2020年02月11日

飯綱高原スキー場(長野市) [ラストシーズン]

200211DSC02606a.JPG
第3リフト上部から飯縄山を望む

今シーズンが最後の営業となる飯綱高原スキー場。1月に数日間だけ営業したものの、その後、雪不足で長らく休業していた。数日間の降雪があって全リフトが稼働したこの日、急いで滑りに出かけた。この日を逃すと、もう滑る機会がなくなると考えたからだが、案の定、今後の積雪が見込めないことから、2月16日が最終営業日となることが告げられた。残念ながら、都合で最終営業日に出かけることができなかったが、その数日前に滑っておいてほんとうによかったと思う。

200211DSC02535.JPG 200211DSC02622.JPG
(左)第1駐車場。リフト運行開始直後なので車も少ない。(右)Eコースを見おろす。

この日は久々の全リフト稼働だったので、待ちかねたように多くの人でにぎわっていた。昔から「長野市民のスキー場」と呼ばれている通り、やはり滑っている人の多くは地元民ではないかと思われる。昼頃には第1駐車場は満車、第2駐車場も8割方埋まっていた。といっても、バブル期のようにリフト待ちが発生する状態とはほど遠い。

積雪直後なのでコンディションはよい。ブッシュの出ている箇所も、この日はごくわずか。朝のうちは小雪が降っていたが、やがて晴れ間が出たり、霧が覆ったりと天候はめまぐるしく変わった。朝のうちはまだ空いていた第1クワッドで、人が多くなってくると第5リフト沿いでもっぱら滑った。第1クワッド沿いのBコースや第5沿いのFコースの滑りごたえは、やはり素晴らしい。

200211DSC02563.JPG 200211DSC02549.JPG
(左)Bコースを見おろす。(右)Cコースを見おろす。

コースレイアウトが少々複雑で、それが逆に魅力でもあった。しかし、山麓部の入口を3ヶ所設けざるを得ず、ローカルゲレンデとしてはリフト5本という中途半端な規模でもあったので、意外と負担は大きかったのかもしれない。しかし、何よりも市街地に近い南斜面なので積雪が少なかったのが最大の問題。今後も積雪が劇的に増えることは期待できないから、営業日数が増えることは望めなかっただろう。

200211DSC02613.JPG 200211DSC02571.JPG
(左)第3リフト下。(右)第4リフト下。

長野市内のわが家から最も近く、したがって最も多く訪れたスキー場。もう滑ることができないのは悲しすぎる。子どものころからの思い出は数知れないが、スキー場の歴史も含めて整理したうえで、あらためて「追憶のゲレンデ」でレポートしたいと思う。(シニア4時間券:1,900円)

200211DSC02596.JPG 200211DSC02632.JPG
(左)第5リフト上部から飯縄山を望む。(右)さよなら、づなっち……。
posted by 急行野沢 at 21:00| Comment(0) | スキー上信越道 | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

池の平湿原(東御市)

湯ノ丸スキー場第6駐車場-第6高速リフト930=937リフト終点939-1021池の平湿原駐車場-1040池の平湿原南端1047-1110池の平湿原駐車場1132-1200スキー場最上部-(ゲレンデ内を下る)-1229湯ノ丸スキー場第6駐車場

200209DSC02457a.JPG 200209DSC02462.JPG
(左)林道を進む。左手に籠ノ登山が霞んでいる。(右)池の平湿原の駐車場。

長野県北部は平地でも積雪があったが、天候が回復するのではないかと考えて、湯ノ丸へ向かう。池の平湿原から周辺のいずれかのピークに登ろうと思っていたけれど、結局なかなか雲は晴れず。この天候で歩き回っても面白くないので、池の平湿原までで折り返した。小雪が降りしきる中を、スノーシューでひたすら歩いただけだった。

地蔵峠を右折して、少し奥まった位置にある湯ノ丸スキー場第6駐車場に車をとめる。今回もリフトを使って楽をする。第6高速リフトに乗り、数分でゲレンデ最上部へ。少し下った場所から林道に入り、池の平湿原へと進む。積雪直後なので、スノーシューがちょうどいい。ところどころXCスキーの跡があるけれど、吹き溜まりではトレースが何もない箇所も。左手に籠ノ登山が霞んでいる。

