2017年07月18日

空木岳~南駒ケ岳[池山尾根から](駒ヶ根市/飯島町/大桑村)

170718_13DSC05539.JPG
南駒ケ岳山頂から見た空木岳方面。

第1日[7月18日]林道終点手前(三本木地蔵下)登山口600-620林道終点登山口-733池山小屋下水場-817マセナギ822-906大地獄上-1014「2415西側鞍部」-1045駒石・避難小屋分岐-1113駒石(休)1147-1230空木岳1314-1428木曽殿山荘・泊
第2日[7月19日]木曽殿山荘533-659空木岳710-812赤梛岳815-850南駒ケ岳920-1000赤梛岳-1118空木岳(休)1202-1252駒石・避難小屋分岐-1318「2415西側鞍部」1325-1424大地獄上-1506マセナギ-1535池山小屋下水場1540-1630林道終点登山口-1645林道終点手前(三本木地蔵下)登山口

梅雨が明けるかもしれないと考えて中央アルプス・空木岳を目指す。池山尾根から空木岳に登り南駒ケ岳にも足をのばす計画。行程の都合上、空木岳山頂を3回踏むことになり、効率的とはいえないプランではある。歩行時間が長く疲れ果てたが、2日目は天候にも恵まれ気持ちよく中央アルプスの主稜線を歩き、憧れの南駒ケ岳にも登ることができた。

170718_03DSC05255.JPG 170718_04DSC05260.JPG
(左)池山避難小屋下にある水場。(右)ダケカンバの美林が広がる。

駒ヶ根ICから西麓の林道終点手前(現在は林道終点まで入れない)駐車場まで車を入れる。駐車車両は7台でまだ余地はあった。少し戻って三本木地蔵を経由する登山道に入る。樹林帯の階段状の登りを経て、本来の林道終点登山口へ。ここからは山腹を大きくトラバースを繰り返して登っていく。道は緩やかで歩きやすいが時間はかかる。

池山山頂と野生動物観察棟へ道を分ける鷹打場からは、池山南側山腹を巻く唐松林の中の道。緩く登った池山避難小屋との分岐には水量の多い水場がある。道は二分するが左の遊歩道を進めば、大きく刻んで登る両側はダケカンバの美林。針葉樹が多くなる平坦地を過ぎ、道が合流する尻無からひと登りで笹原のマセナギ。2080は左下を巻き、急登を進めば大地獄・小地獄の注意を促す案内板がある。

170718_05DSC05278.JPG 170718_06DSC05325.JPG
(左)大地獄の長い岩場の登り。(右)巨大な駒石。周辺はハイマツと花崗岩の大岩で庭園風の景色。左前方の山頂部は霧の中。

大地獄に入るとロープや鎖のある岩場からキレットに渡された橋を渡り小ピークへ。少し先の小地獄は長い鎖がある岩場が2箇所。2282の左を巻き、その先も木段や木橋のある尾根左下の登り。いったん尾根上に出るとイワカガミ咲く平坦路となり、2416西の鞍部から尾根の右下(北側)の針葉樹林帯を登る。大きな段差には階段がある。駒石と避難小屋の分岐にようやくたどり着き、右手の駒石方面に進む。

ひと登りでハイマツ帯に出て周囲の見晴しが開ける。やがて花崗岩の大岩が点在する庭園風の風景が展開する。ホシガラスが多い。山頂部は雲に隠れていて、すれ違う人が「山頂は強風」というので巨大な駒石の陰で昼食休憩。キバナシャクナゲ咲く道を登り、駒峰ヒュッテを通過して小広い空木岳山頂へ。素晴らしい展望を雲が隠し、いまは伊那谷方向がときどき見えるくらい。

170718_07DSC05386.JPG 170718_08DSC05413.JPG
(左)一瞬の晴れ間に、空木岳山頂から駒峰ヒュッテと伊那谷を見おろす。(右)足元の悪い道を下り、鞍部に見える木曽殿山荘へ。

