2020年04月17日

カシガリ山とガボッチョ(茅野市)

200417DSC04257x.JPG
ガボッチョから蓼科山と八ヶ岳連峰を望む

駐車場所(ビーナスライン伊那丸富士見台駐車場)1121-1154カシガリ山1159-1223短絡路分岐(踏み跡不明瞭)-1232広道に出る-1255「1681峰」-1300ガボッチョ1320-1358駐車場所

車山から南に向かって標高を下げていく霧ヶ峰の山腹。いくつかの谷を刻んで茅野の平地に落ちていく前に、そうはさせじと頭をもたげているピークがカシガリ山とガボッチョである。ビーナスラインの伊那丸富士見台駐車場から比較的短時間で到達できる。ただ、道標の類はないし一部踏み跡程度の場所もある。草原を歩くので展望は素晴らしい。

200417DSC04207a.JPG 200417DSC04220.JPG
(左)駐車場所から広い道をたどる。(右)緩やかな下りでカシガリ山へ進む。

他に車のいない駐車場から広道を南に向かって進む。すぐ分岐があるが、両方向とも車止めがある。まずは左のカシガリ山へ。道には所々雪が残っている。左・草原、右・唐松の広道を緩やかに登れば正面に蓼科山を望む小ピーク。ここからは緩い下りの道となる。正面に八ヶ岳を望みながら、季節にはレンゲツツジの群生が見られるであろう、灌木が点在する草原を進む。下りが終わって平坦になったあたりから、白樺など樹林が多くなる。

200417DSC04215.JPG 200417DSC04228.JPG
(左)車山方面の展望。(右)カシガリ山から蓼科山を展望。

小ピークを緩やかに超えて登り返せば、カシガリ山の山頂。三角点と手製の山名板がある。南と西は樹林に囲まれているが、東に蓼科山、北に車山を望める。どちらかというと、ここまでの道中の方が見晴らしがよい。来た道を戻るが、復路は緩やかな登りである。途中、ショートカットのつもりで左に折れ、地形図上の破線をたどったが踏み跡は不明瞭。それでも唐松林を下り、ガボッチョへの道に出る。

200417DSC04240a.JPG 200417DSC04243.JPG
(左)ガボッチョを正面に見て進む。(右)1681へカヤトの急登。

こちらも林道のような広い道が谷筋を緩やかに下っている。右は草原、左は唐松。正面の谷筋を避けるように、道は右へ曲がる。正面にガボッチョが意外な高さでそびえている。道が西に向かって下りにかかるところ、左に折れて1630圏のピークへカヤトを漕いで登ってみる。さらに鞍部を介して、1681峰へカヤトの直登。けっこう急斜面で、今日唯一の登りらしい登り。

200417DSC04254.JPG 200417DSC04268.JPG
(左)1681からガボッチョが目の前。(右)ガボッチョから南アルプス方面。

1681に登れば、鞍部を介してガボッチョは目の前。気持ち良いカヤトの中を歩いてガボッチョにたどり着く。視界は360度。東には蓼科山から八ヶ岳の峰々。北は笹原から連続して車山。南には茅野の平地の向こうに南アルプスが霞んでいる。西はグライダー滑走路が見えるが、晴れていればその先に北アルプスが見えるのだろうか。

200417DSC04271.JPG 200417img220.jpg
(左)1681との鞍部北側から車山を望む。

下山は1681峰を経由せず、その手前の鞍部から左に下り、赤テープの箇所を右に曲がると明瞭な道となった。道は次第に広くなり、1630圏ピークの北側で往路に重なる。そのまま進んで駐車場所に戻った。薄雲が多かったけれど、それでも広々とした展望を楽しむことができた。
posted by 急行野沢 at 22:57| Comment(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

霧ヶ峰[八島湿原から鷲ヶ峰・ゼブラ山](下諏訪町/諏訪市/長和町)

八島湿原駐車場925-1005鷲ヶ峰1030-1104八島湿原畔-1119奥霧小屋-1144ゼブラ山1210-1233奥霧小屋-1253旧御射山-1322八島湿原駐車場