200209DSC02471.JPG 200209DSC02476.JPG
(左)池の平湿原の北端。(右)池の平湿原から三方ヶ峰方面。

40分ほどで池の平湿原入口の駐車場に到着。小雪が降り風も強い。少々意欲をなくして、池の平湿原へと下る。湿原へはトレースがまったくなく、新雪の中、スノーシューで下っていく。ツボ足では厳しいと思う。湿原も強い風が吹き、視界も開けない。ひとりで冬の湿原に佇むのも悪くはないが、天候が回復しないので来た道を引き返す。

200209DSC02495.JPG 200209DSC02523.JPG
(左)池の平湿原から来た道を戻る。(右)湯ノ丸スキー場に着いてしばらくすると晴れた。

湿原駐車場脇のインフォメーションセンターの建物の陰で休憩。林道を湯ノ丸スキー場へ、さらに第6ゲレンデの脇を歩いて駐車場所へと戻った。ありがちだが、車に戻ってしばらくすると空が晴れてきた。賑わうゲレンデの向こうに籠ノ登山が見えた。

[参考] 湯ノ丸スキー場リフト1回券(シニア) 400円
posted by 急行野沢 at 21:08| Comment(0) | 登山(四阿・湯の丸・浅間) | 更新情報をチェックする

御牧乃湯(東御市)

200209xDSC02529.JPG 200209xDSC02527.JPG

湯ノ丸から東御市の中心部へ下り、千曲川を渡った旧北御牧村にある御牧乃湯へ。すっかり冷えてしまった身体を温める。10数年前に一度訪れたことがあるはずだが、記憶がまったくない。野菜の直売所なども併設された小ぎれいな施設。ここもロビーや露天風呂などから、浅間山・湯ノ丸山方面の展望が目の前に広がるのが嬉しい。

湯はやや緑色がかって見えた。循環・加温であり、温泉としての湯の特質はよくわからなかった。地元の人が多いようで「今日は入りに来るの、遅いじゃねえか」などという会話が交わされていた。(おとな入浴:510円)
posted by 急行野沢 at 19:00| Comment(0) | 温泉(白馬山麓・大町) | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

志賀高原スキー(山ノ内町)

200131DSC_0620.JPG 200131DSC_0634.JPG
(左)ジャイアントから西館山を望む。(右)一の瀬ファミリー。

昔からのスキー仲間が東京からやってきたので、一緒に志賀高原に出かける。一番下のサンバレーに車をとめ、丸池・蓮池・ジャイアント・東館山・寺子屋・一の瀬・焼額山・奥志賀まで滑り込み、焼額山・一の瀬・タンネ・高天原・西館山・ジャイアント・蓮池・丸池・サンバレーと戻ってきた。

若い頃にはあまり感じなかったけれど、ゲレンデ間を移動する箇所には登りもけっこうあってなかなかハード。途中での休憩がそこそこ長かったとはいえ、9時半頃に滑りはじめて、サンバレーに戻ったのはリフト終了の16時半ギリギリになってしまった。あらためて志賀高原の広さを実感した。

終日、雪が降り続いて視界が悪かったのが残念。例年に比べて、やはり雪が少ない。風にさらされる斜面はアイスバーンの箇所も多かった。コンディションが一番良くて楽しめたのは焼額山だった。平日なのですいていたけれど、聞こえてくるのは中国語や英語ばかりで、日本人の方が少ないのではないかと思えるほど。特に焼額山あたりで中国人が多かったのは、旧正月の休みを利用しての長期滞在なのだろうか。(シニア1日券:4700円)

200131DSC_0625.JPG 200131DSC_0640.JPG
(左)焼額山。(右)西館山からジャイアントを望む。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | スキー上信越道 | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

黒斑山~蛇骨岳(小諸市/群馬県嬬恋村)

200125DSC02375x.JPG
右手に浅間山を見ながら蛇骨岳を目指す

車坂峠(高峰高原ビジターセンター駐車場)842-(表コース)-938槍ヶ鞘-952トーミの頭1003-1023黒斑山1028-1051蛇骨岳1119-1149黒斑山-1202トーミの頭-1209中コース分岐-(中コース)-1245車坂峠

初級雪山の定番である黒斑山へ。浅間山をはじめとする展望が楽しみ。車坂峠への路面にもまったく雪がない。朝8時、ビジターセンター裏の残り少ない駐車スペースに車を滑り込ませる。快晴の土曜日、人気の山だけあって山中で行き違った登山者は100人近くにのぼる。道はよく踏まれていて、私も含め軽アイゼン着用者が多かった。

