2019年08月19日

北岳(山梨県南アルプス市)

190819DSC09662x.JPG
肩ノ小屋からの下りで北岳山頂部を見返す。

第1日[8月18日]芦安駐車場515=(山梨交通バス)=613広河原(インフォメーションセンター)636-700白根御池分岐-910大樺沢二股945-1230八本歯のコル1250-1350吊尾根分岐1400-1428北岳1440-1513北岳肩ノ小屋[泊]
第2日[8月19日]北岳肩ノ小屋554-608小太郎尾根分岐614-621草すべり分岐-740白根御池小屋758-958白根御池分岐905-1028広河原1055=(乗合タクシー)=1140芦安駐車場

海外に長らく赴任していた友人が帰国したので、一緒に北岳に登ることになった。山麓の芦安温泉で前泊。翌早朝、車で5分ほどの芦安駐車場へ。バス停近くは満車のため少し下った第4Pに駐車して、芦安駐車場始発バスに1時間ほど乗車して広河原へ。インフォメーションセンターで身支度を整え、登山届を提出して出発。すぐに野呂川に架かる吊橋を渡り、広河原山荘の前を通過して、緩やかな樹林帯の登りとなる。

190818DSC09479.JPG 190818DSC09496.JPG
(左)登山道入口。前方にこれから進む沢筋が見える。この先で吊橋を渡る。(右)大樺沢を渡し返しながら進む。

左下には大樺沢。白根御池への道を右に分け、右手から流れる沢を渡る。大樺沢を左(右岸)に右にと、パイプの橋で渡る。道に沢水が流れている箇所も多い。前方の稜線は霞んでいる。道の左右には白いセンジュガンビや紫のミヤマハナシノブ・ホウオウシャジンが咲いている。ハクサンフウロを見ながら進めば道は沢に近づき、木陰は少なくなる。前方の左俣には雪渓が見えてくる。

190818DSC09510.JPG 190818DSC09522.JPG
(左)大樺沢二股。前方右手に白いトイレが見える。(右)雪渓の脇を登る。

大樺沢二股までは沢沿いの緩やかな道という思い込みがあったけれど、けっこう段差もあり消耗させられる。アラカンのコンビなのでつい休みがちになって、終始ペースは上がらない。チップ制トイレが設置されている大樺沢二股で休憩。左右どちらに進むか迷ったけれど、明日の天候が悪そうなので左俣を進み、今日中に山頂を踏むことに。

190818DSC09544.JPG 190818DSC09542.JPG 
(左)八本歯のコル直下は木段が連続する。(右)霧の間に北岳バットレスを望む。

左俣の右側(左岸)を進み、雪渓のすぐ脇を登る。斜面は至るところ花畑。救助ヘリが飛んできて沢の上部に救助隊員を降ろしたけれど、前日のバットレス滑落事故の関係か。雪渓が途切れると足元がガラガラした登りとなる。道標に沿って右に曲がるとひと登りで尾根上に出て、正面の霧の間にバットレスが見える。左折して登る尾根は急な木段の連続でつらい。八本歯のコルに至り、ほっとする。

190818DSC09555.JPG 190818DSC09585.JPG
(左)八本歯のコルから尾根を進む。(右)吊尾根分岐から北岳へあと少し。

右へと尾根をたどる。ハイマツの中の岩の重なる道を、小ピークを越えて進む。北岳山荘への巻道を分けた先、小丸太の階段状の斜面の両側には花々が咲いている。肝心のキタダケソウははっきりわからなかったけれど。吊尾根に登り着くと、一瞬、視界が晴れて近くの展望は開けたが、すぐに再び霧に覆われた。岩場の急な登りを経て進めば北岳山頂に到着。

