2019年05月01日

<四国遠征> 石鎚山[石鎚登山ロープウェイ~成就社から](愛媛県西条市/久万高原町)

190501DSC06688b.JPG
夜明峠から見る石鎚山の山頂。

伊予西条駅747=(せとうちバス)841ロープウェイ前/石鎚登山ロープウェイ山麓下谷駅900=908山頂成就駅920-941石鎚神社成就社(御朱印)955-1015八丁-1057前社ヶ森小屋1112-1131夜明峠1139-1204二ノ鎖元休憩所1209-1231石鎚山(弥山)1240-1253石鎚山(天狗岳)1301-1316石鎚山(弥山・御朱印)1352-1411二ノ鎖元休憩所-1432夜明峠-1447前社ヶ森小屋-1525八丁-1548石鎚神社成就社1555-1612石鎚登山ロープウェイ山頂成就駅1620=1628山麓下谷駅/ロープウェイ前1723=(せとうちバス)1817伊予西条駅

連休を利用して、家内と四国方面へ旅行に出かけることになった。その1日をさいて石鎚山の登山が実現した。伊予西条駅前のホテルに前泊。立客も数人出る程度に混雑する朝のバスで、ロープウェイ乗場まで1時間弱。ロープウェイはさほどの待ち時間もなく、山頂成就駅まで運んでくれた。小雨降る天候のせいか、連休中としては登山者が比較的少ないようだ。

190501DSC06640.JPG 190501DSC06650.JPG
(左)成就社。(右)八丁の鞍部。

ロープウェイを降りてから成就社までは20分ほど。広葉樹の中、広い道を緩やかに進んでいく。成就社は石鎚登拝の起点で、周囲には宿泊施設などもある。家内が集めている御朱印をいただく。登山届を提出し、神門をくぐり登山道へ。まずは樹林帯の中に緩やかな下りが続き、遥拝の鳥居を過ぎて鞍部の八丁へ。周囲にはブナの大木も見られる。

190501DSC06656.JPG 190501DSC06662a.JPG
(左)アケボノツツジ咲く道。(右)木段状の登りが続き苦しいところ。

八丁からは折返しを挟みながら緩やかな登り。尾根上に咲き残りのアケボノツツジも見られる。標高1380mあたりから、いよいよ階段状の急登が始まる。雨に濡れて滑りやすい木段が、笹と樹林帯の中、折り返しながら延々と続く。一番苦しいところ。試しの鎖を傍らに見て巻道を進めば、前社森の裏側にある青い屋根の前社ヶ森小屋に到着する。

190501DSC06663a.JPG 190501DSC06666a.JPG
(左)試しの鎖。(右)前社ヶ森小屋。前方は試しの鎖がある前社森のピーク。

引き続き木段の登りが続くが、尾根上に出れば勾配は緩んでくる。天気がだいぶ回復して、振り返れば雲海に山並が浮かんでいる。山腹の西側を巻くように進めば、笹原の向こうに山頂部全容が見える夜明峠に到着する。周囲が開けて気持ちよいところ。山頂も見えるので少し元気が出てくる(冒頭写真)。

190501DSC06691.JPG 190501DSC06693.JPG
(左)夜明峠手前から。振り返ると雲海の景色。(右)一の鎖。

緩やかな道から徐々に木段を挟むジグザグの道になり、一ノ鎖の下から巻道へ。なお、今回は家内が一緒なので鎖はすべて巻いていくことに最初から決めていた。左に土小屋への道を分けて、階段を登り鳥居をくぐれば二ノ鎖下の休憩所に到着。ここにはトイレが設置されていて助かる。

190501DSC06699.JPG 190501DSC06702a.JPG
(左)二ノ鎖下。階段の上にトイレがある。(右)巻道は金属製階段の登り。

二ノ鎖の巻道は、右方向へ。折返しながら金属製階段の登りが延々と続くけれど、山頂までの標高差はもう知れている。道脇には残雪が見られる。三ノ鎖への道は見逃してしまったか。そのまま階段状の登りを進めば弥山の山頂に到着する。

