2016年02月25日

白馬乗鞍温泉スキー場(小谷村)

160225CIMG2365.JPG 160225CIMG2368.JPG
(左)若栗中央ゲレンデ下部(第5ペア)から。(右)第3ペアリフト沿いから。

今シーズンは白馬方面に出かけていないので、白馬乗鞍へでかける。規模は決して小さくないが、大きなスキー場が林立する白馬山麓にあっては、失礼ながら少々マイナーなイメージをもってしまう。リフトが並列に並んでいるので、いまひとつ奥行きが乏しく感じられるゲレンデ構成。日帰り用駐車場に車はわずかだった。平日なので空いているのは仕方ないところだが、大学生のグループが目についた。スノーボーダーがほとんどかと思っていたがそれほどでもなく、6:4くらいの比率か。

白馬方面はオーストラリアをはじめとする外国人客が多いと聞いていたが、ほとんどその姿はなかった。よく考えれば、ここは白馬村ではなく小谷村だけれどそのせいか?天気は快晴。今シーズンはやはり雪が少ないが、今日は圧雪の上に数センチ新雪があるという絶好のコンディション。第3・第9ペア沿いの中級コースが快適だった。ゲレンデ上部からは南に栂池・岩岳・八方・五竜などのゲレンデを見渡すことができた。最上部の第10リフトは動かす時間が限られているようで、気が付いた時には止まっていた。

若栗ゲレンデにくらべて、里見ゲレンデはさらに人が少なかった。里見・わらび平の間に白馬乗鞍とコルチナの境界があるけれど、ゲレンデの造りとしてここは連続しているような感じ。両スキー場の境界について、もう少しよい方法はないかと考えさせられた。(平日半日券:2,500円)

160225CIMG2382.JPG 160225CIMG2385.JPG
(左)若栗中央ゲレンデ上部から。(右)里見中央ゲレンデ下部から。
posted by 急行野沢 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー白馬山麓 | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

白馬岩岳スノーフィールド(白馬村)

140201DSC04061.JPG 140201DSC04088.JPG

トップシーズンの土曜日、岩岳に滑りに出かける。白馬山麓のスキー場の中では少し地味な印象。最近はスノーボーダーが多いという情報もあったので少しためらっていて、場合によっては白馬乗鞍かコルチナあたりまで行ってしまおうかと思っていたのだが、中央高速リフトも動いているようだし(ゴンドラが混んでいてもリフトで山頂部に上れる)、駐車場にも空スペースがあったので岩岳に決めた。

岩岳には過去1回しか行ったことがない。それは1991年3月のことで、東京から当時の職場の仲間とシュプール号金曜夜発で出かけた。当時の岩岳のイメージは学生スキー合宿のメッカというものであった。それから20年以上が経過して、スキーをとりまく状況も大きく変わった。岩岳でもリフトや滑走ゲレンデがずいぶん整理統合されたようだ。

気温が高かったので山麓部は重い雪だった。山頂部の雪質はまずまず。時間帯によっては山頂部の一部人気コースにリフト待ちが生じたけれど、数分程度のもの。今日滑って楽しかったのは、山頂から反対側のビュー2リフト沿い。正面に見えるはずの白馬稜線は雲の中に隠れていたのが残念。やはりスノーボーダーが多かったが、熟年スキーグループが格好よく滑っていて元気づけられた。(シニア半日券:2,200円)
posted by 急行野沢 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー白馬山麓 | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

白馬みねかたスキー場(白馬村)

131231DSC03598.JPG 131231DSC03603.JPG

家で指示された大晦日のいろいろな買い物を午前中に済ませて、昼過ぎからスキーに出かける。行く先は「白馬みねかた」。白馬ハイランド、青木湖、そして今シーズンはやなばと近隣でスキー場の閉鎖が相次いでいて、規模が小さい(ペアリフト2本)こともあって「みねかたは大丈夫なのか?」という声も聞こえてくる。そんな心配もあり、久しぶりに出かけてみた。

さすがに年末休暇なのでファミリーや小グループ、ポール練習の少年たちで、思ったよりも賑わっていた。といってもリフトはほとんど空席なのだけれど。あらためて正面のセントラルゲレンデと呼ばれる一枚バーンは、けっこう快適な中斜面だと感じた。上級者にも楽しめるし初・中級者のステップアップにも適した斜面だと思う。(シニア半日券:1,900円)
posted by 急行野沢 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー白馬山麓 | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

白馬コルチナスキー場(小谷村)

120128P1090818.JPG 120128P1090812.JPG

強い寒気の影響で、日本海側を中心に大雪が降り続いている。
家族と一緒に行く予定だったが「吹雪の中を滑るのはイヤだ」といわれ、ひとりで出かける。白馬村の中心部ではさほど降ってはいなかったが、北に向かい小谷村に入るととたんに雪の降り方が激しくなった。

