2019年05月05日

ゴトミキ山[和熊山](上田市)

190505DSC07283b.JPG
1610ピークを越え、笹原の道からゴトミキ山が見える。

角間渓谷入口・駐車場858-929松尾城跡-959送電鉄塔1006-1043[1440ピーク]-1129[1610ピーク]-1157ゴトミキ山(和熊山)1233-1301[1610ピーク]-1336[1440ピーク]-1406送電鉄塔1411-1434松尾城跡-1456駐車場

真田から菅平方面に向かうと、すっきりした尾根を従えた山塊が見える。低山派なら何となく登行欲を刺激される姿。そのピークであるゴトミキ山(別名、和熊山)のことを知ったのは、もう四半世紀も前のこと。「ハイグレード・ハイキング 東京周辺(打田鍈一編、第二刷1995年)」に「ゴトニキ山」の名で掲載されていた。そんなわけで、ゴトミキ山という名の方が親しみがある。ようやく、この山に登ることとなった。

登山口と山頂の単純な標高差は800mほどあり、里山としては登りごたえがある。上著には随所に展望が開ける記述があるが、いまは樹林が生長して展望は限られる。県道4号(旧菅平有料)の角間渓谷入口の案内板で東に入ると、すぐ右手に「松尾古城」などの掲示がある駐車場が整備されていて、ここに車をとめ歩きはじめる。晴天で気温は25度近くになりそうだという。

190505DSC07207a.JPG 190505DSC07223.JPG
(左)角間渓谷入口の駐車場から前方にこれから登る山並。すぐ先の左に登山口がある。(右)赤松に囲まれた松尾城跡。

すぐに「日向畑遺跡入口」の標柱があり左の登山道に入る。道はずっと左に山麓をトラバースし、尾根の突端に出る。右折してこの赤松の尾根をたどる。所々トラロープに従って左を巻きながら登れば、社や石積があらわれ松尾城跡の広場へ。赤松に囲まれ、説明板と2つの社がある。その先の堀切を渡り、右・赤松、左・雑木の尾根を登る。踏み跡ははっきりしている。やや右に曲がり尾根が広がって大岩を左から巻く。

190505DSC07248.JPG 190505DSC07254.JPG
(左)15番鉄塔から北アルプスの眺め。(右)石積があらわれしばらく緩やかな道に。

送電線巡視路の表示を見た先で、15番鉄塔に登り着く。ここが今日一番の展望地。右手に達磨山方面の尾根から上田市街、振り返ると鉄塔がやや邪魔だが、北アルプスの連なりが眺められる。雑木の尾根を直登し石積があらわれると、その先は平坦路に。ちょっとした岩の上を越え、1440ピーク(増尾山)までは緩やかな道が続く。明るく気持ちよい雑木林の尾根道。

190505DSC07255.JPG 190505DSC07266a.JPG
(左)雑木林の中、緩やかな尾根道。(右)樹間に1610とゴトメキ山が見えてくる。

1440からはいったん急降下。前方樹間にゴトミキ山の山頂、左手樹間には四阿山方面が認められる。鞍部から標高差200m強の登り返しがきついところ。落葉と石が覆った斜面は踏み跡が錯綜するが、マークを頼りに尾根を直登する。息を切らして1610ピーク(九竜=和熊山北峰)に登り着く。木の幹に「和熊山」の手製山名標があるが、ここを和熊山の本峰とするのが適当なのかわからない。ここで尾根は右に曲がる。

190505DSC07273.JPG 190505DSC07278a.JPG
(左)鞍部から1610へ今日一番の登り。(右)1610ピーク(九竜)。

雰囲気のよい低い笹と唐松林の中、薄い踏み跡を追っていったん鞍部へ下る。途中、振り返ると北に妙高・高妻、西に北アルプスの展望が得られる箇所がある。鞍部からは石と落葉の踏み跡微かな急登で、ゴトミキ山(和熊山)の山頂にたどり着く。東に向かいなだらかに広がる山頂は、樹林に囲まれ、落葉の樹間から四阿山や烏帽子岳が微かに見える程度。手製の「御刀御木山」という山名標がある。

190505DSC07289a.JPG 190505DSC07301.JPG
(左)ゴトミキ山への最後の登り。(右)ゴトミキ山の山頂。樹間から四阿山方面。

下山は往路を戻った。誰にも会わないと思っていたが、意外にも女性の単独行者が先行していて、山頂直下ですれ違った。踏み跡微かな箇所もあるが、尾根の形は明瞭で迷う心配は少ない。テープマークは多数あり、ヤブっぽさはほとんどない。いまとなっては薮山とはいえないのかもしれない。なお、途中ピークの山名などは宮坂七郎著「新版・信州の山 中部上巻」の記載も参考にした。