200125DSC02302.JPG 200125DSC02320.JPG
(左)車坂山を越えた鞍部から黒斑山方面を見る。(右)振り返ると北アルプスの展望。

車坂峠から表コースを歩き始める。車坂山を越えて針葉樹林帯を登り振り返れば、高峰山越しに北アルプスが見えるように。樹林帯の出入りを繰り返し、背後に北アルプスの展望を確認しながら登る。黒斑山には簡単に登れる山という先入観があるためか、意外と息が切れる。痩せた尾根を経由して登れば前方に浅間山の姿が見えてくる。すぐに噴火シェルターを経て、槍ヶ鞘に出る。目の前に浅間山の全景が広がる。

 200125DSC02339.JPG 200125DSC02350.JPG
(左)槍ヶ鞘からの浅間山。左の崖の際をトーミの頭へ。(右)トーミの頭への登り。

左手に見える崖の際を急登する。振り返ると南アルプスや八ヶ岳、そして富士山が霞んでいる。登り詰めれば岩がちなトーミの頭。ここからも浅間山の姿が大きい。振り向けば、北アルプスの連なりが一直線。樹林帯の中、小ピークをひとつ越えて登れば、手狭な黒斑山の山頂に到着。風もなく穏やかだ。

200125DSC02360a.JPG 200125DSC02357a.JPG
(左)トーミの頭から黒斑山・蛇骨岳方面の稜線。(右)トーミの頭から正面に浅間山。

右手に浅間山を見ながら思案し、まだ時間も早いので蛇骨岳まで足を延ばすことにする。しっかりとトレースがある樹林帯の中の緩やかな下り。その先は、右手に浅間山の展望が開けたり、樹林帯に入ったり(冒頭写真)。斜面をトラバースする区間は、展望は素晴らしいけれどトレースは狭い。右手谷側は急な崖であり、すれ違いなどでは少々緊張する。踏み抜くと膝まで埋まる。

200125DSC02369.JPG 200125DSC02380.JPG
(左)黒斑山の山頂。(右)蛇骨岳から北信五岳・四阿山方面。  

到着した岩峰の蛇骨岳からは、浅間山や富士山・八ヶ岳方面の展望に加えて、北側に北信五岳・四阿山から草津白根方面の展望が広がっている。冷たい風が吹いていて、岩陰で休憩をとる。何人かの登山者が訪れては去っていく。展望を楽しんでから来た道を黒斑山まで戻ると、黒斑山山頂は40人近い登山者であふれていた。

 200125DSC02386.JPG 200125DSC02376.JPG
(左)蛇骨岳から奥秩父連山の上に富士山を望む。(右)蛇骨岳山頂の標柱。

黒斑山からはトーミの頭を経て、分岐で右折して中コースを下る。樹林帯の中を淡々と下り車坂峠へ戻った。途中、スノーシューの10数人のグループとすれ違った。今日の道の状態ではスノーシューは不要と思えるが、体験ツアーのようなものかもしれない。さほど寒くもなく、快晴に恵まれた登山となった。

200125DSC02418a.JPG 200125img186.jpg
(左)トーミの頭から、槍ヶ鞘の向こうに八ヶ岳連峰が浮かぶ。
posted by 急行野沢 at 22:00| Comment(0) | 登山(四阿・湯の丸・浅間) | 更新情報をチェックする

あぐりの湯こもろ(小諸市)

200125aDSC02442.JPG 200125aDSC02439.JPG

黒斑山から下山後は車で小諸市街地まで下り、さらに千曲川の南側に渡って「あぐりの湯こもろ」で温泉に入る。このあたりの日帰り温泉施設はひととおり訪れたと思っていたが、ここは未訪だったかもしれない。記憶は判然としない。

この施設の素晴らしさは、ロビーや露天風呂から浅間山周辺の山並みが望めること。やはり、登ってきた山々を見ながら温泉に入れるのは嬉しい。湯はやや茶色がかっているように見えたが、加温循環でもあり湯の特徴はよくわからなかった。日帰り温泉施設として使い勝手はよく、ソファが多く置かれたロビーもくつろぐのによいと思う。(おとな入浴:500円)
posted by 急行野沢 at 20:00| Comment(0) | 温泉(佐久・東御) | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

木島平スキー場(木島平村)

200119DSC_0636.JPG 200119DSC_0655.JPG
(左)第6リフト上部より見おろす。(右)第11クワッドから。

雪が少ないのでどのスキー場に出かけるか悩んだものの、結局、勝手知った木島平へ。稼働リフトは第2・6・11リフトの3基のみ。スノーマシンがカバーしきれていないところは、ブッシュが出ていてゲレンデ状態はいいとはいえない。第6・11リフト沿いは緩斜面なので、ほとんどの時間を第2リフト沿いで滑ることとなった。雪が少ないものの、第2沿いは意外と気持ちよく滑ることができた。