190818DSC09592.JPG 190818DSC09613.JPG
(左)霧で視界のない北岳山頂。(右)山頂から肩ノ小屋間で見た雷鳥。

時間帯のせいか、天候のせいか、山頂には誰もいない。しばらくすると肩ノ小屋から空身で数グループが登って来た。雲に遮られて視界はほとんどないものの、北東方向には雲間微かに鳳凰三山が認められた。肩ノ小屋に向かって下る途中では雷鳥の姿を見ることができた。岩の模様と同化して写真で撮ってもみつけにくい。

190819DSC09649.JPG 190819DSC09639.JPG
(左)肩ノ小屋。(右)朝日に浮かぶ鳳凰三山。

午後3時過ぎに肩ノ小屋に到着。到着してしばらくすると、雨が激しく降り始めた。本日はここで宿泊。混雑を覚悟していたが、意外と空いていた。同行者の希望もあり、今回は寝袋持参で素泊まり。翌朝のご来光も雨は降っていないものの、雲が多くてはっきりせず。富士山・鳳凰三山・甲斐駒・仙丈の姿は見ることができた。

190819DSC09640.JPG 190819DSC09660.JPG
(左)肩の小屋から早朝の富士山。(右)肩ノ小屋から北側の稜線へ。

下山は白根御池経由。小太郎尾根分岐までは、気持ちの良い稜線歩き。その先で二股への道を右に分けた先は、草すべりの急斜面。マルバダケブキ咲くダケカンバの林の中、足元の段差も大きい急な下り。やがて樹林帯を抜けると花畑越しに御池が見えてくる。白根御池小屋では美味しい水を飲むことができた。

190819DSC09671.JPG 190819DSC09683.JPG
(左)ダケカンバの樹林帯に草すべりの急坂。(右)樹林帯を抜け白根御池が見える。

小屋からしばらくは針葉樹林帯の巻道。沢をいくつか横切って進んだ先、右折して標高差500mの下り。樹林帯の中を延々と続く下りは足にこたえる。ようやく大樺沢沿いの道に合流し、広河原へと帰り着いた。バス出発時刻まで待たずに、他のグループと一緒に乗合タクシーを頼み芦安まで戻ることができた。天候がよくなくて視界は開けなかったけれど、歩行中には雨にあわなかったし、多くの花や雷鳥にも出会えて楽しめた。

190819DSC09711.JPG 190818img001a.jpg
(右)広河原に向けて急な下りが続く。

[参考]
山梨交通バス 芦安駐車場~広河原 1,230円(利用者協力金200円含む)
北岳・肩ノ小屋 1泊2食(寝具なし) 7,700円 
乗合タクシー 広河原~芦安駐車場 1,300円(利用者協力金200円含む)
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(南アルプス) | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

白岩岳(伊那市/富士見町)

190602DSC07929t.JPG
白岩岳山頂から中央アルプスの眺め

黒河内林道・駐車余地836-915尾根にのる-1025[1800m平坦地]-1045[1925m小ピーク]-1140[2075mクモイコザクラ群生地]1155-1207稜線-1213白岩岳1255-1300稜線下降点-1337[1925m小ピーク]-1355[1800m平坦地]1400-1437尾根から左折-1505駐車地点

白岩岳は長年の懸案だった山。山頂の展望が素晴らしく、季節にはクモイコザクラの花が見られるという。しかし、明瞭な登山道のない山。花には出会えたけれど、山頂では南アルプスの方向は霧に覆われ、そちらの展望は得られなかった。中央アルプスが遠望できたのがせめても。標高1400m付近で尾根にのればあとは迷う心配は少ないけれど、そこまでの序盤はテープマークが多すぎてかえって選択に迷いがち。

190602DSC07874a.JPG 190602DSC07881.JPG
(左)黒河内林道の駐車余地。橋の手前左手。(右)営林署小屋南側から東の山腹へ。

南アルプス北沢峠へのバス乗場である仙流荘を過ぎ、戸台大橋のゲートを右に見て黒河内林道を北に進む。舗装道だが落石が多いので運転注意。東から白岩谷が小黒川に合流する少し南側、橋の手前左側に3台ほどの駐車余地がある。近くにマークがあり、小黒川に降りて適当な所で渡渉して東岸へ。そこから北に歩くと大岩がせり出した地点があり、その向こうに広場と営林署小屋の廃屋が見える。