190505DSC07288a.JPG 190505img001.jpg
(左)ゴトミキ山への登りから振り返ると高妻・妙高の展望。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(千曲川右岸-真田周辺) | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

剣岩山(上田市)

湯ノ平橋南西・舗装道路終点駐車場所835-857送電線巡視路入口902-940[169号鉄塔]946-1019[1240三角点」-1052剣岩山-1059展望地1128-1137剣岩山-1209[1240三角点]-1235林道に出る-1303[169号鉄塔]1310-1334巡視路から林道へ-1355駐車場所

190317DSC05562.JPG 190317DSC05567.JPG
(左)林道から左の送電線巡視路に入る。(右)前方の尾根にぶつかって左折。

真田本城跡あたりから北を眺めたとき、目をひく山並ではあるけれど、どうということもない里山。1240.5m三角点を剣岩山としている登山記録もあるけれど、ここでは宮坂七郎著「新版・信州の山/中部上巻」に従い、その北東にある1290圏ピークを剣岩山として目指す。薮がちで道形も不明瞭な箇所があり、テープマークも不十分。

上田市街から国道144号を北上。横沢の信号を過ぎ、湯ノ平橋を渡ったらすぐ左折し、狭い舗装道を進む。舗装終点近くに駐車。その先は木橋手前にゲートがあり車は進めない。ダートの林道を歩きはじめる。落葉の吹溜り、落石、倒木などあり歩きにくい。林道が右折した先の左側から送電線巡視路に入る。入口の鉄塔標識はNo.169と170を示していて、169号鉄塔を目指す。

190317DSC05568b.JPG 190317DSC05568l.JPG
(左)169号鉄塔目指し登る。(右)169号鉄塔から烏帽子岳方面の展望。

ひと登りの後、左へ少し長いトラバース。右折した先で尾根にぶつかり、テープマークに従って左折し、尾根伝いに短いジグザグで登る。所々に巡視路特有の擬木の階段。少し緩んだ先から左右に折り返しながら樹林帯を登れば、鉄塔が見えてくる。169号鉄塔の下は伐採後の幼樹が広がり、その向こうに烏帽子岳が展望できる。階段を登れば林道と交差し、その先の山腹に取付いて明瞭な尾根道を登る。

190317DSC05582.JPG 190317DSC05585a.JPG
(左)1240三角点ピーク。(右)途中の小ピークから前方樹間に剣岩山。

作業道と交差した先は広い道となり、左にやや巻き気味に1240ピークに近づく。山頂直下で道は不明瞭になるが、目の前に山頂の方向は見えているので、薄い踏み跡を拾いながら1240三角点へ。もっといいルートがあるのかもしれない。このピークは樹林の中で展望なし。左からテープマークが登ってきて、この先、剣岩山まで続いている。ここからははっきりとした尾根を進む。

190317DSC05591e.JPG 190317DSC05613.JPG
(左)剣岩山の山頂。(右)山頂先の展望地からゴトミキ山方面。

右・赤松や唐松、左・ヒノキの尾根だが、倒木や伐採後の枝木が散らばり歩きにくい。境界見出標のある小ピークを越え、その先は緩やかな登り。最後は少々急な登りをテープマークに導かれて登れば、剣岩山の山頂。樹林に囲まれ展望はなく、山名標も見当たらない。その先、緩やかに進めば、前方が切れ落ちた展望地に至る。採石場の際なのだろうか。右手にゴトミキ山方面。正面に見えるはずの四阿山は雲の中。

190317DSC05618.JPG 190317DSC05645.JPG
(左)展望地から四阿山の展望は得られず。雲の中。(右)1240三角点からの下りで太郎山方面の展望。

下山は1240三角点まで戻った後、テープマークを追って下ってみた。左に広道を分けて、ヒノキ林と伐採跡の境界付近を西に下って行く。正面に太郎山方面の展望が得られる。ヤブがちでイバラに阻まれる箇所もあり、お勧めできない。境界見出標137から左に折れて林道に降り立つ。林道を歩き169号鉄塔からは往路を戻った。

190317DSC05649.JPG 190317img001.jpg
(左)下山路から1240三角点方面を振り返る。このルートは道形薄くヤブがちでお勧めできない。
posted by 急行野沢 at 22:56| Comment(0) | 登山(千曲川右岸-真田周辺) | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