第3日曜日の「スキーこどもの日」のあたるせいか、それなりにゲレンデは賑わっていて少し安心した。ここもスノーボーダーがほとんどいないので、スキーヤーにとっては滑りやすい。スキーの多いゲレンデとボードの多いゲレンデと、ある程度棲み分けができているということなのだろうか。ゲレンデ上部から見おろす飯山・木島の平地にはまったく雪がない。今後の天候によっては、現在のゲレンデ状態を維持するのも難しいかもしれない。少々心配になった。

200119DSC_0645.JPG 200119DSC_0647.JPG
(左)第2リフト沿いを見上げる。(右)第2リフト上部より見おろす。
posted by 急行野沢 at 22:24| Comment(0) | スキー上信越道 | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

北八ヶ岳[北横岳~縞枯山] (茅野市/佐久穂町)

200116DSC02188x.JPG
北横岳北峰から蓼科山と北アルプスを望む

北八ヶ岳ロープウェイ山麓駅940=947山頂駅1000-1045北横岳ヒュッテ-1107北横岳北峰1128-1143北横岳ヒュッテ-1206坪庭分岐-1225雨池峠-1254縞枯山-1333五辻-1417北横岳ロープウェイ山頂駅1440=1447山麓駅

好天を見込んで北横岳へスノーハイクに出かける。冬の人気山域なので、平日なのに山中で行き交った登山者は70人近く。昨夜は少し降雪があったようだが、歩き始めは10時になっていたので、道はよく踏まれている。足回りはアイゼンが大半。スノーシューはごく少数。チェーンスパイクでは急勾配は少々厳しそうだった。

200116DSC02140.JPG 200116DSC02152a.JPG
(左)三ツ岳を正面に見て坪庭を進む。(右)三ツ岳分岐。

スキーヤー・スノーボーダーに混じり北八ヶ岳ロープウェイに乗車。山頂駅を出てアイゼンをつけ、歩き始める。坪庭を半周し、左折して北横岳への道へ。折返しの登りの後は、右へ斜上トラバース。右手樹間に縞枯山を望む。トレースのない三ツ岳への分岐を右に見送り、緩やかに進めば北横岳ヒュッテ。九十九折の登りの後、少々急で滑りやすい直登をこなせば北横岳南峰に到着し展望が開ける。

200116DSC02151.JPG 200116DSC02186.JPG
(左)北横岳ヒュッテ。(右)北横岳北峰から八ヶ岳連峰を望む。

南に八ヶ岳連峰、北に蓼科山と北アルプスや頚城山塊。その先、緩やかに進めば北横岳北峰。蓼科山と北アルプスが南峰よりも間近で迫力ある展望(冒頭写真)。時折冷たい風も吹きつけるが、さほど寒くはない。展望を満喫してから、北横岳ヒュッテ経由で坪庭まで下る。これだけではあまりにあっけないので、縞枯山まで足を延ばすことにする。

200116DSC02175.JPG 200116DSC02224.JPG
(左)北横岳北峰から浅間山方面。(右)縞枯山荘の建つ八丁平。

坪庭から縞枯山荘を経由して八丁平の緩やかな道を進む。周囲は開けた平坦地で気持ち良い。雨池峠で右折。縞枯山へは急登。樹林帯の中の急勾配の道も、トレースがありアイゼンをきかせて進めば、夏場よりも歩きやすいかもしれない。展望のきかない縞枯山頂に到着したら左折し、平坦路を進めば多少見晴らしはきくようになる。展望台分岐からは目の前に茶臼山越しの八ヶ岳連峰の展望が得られる。

200116DSC02245.JPG 200116DSC02270.JPG
(左)展望台分岐から茶臼岳と八ヶ岳連峰。(右)五辻付近から右前方に縞枯山。

高度を落として樹林帯に入り、茶臼山との鞍部へ。ここで右折し、樹林帯の中を五辻へと下る。草原状の五辻で右折。右手前方に縞枯山を見ながら進む。やがて針葉樹林の中を緩やかな登りでロープウェイ山頂駅へと進む。最後が緩やかな登りになるのが今日のコースの難点。やがて視界は開け、北横岳を背景にロープウェイ駅が見えてくる。今日、ロープウェイの運転は20分間隔。下りロープウェイで山麓駅に戻った。