コルチナは上越国際などと同様のホテル・グリーンプラザ。独特の建物が印象的で、私などはこの建物を見るとスキー人口が多かったバブル期を思い出してしまう。

滑っている最中、一瞬たりとも雪がやむことはなかったが、集客はそれなりに多いようで、駐車場もほとんど埋まっていたし、メインの第2クワッドにも列ができた時間帯もあった。コルチナは池の田ゲレンデのようなフラットの緩斜面か、両側の尾根からくだる急斜面か、斜面構成が極端でほどほどの中斜面があまりない。そんな斜面構成も反映させてか、客層は新雪大好きスノーボーダーとホテル宿泊のファミリー層の両極端に分かれているように感じた。ただ、池の田の緩斜面を滑っている子ども連れの中にボーダーが突っ込んでいくような場面もあり、ちょっと危ないなと感じた。両側の尾根上や尾根から下る非圧雪のコースはいずれも深い新雪に覆われていたが、全リフトが稼動していた。

わらび平は、以前は「白馬乗鞍」の一部だったと記憶しているが、いつの間にかコルチナの一部になっていた。コルチナとしては、ファミリー層を考えて中斜面・緩斜面を増やすという意味があったのかもしれない。

吹雪の中、からだが冷え切ったので、近くの若栗温泉で温まってから帰路についた。
ラベル:白馬コルチナ
posted by 急行野沢 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー白馬山麓 | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

<飛騨遠征> 平湯温泉スキー場(岐阜県高山市)

120108P1090664.JPG

高山方面に出かけたので、帰路、平湯温泉スキー場で数本だけ滑る。もうほとんど、リフト終了時間間際で、上部のリフトは稼動していなかったので、下部のペアリフトで数本滑っただけ。幅広のフラットな緩斜面で、何も考えずに大きなターンで滑り降りる。小学生くらいの子どもを連れた家族連れが多かった。言葉遣いからすると中京方面からの人が多いようだ。
ラベル:平湯温泉
posted by 急行野沢 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー白馬山麓 | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

白馬八方尾根スキー場(白馬村)

110226DSC_0001.JPG 110226DSC_0004.JPG
(左)兎平付近から下部を見おろす。(右)兎平のコブの海。

久しぶりに八方尾根に滑りに出かける。長野の自宅をゆっくり出発したので、到着は11時頃になってしまい、咲花ゲレンデから少し離れた駐車場に車をとめることになった。それでも場所を選ばなければ、駐車場にはまだスペースがあった。

栂池・岩岳・五竜などのゲレンデがあるといっても、やはり八方が白馬の盟主に違いない。晴天の2月の土曜日とあって、多くの人で賑わっていた。ゲレンデで人を避けるのに気を使ったのも久しぶり。スカイラインペア・グラートクワッドなどの一部のリフトでは、わずかな時間ながらリフト待ちがあったのも、久しぶりの体験。一方、以前のリフトがいくつか廃止されていた。

今日も気温が高く、下部ゲレンデは春スキーのような重い雪。しかし中間部以上の雪質は良い。改めて感じるのは、他のスキー場よりコブ斜面などレベルの高いコースが多いこと。最上部の展望ペアやグラートクワッド付近からの展望は素晴らしい。快晴の空を背景に、鹿島槍ヶ岳や五竜岳、白馬三山が目前に迫る。振り返れば、遠く頸城三山・戸隠をはじめ、その右手に浅間山や八ヶ岳まで遠望できた。外国人のスキーヤーも多く見られたが、この景観には感嘆しているようだった。

110226DSC_0008.JPG 110226DSC_0019.JPG
(左)グラートクワット乗場から見た鹿島槍ヶ岳と五竜岳。(右)グラートクワット乗場付近からの白馬三山。
ラベル:八方尾根
posted by 急行野沢 at 21:26| Comment(1) | TrackBack(0) | スキー白馬山麓 | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

白馬ハイランドスキー場・白馬みねかたスキー場(白馬村)・爺ヶ岳スキー場(大町市)

白馬山麓にある比較的マイナーなスキー場3箇所。いずれも未踏破だったので、ハシゴをした。

P1000705a.jpg

白馬ハイランド。リフト2機だが、意外に奥が深い。正面に白馬の山並みを見ながら滑るのは楽しい。今シーズン限りの営業と聞いているが、このようなスキー場が閉鎖されるのは寂しい。

P1000712a.jpg

白馬みねかた。もっと展望が開けたゲレンデかと思ったが、山に包まれた雰囲気。ゲレンデ中途にしゃれたイタリアンレストランがあったのが意外だった。

P1000752a.jpg

爺ヶ岳は以前から子ども連れをターゲットにしたゲレンデ。さすがに子どもが多い。スノーマシンの雪で固いバーンだった。
ラベル:スキー
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー白馬山麓 | 更新情報をチェックする