2019年07月10日

<東北遠征>月山 [月山8合目から姥沢へ](山形県鶴岡市/西川町/庄内町)

190710DSC08544a.JPG
行者返しの坂を過ぎて花畑が広がる。山頂部は左端。

鶴岡駅602=(庄内交通バス)810月山八合目815-935佛生池小屋945-1048月山三角点1051-1055月山神社1105(休憩)1135-1210牛首1215-1250リフト上ベンチ1301-1307リフト乗場=(月山リフト)1323リフト降場1327-1337姥沢バス停1420=(西川町営バス)=1515西川インター1535=(庄内交通・高速バス)1614山形駅

天気予報を見ていると、東北の日本海側の天気がよさそうだった。仕事が一段落したので、あわてて用意して月山へ向かう。百名山の中でも、登りやすい山だと思う。鶴岡駅前のホテルに前泊し、早朝のバスで月山八合目に向かう。羽黒山周辺からの途中乗車もあり、平日なのにバスの席は7割ほど埋まっている。2時間以上かかって八合目へ。眼下に庄内平野、向こうの雲間に鳥海山が霞んでいる。

190710DSC08484.JPG 190710DSC08521.JPG
(左)一段登り弥陀ヶ原全体を見おろす。(右)チングルマ咲く道。

レストハウスの脇から階段を登り、木道を歩きはじめる。弥陀ヶ原の湿原に池塘が点在し、道脇にニッコウキスゲが咲いている。御田原参篭所経由の道を合わせたベンチ付近は、チングルマなどが咲いている。岩がちの登りがあって、緩やかな道に戻る。足元は、石畳状に石が並べられている場所も多い。

190710DSC08507.JPG 190710DSC08524.JPG
(左)雪渓を横切り振り向くと鳥海山。(右)佛生池小屋を振り返る。

周囲は笹原に花が点在し、正面には時々霧に霞む山頂方向が見渡せる。シラネアオイが見られ、右の尾根へ取付くように登った先は、尾根の左下で雪渓を横切る。ミヤマキンバイやチングルマの花畑を過ぎ、1759三角点を左から回り込むと佛生池小屋。池の畔に石仏が立ち信仰の山でもあることを感じさせる。その先も右手前方に山頂部を見ながら、緩やかな登り。左下に行者ヶ原の湿原が広がり、その向こうは蔵王の山並か。

190710DSC08528.JPG 190710DSC08554.JPG
(左)行者ヶ原を見おろす。(右)山頂へ木道が続く。左前方の雪渓を登る。

行者返しという急坂も距離は短い。その先、緩やかな石畳のような道の両側はハクサンイチゲなどの花畑が続く(冒頭写真)。尾根が右に左にと曲がるあたりにはウスユキソウが咲き、木道を進めば雪渓があらわれ山頂は目の前。右手の三角点に一度登り、それから最高点の月山神社へ。参拝料を払わないと立ち入ることはできない。神社に詣でてから、頂上小屋の脇を過ぎて山頂南面の広場にて休憩。

190710DSC08577.JPG 190710DSC08581.JPG
(左)南側の広場から月山神社を望む。(右)下山する南西方向は雲海が広がる。

ここも周囲は花畑。南西側眼下に下山ルートが見渡せる。雲海に霞んでいるのは朝日連峰だろうか。姥沢への下りは、まずは石がゴロゴロした急な下り。小さな祠を過ぎ、花畑から笹が多くなる。雪渓を渡り尾根を緩やかに進めば牛首の分岐。すぐに広い雪渓の下りとなる。断続的な雪渓は距離も長く、下り勾配がある箇所も。私は使わなかったけれど、軽アイゼンを持参した方が安全かもしれない。

190710DSC08597.JPG 190710DSC08603.JPG
(左)牛首から山頂部を見上げる。(右)下って来た雪渓を振り返る。

姥沢へ直接下る道を左に分け、雪渓を渡りながら、緩やかに右手尾根に登り返す。ベンチがあり、姥ヶ岳からの道を合わせればわずかな下りで月山リフトに到着。リフト北西の雪渓には夏スキーを楽しむ人たちの姿も。リフトを降りた後、10分ほど下り道を歩けば姥沢バス停に到着。脇には大駐車場がある。

