2017年12月21日

高烏谷山(駒ヶ根市/伊那市)

171221CIMG0773a.JPG
高烏谷山山頂から望む中央アルプス

高烏谷神社932-1010南福地分岐-1021高烏谷山1100-1127高烏谷神社

初冬の晴天を狙って、またも南信の里山へ。天竜川東岸に位置する高烏谷山は車でも山頂まで行けるが、歩いて登っても1時間程度。山頂からの展望は素晴らしいという。

登山口は高烏谷神社。参道の右手の林道をたどって本殿直下の駐車場まで車を入れる。本殿の右手から登山道が始まる。ひと登りで尾根に乗り、あとはところどころ溝状になった赤松林の尾根道をたどる。林道を横切った先は左右に松茸山のテープが張られている。樹林帯の中、古くからよく踏まれた緩急の登り。

171221CIMG0743.JPG 171221CIMG0780.JPG
(左)赤松の中の登山道。(右)高烏谷山山頂は石仏などで賑やかな小広場。

「南福地」の案内板があり、左手に道をあわせると道は緩む。その先は一投足で高烏谷山の山頂に飛び出す。振り返ると中央アルプスの展望が素晴らしい。そのほぼ全容を見渡すことができる。東側は木枝が少々邪魔するが甲斐駒・鋸岳・仙丈が見える。石像や社などにぎやかな山頂広場には小屋や四阿もある。反対側からは林道が到達している。

三角点は林道の左上に付けられた踏み跡をたどって見つけられた。ちょうど登って来られた地元のご夫妻と、伊那谷周辺の山についての話を交わし楽しく過ごした。下山は往路を戻った。

171221CIMG0765.JPG 171221img01.jpg
(左)高烏谷山山頂から東側の樹間に甲斐駒・鋸岳・仙丈。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(伊那谷周辺-上伊那) | 更新情報をチェックする

三界山(伊那市)

北東尾根登山口1256-1313三界山1328-1342登山口

せっかく伊那まで来たのだから、今回ももうひと山。松茸山だとわかっているので、いままで意欲がわかなかった三界山。これでは登山とはいえないかもしれないが、最短距離である北東側の林道から往復することにした。

171221CIMG0793.JPG 171221img02.jpg
(左)三界山北東側尾根の登山口。

国道152号を高遠中心街から南下し、白山トンネルを出たところで左折。さらにすぐに左折して広域基幹林道・長谷高遠線に入る。途中からダートになる。三界山の北面を巻いて、東側に移ろうという尾根を超す場所(路側)に駐車。少し南に歩けば「三界山コース」という道標があり、はっきりした道が西へ登っている。

左手に松茸山のテープが張られた尾根を登る。途中、唐松が多くなり傾斜がやや急に。北斜面なので薄雪が残っている。桧林となり、右手から尾根と踏み跡を合わせ、あとは緩やかに山頂へ。登山時間はほんの20分ほど。赤松に囲まれてやや薄暗い山頂だが、地元小学校の登山記念の立て札などで賑やか。

171221CIMG0809.JPG 171221CIMG0811.JPG
(左)三界山山頂。赤松に囲まれている。前方に微かに中央アルプス。(右)山頂から少し東に進むと甲斐駒・鋸岳などが樹間から望める。

西の中央アルプスは赤松の木々であまり展望はない。東に少し進むと目の前に甲斐駒・鋸岳が大きいけれど、赤松の木々が煩わしく会心の展望とはいかない。下山は往路を戻った。下山後は高遠温泉「さくらの湯」に立ち寄って、温まってから帰途についた。
posted by 急行野沢 at 20:00| Comment(0) | 登山(伊那谷周辺-上伊那) | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

物見や城(伊那市)

林道終点登山口1313-1318物見や城山頂1335-1350林道終点

161210aBook1.jpg 161210aDSC00253.JPG
(左)途中にあった藤沢山自然休養園の地図に一部補筆。(右)林道終点。ここから山頂へは5分ほど。

