳、南に御座山、東に遠く荒船山。今日はここからが本番。適度にあった道標もこの先はほとんど見られなくなる。

南東に向かって気持ちよい落葉の尾根を下る。途中、岩の上に出て進路に窮し右側を巻く場所が2箇所ほど。2回目はぼんやりテープを追うと右の間違った尾根を下ってしまう。コンパスを確認して左の尾根に戻るようにする。緩やかなアップダウンの後、岩場の急登。痩せた岩稜帯をたどり、1662.1m三角点に至る。南側の切開きから御座山が見える。ここで道は左に曲がる。

160403CIMG3333.JPG 160403CIMG3340.JPG
(左)1662.1m三角点ピーク。南側が切開かれて、御座山方面が見渡せる。(右)赤羽の頭へ。緩やかな尾根道。

いったん下ったあと、気持ちのよい道が続き3つほど緩やかな小ピークを越える。この季節ならヤブも気にならない。前方の左右に連なる尾根に登りついて、左に尾根をたどる。さらに左からの尾根を合わせて右へ。その先ひと登りで赤羽の頭(1689.9m三角点)に再訪を果たす。樹林の中、展望はない。しばらく休んだ後、往路を戻る。登山者には茂来山で2人にあっただけ。尾根の分岐では間違いのないよう、テープとコンパスで方角を確認して進みたい。

なお、「赤羽の頭~四方原山」間の記録は→こちらをご覧ください。

160403CIMG3355.JPG 160403img001.jpg
(左)赤羽の頭(1689.9m三角点)。樹林の中で展望はない。
posted by 急行野沢 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

四方原山~赤羽の頭(北相木村/佐久穂町/小海町)

東山林道・稜線直下(標高1530地点)登山口1002-1009稜線分岐-1021四方原山1036-1048稜線分岐-1132「1682ピーク」1138-1157赤羽の頭(1689.9三角点)1235-1259「1682ピーク」-1347稜線分岐-1355登山口

151205map.jpg  151205CIMG0914.JPG
(左)登山口までの林道のルート。 (右)登山口。

古い登山ガイドでは、茂来山から四方原山への縦走路がかなりメジャーなコースとして取上げられていたと記憶している。最近は茂来山が単独で取上げられていても、四方原山の名はあまり見ない。こんなヤブ山はいまどきの志向には合わないということか。樹林が育ちほとんど展望が得られないせいかもしれない。

国道141号の小海大橋で東に折れ、北相木村中心部を過ぎて白岩集落から林道に入る。この林道が心配だったが、意外に路面は荒れておらず、問題なく稜線直下・標高1530m地点まで車で入ることができた。ただ車体が枝を払うところが随所にあるから、高級車を乗り入れるのは避けた方がいい。落石や工事などで通行止のリスクも大きいと思う。なお、稜線の反対側(北側)直下によく整備された林道が達しているのが見えた。どこからのものか、通行可能なのかは不明。

151205CIMG0922.JPG  151205CIMG0929.JPG
(左)10分足らずで稜線に飛び出す。 (右)四方原山山頂。樹林に囲まれて展望は木の間越しのみ。

登山口には5台ほどの駐車スペースがある。「四方原山」案内板の矢印の方向には、カラマツ林の中に踏み跡が登っている。赤テープもところどころ。10分もかからずに稜線に出たところに、四方原山・茂来山・東山林道の三方を示す案内板がある。まずは右手(東)に稜線をたどれば、右手に白岩方面からの道を合わせたあとすぐに三角点のある四方原山頂。樹林に囲まれ展望がないことは予習済み。しかし、この季節は、葉を落とした木の間越しに御座山の姿くらいは認められる。

折り返して東山林道分岐まで戻り、さらに茂来山方面に進む。緩やかな道が整然としたカラマツ林の中に続く。お地蔵さんがあるはずだが、気づかず通り過ぎてしまったようだ。雪はまったくない。小ピークをひとつ越え、1600m圏に登り出た後、しばらくすると尾根が広がり雑木・カラマツ林の中の気持ちのよいところに。ただ、踏み跡は錯綜し、右手の尾根に進みがちなところ。左の小さな岩峰を越えて、西の方向を見定めて進みたい。