この大岩の東側から山腹に取付く。マークを追って広い山腹に薄い踏み跡をたどると、左右にのびるトラバース道に出る。これを右にたどる。そのままずっと巻きそうなところ、マークを見て左にひと登りすると尾根の突端に登り着く(標高1400m付近)。このルートは一例に過ぎず、もっといいルート取りがあるのかもしれない。あとは右折して尾根を登ればいい。意外と踏み跡はしっかりしていてマークも多い。

190602DSC07887.JPG 190602DSC07897a.JPG
(左)尾根にのる。(右)倒木が多いが歩行に支障は少ない。

右は針葉樹林、左は唐松や雑木の新緑が明るい。足元には山名の由来か、白い石が多い。倒木も多いが、歩くのに大きな支障はない。標高1530m付近で左から尾根を合わせ、針葉樹やブナの大木も見られる中を登る。針葉樹林の樹影が濃くなってくると、単調な尾根の登りがやや急登となり、その先で標高1800m付近の平坦地へ。断続的に平坦地があらわれる歩きやすい尾根道も長くは続かない。

190602DSC07900a.JPG 190602DSC07903a.JPG
(左)岩の右の際を急登する。(右)小ピーク(1925m)から稜線が見える。

岩稜帯があらわれると、大岩の右側を巻くように急登する。消耗させられるところ。小ピーク(標高1925m付近)に登り着くと、木の間から前方に稜線が見える。緩やかな道で岩の右の際を進む。登りはやがて広い尾根になり左右に九十九折を繰り返すようになる。その途中の右手の大岩(標高2075m付近)に、可憐なクモイコザクラの群落を見ることができた。

190602DSC07977.JPG 190602DSC07911.JPG
(左)クモイコザクラ。(右)稜線が近づくと苔が多くなる。

尾根を小さなジグザグで登ると、針葉樹林に苔が濃くなる。傾斜が緩むと稜線に到着。といっても樹林帯の中。右折して緩やかに苔の樹林帯を進み、ちょっとした登りで三角点と手製の山名板がある白岩山の山頂に到着。何としたことか南東方向は霧が深く、一番の見どころである鋸岳をはじめとする南アルプスの山々は姿を隠している。しかし、南西方向は晴れていて、遠くに中央アルプスの山並を望むことができた。

190602DSC07925.JPG 190602img001.jpg
(右)白岩岳山頂。

山頂周辺には白い石が点在し、北東側は笹原になっている。山頂周辺にはさまざまな花が咲き、彩りを添えている。下山は往路を戻ったが、山中では誰一人にも出会わなかった。標高差1000mの登り一方の尾根は、思ったよりも時間がかかってしまった。他に沢を登るルートもあるようだ。なお、各標高は手元の高度計によるものなので誤差はあるかもしれない。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(南アルプス) | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

甲斐駒ケ岳(伊那市/山梨県北杜市)

大平山荘445-457バス道路から双児山入口-550二合目555-652双児山702-750駒津峰755-820六方石-915甲斐駒ケ岳1010-1045六方石1055-1115駒津峰-1213仙水峠1225-1255仙水小屋-1330長衛小屋-1350北沢峠-1400大平山荘
大平山荘1505=(南アルプス林道バス)=1545仙流荘

大平山荘の小母さんに「甲斐駒は時間がかかる」といわれ、急かされるように5時前に出発。北沢峠は経由せず、バス道路途中から「双児山」の表示に従い左に入るショートカットルートへ。途中、雨量観測所があり、その先で北沢峠からの道を右から合わせる。双児山までは針葉樹林帯の中、標高差600mの我慢の登り。尾根上をときに直登し、ときに大きくジグザグを繰り返す。