190106DSC04657.JPG 190106DSC04498a.JPG
(左)八島湿原から見る鷲ヶ峰。(右)鷲ヶ峰の登りから見た八島湿原。

軽いスノーハイクでも楽しもうと霧ヶ峰へ。大門峠からビーナスラインに入っても周囲の山々はうっすらと白い程度で、雪が少ないのに驚く。八島湿原の駐車場に車をとめる。思ったより雲が多いけれど、眺望が楽しめないだろうかと思い、まずは鷲ヶ峰へ登る。スノーシューやアイゼンも準備してきたけれど、まったく必要ない。

190106DSC04516.JPG 190106DSC04536.JPG
(左)鷲ヶ峰へ。左手の鉢伏山の上に北ア。(右)鷲ヶ峰から中ア・諏訪湖・御嶽。

八島湿原の西端から北へ。鹿除けの扉を開けてカヤトの中を進み、振り向けば湿原の向こうに八ヶ岳と南アの景色が広がる。その右に見えるのは中アと御嶽だろうか。雪は足元に薄くあるだけ。樹氷が囲む登りから中間点の小ピークに登れば、前方、鉢伏山の向こうに北アルプスが霞んでいる。緩やかに小ピークを2つ3つ越えて見晴らしのよい道を行けば、尾根は左に曲がり鷲ヶ峰山頂へ。三角点とベンチ・方位盤・山名柱がある。

190106DSC04533.JPG 190106DSC04599.JPG
(左)鷲ヶ峰から八ヶ岳・富士山・南ア。(右)八島湿原から見たゼブラ山。

やや雲に隠れ気味だが、正面の北アルプスから左に御嶽・中ア・南ア・八ヶ岳・蓼科と見渡すことができた。南アと八ヶ岳の間には富士山が霞んでいる。東側の四阿・浅間方面は雲の中で判然としない。しばらく待ったが、展望はそれ以上よくならなかった。来た道を下り、八島湿原の北西側の畔に出て、木道を奥霧小屋へと向かう。湿原にもほとんど雪がない。このままでは少々物足りないので、ゼブラ山まで足をのばす。

190106DSC04620.JPG 190106img001.jpg
(左)ゼブラ山から蓼科山方面を望む。

右手に車山方面を見ながら灌木帯に出入りして登れば、ゼブラ山(男女倉山)の山頂。さらに雲が多くなってきたが、八島湿原を見おろし、車山・山彦の耳・蓼科山を見回す展望が得られた。奥霧小屋まで来た道を下り、八島湿原の周回路を旧御射山経由でたどって、駐車場に戻った。今日はほとんど風がなく、体感温度はさほど寒くないのが救いだった。駐車場には数台の車があったけれど、出会ったハイカーは3組だけだった。

posted by 急行野沢 at 23:42| Comment(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

霧ヶ峰スノーシュー[車山肩~蝶々深山~山彦谷南の耳](諏訪市/長和町)

車山肩1018-1037分岐-1056蝶々深山1104-1127車山乗越-1206山彦谷南の耳1214-1249殿城山分岐1312-1325車山乗越-1355車山肩

180211CIMG1608.JPG
車山肩付近から蓼科山(中央奥)と車山(右)をのぞむ。

3連休の中日、霧ヶ峰をスノーシューで歩き回ろうと出かける。車山肩の駐車場には、20台ほどの駐車があり、それらに並べて車をとめる。車山に登る道には人の姿が多いが、車山乗越方向にも人影が見られる。今日、途中出会った登山者は20~30人ほど。そのほとんどがスノーシューをつけていた。

前方を雪雲が覆い天候ははかばかしくない。車山肩からやや下り気味に車山乗越方面に進む。途中の分岐で左に鋭角に曲がって蝶々深山までは、歩く人も多く雪面も固いのでスノーシューも要らない感じ。時折のぞく晴れ間に、振り返れば車山の山容も見えるように。緩やかな登りで蝶々深山へ。山彦谷南北の耳、八島湿原が姿を見せているが、遠景の山々は雲の中。強風のため、早々に来た道を下る。