穴倉山から下山してもまだお昼前だったので、もう一座をと考えて、物見や城を目指した。西側から伊那谷に大きくせり出したような山であり、のろし台があったという。伊那谷の西側を走る広域農道のかんてんぱぱガーデンを過ぎて南下し、「休み平キャンプ場」「野田山あやめ園」の案内板で西に入る。

途中、「藤沢山自然休養園」の案内板を過ぎて、どんどん林道に車を進めたら、結局、林道終点まで到達してしまった。花の季節ではないが途中のあやめ園などに興味もあり、そのあたりから歩いてもいいと思っていたけれど、よくわからないままに通り過ぎてしまったようだ。地図上に記されたさまざまな施設は、いまはあまり利用されていない様子だった。

林道終点からは赤松林の中を歩いて5分ほどで物見や城へ。これでは登山とはいえないが。山頂部には説明板などが設置されているが、その先まで進むと東側が切開かれていて、思っていた以上の展望が得られた。目の前には仙丈ケ岳が大きく、甲斐駒・北岳・間ノ岳を従えているかのようだ。南アルプスのさらにずっと南まで見渡せた。八ヶ岳・蓼科方面は雲に覆われていた。

161210aDSC00255.JPG 161210aDSC00257.JPG
(左)説明板のある物見や城の山頂。(右)東側は切り開かれて南アルプスの展望が開けている。
posted by 急行野沢 at 23:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 登山(伊那谷周辺-上伊那) | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

小八郎岳~烏帽子岳(松川町/飯島町)

鳩打峠登山口810-830巻道分岐-857小八郎岳903-913巻道合流-1000烏帽子岳展望地-1020七合目(飯島ルート分岐)1027-1055八合目(大岩の上)-1133烏帽子岩-1138烏帽子岳山頂1243-1307八合目-1338七合目-1348烏帽子岳展望地1353-1420巻道入口-1438尾根道合流-1458鳩打峠

160514CIMG4417a.JPG 160514CIMG4434.JPG
(左)鳩打峠登山口。この下に大きな駐車スペースあり。(右)小八郎岳山頂。四阿があり四方の展望が広がる。眼下に伊那谷、反対側には烏帽子岳。

烏帽子岳という名の山は各地にあるが、今回目指すのは伊那谷に突き出た中央アルプス前衛の山。松川町の鳩打峠から小八郎岳を経て登る。中央道・松川ICからは途中、各所に案内板があり舗装林道を迷いなくたどって鳩打峠に到着。登山口下には10数台ほどの駐車スペースがある。林道をわずかに進んだところから登山道に入る。

赤松の尾根道は、ときにジグザグを繰り返し歩きやすい傾斜で続く。右手の尾根にのる地形のすぐ先で左に巻道を分け、小八郎岳に向かってまずは直登。ササユリ絶滅危惧種の案内板が各所に。唐松林の中、右手の岩場へ踏跡を何回か分け、緩急を繰返し尾根を登る。最後は右に急登で四阿がある小八郎岳山頂へ。展望が開け、目指す烏帽子岳の姿が見え、反対側に伊那谷が眼下に、その向こうに南アルプスは雲に霞む。

160514CIMG4467.JPG 160514CIMG4469.JPG
(左)山頂まで1/10ごとに表記がある。ここでやっと5/10。(右)尾根が右に曲がったところで左手に烏帽子岳が見える。

小八郎岳から下り巻道合流の後は、緩急あるものの概ね緩やかな道が続く。ミツバツツジも咲き、落葉樹や唐松の新緑に少々ほっとするところ。道の笹はきれいに刈られているけれど、左右に背が高いところも。1/10ずつの表記が各所にあり、5/10(五合目)を過ぎて傾斜が急に。道が右折した先で、左手に烏帽子岳山頂が望めた。足元にはイワカガミが咲く。左手は岩場や崩壊地で、その際のヤセ尾根を急登。ブナやダケカンバが見られると、樹林の中の七合目(セギナギの頭)にたどり着き、右から飯島ルートが合流する(案内標識あり)。