190710DSC08625.JPG 190710img001.jpg
(左)リフトから雪渓のゲレンデを振り返る。

私以外の登山者は駐車場の車で帰途についていく。西川町営バスに乗ったのは私ひとり。西川インターで高速バスに乗り継いで帰途についた。雪渓があるとは思っていたが、雪の多いのに驚かされた。花も大いに楽しめたけれど、まだまだこれからが盛りなのだろう。急坂や危険な箇所もなく、歩きやすい。混雑して困るというほどではないけれど、多くの人が登っていた。

[参考]
庄内交通バス(鶴岡駅~月山八合目) 2,060円
月山神社 参拝料 500円
月山リフト(片道) 580円
西川町営バス(姥沢~西川IC) 500円
庄内交通バス(西川IC~山形駅) 1,190円
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(東北・北関東) | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

<東北遠征> 八甲田山(青森県青森市/十和田市)

酸ヶ湯温泉915-硫黄岳展望952-1045仙人岱1050-1138八甲田山(大岳)1143-1203大岳ヒュッテ1304-1340分岐-1403毛無岱階段下-1440酸ヶ湯城ヶ倉分岐-1515城ヶ倉温泉

観光と登山を兼ねて、家内と青森方面に出かける。主目的は八甲田山への登山。八甲田ロープウェイの運行開始時刻に合わせて、朝9時前に山麓駅に到着したが、強風のため運行休止。いつ動くかわからないので、急遽酸ヶ湯に向かい、温泉の南側の登山口から登りはじめる。

DSC07168.jpg DSC07196.jpg
(左)酸ヶ湯温泉の南側にある登山口。広い駐車場やWCもある。(右)右手前方が開け、硫黄岳山腹の紅葉が見えた。

登山口の鳥居をくぐり、細丸太の階段状の緩い登りを進む。ブナなどの広葉樹林帯だが少し色づいた程度。10数分で火山ガス発生地を通過。火山ガスのせいか、周囲のダケカンバが枯れて広場になっている。溝状の箇所にはマットなど敷かれて手入れがされていて歩きやすい道。少しずつ右手の展望が開け、こちらは色づいた硫黄岳の山腹が見える。

道は地獄湯の沢を右下に見て、その際を進む。硫黄の匂いが強くなる。岩がゴロゴロした箇所で沢を渡りながら登り続けると、沢は狭まり平坦になってくる。木道があらわれ、まもなく仙人岱湿原に到着。仙人岱ヒュッテへの道標がある。朝は晴れていたが急に雨が強まり、急いで雨具をつける。八甲田清水が湧き出した湿原で小休止をとりたいところだが、天気も天気なので先を急ぐ。

DSC07206.jpg DSC07375.JPG
(左)仙人岱あたりから雨が強くなった。(右)風雨が強く展望なしの大岳山頂。

小岳・高田大岳への分岐を過ぎ、草原状の道を進む。その先は樹林帯の登り。アオモリトドマツの説明板を過ぎれば森林限界。火山礫でガラガラした道を折り返しながら登る。平坦地に鏡池があらわれ、もう一息で八甲田山(大岳)の山頂に到着。山名標や三角点があるけれど、雨風が強く展望皆無なので早々に山頂から下る。

ガラガラとした下りから溝状に抉れた樹林帯の道を下って、草原状に建つ大岳ヒュッテ(避難小屋)へ。この天気なので、10数人の人が小屋の中で休憩をとっていた。我々も雨具などを脱いで休憩をとる。天候の回復が見込めないので、適当な時間を見て出発。樹林帯を緩やかに下れば、田茂萢岳稜線への分岐を過ぎ、毛無岱と呼ばれる湿原の最上部に出る。