151205CIMG0948.JPG  151205CIMG0957.JPG
(左)尾根が広がったあたりは気持ちがよいが、道はわかりにくい。 (右)一瞬の樹林の間から、遠く金峰山が望めた。

コブをひとつ越えた後、一瞬左手の展望が開け、金峰山の五丈岩が遠くに見える。右に曲がる尾根を登った1682ピークで道は左折。すぐ下って登り返した小ピークからヤセた尾根をたどった先の大岩のピークからは、北側に浅間山が見えた。大きく下って落葉でフカフカの山腹を登っていけば、赤羽の頭1689.9mに到着。樹林に囲まれて展望はないが、この季節は木の間越しの光が明るい。

あわよくば茂来山まで、と思っていたが、まだ半分くらい。日が短い季節なので、今日はここまで。往路を稜線沿いに戻り、分岐点から東山林道に下った。小さなコブを越えていくのが、帰路には煩わしくなってきた。晩秋初冬がこの山域には最適期と思われるが、山中、ひとりの登山者にも出会わなかった。踏み跡は一部不明瞭であり、赤テープや方角の確認が必要な箇所もあった。

なお、「赤羽の頭~茂来山」間の記録は→こちらをご覧ください

151205CIMG0970.JPG  151205img002.jpg
(左)赤羽の頭も樹林に囲まれはかばかしい展望は得られない。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

男山(南牧村/川上村)

登山口(立原高原最奥部)938-1036稜線(天狗山分岐)-1052[1797峰]-1123[1810峰北側巻道入口]-1151男山山頂1230-1258北側巻道出口-1333[1797峰]-1343稜線(天狗山分岐)1348-1437登山口

141004DSC08398.JPG 141004DSC08408a.JPG
(左)立原高原の登山口。(右)途中、きれいな白樺林を通る。

馬越峠をはさむ稜線上には御陵山・天狗山・男山と並ぶが、男山だけ登ってなかったので出かけてみた。すでに登ったことのある天狗山を越えていくのは避けたかったので、立原高原からのコースとした。天気予報は良かったはずだが、雲が垂れ込めている。

立原高原キャンプ場の最奥まで車道をたどると、登山用の地図を掲げた登山口の案内板がある。その脇に車をとめて登りはじめる。道は最初はカラマツの林を折り返し、やがて広葉樹の中を登っていく。足元はやがて苔むした岩がおり重なり、石畳のようになる。あまり歩かれてはいない感じの道だが、急登を強いることもなく歩きやすい道だ。山腹を左にまく斜上トラバースの登りとなり、途中、美しい白樺林を横切る。さらに針葉樹林帯に入り、1時間ほどで稜線に出る。左に行けば天狗山だが、今日は右へ。あくまで男山を目指す。しばらくは樹林帯のゆるやかな登り。1797峰を過ぎてしばらくすると岩稜帯にさしかかる。

141004DSC08416a.JPG 141004DSC08418.JPG
(左)稜線に出ると、左は天狗山へ。右は男山へ。(右)しばらくは稜線は樹林の中。

手足を使って慎重に岩場を通過していく。左下にゴルフ場が見える。色づいた木々も多いけれど、松の類や針葉樹ほか、紅葉の遅い木もあるので、一面の紅葉という感じにはなっていない。いったん樹林帯に入り、シャクナゲが多くなって再び岩稜帯へ。前方は霧の中で視界は限られる。1810峰は苔むした針葉樹林帯の中、北側を巻く。さらに左下へと御所平への道が分離すると、最後の急登に息を切らす。そして、岩場の上といった感じの男山山頂に到着。晴れていれば素晴らしい展望が得られるはずだが、あいにくと一面の霧の海。

では登った意味がなかったかといえば、そうでもない。立原高原からの道は思ったよりも楽しかったし、カラマツ、広葉樹、シラカバ、針葉樹などさまざまな樹林帯を楽しみながら歩くことで、展望の埋め合わせはできたように思う。

141004DSC08435.JPG 141004DSC08458.JPG
(左)岩稜帯を慎重に進む。(右)男山の山頂。霧のため、周囲の展望は皆無。
posted by 急行野沢 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(佐久・奥秩父) | 更新情報をチェックする