190501DSC06703.JPG 190501DSC06730.JPG
(左)道脇には残雪が見られる。(右)弥山山頂。頂上社がある。

弥山山頂には石鎚神社頂上社や頂上山荘がある。ここでも御朱印をいただく。弥山に着いたとたん人が多く感じられるのは、土小屋からの登山者が多いからなのだろう。白装束の登拝者も見うけられる。周囲は雲が流れているが、小雨が降っていた朝の天気を考えれば、これほどの展望が得られるとは思えなかった。

190501DSC06738.JPG 190501DSC06744.JPG
(左)天狗岳から見た弥山。(右)弥山から見た天狗岳。

家内を弥山に残して、空身で天狗岳まで往復する。鎖場での渋滞があり時間がかかる。途中、少々緊張するナイフリッジが2箇所。東側は垂直に切れ落ち、西側にはホールドが少ない。天狗岳山頂は写真撮影の列で、ここも渋滞。振り返ると弥山山頂が綺麗に見えた。下山は往路を戻った。下山時の成就社では、遥拝殿から山頂をしっかりと見返すことができた。

190501DSC06795.JPG 190501img009.jpg
(左)成就社遥拝殿から見返した石鎚山。

[参考]
せとうちバス 伊予西条駅~ロープウェイ前 往復2,000円
石鎚登山ロープウェイ 山麓下谷~山頂成就 往復1,950円
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(西日本) | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

<関西遠征> 大台ヶ原山(奈良県上北山村/三重県大台町)

[往路アクセス]大阪阿倍野橋740~(近鉄特急)851大和上市900~(奈良交通バス)1051大台ヶ原 [山歩き]大台ヶ原登山口(ビジターセンター)1055-1125日出ヶ岳1140-1200正木峠-1215尾鷲辻-1225牛石ヶ原-1235大蛇嵓1308-1335尾鷲辻1340-1410ビジターセンター [復路]大台ヶ原1430~(奈良交通バス)1621大和上市~橿原神宮前~京都~金沢~長野

160CI820MG6704.JPG 160820CIMG6716.JPG
(左)大台ヶ原バス停。広大な駐車場となっている。前方に見えるビジターセンターの脇が日出ヶ岳への登山口。(右)木製の階段を上って展望台のある日出ヶ岳山頂へ。

大阪に出張する用件があり、ついでに調べると、大阪を朝出発すれば大台ヶ原に登り、その日に長野まで帰れることがわかった。用件を済ませ1泊した翌朝、阿部野橋から近鉄特急に乗り大和上市へ。そこから奈良交通バスに2時間弱揺られ大台ヶ原へ向かう。周辺の地名は谷崎潤一郎の「吉野葛」を思い起こさせた。

標高2,000mに足りないので真夏に登るのもどうかと思っていたが、バスの座席は半分以上、埋まっていた。バスは山深い急カーブの連続する道を上っていく。伯母峰を過ぎると大峰方面の累々たる山並みが望まれた。といっても地理感に乏しいので、山名同定などとてもできない。バス終点は広大な駐車場。一角のビジターセンター脇が登山口。

160820CIMG6724.JPG 160820CIMG6748.JPG
(左)日出ヶ岳山頂の展望台から大峰方面の眺め。(右)正木峠付近から見た日出ヶ岳。

最初しばらくは水平道。周囲はトウヒなど亜高山的な針葉樹林で、足元をササが覆う。石段状の登りとなり稜線に出て左折、木製階段に息を切らし笹原に開けた日出ヶ岳山頂に到着。大台ヶ原の最高峰である。木製の展望台に上れば360度の展望が開ける。東側は雲が多く、熊野灘も見えず展望は閉ざされがち。西側には大峰方面の広大な山並みが広がっている。

160820CIMG6758.JPG 160820CIMG6771a.JPG
(左)正木峠から南へ木段の下り。(右)牛石ヶ原。

分岐まで戻り低木のトンネルのような中、木道の登りで好展望の笹原の正木峠へ。振り向くと日出ヶ岳が見える。木の階段を急降下し緩い登り下りで枯木が印象的な正木ヶ原へ。日差しは厳しいけれど、風は涼しく気持ちがよい。針葉樹林の中を歩き四阿のある尾鷲辻、さらに笹原と樹林帯が交互にあらわれて神武天皇像がある牛石ヶ原。すぐ先の分岐を左に進み、岩がちの道を下れば大蛇嵓。足元が切れ落ちた岩場で、前方の展望が素晴らしい。