DSC07381.JPG DSC07393.JPG
(左)大岳ヒュッテ(避難小屋)で休憩。(右)ナナカマドが色づき、木道に湿原が続く草紅葉の毛無岱。

霧雨の中、視界はあまり開けない。ただ、霧の中に広がる草紅葉の湿原も幻想的。思っていたよりも広大な湿原に木道が続いている。途中にはベンチもある。長い下りの木製階段があり、これより上部が上毛無岱、下部が下毛無岱ということらしい。この階段から見おろした下毛無岱の風景は有名だが、今日は視界が開けない。

ところどころ紅葉のナナカマドも点在する下毛無岱を進めば、やがて長かった木道も終わり樹林帯へ。急な木段を下り、沢を横切り多少の上下がブナの美林の中に続く。道標に従って、直進すれば酸ヶ湯温泉に続く分岐を右折して、宿泊予定の城ヶ倉温泉へと向かう。下山した頃には天候も回復してきた。山行中を狙ったように雨雲が通過したようで、少々恨めしかった。

DSC07400.JPG 170929img001.jpg
(左)上毛無岱から下毛無岱へと下る長い階段。下毛無岱を見おろす絶景地だが、今日は霧の中。
posted by 急行野沢 at 20:00| Comment(0) | 登山(東北・北関東) | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

<東北遠征> 西吾妻山 (山形県米沢市/福島県北塩原村)

天元台ロープウェイ・湯元駅900=(ロープウェイ)=906天元台高原駅914=(リフト3本)=950北望台953-1013かもしか展望台-1036大凹-1110凡天岩-1120天狗岩-1133西吾妻小屋1143-1153西吾妻山1155-1210天狗岩1220-1300大凹(ベンチ・休憩)1325-1342かもしか望台-1402北望台1408=(リフト3本)=1450天元台高原駅1500=(ロープウェイ)1506湯元駅

裏磐梯に滞在して2つめの登山は、白布峠を越え山形県側に入って西吾妻山へ。ロープウェイとリフトを乗り継いで高度を稼げば、あとは標高差200m程度で山頂へ到達できる山。そんな風に甘く見ていたきらいがある。途中で雨が降り始め、滑りやすい岩がちの道に時間がかかった。

161018CIMG8479.JPG 161018CIMG8489.JPG
(左)かもしか展望台。霧の中で展望なし。(右)かもしか展望台からの下りで、大凹方面を見渡す。

あまり天気の良くない平日なので、ロープウェイの客は他に1組のみ。その先のリフト3本を乗り継いで天元台スキー場の最高地点までは1時間弱かかる。かもしか展望台までは、針葉樹林帯の中、石がゴロゴロした登り。展望台に到着しても周囲は霧がかかり展望は皆無。

そこから下りはじめると木道となり、周囲に湿原が広がり始める。人形石への道を左に分ける頃には少し晴れ間ものぞいて、大凹の一面の湿地帯の中、気持ちよく歩くことができた。右手に水場を見た先は、岩がちの急登となる。ときどき振り返ると大凹方面の広々とした景観が楽しめる。

161018CIMG8499.JPG 161018CIMG8513.JPG
(左)急登の途中で大凹方面を振り返る。(右)岩が重なる凡天岩。

再び池塘が点在する湿原の木道を進めば、岩ゴロの登りを経て凡天岩の下に出る。右下をトラバース気味に進めば、岩がゴロゴロした広場に出る。その先、道は水平となって天狗岩の広場に出る。こちらも岩が累々とした広場。広場の一角を左に行くと西吾妻山だが、今回は奥にある祠の脇を通って西吾妻小屋へ先に行く。緩やかに湿地の中の木道をたどれば赤い屋根の西吾妻小屋へ。無人の避難小屋だがトイレはあった。

161018CIMG8516.JPG 161018CIMG8525.JPG
(左)天狗岩付近から西吾妻山山頂。(右)湿原の中の西吾妻小屋。

小屋から東に樹林帯の中を緩やかに登れば、西吾妻山の山頂。樹林に囲まれて展望のない山頂であることは予習済み。ただ、思っていたよりさらに山頂らしくなかった。早々に天狗岩に向かって下れば、途中から湿原の中の木道となる。そのまま天狗岩の広場に出て往路を戻る。