かさつぶれ山(上田市)

赤井公民館737-742北赤井神社-800天白城跡-826林道835-855反射板-917かさつぶれ山927-947反射板-1002林道-1048赤井公民館

181213DSC03892.JPG 181213DSC03899.JPG
(左)北赤井神社。右の防獣柵を開けて進む。(右)天白城跡。樹間から四阿山方面。

何となく気になっていた「かさつぶれ山」。赤井山または天白山とも呼ばれているらしいが、個人的には「かさつぶれ山」の呼び名が気に入っている。上田周辺の里山を歩くにはよい季節。旧真田町の赤井集落にある赤井公民館の前庭に車をとめる。公民館前の一角に「天白山(天白城跡)北赤井神社 駐車場」と掲示されている。

公民館からつま先上がりに進めば、曲がり角には案内板があり北赤井神社に導かれる。神社の右にある防獣柵を通り、赤松林の道を歩く。緩やかな道が大きく折り返し、最後は階段状の登りで真田氏の出城であった天白城跡へ。説明板がある林に囲まれた小広場で、北側の樹間からわずかに四阿山が見えた。その先の深堀と岩場は右下を巻く。薄雪が覆いヤブがちな中、錯綜する踏み跡はわかりにくいが尾根を外さなければ問題ない。

181213DSC03914a.JPG 181213img001.jpg 
(左)林道に出たところのアンテナ。ここまで車で来ることもできる。

周囲が杉林になれば鉄塔の下に出る。ここからは送電巡視路を辿ればいい。途中の分岐では、182号鉄塔の方向に向かう。杉林の中、右に大きく巻いてから林道に飛び出す。アンテナがあり、その下の小広場まで車で入ることも可能。アンテナの右側から登りはじめる道も送電巡視路なのではっきりしている。トラロープのある急登の先にはアンテナがあり、右手には蓼科山方面の展望が得られた。

181213DSC03923.JPG 181213DSC03930a.JPG 
(左)反射板から左奥に蓼科山方面。(右)7号鉄塔から四阿山・根子岳方面。

緩急の登りの先には反射板があり、ここも蓼科山方面の展望。緩やかに進む道の概ね右側は赤松林、左は雑木林。その先の7号鉄塔からは、北側に雪を被った四阿山・根子岳が望まれた。送電巡視路はここで右にそれていくが、やや薮がかった尾根上をまっすぐ登る。1285標高点の小ピークにたどり着けば、あとは緩やか。最後に少々の登りでかさつぶれ山の山頂に到着。

樹林に囲まれ、山頂を示すものは何もない。しかし、この季節なら木の間から左前方に達磨山、正面に烏帽子岳の姿が認められる。下山は途中から林道を歩き、途中ショートカットして赤井公民館まで戻った。あまり登られない寂峰ではあるけれど、送電巡視路に頼る部分が多く、それ以外も踏み跡はしっかりしていた。雑木林の中、落葉を踏みしめながら、所々の鉄塔などから展望を得られた。

181213DSC03931a.JPG 181213DSC03933.JPG
(左)尾根上の道は概ね雑木林の中。(右)かさつぶれ山山頂。前方樹間に達磨山。
posted by 急行野沢 at 23:59| Comment(0) | 登山(千曲川右岸-真田周辺) | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

殿城山~矢沢山(上田市)

上田市民の森公園952-1020沢渡り林道へ-1033殿城山南登山口-1058殿城山1106-1115左折ヤブ道へ-1137矢沢山1159-1221カヤトの原-1305殿城山南登山口-1315林道から沢渡る-1345上田市民の森公園

殿城山へは3年ほど前に、烏帽子岳への登路から分岐する形で往復している。今回は南側から登り、さらにその北側にある矢沢山(1106m峰をこう呼ぶらしい)にも足をのばそうと思う。殿城山は山頂に反射板があって展望が開けているはずで、案内板も多く設置されて歩きやすい。一方、矢沢山への道がどの程度わかるかが気がかり。

180121CIMG1167.JPG 180121CIMG1174a.JPG
(左)伐採地から展望が開ける。(右)丸太で沢を渡り林道に出る。

上田市民の森公園の広い駐車場に車をとめ、まっすぐ歩き、シカ舎の先で道標に従って左折。少し下ると左手に池が見える。右手の山腹を巻くトラバース道が緩やかに続く。唐松林を抜け伐採地に出ると左手に美ヶ原方面の展望。左の沢筋に下り、丸太橋で沢を渡り林道へ。林道を緩やかに登って、はっきりした右手の登山道に入る。「殿城山登山道」の案内板が木の裏に隠れている。