160514CIMG4480.JPG 160514CIMG4503.JPG
(左)七合目(セキナギの頭)。飯島コースが合流。(右)ブナ林の登りから岩がちな針葉樹林帯の急登へ。

針葉樹の中を緩やかに進んだ後、左手は崩壊地となり、右側を巻いたり際を直登する。針葉樹林帯やブナの美林の中の急登が続き苦しいところ。その先はいくつかの大岩をいずれも左下から巻きながら登りが続く。最後はロープや鎖のある岩場を登って烏帽子岩と山頂の間に出る。右手の烏帽子岩の上に立てば眼下に伊那谷、前方には雲の中に南アルプス。正面は塩見・赤石あたりか。

左に進めばすぐに烏帽子岳山頂。360度の展望だが、正面に広がる中央アルプスの景色が素晴らしい。左に安平路・大島山あたりから、越百を経て南駒、ずっと右に空木あたりまで。山頂部は雲に隠れていたが次第に晴れてきた。1時間も山頂でこの景色を楽しんでから下山した。途中出合った登山者は10組ほど。思ったよりも多くの人に登られているようだ。下山時は小八郎岳下の巻道を利用した。下山後は松川IC近くの、まつかわ温泉「清流苑」(入浴400円)で汗を流して帰路についた。

160514CIMG4546.JPG 160514img001.jpg
(左)烏帽子岳山頂から中央アルプス展望。左端は越百、中央は仙涯嶺の後に南駒、右に赤梛。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(伊那谷周辺-上伊那) | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

傘山(飯島町)

町民の森登山口920-1004林道から登山道へ-1021第二展望台1024-1040第三展望台-1048傘山山頂1138-1152第二展望台-1203林道に出る1207-1238登山口

連休なので家内を連れての登山。比較的簡単に登れそうな山を探して、思いついたのが飯島町の傘山。最近、整備もされているようなので安心して登れそうだ。

160503CIMG4230b.JPG 160503CIMG4237a.JPG
(左)登山口の林道ゲート。手前に広い駐車場がある。(右)第一展望台から中央アルプスの眺め。右端は傘山の山頂部。

飯島町中心部から西方の山中に入り、ダートの林道をしばらく車で走って町民の森へ。林道ゲート前には車20~30台分ほどの広い駐車スペースがある。傍らには仮設WCも。ここが登山口。しばらくは林道を歩く。周囲は整備されたヒノキ林から唐松林へと変わる。40分ほど歩けば、正面に南駒ケ岳あたりの中央アルプスの展望が開ける。右手には傘山の山頂部も見渡せる。丸太でつくったベンチなどが置かれている第一展望台があり、道標に従って林道から右手の登山道に入る。

160503CIMG4239b.JPG 160503CIMG4254.JPG
(左)林道から登山道へ。(右)伊那谷側の展望が開ける第二展望台。

登山道は終始、落葉樹の多少混在する新緑の唐松林の中を進む。ヤシオツツジを見ながらの急登の後、傾斜が緩めば右手(東側=伊那谷側)が開けた第二展望台。左にトラバースし右手の尾根に登り、再び左にトラバース。このあたりは足元を黄色や紫の花が彩る。ミツバツチグリやタチツボスミレか。中央アルプス側の展望が開ける第三展望台を過ぎれば、ブナやミズナラの大木も見られるようになる。

そこからはわずかな登りで傘山山頂に到着。山頂からは東側が切開かれて、伊那谷をはさんで南アルプスのほぼ全貌を見渡すことができる。左端の鋸岳・甲斐駒から、右へ仙丈・白根三山・塩見・赤石・聖。西側は木々の間に空木岳が大きくのぞめる。風が強く寒いくらいだ。展望を楽しんだ後、往路を下山した。