180211CIMG1505.JPG 180211CIMG1519.JPG
(左)蝶々深山に向かって緩やかな登り。(右)蝶々深山。遠景は雲に隠れていた。

分岐まで戻り、車山乗越へ。車山の斜面にはスキー場を滑る人々の姿が見える。車山乗越を左折して、南の耳への稜線に入る。小ピーク(樺の丘)を越え、殿城山分岐まで来ると前方にこれから進む稜線を見渡せる。風が強く、トレースもまもなくすると消えてしまう。ところどころ吹き溜まりのような箇所もあるので、ここではスノーシューの方が便利だろう。

180211CIMG1530a.JPG 180211CIMG1549b.JPG
(左)車山乗越。(右)殿城山分岐から山彦谷南の耳・北の耳をのぞむ。

エコーバレースキー場の上縁をたどるように、稜線上の道は緩やかな登りからやや右へ曲がると、南の耳はもう目の前。場所により雪の硬軟の状態に差がある。緩く登れば、山彦谷南の耳。振り返ると車山を背景にした霧ヶ峰の広がりを眺めることができる。蓼科山や八ヶ岳は雲に隠れている。ここもあまりの強風でゆっくりしていられなかった。殿城山分岐まで戻って休憩。

180211CIMG1563.JPG 180211img001.jpg
(左)山彦谷南の耳から車山をのぞむ。

車山乗越まで来た道をたどり、往路を車山肩へと戻った。車山肩へ戻る緩い登りでは風で雪が飛ばされ、道形もなくなっていた。だんだんと天気が良くなり、振り返ると蓼科山が山頂を見せていた。
posted by 急行野沢 at 21:54| Comment(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

姫木平ハイキングコース[大笹峰~山彦谷北の耳・南の耳~殿城山](長和町/諏訪市)

エコーバレースキー場駐車場931-1004林道から山道へ-1039大笹峰-1053山彦谷北の耳-1103山彦谷南の耳1145-1226殿城山1238-1328駐車場

秋晴れになりそうなので前夜に急いで山に行くことに決める。家内と一緒なので簡単に歩ける姫木平ハイキングコースへ。数年前のほぼ同じ季節に歩いたことがある。そのときはツツジの紅葉が綺麗だったが、今年はもう終わっていた。しかし、素晴らしい展望の中を歩くことができた。

171103CIMG0001.JPG 171103CIMG9706c.JPG
(左)エコーバレースキー場の駐車場。前方へ林道を進む。(右)駐車場にあった案内地図。

エコーバレースキー場中腹のピステというレストハウス前に駐車。「姫木平ハイキングコース」の詳しい地図もあるし、この先のルートにも案内板が過不足なく設置されている。今日も他に車はなく、ここから歩きはじめる人を見たことがない。山彦谷上部稜線まで手早く到達できる印象があり、もう少し歩かれてもいい気がする。

171103CIMG9633.JPG 171103CIMG9645.JPG
(左)大笹峰への道。(右)大笹峰から北の耳・南の耳・車山方面を展望する。

北に向かってスキー場の中を横断するように林道を歩く。蓼科山と八ヶ岳がこの先もずっと望める。少しずつ標高を上げて、北東への尾根を横切る箇所で案内板に従って、左折して山道へ。唐松からカヤトの原、ダケカンバ林の中を緩やかに登る。右手に浅間山が見える。山上稜線にたどり着いてカヤトの中を左へしばらく進めば大笹峰。ブランシュたかやまスキー場の最上部にあたり、スキー場の休憩小屋がある。

ここからは展望を楽しみながら歩く。八ヶ岳の右側に見えていた富士山はいつの間にか、車山の裏側になってしまった。右手には御嶽・乗鞍・槍穂高の山並を望む。後立山方面は美ヶ原に隠れている。眼下には八島湿原。山彦谷北の耳を過ぎ、南の耳に登って昼食休憩。360度の展望を楽しみながら。