数人が去来する山頂で待ってもしっかり雲は晴れないので、宿泊予約をした木曽殿山荘へと下る。ロープを頼りに岩場を下り、すり抜けるような道が第一ピークまで続く。その先、山荘の建物を見おろしながらの下りでは、左手斜面にシナノキンバイ・ハクサンイチゲなどの花畑が広がる。予想以上に時間がかかり木曽殿山荘に到着。宿泊者は12人と少なめで、余裕をもって休むことができた。山荘からは正面に南駒ケ岳の姿が美しく見えた。

170718_02DSC05432.JPG 170718_09DSC05465.JPG
(左)木曽殿山荘上部から見た南駒ケ岳。(右)空木岳へ登り返し。岩の間を攀じるように。

2日目は空木岳登り返しから。今日は快晴で木曽駒方面の稜線も見渡せる。岩をよじ登りながら、意外に楽しく空木岳に再登頂。ここから南駒ケ岳へピストン。「空身なら往復2.5時間」とも聞いたが、荷をそのまま担いだので意外と時間がかかった。砂礫地と岩の間を縫うように進み、左手に雪渓を見て白砂の最低鞍部へ。稜線の道沿いにはシナノキンバイ・キバナシャクナゲなど多くの花が咲いている。空木・南駒間は登山者数がずっと減り、すれ違ったのは5人ほど。

170718_10DSC05487.JPG 170718_11DSC05488.JPG 
(左)空木岳山頂から見た木曽駒方面(右手前方)。(右)空木岳山頂。右手前方に南駒ケ岳をのぞむ。

赤梛岳を越えて南駒本体への登りとなる。急登の後、砂礫と岩の足元の悪い登りに手足を使って進み南駒ケ岳山頂へ。小さな祠が鎮座し、大きな展望が開ける。南側には越百山や奥念丈岳、意外と立派なのが安平路山。その向こうの恵那山は雲に霞んでいる。振り返ると空木岳から東川岳への稜線が続くが、木曽駒方面は雲に隠れてしまった。そうしているうちに伊那谷側から雲が湧き上がってきた。

170718_12DSC05524.JPG 170718img001.jpg
(左)南駒ケ岳から見た越百山・安平路山方面。

南駒ケ岳山頂で展望を楽しんでから、空木岳経由で池山尾根を下山した。池山尾根は下りの方がその長さを一層実感することになった。最後はかなりペースも落ちて疲れ切って登山口まで下りついたが、充実した山行となった。

[参考] 木曽殿山荘 1泊2食 9,000円
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(中央アルプス) | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

摺古木山~安平路山(飯田市/大桑村)

摺古木休憩舎615-705直登と周回路の分岐-738摺古木山743-843白ビソ山-908安平路避難小屋912-1000安平路山1012-1055安平路避難小屋1130-1204白ビソ山-1305摺古木山-1326摺古木自然園(標柱)1345-1415分岐-1500摺古木休憩舎

安平路山も何となく後回しにしてきた山。林道を車で走れるか分からず、長い行程は覚悟が必要だった。予想より短時間で歩けたが、笹が深い箇所もあり展望の優れる場所も限られていた。白ビソ山前後は少々長く退屈な樹林帯の道程。結局、シャクナゲ咲き展望もある摺古木山周辺が楽しかった印象。なお、笹が覆うものの踏み跡ははっきりし、赤テープも適度にあるので道に迷う心配は少ない。

170617DSC04734a.JPG 170617img001.jpg
(左)摺古木休憩舎のある登山口。手前に5台ほどの駐車スペースがある。

飯田市街から急カーブが続く県道8号で大平宿へ。右折して東沢林道に入る。まもなく舗装は終わり、その先のゲートは手で開けることができる。事前の飯田市役所への問合せでは、「ゲートから先は自己責任で」とのこと。整備の後なのか林道は思ったほど荒れておらず、問題なく林道終点の摺古木休憩舎前まで車を入れた。ただ、いつも今日のような状態とは限らないと思う。

休憩舎前には5台ほどの駐車スペース。今日は最終的に車4台、出会った登山者は6人。休憩舎脇から笹と唐松の道を進めば、すぐに急登となり右左と折り返してほぼ水平なトラバース道となる。2018ピークと風穴山の西側を、いくつも沢を横切りながら巻いていく。笹がやや深くなって、摺古木山直登と周回路の分岐標識に到着。右へ直登すれば大岩から上部で背後に恵那山方面の展望が開ける。