160503CIMG4270.JPG 160503CIMG4294.JPG
(左)唐松林の中、花々が彩を添える場所も。(右)傘山山頂からの南アルプスの眺め。

地元でも最近力を入れて整備をしている様子がうかがえる山。ふたつのアルプスの展望と新緑の唐松林が気持ちのよい里山で、意外と簡単に登ることができた。御嶽山コースの方が、登山道のレベルは少し高いと聞いたが。

160503CIMG4281.JPG 160503img001.jpg
(左)傘山山頂からの中央アルプス・空木岳方面の眺め。
posted by 急行野沢 at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 登山(伊那谷周辺-上伊那) | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

鹿嶺高原~フトノ峠(伊那市・旧長谷村)

鹿嶺高原(月見平キャンプ場下・駐車場)1004-1015「1853三角点」-1026展望台1029-1047北星平キャンプ場-1122フトノ峠-1125フトノ峠三角点-1128フトノ峠1202-1245北星平キャンプ場1248-1302駐車場

151017DSC04344.JPG 151017DSC04348.JPG
(右)月見平キャンプ場から見た木曽駒ケ岳方面。

膝の調子があまり良くないので、高低差がない山歩きをしたいと思って選んだのが、旧長谷村にある鹿嶺高原。稜線上によい道が続くようだが、目的地がピークではなく峠というので何となく釈然としない気持ちもあった。

旧長谷村中心部から「鹿嶺高原」の案内標識に従って東側に車で上って行く。月見平キャンプ場の下にある駐車場に車をとめ、キャンプ場を横切って「東雲の嶺」と書かれた石碑の脇に出ると、紅葉の白樺越しに南アルプスの山並みが見渡せる。その主役は仙丈ケ岳。右手(南)に10分ほど歩くと1853m三角点。樹林の中で展望はない。北方向に折り返して歩くと、金属製の展望台がある。それに上がれば、南アルプス・中央アルプスの両方が見渡せる。今日はいずれも山頂部は雲に隠れていたが。

151017DSC04357.JPG 151017DSC04374.JPG
(左)展望台周辺は右手に南アルプスの展望も開け、気持ちのよい道。(右)北星平キャンプ場。向こうに見える尾根にとりついて右へと陵上をたどる。

そのまま雑木とカラマツの中の遊歩道をたどると、林道に出て、その先、左折して北星平のキャンプ場に入る。キャンプ場内の四阿の前で右折。「入笠山~鹿嶺高原トレッキングコース伊那市」の案内標識に従って、正面の山腹に取り付き、稜線上を右(北)へとたどる。苔むしたコメツガの樹林帯が続く。稜線が狭まり小ピークに登るあたりから、右手はカラマツ林に。木の間越しに南アルプスも見え、少し明るい林内となる。

その先は概ね下りとなって、クマザサが足元に見えるようになるとフトノ峠は近い。右下から近づいた林道の終点広場に飛び出せは、そこがフトノ峠。三角点は林道を横切って登った小ピーク左脇にあった。伊那市の案内標識を見れば、入笠山まで辿ることもできるのだろうけれど、それはまだまだ遠い。今日はここまでで折り返した。全体に気持ちのよい道が続くものの、最初の展望台あたりを除けば樹林帯を歩くことになり展望には恵まれなかった。

151017DSC04377.JPG 151017DSC04389.JPG
(左)針葉樹の樹林帯の道。(右)林道終点広場にもなっているフトノ峠。
posted by 急行野沢 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(伊那谷周辺-上伊那) | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

入野谷山(伊那市/大鹿村)

分杭峠930-登山口(鹿除け柵)935-1004結の桂-1023光のテラス分岐-1031光のテラス1139-1048光のテラス分岐-1106入野谷山山頂1111-1141絶景の峰(1846ピーク)1228-1251入野谷山1256-1303光のテラス分岐-1332登山口-1336分杭峠