171103CIMG9662.JPG 171103CIMG9666.JPG
(左)南の耳から見た蓼科山・八ヶ岳。(右)南の耳から見た御嶽・乗鞍・北アルプス。手前は草紅葉の八島湿原。

そのまま稜線を車山方面に向かい、分岐を左に折れて殿城山へ向かう。途中、ダケカンバの美林を過ぎ急下降の後、少しの登りで殿城山へ。目の前に蓼科山が大きい。少し手前の鞍部まで戻り、道標に従い急坂を下る。途中、岩がゴロゴロした歩きにくい下りを過ぎ唐松林へ。ネットが張られた植林地を両側に見て下り、林道に出て歩き始めた駐車場に戻り着く。北の耳から殿城山までの間、20人ほどのハイカーとすれ違った。

171103CIMG9685.JPG 171103CIMG9698.JPG
(左)殿城山手前からの蓼科山。(右)殿城山山頂。

4年前の紅葉のようすはこちら → 「姫木平ハイキングコース(2013年10月22日)」
posted by 急行野沢 at 23:34| Comment(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

霧ヶ峰[蝶々深山](諏訪市)

車山肩駐車場1101-1121分岐-1140蝶々深山1220-1240車山乗越-1245[1832ピーク]-1315車山肩駐車場

170910DSC06605a.JPG 170910DSC06621.JPG
(左)車山乗越下より。右手前方の蝶々深山へ登る。(右)蝶々深山から左手下に八島湿原が見える。

天気がよいので家人と軽い山歩きに出かける。ゆっくり家を出たので、車山肩の駐車場から歩き始めたのは11時。今日はあまり無理して歩き回るつもりはないので、蝶々深山あたりまでにしようか。左手に車山湿原と蝶々深山のなだらかな山容を見ながらゆっくりと進む。花は期待できないと思っていたが、ハクサンフウロやウメバチソウなどが咲いている。やはり目につくのはアキノキリンソウ。

車山乗越少し下の分岐で左折して、蝶々深山へとゆったりと登る。蝶々深山では眼下に八島湿原、振り返れば蓼科山や八ヶ岳。昼食休憩をとっているとイタリア人の大集団が登ってきて八島湿原方面へ去って行った。山で海外の人を見かける機会も多くなった。車山乗越から1832ピークまで足をのばし、蓼科・八ヶ岳の風景をもう少し間近で楽しんでから車山肩へと戻った。

170910DSC06628.JPG 170910img001.jpg
(左)1832ピークから見た蓼科山と八ヶ岳。
posted by 急行野沢 at 21:40| Comment(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

虫倉山(長和町)

松沢林道ゲート1147-1204星糞峠1208-1224黒曜石遺跡最上部-1237小ピーク-1252虫倉山(祠)1258-1303虫倉山(南峰)1335-1351小ピーク-1403黒曜石遺跡最上部-1416星糞峠1422-1438松沢林道ゲート

141129DSC09874.JPG 141129DSC09879.JPG
(左)黒曜石遺跡の最上部。この裏を直登する。やがてあらわれる安山岩の露岩の左を登る。(右)稜線に出るとよく踏まれた道が続く。

1ヶ月ほど前に黒曜石産地である星糞峠の西に位置する高松山に登った。今度は峠の東に位置する虫倉山に登りたいと思っていた。虫倉山というと中条の山が有名だけれど、これは長和町の虫倉山である。

朝起きると雨が降っていたが、昼頃にはあがるだろうという予想で出かける。国道152号から右折してブランシュたかやまスキー場、そして黒曜石体験ミュージアムの前を通って、松沢林道の入口ゲート付近に車をとめる頃には雨もあがっていた。林道を歩いて四阿もある星糞峠へ。ここを右に折れて黒曜石遺跡の遊歩道に入る。遺跡群をめぐるように解説板や矢印が設けられているが、それに従って最上部まで登っていく。