180121CIMG1194.JPG 180121CIMG1211.JPG
(左)殿城山へ雑木や唐松の明るい道。(右)殿城山山頂。反射板があり、前方に北アルプス方面の展望が開ける。

桧林に大きく折り返した後、唐松や雑木の林となる。明るい樹林帯で気持ちよいところ。最後は南側から直登するようにして殿城山山頂へ。反射板がある西側が切開かれて、遠く北アルプスを望むことができた。その後は殿城山から東へ稜線をたどる。このまま烏帽子岳分岐から南へ折れて市民の森へ戻るのは、以前とったルート。鞍部から少し先に左へ入る踏み跡(赤テープあり)を見つけて、矢沢山に向けて足を踏み入れる。

180121CIMG1218.JPG 180121CIMG1223.JPG
(左)矢沢山への尾根道。(右)矢沢山山頂部は赤松に囲まれている。

ヤブがちだが踏み跡はしっかりしている。すぐに広い作業道のようになり、その先の小ピークは左下を巻いたがヤブが濃く、尾根上をたどった方がよかったようだ。気持ちよい唐松の尾根を緩く登り返せば、赤松に囲まれた矢沢山の山頂部。山名標もなく、どこが最高点かよくわからない。少し西に下ると雑木林が美しい尾根となり、そのあたりで休憩。樹間から南に殿城山、北に達磨山が見える。

そのまま尾根を西に下る。最初は緩やかで気持ちよい尾根。左手が低灌木となる展望地から、滑りがちな急勾配の下りに。勾配が緩み前方に松林が見える場所で、左に古い林道の道形が見える。そこから左手にもう一段、段差を下れば林道に出ることができた。周囲はカヤトの原となっている。殿城山の南麓を巻く林道を延々とたどって、南登山口を経由し市民の森に戻った。

180121CIMG1248.JPG 180121img001.jpg
(左)矢沢山から西へ下る尾根から。左手が低灌木となり展望が開ける。

まるで秋晴を思わせるような好天で、明るい唐松林や雑木林の尾根を気持ちよく歩くことができた。ただ、帰路の林道歩きは緩やかな登りが続いたので、この2つのピークを周回するのなら、出発点は矢沢山西側として矢沢山~殿城山~林道と歩いた方がいいと思う。
posted by 急行野沢 at 23:19| Comment(0) | 登山(千曲川右岸-真田周辺) | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

信綱寺山(上田市)

信綱寺945-1013尾根-1021ジャンクションピーク(JP)1025-1050信綱寺山1114-1135JP-1206信綱寺

真田昌幸が兄・信綱の位牌所として建てた信綱寺。その裏山のような信綱寺山に登る。ネット上ではいくつかの登山記録を見ることができた。赤松林に囲まれた変哲もない里山だけれど、山頂に送電鉄塔があることが地図からわかるので、多少の見晴らしは期待できるかもしれない。あまり歩かれていないようで、道はほとんど薮がちな踏み跡程度。整備された登山道ではない。今日は早春のように暖かかった。

180110CIMG1044.JPG 180110CIMG1051.JPG
(左)信綱寺の境内へ歩きはじめる。(右)赤松の斜面を急登する。

信綱寺の西側にある霊園の広い駐車場に車をとめ、東に少し歩く。信綱寺付近は「真田丸」の際に整備されたものか、園地風になっている。門を潜り、石段の参道を登ってまずは本堂前で手を合わせる。右手に「真田公墓所」の道標があり、その道を辿れば真田信綱の墓所に。その裏の踏み跡をたどる。

赤松の急な山腹にところどころ赤マークが続くけれど、踏み跡は交錯しはっきりした道はない。前方の尾根を目指して、足元も滑りがちな急斜面を登れば、20分ほどでJPから南東に下る尾根に到達。他にもっといい道があるのかもしれない。尾根上の踏み跡をたどりJPへ。意外なことに古びた「分岐」「信綱寺墓所コース」「金比羅社コース」の案内標がある。

180110CIMG1065a.JPG 180110CIMG1077.JPG
(左)JPの北の山城めいたピークは唐松林の中で明るい。(右)送電鉄塔のある信綱寺山山頂。