170617DSC04771.JPG 170617DSC04781.JPG
(左)摺古木山直登の道から振り返ると恵那山の展望。(右)摺古木山山頂。背後に乗鞍。場所を変えれば御嶽や中央アルプスも展望できる。

階段状の急登の後、右から合流する尾根に乗れば周囲にシャクナゲの花が咲いている。緩やかな道で摺古木山の山頂へ。三角点があり、背後には御嶽・乗鞍・中央アルプスの山並が望める。安平路山に向けて大きく下り、3~4つ小ピークを越えて最低鞍部へ。2200m圏ピークに向けては笹の深い登り。その先は2250m圏ピークへの登りを挟んで笹原と針葉樹林帯の緩やかな道が続く。白ビソ山の山頂も樹林の中。

170617DSC04806a.JPG 170617DSC04823a.JPG
(左)樹林の中の白ビソ山山頂。(左)安平路避難小屋と背後には安平路山。左端には中央アルプスの主稜線を望む。

苔むす針葉樹林の道を緩やかに下り笹原に出れば、赤い屋根の安平路避難小屋。背後に安平路山、左手には中央アルプス主稜線を望む。安平路山へは最初、緩やかな笹の深い道。バイカオウレンの白い花の群生地を過ぎ、沢の中を進んだ後、左手のやせ尾根に乗り急登が続く。傾斜が緩み深い笹の中を進み安平路山の山頂へ。笹が茂り樹林の中で展望なし。奥念丈岳への踏み跡は微か。気温が高く虫が多いので、避難小屋まで戻って休憩とした。

170617DSC04836a.JPG 170617DSC04855.JPG
(右)バイカオウレンの白い花が咲き、この先、急登となる。(右)安平路山山頂。笹と樹林に囲まれている。

摺古木山まで戻り、せっかくなので自然園を周回する。西の小ピークを緩やかに越え小さな草地に出た先には「摺古木自然園」の標柱が立つ小広場。中央アルプス主稜線の展望が北に広がり、シャクナゲが咲く。さらに南側に下る道沿いにもシャクナゲの花。木枝を払いながら進む箇所が多く、自然園と称するならもう少し手入れがほしいところ。沢の中を下った後はトラバース道になり、そのまま休憩舎まで下った。

170617DSC04904.JPG 170617DSC04901.JPG
(左)摺古木自然園の小広場周辺にはシャクナゲが咲いていた。(右)摺古木自然園の小広場から中央アルプス主稜線を遠望する。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(中央アルプス) | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

経ヶ岳(南箕輪村/辰野町)

大泉ダム登山口755-林道終点822-900四合目905-1020七合目1025-1105八合目1110-1130九合目-1155経ヶ岳1220-1248九合目-1306八合目1311-1326七合目-1425四合目-1455林道-1515大泉ダム登山口

中央アルプス中核部から権兵衛峠を挟んで北に位置する経ヶ岳。二百名山・信州百名山などに名を連ねるが、人気はいまひとつと感じる。登山道のほとんどは樹林の中で展望がきかず、山頂も樹林帯の中だからか。単調で長い登りに終始するが、危険な箇所はなく良い道が続く。樹林の変化と足元の小さな花を楽しみながら登った。

160610CIMG4801.JPG 160610CIMG4896.JPG
(左)大泉ダム登山口。右手の林道に入る。(右)仲仙寺からの道が合流する四合目。

伊北インターから伊那谷の最も西側を南北に走る県道を南下し、伊那インター工業団地付近で西に折れて大泉ダム登山口まで舗装林道をたどる。登山口には6~7台分の駐車スペースとトイレ、地図も掲出されている。案内板に従ってしばらくヒノキ林の中の林道を進む。林道終点から木橋を渡り登山道へ。赤松の高木に低い落葉樹。右に登った後、三合目の標識を経てジグザグに尾根を登る。その先、左にトラバースし伊那谷の展望を見てしばらくすると仲仙寺からの道が合流する四合目。なお、合目ごとにしっかり案内板が設けられている。