160901CIMG7094.JPG 160901CIMG7099.JPG
(左)双児山へは樹林帯の登り。(右)双児山ではじめて展望が開ける。

双児山山頂でようやく展望が開ける。いったん下って樹林帯に入った後、駒津峰へ向けハイマツの中、石ゴロの急登。しかし展望が開けたので気持ちはよい。右手に富士山・北岳・仙丈など。最後は右手にトラバース気味になり、駒津峰に到着。目の前に甲斐駒の迫力ある山頂部がそそり立つ。花崗岩をまとい真っ白な姿が印象的。

160901CIMG7112.JPG 160901CIMG7119.JPG
(左)駒津峰に至ると迫力ある甲斐駒の山頂部が迫る。この先いったん下って登り返す。(右)六方石のあたりは岩場が続く。

この先は岩場の連続となる。いったん大きく下った後、いくつかのアップダウンで六方石の右下に。その先で直登と巻道の2つのコースが分かれる。右の巻道を選んだが、すぐに岩場の大きな段差がある。その先はトラバース気味に進んだ後、花崗岩の砂礫地に入る。左に登ったり、右に巻いたりを数回繰り返す。右に摩利支天への道を分けしばらく進めば、道は左に曲がり標高差100mの登りで山頂へ。

160901CIMG7131.JPG 160901CIMG7157.JPG
(左)最後は花崗岩の砂礫地を山頂へ。(右)甲斐駒ケ岳山頂。背景は左に北岳・間ノ岳、右に仙丈。

山頂からの展望はいうまでもなく360度。鳳凰三山の向こうに富士山、その右に北岳・間ノ岳、さらに右に仙丈が大きい。中央アルプスや北アルプスも見える。山頂の登山者は15人ほど。1時間弱も展望を楽しむうちにどんどん雲があがってきて、視界は閉ざされがちとなった。その頃合いをみて下山にかかる。

160901CIMG7138.JPG 160901CIMG7178.JPG
(左)甲斐駒山頂からの眺望。鳳凰三山の向こうに富士山。右に北岳・間ノ岳。(右)仙水峠付近は両斜面からの岩で埋まったような谷状の地形。

復路は駒津峰までの登り返しがきつい。駒津峰からは仙水峠を経由する道で下山する。ハイマツ帯からダケカンバの樹林を過ぎ、針葉樹林帯へ。かなりの斜度を急降下。木の間越しに谷の向こうに岩がゴロゴロしているのが見える。思ったよりも時間がかかって仙水峠へ。右折して仙水小屋方面へ。両側から岩が崩れ落ちたような谷状の中を下っていく。樹林帯に入れば仙水小屋は近い。その下で沢を右岸に渡って、あとは沢沿いにゆるやかに下る。

予定よりも一本早いバスにと思ったが、疲労のせいか途中から時間がかかってしまい断念。長衛小屋を過ぎ、バス道路から北沢峠へ。さらに下って大平山荘に寄り、朝預けた荷物を回収。何かにつけ世話をやいてくれる小屋の小母さんが、親切にもバスが山荘前に停車するよう頼んでくれた。2日間、天候に恵まれた山行ができた。仙流荘到着後、車で高遠の「さくらの湯」に立ち寄り、汗を流した。

160901CIMG7190.JPG 160901img001a.jpg
(左)昔ながらの山小屋の雰囲気を残す大平山荘。
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(南アルプス) | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

仙丈ケ岳(伊那市/山梨県南アルプス市)

仙流荘605=(南アルプス林道バス)=655大平山荘前
大平山荘700-(薮沢新道)-805薮沢渡る-903馬の背ヒュッテ913-1002仙丈小屋-1025仙丈ケ岳1120-1210小仙丈ヶ岳1215-1255五合目(大滝ノ頭)1300-1420北沢峠1430-1440大平山荘[泊]

北沢峠付近に一泊して仙丈と甲斐駒に登るプラン。選んだ山小屋は、地の利はやや悪い大平山荘。昔ながらの雰囲気で比較的すいているとあったので。電話をすると小屋の小母さんに「甲斐駒は時間がかかるから、2日目にして早立ちした方がよい。1日目を仙丈にしなさい」と諭された。素直にそれに従う。