150524DSC02233b.JPG 150524DSC02247b.JPG
(左)登り始めてすぐの「風の丘」。(右)水場から山腹をジグザグに登って、「光のテラス」との分岐へ。

パワースポットブームで「ゼロ磁場」が人気を集めた分杭峠。そのため峠周辺は駐車禁止で、北側の麓からシャトルバスに乗らなければならない。そんな分杭峠の南東にあるピークが入野谷山。とはいうものの長らく地形図には山名の表記がなく、はっきりした道のない山だったらしい。それが募集によって山名がつけられ登山道も整備されたと知った。それでは登りに行かねば。

峠から少し南に下った沢沿いの邪魔にならない場所に駐車して、峠まで数分歩いて登り返す。峠から東に林道を進めば、はっきりした案内板と鹿除けネットのある登山口。ここから南側の山腹へ登っていく。すぐに「風の丘」という案内板。周囲は雑木の新緑が美しい。もうひと登りすると整った唐松林に入り、道は左へと山稜の北側をほぼ水平にトラバースしていく。赤テープや案内板があり、道を間違える心配はない。

「結の桂」という大木、さらに「希望の泉」という水場(沢)を過ぎると道は右手山腹をジグザグに登って、「光のテラス」への分岐へと出る。まずは左に稜線上を進み「光のテラス」に行ってみるが、唐松の樹林越しに高遠方面がわずかに望める程度だった。分岐に引き返し、その先は概ね右は唐松林、左はカンバや雑木を見ながら緩急を繰り返しながら登っていく。さほどの苦労もなく、樹林に囲まれた入野谷山山頂に到着。

150524DSC02271a.JPG 150524DSC02283b.JPG
(左)樹林に囲まれた入野谷山山頂。(右)白樺の美林もだんだんと疎になっていく。

道はさらに南へと進んでいる。気持ちのよい稜線上の道は、少しずつカンバ類の樹林帯から抜け出していく。これから花をつけるレンゲツツジの群落を過ぎて間もなく、一気に展望が開け前方の「絶景の峰(1846ピーク)」までの笹原が広がる。笹原を登ってピークにたどり着けば、西に中央アルプスのほぼ全容を眺望することができる。南には二児山と遠く塩見岳。東はカンバの樹間から南アルプス。素晴らしい眺望で立ち去るのが惜しいくらい。

あわよくばその先の「反射板のピーク」まで行こうかと思っていたが、今日はここまでにする。下山は往路を戻った。道もつけられ、林相や展望も素晴らしいのにひとりの登山者にも会わなかった。ちょっと気恥ずかしくなるような各ポイントの名前のつけ方は何とかしてほしいと思ったが。

150524DSC02288c.JPG 150524DSC02314.JPG
(左)「絶景の峰」まで笹原の登りが続く。(右)「絶景の峰」からの中央アルプスの眺望。

詳細情報は伊那市ホームページを参照してください。
https://www.inacity.jp/kankojoho/sangaku_alps/minamialps/hokubu_zenei/sandokaitsu.html
posted by 急行野沢 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(伊那谷周辺-上伊那) | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

権現山(伊那市)

駐車場所1015-1041林道終点1045-1114競馬場跡-1146伊那スキーリゾートからの道と合流-1208権現山山頂1258-1308スキー場分岐-1330競馬場跡1335-1400林道終点-1422駐車場所

140517DSC05454.JPG 140517DSC05467.JPG
(左)「女学校林」の案内板があるあたりは、整ったカラマツの林が美しい。(右)山頂直下はわずかだが急登となる。

伊那スキーリゾートの裏にある里山。あまり期待せずに登ったが、カタクリの花が咲き、途中の自然林・カラマツの新緑も美しく、山頂からの南アルプスの展望も素晴らしかった。