JPから北に向かうと、最初のピークは空堀などがあり山城の跡のよう。周囲は今日のコースでは珍しく明るい雑木林や唐松林。次の小ピークは右下に明確な巻道があり、尾根はやや右に曲がる。赤松の登りとなって、3つめの小ピークも右下を巻く。やや薮がちな踏み跡を登れば、送電鉄塔がそびえる信綱寺山の山頂。といっても山名標すら見あたらない。

北側と南側すぐ下は赤松林が視界を遮り、雲も多いので展望は期待したほどではない。それでも西には太郎山方面の山並、東側遠くに雪の烏帽子岳を見ることができた。下山は往路をJPまで戻り、その先「金比羅社コース」へ。踏み跡かすかな、JPから南西に下る尾根をたどる。途中、左下(東側)に尾根を外れるのが正しいと思うが、道を見つけられない。結局、赤松林の尾根を最後まで辿り信綱寺の西側に下りついた。

180110CIMG1072.JPG 180110img001.jpg
(左)信綱寺山から遠く烏帽子岳を望む。
posted by 急行野沢 at 21:33| Comment(0) | 登山(千曲川右岸-真田周辺) | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

達磨山(上田市・旧真田町)

真田氏本城跡(駐車場)853-925達磨堂分岐-945送電鉄塔950-1035西尾根-1100達磨山1139-1202西尾根-送電鉄塔1230-1240達磨堂分岐1250-1312真田氏本城跡

161120CIMG8976.JPG 161120CIMG8992a.JPG
(左)真田氏本城跡入口の駐車場。(右)達磨山と達磨堂の分岐。

登山口は真田氏本城跡。大河ドラマ「真田丸」人気で多くの観光客が訪れるようになり、駐車場と綺麗なトイレも用意されている。その一隅に「達磨堂参道入口」の案内板があり、それに沿って山の北側を巻く林道(水路道)を進む。左手はところどころ伐採地。杉林に入り、左に石灯籠があって林道終点、山道に入る。

沢を右下に見て樹林帯を進む。左は松茸山らしく「入山禁止」の掲示とロープが張られている。杉林の中に「達磨堂」「達磨山」の分岐を示す道標があり、左折して山腹に取り付く。ジグザグを繰り返して唐松林を急登し、送電鉄塔の下に出る。鉄塔下の広場からは、西に遠く北アルプスが霞んで見えた。

161120CIMG8997.JPG 161120CIMG9000.JPG
(左)送電鉄塔下からの展望。今日は平地では霧が深く、雲海の向こうに北アルプスが霞んでいる。(右)露岩帯の尾根を進む。

赤松の尾根道から露岩帯を進めば、右手のピーク上に反射板が見える。その先は尾根上の一直線の急登がはじまる。何箇所か大きな露岩から右手の展望。右に大岩がふたつ並んだ場所からは、踏み跡もはっきりしない急登。テープマークを頼りに登る。足元も滑りやすい。最後はやや左から回り込むようにして西尾根に登りつく。

161120CIMG9005.JPG 161120CIMG9022.JPG
(左)足元も滑りがちな超急登が続く。テープマークは随所に。(右)西尾根に登りつけば快適な落葉の稜線を進む。

西尾根に登りつけば傾斜も緩み歩きやすい尾根道に。少し進むと稜線も適度な広さとなり、今日一番気持ちのよい落葉の道になる。落葉に隠れがちな稜上の道を進む。前方の木の間越しに烏帽子岳、さらに進み左が切れ落ちた露岩の上からは一瞬の北アルプスの展望も。いくつか小ピークを越えて行く。赤松林の中の小ピークを越えて、樹林の中に三角点が佇む達磨山山頂に到着。山名標すら見あたらない。

自然林に囲まれてあまり展望は得られない。落葉の木の間から東に烏帽子岳、北に四阿山。下山は往路を戻った。達磨堂へ寄る予定だったが、沢沿いに倒木が多く見えて断念。林道終点に狩猟の人たちがいて、猪を追っているという。松茸と狩猟の季節は避けるべきか。とすると適期は早春だろうか。予想通りひとりの登山者にも出会わなかった。踏み跡は割としっかりとしていて、わかりにくい場所にはテープマークが十分にあった。

161120CIMG9028.JPG 161120img001.jpg
(左)樹林に囲まれた達磨山山頂。三角点があるものの、山名標すら見あたらない。前方に烏帽子岳が見える。

2014年12月07日

殿城山(上田市)