丸太のベンチがある五合目を経由して、唐松林の中の単調な道が続く。尾根の左下をトラバースするような道だが、意外と時間がかかるところ。ミツバツツジの花がところどころ。針葉樹が多くなり岩がちな登りの六合目を過ぎ、尾根上を緩急の登りで三角点のある七合目の小ピーク。ここでわずかに八合目・九合目方面のピークと伊那谷の展望が得られる。後からの感覚では、六~七合目あたりでようやく半分ぐらい。

160610CIMG4913.JPG 160610CIMG4938b.JPG
(左)三角点のある七合目ピーク。前方にこれから進む八合目などが見えるが、ここからは山頂はまだ見えない。(右)展望が開ける草地の八合目。前方左手にようやく山頂部が見える。

展望のない唐松林にダケカンバも混在する中を登って八合目のピーク。三角点がある。ようやくここで360度の大きな展望が得られる。正面に九合目方面、左に山頂、振り返れば木曽駒、眼下に伊那谷。いままで越えてきたピークも眺められる。南アルプス方面などは雲の中。その先もしばらくは左右の展望が得られるが長くは続かない。右から横川ルートが合流すれば針葉樹林帯に入り、すぐに石仏・石碑の置かれた小ピークの九合目。

160610CIMG4938f.JPG 160610CIMG4963.JPG
(左)八合目から伊那谷を見おろす。前方に越えてきた七合目ピークなどが見える。(右)九合目の先、ダケカンバと唐松の新緑。

その先は左・唐松、右・ダケカンバの新緑が美しい緩やかな道でピークをひとつ越えて行く。足元の白い小さな花はコミヤマカタバミか。最後は樹林の中の登りとなり、経ヶ岳山頂に到着。周囲は亜高山的な苔むす針葉樹林に囲まれ、展望はまったく得られない。下山は往路を戻った。気温が高かったせいかペースが上がらず、登りも下りも予想以上に時間がかかった。途中すれ違った登山者は5組だった。

160610CIMG4980.JPG 160610img001.jpg
(左)樹林の中の経ヶ岳山頂。展望は皆無。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(中央アルプス) | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

木曽駒ケ岳(宮田村/木曽町/上松町)

120728DSC_0010.JPG 120728DSC_0021d.JPG
(左)ローブウェイ千畳敷駅にあった温度計(午前9時過ぎ)。(右)雪の残る千畳敷カール。

・黒川平駐車場650=(バス)730しらび平850=(ロープウェイ)900千畳敷駅
・千畳敷駅920-1000乗越浄土-1020中岳-1050木曽駒ヶ岳1130-1200中岳-1215乗越浄土-(カール周回)1300千畳敷駅
・千畳敷駅1420=(ロープウェイ)1430しらび平1450=(バス)1530黒川平

木曽駒ケ岳は以前も千畳敷から登ったことがあるが、半分観光地のような所だという話で関心を持った家内を同行しての再訪。さすがに夏休みの土曜日とあって混雑していた。6時半を少し回った頃に到着したら、菅の台のバスセンター前の駐車場は満車で入れず、少し上の黒川平の駐車場に案内される。黒川平のバス停で待っているとバスにはすぐに乗れたが、バスを降りたしらび平ではロープウェイを1時間待つことになった。しかし、混雑していても空いている駐車場に案内されたり、ロープウェイ待ちには整理券を配るなど対応はきちんとしていて、いやな感じはしない。

ロープウェイを降りて千畳敷カールの中をしばらく歩いて登りにかかる。雪渓は以前、同じ時期に来たときより多く残っている気がする。シナノキンバイ・ミヤマキンホウゲの黄色い花が彩りを添えている。クロユリも所々に見られるが、コバイケイソウの姿はまったくない。今年はコバイケイソウははずれ年のようだと聞いた。カールの縁を乗越浄土の向けての急登路は大渋滞。高齢者のグループや子どもづれなど、歩くスピードの異なるグループが入り乱れ、そこに下山の人もいるので狭い道はネックになってしまう。混雑は我慢するしかないが、落石を起こしそうな歩き方をする人などがいて、ひやひやする。