最上部の解説板で遊歩道は終わるが、その背後の踏み跡を登っていく。赤テープに従って、大きな安山岩岩塊の左を通って急登して行くと稜線上に出る。右に穏やかな稜上の道が続く。思ったよりもはっきりした踏み跡があり、楽しく進むことができる。

141129DSC09887.JPG 141129DSC09892.JPG
(左)小ピークから虫倉山へと続くカヤトの原。(右)虫倉山側から振り返る小ピークとその右背後に高松山。左下はブランシュたかやまスキー場。

足元はクマザサから、やがてカヤトに覆われ、露岩が多くなると小ピークに至る。虫倉山西方の1630等高線で囲まれたピークである。ここで東の虫倉山を見ると、その手前には一面カヤトの原が広がっている。踏み跡もあるものの錯綜しており、とにかくカヤトを掻き分けながら進む。虫倉山の山頂部に着くとカラマツ林となり、まずは最高点を探しに左(北)へと向かう。

南北に長い山上台地の北端に石祠が鎮座している。そこから少し南に行ったカラマツ林のクマザサの中に三角点が見いだせた。このあたりでは展望がないので、踏み跡がはっきりしない山上台地を南端まで歩いてカヤトの中の展望のよいところで休む。傍らの木に「虫倉山」の表示があるが、どうみてもここが最高点ではないと思う。山名標の背後に見えるはずの蓼科山は雲の中。ブランシュたかやまスキー場の駐車場が眼下に見える。晩秋にはこういう山がいい。雪が来る前に、こういう山が輝きを見せる一瞬だと思う。

141129DSC09893.JPG 141129DSC09913.JPG
(左)山頂の北端には石祠。(右)山頂の南端には山名標が取り付けられていた。背後には晴れていれば蓼科山が見える。
posted by 急行野沢 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

高松山(長和町)

松沢林道ゲート1020-1035星糞峠1042-1053(1551ピーク)-1117(1650ピーク)小ピーク-1142高松山山頂(三角点)-1145北峰1230-1255男女倉集落上部の林道-1310車道-1430松沢林道ゲート(下山は大きく道を誤っているので参考にならない)

141103DSC09343.JPG 141103DSC09376.JPG
(左)黒曜石体験ミュージアム。背後の右側の鞍部が星糞峠。(右)四阿の立つ星糞峠。

山頂一帯に草原が広がるという高松山は、ブランシュたかやまスキー場の北西にある1668mのピーク。ほとんど道らしい道もないと聞いていたが、晩秋のこの季節を逃してはならないと出かけてみた。

国道152号からブランシュたかやまスキー場を目指す。スキー場の駐車場を過ぎて、すぐ右手に黒曜石体験ミュージアムがある。この付近は、石器時代には刃物・槍の材料などとして用いられた黒曜石の産地として知られている。このミュージアムからも星糞峠までの遊歩道がつけられているようだったが、今回は松沢林道の入口(ゲートあり)付近に駐車して歩き始める。ほぼ水平の林道を東に向かえば、15分ほどで星糞峠に到着。星糞とは黒曜石のことでこの一帯に多く産出するらしい。四阿やトイレが建ち黒曜石の解説看板がいくつもある。

141103DSC09399.JPG 141103DSC09404.JPG
(左)1650ピークまで来ると正面に高松山が見える。(右)高松山山頂直下。草原にカヤトをかき分けて登る。

星糞峠から北西方向の1551ピークを目指す。地図とコンパスを頼りにカラマツ林の中を進む。幸いカラマツ林の中は、どこでも歩ける。赤テープや黄テープがあらわれ踏み跡も交錯するが、途中、あらぬ方向に行ってしまうので、あくまでコンパスが頼り。10分ほどで1551ピークに到着。カラマツ林の中、やや右に尾根通しに進むようなルートをとって、次の1650ピークに。ここまで来ると、カヤトの鞍部の向こうに高松山が見える。カヤトの中を下り、カラマツ林の中を登る。左手には一面の草原が広がる。カヤトと樹林帯の境界線あたりをたどって、山頂と思われる地点へ。山頂台地上にはしっかりした踏み跡があり、その途中に三角点があった。