帰路は尾鷲辻まで戻り、ほとんど水平道といってよい中道を、樹林帯の中、美しい苔など見ながらビジターセンター(バス停)まで戻る。全体として、急な木製階段もあるものの、ほとんど緩やかな歩きやすい道。ちょっと登山というもの憚られるほど。家族連れなどにはちょうどいいかもしれない。信州とは違った大台の自然を感じることができたが、登山口までの交通アクセスに非常に時間がかかった。(バスは季節運行で曜日により時間が異なるので確認が必要)

160820CIMG6772.JPG 160820img001a.jpg
(左)岩場の先が切れ落ちて展望が広がる大蛇嵓。

[参考]奈良交通バス 大和上市駅~大台ヶ原 片道2,000円
posted by 急行野沢 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(西日本) | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

<山陰遠征> 伯耆大山(鳥取県大山町)

米子駅720=(日本交通バス)814大山寺バス停820-(夏道登山道)-853二合目-933行者別れ(五合目上)-946六合目953-1026八合目-1048大山(弥山)山頂1130-1153八合目-1231行者別れ(五合目上)-1258堰堤下-1332大神山神社-1344大山寺-1355大山寺バス停1450=(日本交通バス)1544米子駅

160523CIMG4665.JPG 160523CIMG4680.JPG
(左)大山寺バス停と背後に大山。(右)はじめはブナの新緑の中を登る。

山陰での所用があり、せっかくだから伯耆の名峰・大山に登ってこようと邪な考えをおこし、なんとか日程を調整して百名山登山が実現した。登山したのは平日だったが、それでも驚くほど多くの人が登っていた。

米子駅からのバスが1時間弱で登山口の大山寺バス停まで運んでくれる。大山寺へ向かう参道から途中で右折し夏山登山道入口へ。左折して杉林の石段状の道を登る。右手に阿弥陀堂を見れば足元は細丸太の階段へと変わっている。この階段は延々と八合目付近まで続く。周囲は美しい新緑のブナ林だが、つらい登りが続く。足元には石がゴロゴロとしてくる。四合目の先は特に急登。五合目のすぐ先で行者谷のルートを合わせる。

160523CIMG4692.JPG 160523CIMG4703.JPG
(左)避難小屋のある六合目で展望が開ける。(右)八合目を過ぎれば左手はザレた斜面となり、その際を木道が進む。

ナナカマドなどの低木が多くなり、尾根も痩せてきてときどき展望が開けるようになる。六合目には避難小屋があり、ザレた山頂北壁が見渡せる。5月なのに今日は真夏のような暑さ。七合目からは日差しを遮るところのない、炎天下の急登。ときどきそよぐ風が気持ちいい。八合目の先で傾斜は緩み、稜線に出る。左側はザレていてその際に木道が続く。周囲はダイセンキャラボクの群生地。山上台地の広がりが気持ちよい。

160523CIMG4727.JPG 160523CIMG4735.JPG
(左)山上の広がりが気持ちよい木道。九合目付近。(右)弥山山頂から剣ヶ峰を望む。

草地の中に続くゆるやかな木道を登っていけば、前方に山頂避難小屋が見える。道は二分するが、どちらをたどっても大差はない。到達したのは弥山と呼ばれるピークで、現在の通常登山ではここが大山山頂とされている。山頂部も木道で覆われている。最高峰の剣ヶ峰は前方に見えるけれど、ザレたナイフリッジを歩くのは危険。展望は360度。ただ、あまりの気温の高さに周囲の山々や、振り返れば見えるはずの日本海もぼんやり霞んでいる。

160523CIMG4737.JPG 160523CIMG4771.JPG
(左)弥山山頂直下には避難小屋があり、売店も営業していた。眼下に望めるはずの日本海は霞んでいる。(右)下山路は行者谷方面のルートをとる。ブナの美林が続く。