120728DSC_0028.JPG 120728DSC_0032.JPG
(左)乗越浄土に向けての急登。(右)中岳方面から見た宝剣岳。

特異な形状の宝剣岳の脇を素通り。今日は家内同行だから登らない。景色が開け、開放的になる。宝剣山荘を過ぎれば、中岳への登り下りを経て木曽駒ケ岳への登り。木曽駒ケ岳山頂も多くの人で賑わっていたが、日差しは強いけれど周囲の展望は雲に遮られてはかばかしくはない。登山道の途中では、それなりの展望が楽しめたのに。帰路は往路を戻った。朝方は肌寒いほどだったが、昼近くになって日陰に入らないと暑いくらいになってきた。千畳敷駅では帰りのローブウェイの整理券を入手し、待ち時間がまたも1時間ほどあったので、ゆっくりとカール内の遊歩道を一周した。非常に混雑した日に出かけた割には、それなりに楽しめたと思う。

120728DSC_0041.JPG 120728DSC_0051.JPG
(左)中岳から見た木曽駒ケ岳。(右)木曽駒ケ岳山頂。
posted by 急行野沢 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(中央アルプス) | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

木曽駒ケ岳~宝剣岳(宮田村/木曽町/上松町)

菅の台駐車場619=(バス)650しらび平700=(ロープウェイ)708千畳敷720-735周回路合流点-808乗越浄土-824中岳-832頂上小屋-850木曽駒ケ岳山頂930-940頂上小屋-950中岳-1000宝剣山荘-1020宝剣岳1030-1107遭難碑-1118極楽平1123-1153千畳敷1207=(ロープウェイ)1215しらび平1225=(バス)1255菅の台駐車場

大自然の中につくられる観光道路やロープウェイに対しては、眉をひそめることしばしばだが、できてしまえばそれを使わずして山に登ることなど考えられない。ロープウェイ待ち2時間などという噂を聞いて尻込みしていたが、梅雨がいつまでも明けないような不順な天候の中、今日の午前中だけは少なくとも雨は降らないとふんで、休暇をとって木曽駒ケ岳へ出かける。

P1030557kk.JPG P1030570kk.JPG
(左)コバイケイソウ揺れる千畳敷カール。(右)カール上部から見下ろしたロープウェイ駅。

7月末(つまり今日)までは、午前6時にロープウェイまで行くバスの運行が始まるので、その時間をにらんで、6時わずか前に菅の台の駐車場に到着。一番バスを待つ列は30人程度。ロープウェイも7時発の一番に乗り、千畳敷から歩き始める。千畳敷カールの上部は霧が覆っていたが、少しずつ晴れていくようだ。花畑の周遊路を右から半周してから、雪渓を経てカールを登って行く。例年より花は少ないという話だが、それでもコバイケイソウ・イワカガミ・チングルマ・ハクサンイチゲ・シナノキンバイ・イワツメクサなど。振り返ると、霧の合間にロープウェイの駅が見えるというのも何となく可笑しい。汗を絞らされて稜線に到着。

P1030586kk.JPG P1030620kk.JPG
(左)中岳から頂上小屋の向こうに木曽駒ケ岳山頂。(右)宝剣山荘とその背後に宝剣岳。

すぐ左に宝剣山荘。霧に覆われて伊那前岳方面がわずかに見える程度。しかし、中岳にゆるやかに登って行くと霧が晴れ、頂上小屋越しに山頂部が見える。頂上小屋にいったん下り、コマクサが傍らに咲く道を登り返して木曽駒ケ岳山頂。霧は少し晴れたものの、宝剣岳・三ノ沢岳そして遠く空木岳の山腹が見える程度。祠が多いのが、古くから信仰を集めた山であることを示している。

宝剣山荘まで戻って宝剣岳に向かう。途中から鎖の連続となり、足元が切れ落ちた箇所があり気を抜けない。山頂から極楽平側の方が厳しいような気がした。遭難碑のある場所まで来れば、その先コマウスユキソウを見ながらしばし楽しい稜線歩き。しかし極楽平まで来たところでついに雨が落ちてきた。雨具をつけ、カールの花畑を楽しみながら、ゆっくりロープウェイ駅までくだった。駅周辺は軽装の団体客であふれていた。

ラベル:木曽駒ケ岳
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(中央アルプス) | 更新情報をチェックする