伊那スキーリゾートから登るのが一般的だろうが、一本北の常輪寺というお寺の前から西に続く林道に車を乗り入れて終点まで行こうと考えた。林道には「駒ヶ岳登山口」の標識がありそれに沿って西に向かって車を進める。駒ヶ岳登山の古道であり、かのウェストンもこの道をたどったという。林道としてはそれほど路面は荒れていない。しかし、林道終点の1.5kmほど手前に大きな落石があったため、その手前に車を止めて歩き始める。25分ほどの林道歩きとなったが、途中の道沿いにはヤシオツツジも咲いていた。

林道終点は5~6台ほどの駐車スペースがあり、鳥居をくぐって登山道に入る。道は山腹の右を巻いていくが、自然林とカラマツの新緑が美しい。足元にはカタクリの花が咲き、場所によってはかなりの群落になっている。道は左の山腹にとりつき、「三合目」の案内板がある手前あたりで尾根にのった感じになる。いわれを記した案内板のある「競馬場跡」「女学校林」を過ぎると道はジグザグに登りはじめる。古道だけあって歩きやすい道である。やがて伊那リゾートからの道と合流し、この先は山頂に向かっての急登となる。

山頂には祠や地元小学校の登山記念などが立ち並び賑やか。三角点はその裏側を少し進んだ先にある。西側の樹木が伐採されていて、山頂からの山岳展望は素晴らしい。左は蓼科・八ヶ岳から美ヶ原あたりまで、右は南アルプスのほぼ全貌が見えるようだ。真正面の主役は甲斐駒・仙丈で、山頂部に雪を残している。水をはった伊那谷の田んぼも輝いている。下山は往路を戻った。

140517DSC05480.JPG 140517DSC05487.JPG
(左)山頂は祠や登山記念などで賑やか。(右)山頂からの南アルプスの眺め。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(伊那谷周辺-上伊那) | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

戸倉山 [別名:伊那富士](伊那市/駒ヶ根市)

戸倉山キャンプ場935-1004駒止の松1007-1015南西稜線-1038「1485ピーク」1044-1054金明水1057-1112戸倉山西峰-1117戸倉山東峰1158-1203西峰1207-1221「1485ピーク」-1230南西尾根-1240駒止の松-1254戸倉山キャンプ場

懸案の信州百名山のひとつ戸倉山へ向かう。駒ヶ根インターを降りて、天竜川東岸の山中にある戸倉山キャンプ場へ。キャンプ場の脇から登っていく。しばらく沢沿いに進んでから、左の山腹に取り付いて高度を上げていく。すぐに尾根の突端に出て、この尾根をつめていく。やがて、カラマツやアカマツが多くなってくると道の脇にベンチ。2つめのベンチの脇に「駒止の松」と記されたアカマツがあり、このあたりから気持ちの良い雑木林が続く。薄い緑色から黄色にかけての幾段階かの葉の色が断続し、その中に真紅の葉が混在する景色。

シラカバの木々が混ざる美しい林層の中を登ると、「五合目」とかかれた標識が木の枝に掲げられている。7合目の標識の先に東屋があり、脇には金明水という水が流れ出している。ここではじめて、右手前方に山頂付近(東峰)が見える。シラカバの木々ごしに左には木曽駒が望める。アカマツ・カラマツの林を登れば、足元にクマザサがあらわれるようになって、以外とあっさり西峰に飛び出す。

PB020014.JPG

目の前に木曽駒と空木がその全貌をあらわしている。そちらの伊那谷に向けて石仏が置かれているものの、2組ほどが休んでいて少々手狭な山頂。鞍部へくだると立派な避難小屋があり、わずかな登りで三角点のある東峰に到達。目の前に甲斐駒・仙丈が圧倒的な存在感を見せている。右に続いて北岳・間ノ岳・農鳥。左には、手前の山稜の上に赤岳や蓼科が山頂付近をのぞかせている。

PB020025.JPG

ラベル:登山
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(伊那谷周辺-上伊那) | 更新情報をチェックする