160831CIMG6888.JPG 160831CIMG6919.JPG
(左)薮沢新道。最初は樹林帯を進む。(右)薮沢沿いの道。ナナカマドが赤い実をつけていた。

仙流荘のバス乗場は、8月末の平日なのに意外と人が多かった。バス3台で50~60人だろうか。大平山荘前で下車。不要な荷物を小屋に預けて薮沢新道から仙丈ケ岳を目指す。薮沢沿いに登るのは少数派だろうが、時間的なことだけ考えると小仙丈経由より楽だと思う。最初は針葉樹林帯の緩やかな道。左の山腹に急登して、その先で次第に右手の沢音が大きくなる。

沢沿いの道になり丸太橋で右(左岸)に渡ったあたりでは、ミヤマシャジン・トリカブト・アキノキリンソウなどの花々。ナナカマドが赤い実をつけている。ときどき高巻きながら沢沿いに進めば、谷状の地形の前方が開けてくる。ただ、山頂方面は霧に隠れている。左に薮沢小屋への道を分け、沢を離れて右の山腹を登る。鹿除けネットがあるダケカンバ林の緩やかな登り。

160831CIMG6945.JPG 160831CIMG6957.JPG
(左)馬の背から仙丈小屋への登り。山頂部はまだ霧の中。(右)仙丈小屋付近まで来ると霧が晴れて薮沢カール全体と山頂が見えた。

途中、馬の背ヒュッテで一息入れて登れば、馬の背の稜線に出る。丹渓新道を右に分け左に進めばハイマツ帯に入り、振り返れば甲斐駒・鋸岳の展望が開ける。前方の山頂付近はまだ霧の中。かすかに見える仙丈小屋を目指し、稜線から左手の山腹を登る。沢沿いの草原状の道となって仙丈小屋まで来ると、霧が晴れて薮沢カールの全貌と山頂部の姿が見えた。

160831CIMG6977.JPG 160831CIMG7020.JPG
(左)山頂への登りから見た鋸岳・甲斐駒。眼下の薮沢カールに仙丈小屋が見える。(右)仙丈ケ岳山頂。背景は中央アルプス。

カールの右手を登り、山上稜線に出たら左へ。そして思っていたよりもスムースに、仙丈ケ岳の山頂に到達。霧もどんどん晴れて素晴らしい展望となった。北に鋸・甲斐駒・八ヶ岳、その右に鳳凰三山。富士山・北岳・間ノ岳の標高トップ3も並び、中央アルプス・伊那谷も。1時間弱もこの眺望を楽しんだ。山頂には10数人程度の登山者。

160831CIMG7023.JPG 160831CIMG7034.JPG
(左)仙丈ケ岳山頂からの眺望。左に鳳凰三山、中央奥に富士山、その右に北岳・間ノ岳。(右)小仙丈ヶ岳への道から仙丈ケ岳山頂部を振り返る。山頂は一番右。

下山は小仙丈ヶ岳経由。2~3の小ピークの左を巻いた後、仙丈小屋への巻道を左に分けハイマツ帯の下り。岩を攀じた後、小仙丈ヶ岳まで緩やかな稜線歩き。右手に小仙丈沢カールが広がる。小仙丈ヶ岳からの下りは六合目から針葉樹林帯に。薮沢小屋分岐の五合目を過ぎ、ひたすら下り北沢峠へ。さらに伊那側に下って大平山荘へ戻る。宿泊者は6人だけで、ひとりで畳6畳分を占有することができた。

160831CIMG7050.JPG 160831img001a.jpg
(左)小仙丈岳から見た仙丈ケ岳山頂部と小仙丈沢カール。

[参考]
南アルプス林道バス 仙流荘~北沢峠 片道 1,130円+荷物料金210円
大平山荘 1泊2食 8,500円
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(南アルプス) | 更新情報をチェックする