小雨が降り始め、下山の急坂では足元が滑りやすく、思いのほか時間がかかった。大凹のベンチで休憩をしていたら、本格的な雨となったため人形石には立ち寄らず、黙々とリフト乗場まで下った。湿原の木道は楽しいものの、途中は急坂で歩きにくい道が結構ある。前半は湿原を見渡すくらいの展望はあったものの、後半は展望が霧と雨に閉ざされた山行となった。20人ほどの大グループとすれ違ったほかは、数組程度の登山者と出会っただけだった。

161018CIMG8533.JPG 161018img001.jpg
(左)樹林に囲まれて展望のない西吾妻山山頂。

[参考]天元台ロープウェイ+リフト3本 往復 ひとり3,500円
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(東北・北関東) | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

<東北遠征> 磐梯山 (福島県磐梯町/猪苗代町)

磐梯山ゴールドウェイ・八方台登山口905-925中ノ湯跡-1038弘法清水1055-1125磐梯山1145-1212弘法清水1302-(お花畑)-1317分岐-1414中ノ湯跡1424-1448八方台登山口

観光も兼ねて家人と裏磐梯へ出かける。初日は会津の名峰・磐梯山への登山。最も短時間で登れる磐梯山ゴールドウェイの八方台からのルートを選ぶ。秋晴れの日曜日なので八方台の駐車場は満杯。多くの車が前後の路側にとまっている。係員の指示に従いその列の中に駐車する。こうした係員を配備した対応はありがたい。

161016CIMG8270.JPG 161016CIMG8275b.JPG
(左)八方台登山口。(右)中ノ湯跡。廃墟の温泉宿があり、その前には天然の足湯が楽しめる池。

多くのグループと前後しながら、ブナ林の中を歩きはじめる。中ノ湯跡までは幅の広い緩やかな道。中ノ湯跡は昔の温泉宿の廃墟があり、周囲には湯が湧き出し硫黄臭が漂っている。前方の景色が開けて山頂が見えた。すぐに左に裏磐梯スキー場からの道をあわせて緩やかな道を行くと、その先は岩まじりの急登が続く。

161016CIMG8306a.JPG 161016CIMG8338.JPG
(左)弘法清水の東側には広場がある。(右)磐梯山山頂直下から北側の展望。裏磐梯の湖沼群と西吾妻山。

樹林帯の中、展望はないがところどころ左手の木の間越しに檜原湖方面が開ける。その先は尾根の右下を行くトラバース気味の道。紅葉もところどころ。進んでも標高をあまり稼いでいないのが気になる。前方に見えはじめる山頂部は、ますます高くなるように見える。登りが少し厳しくなった後、傾斜は緩みお花畑への分岐。右に緩やかに進めば、弘法清水の水場に到着。売店の小屋が2軒建ち、携帯トイレも用意されている。

小屋の東側が広場になっていて、北側の展望が広がる。天気は快晴。間近には噴火口跡や荒々しい岩壁、向こうには裏磐梯の湖沼群、遠く吾妻連峰や安達太良山、飯豊連峰の山々。弘法清水の脇から、山頂への急登となる。足元は段差が大きく登りにくい。左右にあらわれる展望に気を紛らわせ、30分も登れば三角点と祠がある磐梯山山頂。

161016CIMG8318.JPG 161016CIMG8349.JPG
(左)磐梯山山頂。南側には猪苗代湖が広がる。(右)弘法清水から少し下り、お花畑方面へ周回する。

磐梯山は独立峰なので360度の眺望。いままで見えなかった南側には猪苗代湖が広がっている。西側直下に売店が建つ。ざっと数えたところでは、山頂にいる登山者は200人ほど。大変な賑わいだ。弘法清水まで下ってから広場でゆっくり休憩。北側直下の道を半周して噴火口の際を歩き、お花畑(この季節には花はない)を経由してもとの道に戻り、往路を下山した。

161016CIMG8357.JPG 161016img001.jpg
(左)お花畑付近から見上げた磐梯山の山頂部。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(東北・北関東) | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