141103DSC09411.JPG 141103DSC09430.JPG
(左)高松山山頂の三角点。(右)山頂部から見た蓼科山・八ヶ岳。

草原の山頂からは360度の素晴らしい展望。来た方を振り返ると、蓼科・八ヶ岳。ブランシュたかやまのゲレンデの右に、鷲ヶ峰や三峰山、さらに美ヶ原の台地。北に目をやると浅間山。風が強くて寒い。数本の木が立つ西北方向のピーク(北峰というらしい)まで行き、風をしのいで休憩とする。下山は南にまっすぐ下るルートがあるとのことだったので、それをたどったつもりだったが、方向を勘違いして男女倉に降りてしまった。したがって下山の記録は参考にできない。距離は短くカラマツ林の中はどこでも歩けるような感じの山だが、赤テープの類や頼りになる踏み跡もほとんどなく、完全にコンパスを頼りに登る山であった。
posted by 急行野沢 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

姫木平ハイキングコース [大笹峰~山彦谷北の耳~南の耳~殿城山](長和町)

エコーバレースキー場駐車場(レストハウス・ピステ前)1020-1052山道へ左折1055-1125大笹峰1130-1142山彦谷北の耳1150-1200南の耳1230-1256姫木平分岐-1314殿城山1320-1355林道-1410エコーバレースキー場駐車場

131022DSC02516.JPG 131022DSC02522.JPG
(左)大笹峰から山彦谷北の耳へ。(右)山彦谷北の耳から見た大笹峰方面。

エコーバレースキー場を囲む北の耳・南の耳などは、八島湿原や車山肩を起点に歩いたことがある。しかし、エコーバレースキー場を起点に周回コースがあることを知り、出かけてみた。エコーバレースキー場上部のアンデルマット・ゲレンデ横の広い駐車場に車をとめる。駐車場入口には「姫木平ハイキングコース」としてこのコースの概略図が掲示されている。駐車場奥のビステというレストハウスの裏側にある林道ゲートから歩き始める。

ゲレンデを横切るようにつけられた林道をたどる。途中、伐採作業が左手山腹でおこなわれている。30分ほど林道を歩くと左手に山道に入るよう案内板があり、ここからカラマツ林の中、そして伐採地の上端をたどると、潅木帯の中の道は少しずつ傾斜が増していく。展望が開けてくるとやがて稜線に出て、左にわずかで大笹峰の山頂。ブランシュたかやまスキー場の最上部で、リフト施設や休憩小屋もある。

ここから山彦谷北の耳・南の耳にかけてが今日、一番楽しかったところ。色づいたレンゲツツジの赤い葉が草原の中に点在している景色が美しい。右手遠くには草紅葉の八島湿原が見える。足元には夏の名残のマツムシソウがいくつか咲いていた。

131022DSC02533.JPG 131022DSC02534.JPG
(左)山彦谷北の耳から見た南の耳。(右)北の耳付近から見た草紅葉の八島湿原。

北の耳・南の耳そして分岐から殿城山までは過去に何回も歩いたところ。南の耳を過ぎたあたりから霧がたち込めてきて、殿城山に着く頃には展望はまったくなくなってしまった。殿城山から少し戻って姫木平方向に下る。草原からやがて樹林帯の中の急降下、カラマツ林・伐採地を通り過ぎて林道に出て左折、駐車場に戻る。天候にはあまり恵まれたとはいえないが、秋の気配は感じられた山歩きになったと思う。アップダウンも少なく、家族連れなどでも手軽に楽しめる周回コースだと思った。

131022DSC02552.JPG 131022DSC02570.JPG
(左)山彦谷南の耳から、右に車山、左に殿城山、眼下にエコーバレースキー場。(右)霧につつまれた殿城山山頂。
posted by 急行野沢 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