下山は南側の木道から石室や池の脇を通り、山上部の風景を楽しんでもとの道に合流。途中の行者谷別れから行者谷方面へと下った。この道は人も少なく、ゆっくりと美しい樹林帯の中を歩くことができた。ブナの美林を階段状に急降下してから、ジグザグに下って堰堤の下に出る。右上に元谷避難小屋が見え、さらにその向こうには崩壊が著しい、迫力ある大山の北壁を望むことができた。

堰堤の下をトラバースし対岸の林道から左手に入れば、沢沿いの美しいブナやミズナラの林の中、穏やかな道が続く。ユートピア小屋への分岐を過ぎ、すぐに大神山神社奥宮の境内へ。大山寺にも立ち寄り下っていけば、大山寺バス停にたどり着く。ブナ林やキャラボクなど植生が非常に豊か。信仰の色合いも強く、同時に、ふだん登山をしない人にも親しまれているようで、懐の深さを感じさせる山だった。

160523CIMG4782.JPG 160523img001.jpg
(左)堰堤から大山の北壁を望む。

[参考]米子駅~大山寺 日本交通バス 片道720円
posted by 急行野沢 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(西日本) | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

<滋賀遠征> 伊吹山(滋賀県米原市)

上野登山口807-839一合目-915三合目922-940五合目-1028八合目-1050稜線-1102伊吹山山頂(三角点)1153-1211八合目-1240五合目1250-1303三合目1315-1333一合目-1405登山口

150502DSC01599.JPG 150502DSC01642.JPG
(左)上野登山口 (右)三合目

連休を利用してどこか普段は登れない山へ、ということで出かけたのが伊吹山。深田百名山にも名を連ねる名峰である。早朝に長野を出発して、長野道・中央道・名神を経由して関ヶ原ICで降りる。旧ゴンドラ乗場の駐車場に車を入れ、登山口で協力金300円を払って登り始める。子ども連れをはじめとして老若男女入りまじり、多くの人が登っていく。

杉林の中をひとしきり登ると一合目。道すがら○合目の案内板がつけられているので目安になる。一合目には売店・ロッジがあり、ここからは旧ゲレンデの左側を登る。二合目からゲレンデ右手の低木帯となり、三合目は休憩舎・トイレもありかつてのスキー場の中心をなしていたところで広々としている。見上げる伊吹山が大きい。このあたりまで、道は軽トラぐらい走れる広さ。古くから登られてきた山だけあって、歩きやすく道はつけられている。

ゲレンデの中を登って五合目へ。ここが旧ゲレンデの最上部。古びた小屋があり、飲み物を売っている。ここから、山腹をジグザグに登る急登となっていく。七合目・八合目あたりが苦しいところ。炎天下の登りはきつい。足元も石がゴロゴロとしている。振り返ると琵琶湖が大きい。

150502DSC01659.JPG 150502DSC01683.JPG
(左)五合目。売店では飲み物を売っている。(右)稜線に出ると残雪が。

ようやく稜線に達して、頂上までの道すがらには雪が残る。山頂には何軒も小屋があって、飲み物・食べ物を下から持ち上げるのは馬鹿らしくなるくらい。反対の北側には山頂直下に駐車場があり、伊吹山ドライブウェイでそこまで車で達することができる。だから車でやって来た人も多くて、広い山頂部はたいへんな賑わい。東側にある三角点をようやくみつける。

独立峰なので360度の展望が開ける。南側には琵琶湖が広がり、北側には遠く雪を頂く白山。下山は往路を戻った。今日はとにかく暑く、ほとんどが日差しを遮るもののない登山道なので、思い切り汗を絞らされた。標高差1,000m以上あるのでもっと時間がかかると思っていたけれど、3時間弱で登れたのはやはり道のつけ方がよいということなのだろうか。

150502DSC01687.JPG 150502DSC01698.JPG
(左)伊吹山山頂の三角点。(右)北には遠く白山。眼下には伊吹山ドライブウェイの駐車場。
posted by 急行野沢 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(西日本) | 更新情報をチェックする