上田市民の森955-1037分岐標識-1044鷲場山-1104尾根左に曲がる-1138烏帽子岳分岐1144-1210殿城山1251-1325烏帽子岳分岐1330-1413尾根屈曲ピーク-1426分岐標識1430-1437舗装道-1452上田市民の森

141207DSC09982.JPG 141207DSC09989.JPG
(左)鷲場山北側の分岐。手の込んだ案内板も。(右)烏帽子岳分岐までの登山道。

雪が降り冬らしくなった週末。薄い雪を踏みながら里山を歩いてみるのはどうかと考え、上田市の殿城山に出かけた。いろいろな登り方があるようだが、上田市民の森から烏帽子岳方面に登るルートを選ぶ。寒い中、ほかに車の姿のない駐車場に車をとめて歩き始める。公園中央の舗装道をそのままたどり、案内に従って途中左に分岐。途中、主要なところには案内板があり、迷う心配はない。舗装が終わっても、やや広めの道が山稜の右下を巻いていく。雪は数センチ程度で軽アイゼンをつけるほどでもない。

鷲場山と林間コースを示す標識があり、やや戻る形で鷲場山を往復したが、松林の中で山名標もなかった。その先は勾配が増し、小ピークで道は左直角に曲がる。しばらくは穏やかな水平道が続く。大きく下った後、やや急な登りが続く。山腹に突き上げかけたところが烏帽子岳との分岐。左へやや戻るように下り気味に殿城山に向かう。振り向くと木の間越しに雪をまとった烏帽子岳の姿。前方には殿城山の姿。最後はやや急な登りで、反射板のある殿城山の山頂に到着。足元に三角点、前方には上田平の眺望が広がる。

141207DSC09997.JPG 141207DSC09999.JPG
(左)前方の木の間越しに殿城山。(右)殿城山の山頂。前方に上田平の眺望が広がる。

昼頃になっても今日は気温が上がらない。山頂には冷たい風が吹きつけていた。下山は往路を戻った。赤松の多い山なので、松茸の季節にはあまり登らない方がいいのだろうか。晩秋が登山適期と思われるが。

2013年12月01日

砥石城山(上田市)

南側登山口1057-1119砥石城跡1123-1136枡形城跡1148-1151本城1212-1233米山城跡1238-1255登山口

131201DSC02980.JPG 131201DSC02983a.JPG
(左)駐車場入口には大きな案内板。道を少し登ると砦がつくられている。左奥に見えるのが砥石城跡。(右)登山口にあった地図。

このところ仕事が忙しくて山にも出かけられなかった。今週末も冬を直前にしてタイヤ交換やら漬物の準備やらと雑事に追われたので、短時間で登れる山を探して出かけることに。上田菅平ICの北方の位置する砥石城山。村上義清が武田軍を破ったという「砥石崩れ」の舞台として知られ、また一時は真田氏が居城にしたという山城。登山というよりは山城探索といった方がよさそうだ。

上田市街から真田・菅平方面に向かい、伊勢山の信号で左折。多くの案内板が出ているので驚く。最近の戦国武将ブームの影響なのか、観光に力を入れているようだ。駐車場も整備され、少し歩くと砦がつくられている。その先は赤松の砂礫の道を歩くが、すぐにコナラ・クヌギの落葉の道となる。左・米山、右・砥石という分岐からはまずは右手の砥石城山へ。擬似木の階段が続き息を切らす。辿り着いた砥石城跡からは上田市街地方面を眼下に望むことができた。

131201DSC02999.JPG 131201DSC03003.JPG
(左)砥石・米山分岐直前。落葉の道。(右)砥石城山。

北に稜線をたどれば、大手口やこの山城の中心(本丸)であった本城を通り過ぎる。このあたりも葉を落としかけた雑木に囲まれて、この季節には気持ちがよい。一帯は何段かに造成されていてかなり大規模な山城であったことがうかがえた。稜線をさらに北にたどり最高点の枡形城跡まで行ってみる。枡形城跡からは北方に真田方面や、四阿山・烏帽子岳などを望むことができた。来た道を分岐までもどり最後に米山城跡へ。直下は少々急登だが、距離は知れている。ここは麓からは一番近いピークということもあり、ベンチや四阿などが整備されていた。砥石崩れにちなむ村上義清の碑も建てられている。今回は南側から登ったが、西側の金剛寺公民館近くに車をとめれば2時間ほどの周回コースが組めるようなのでそちらの方が楽しいかもしれない。

131201DSC03010a.JPG 131201DSC03023.JPG
(左)枡形城跡。(右)米山城跡。