霧ケ峰[八島湿原~ゼブラ山~山彦北・南の耳~車山湿原~八島湿原](長和町/諏訪市/下諏訪町)

八島湿原(駐車場)1040~1100物見岩方面との分岐~1120ゼブラ山1125~1145山彦北の耳~1200山彦南の耳1220~1255車山乗越~1330沢渡~1345旧御射山1355~1420八島湿原(駐車場)

130526DSC_0023.JPG 130526DSC_0043.JPG
(左)八島湿原からの山並。左端はゼブラ山、右端は車山。中央奥に山彦南の耳、その手前に物見岩。(右)山彦北の耳付近から見た八島湿原とその右側にゼブラ山、奥に鷲ヶ峰。

前回も触れたように長らく膝の調子が悪かったため、今回も軽く慣らし運転。過去、何回か歩いた八島湿原から周回ルート。「慣らし」とはいうものの、霧ケ峰の中では魅力的なルートだと思う。

八島湿原の駐車場に車をとめて、湿原の周遊ルートを時計まわりにたどる。八島湿原はスミレのような花が少し咲いている程度で、花の季節は6月に入ってから。まだ、早春の趣が強い。歩いている人もごく少ない。鎌ヶ池からゼブラ山へ登る。笹原の中をわずかな登りで到着。ここからは、山彦北の耳・南の耳を経て車山乗越まで展望を楽しみながらの稜線歩き。西には八島湿原を見おろし、多くの人が歩いている蝶々深山の稜線も見える。東には蓼科山が大きい。南には車山。少し雲が多くなってきた。

車山湿原からは今日は蝶々深山に登らず、沢渡へとくだる。この道は以前は樹林帯の中を歩くような感じだったが、だいぶ伐採されたのか明るい雰囲気になっていた。沢渡から旧御射山まで来たところで雨が降り出した。雷も鳴り出し、ヒョウも落ちてきた。あわてて雨具をつけ、八島湿原の西岸をたどって駐車場にもどった。

130526DSC_0051.JPG 130526DSC_0065.JPG
(左)山彦南の耳。背後に蓼科山。(右)車山乗越の北側あたりから、左に蝶々深山、右に山彦南の耳・北の耳。
posted by 急行野沢 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

霧ヶ峰[八島湿原~蝶々深山](下諏訪町/諏訪市)

100918DSC_0008.JPG  100918DSC_0024.JPG
(左)八島湿原から車山方面。(右)物見石から見おろした八島湿原。

八島湿原駐車場1100-1115鎌ヶ池-1150物見石1155-1215蝶々深山1255-車山湿原-1330沢渡1340-1355旧御射山-1420八島湿原駐車場

猛暑の間は山に行く気もあまり起こらず、ようやく秋めいてきたので家人を連れて軽い山歩きに出かけた。ゆっくり出かけたので、八島湿原の駐車場に車をとめて歩き出したのは11時。湿原の周囲はあまり花も見えず、ちょうど見ものが一番少ない季節だろうか。秋の装いを始めた気配が湿原のそこここに漂っている。湿原を鎌ヶ池方面に歩き、物見石から蝶々深山へと登るのは、霧ケ峰の定番コース。日差しはあるものの、東に雲が垂れ込めている。

蝶々深山では展望を楽しみながらゆっくり昼食。浅間や蓼科は山頂を雲に隠している。蝶々深山からは車山湿原までくだり、沢渡まで先ほど登った丘陵の西側の沢に沿って戻る。トリカブトやリンドウ、ハクサンフウロなどが咲いている。途中、旧御射山のいわれなどを案内板を見ながら家人に説明したりして、八島湿原に戻る。何度も歩いたコースだけれど、やはり行ってよかったと思う。これだけの展望を楽しみながら周回できる手軽なコースというのは、そうないだろうと思った。
ラベル:霧ケ峰
posted by 急行野沢 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(霧ヶ峰) | 更新情報をチェックする