<栃木遠征> 高原山[釈迦ヶ岳・鶏頂山](栃木県日光市)

旧鶏頂山スキー場駐車場900-918枯木沼-955弁天沼-1018稜線鞍部-1108釈迦ヶ岳1135-1225稜線鞍部-1252鶏頂山1300-1330お助け水1335-1340弁天沼-1410枯木沼1415-1425旧鶏頂山スキー場

100718DSC_0003.JPG 100718DSC_0016.JPG
(左)登山口の旧鶏頂山スキー場跡。かからゲレンデを登り始める。(右)枯木沼の湿原。

栃木県日塩もみじライン沿いの廃止スキー場調査を兼ねて登山をプラニング。こんなことでもなければ、日本三百名山のこの山に杖をひくことはなかっただろう。その上、標高から考えると、季節は少々下りすぎているかも知れない。しかし、山中では20人近くの登山者とすれ違ったから、それなりに人気の山なのだろうと思う。

旧鶏頂山スキー場下の広い駐車場に車を入れ、廃屋となっている鶏頂山荘の脇から、一番左のゲレンデを登っていく。スキー場のリフトはとうに撤去されたようだ。信仰団体などによる鶏頂山を示す道標が過不足なく、つけられている。昨日、関東甲信越の梅雨明けが宣言され、照りつける日差しは容赦ないが、足元の草露がスボンの裾を濡らす。

鶏頂山スキー場最上部から少し進むと枯木沼。森林に囲まれた静かで気持ちの良い湿原だ。この季節、花はカキツバタくらいしか見られないが。湿原中央で木道を右折し、樹林帯を進めば今度は、旧メイプルヒルスキー場のゲレンデに出る。ところどころにゲレンデの案内板があり、このゲレンデはかつて「アカシアコース」であったことが知れる。ゲレンデ最上部から樹林帯に入り、緩やかに下っていくと右に大沼への道を分ける。その先、暗いヒノキ林の中を緩やかに登り弁天沼に出る。沼の畔には鳥居や祠、石碑などが建ち、信仰登山の雰囲気を感じさせる。

100718DSC_0035.JPG 100718DSC_0042.JPG
(左)弁天沼。(右)稜線の鞍部から見た鶏頂山。

 多くのガイドでは、ここからまず鶏頂山に登る右手のコースを選択しているが、まずは最高峰の釈迦ヶ岳に登りたかったので左にルートをとる。これまで緩やかな道だったので一気に汗が吹き出す登り坂。周囲は足元をクマザサが覆う雑木の林。稜線に達すれば、右に鶏頂山の山容がはじめて望まれる。反対側は崩壊した斜面。稜線を左へ、御岳というピークを過ぎて釈迦ヶ岳を目指す。

釈迦ヶ岳はその名前から鋭いピークを想像していたが、前方に見え始めた山容は思ったより丸みを帯びている。稜線に出てからの登降が結構きびしい。最後の急登に汗を絞らされて一等三角点のある釈迦ヶ岳の小広い山頂へ。360度の展望のはずが、今日は雲が多くてはかばかしい展望は得られない。信仰の山らしく祠や仏像まで安置されていて、おびただしい数のトンボが飛びまわっている。

釈迦ヶ岳からは、稜線沿いに弁天沼への分岐の鞍部まで戻り、鶏頂山へと登り返す。見返すと釈迦ヶ岳がこんもりと盛り上がっている。鶏頂山の山頂には立派な社殿がつくられていて、こちらも360度の展望の山だが、雲がそのあらかたを覆っているのは釈迦ヶ岳と同様。下山は稜線途中から左にショートカットの道をたどり、お助け水(水場)の冷たい水で顔を洗い、弁天沼へ。あとは往路を戻る。遠く雷鳴が聞こえてきたので足早にゲレンデをくだった。

100718DSC_0058.JPG 100718DSC_0065.JPG
(左)釈迦ヶ岳山頂。(右)鶏頂山から見た釈迦ヶ岳。
posted by 急行野沢 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山(東北・北関東) | 更新情報をチェックする