200116DSC02276.JPG 200116img184.jpg
(左)ロープウェイ山頂駅まであとわずか。正面に北横岳が見える。

[参考]北八ヶ岳ロープウェイ 往復 1,900円
posted by 急行野沢 at 22:44| Comment(0) | 登山(北八ヶ岳・蓼科) | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

湯ノ丸山~烏帽子岳(東御市/上田市/群馬県嬬恋村)

200111DSC01976x.JPG
湯ノ丸山から望む北アルプス

地蔵峠(湯ノ丸スキー場駐車場)=湯ノ丸スキー場第1リフト933-944鐘分岐954-1038湯ノ丸山1051-1115小梨平(鞍部)-1146稜線-1210烏帽子岳1237-1318小梨平(鞍部)-1343中分岐-1408地蔵峠

スノーハイクに湯ノ丸に出かける。今冬は各地で雪が少なくて、湯ノ丸はどうなのだろうかと思っていた。昨年の同じ時期にも登っているが、同程度の積雪。多いとはいえない。快晴の3連休初日なので、途中すれ違った登山者は40人近く。この数日積雪があった気配はなくかなり踏まれていたので、スノーシューはほんの数人でアイゼン着用の人が多かった。

200111DSC01949.JPG 200111DSC01972.JPG
(左)鐘分岐手前から望む湯ノ丸山。(右)湯ノ丸山までもう少し。

湯ノ丸スキー場の駐車場に車をとめると、目の前の第1リフトが動いていたので、ついそれに乗って楽をしてしまった。リフト終点からトレースのある道を緩やかにたどって鐘分岐。ここからは傾斜が増すので念のためアイゼンをつけた。アイゼン無しでも登れると思う。簡単に登れる山という先入観があるからか、いつも意外に息を切らすことになる。振り返ると湯ノ丸スキー場や籠ノ登山・浅間山。右手に富士山が霞んでいる。

200111DSC01983.JPG 200111DSC02006.JPG
(左)湯ノ丸山から浅間山方面。(右)小梨平鞍部から見る烏帽子岳。

やや硬くなった雪面を登り、湯ノ丸山の山頂に到着。北アルプスのほぼ全貌が見えるのが嬉しい(冒頭写真)。その右に戸隠・妙高の山並み、四阿山から草津白根。南は富士山の右に南アルプスと八ヶ岳。展望を楽しんでから、西側の鞍部へと下る。ところどころ踏み抜いてもスネぐらい。小梨平の鞍部からは概ね左への斜上トラバース。

200111DSC02089.JPG 200111DSC02090.JPG
(左)小烏帽子岳付近から正面に富士山が霞む。(右)稜線に出て小烏帽子岳へ。

稜線に出るといっそうの展望が広がる。右折して稜線をたどり、小烏帽子岳のピークを越えれば、右手に四阿山、左に北アルプスを見ながら正面の烏帽子岳を目指す幸せな稜線歩き。たどり着いた烏帽子岳山頂からも360度の大展望が広がる。時折、冷たい風が吹きつけるものの、山頂でゆっくりしていられるほどの温かさ。数人の登山者が去来する。展望を楽しんでから往路を小梨平の鞍部まで下る。

200111DSC02037.JPG 200111DSC02064.JPG
(右)烏帽子岳への稜線。(右)烏帽子岳から北アルプス展望。

小梨平からは湯ノ丸山の南麓を巻く道をたどって地蔵峠に戻った。こちらの道も多くの人が歩いて踏まれている。朝は駐車場には空きがあったけれど、下山した頃には車があふれ気味で、スキー場も今日はかなりの賑わいを見せているようだ。車で浅間サンラインまで下り、東御市内の湯楽里館で温泉に入ってから帰路についた。

200111DSC02101.JPG 200111img183a.jpg
(左)小梨平から湯ノ丸山を望む。

昨年の様子はこちら → 「烏帽子岳~湯ノ丸山 2019年1月17日」

[参考]
湯ノ丸スキー場リフト1回券(シニア) 400円
みづほ温泉 湯楽里館(おとな入浴) 510円
posted by 急行野沢 at 23:44| Comment(0) | 登山(四阿・湯の丸・浅間) | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

戸隠スキー場(長野市)

200105DSC01822.JPG 200105DSC01812.JPG
(左)シャルマン戸隠前から。(右)しらかばコースと第3クワッド。

近場のスキー場はどこも雪が少なくて、滑りに行くのを躊躇っていた。昨夜から長野市街地でも多少積雪があり、戸隠スキー場のサイトを見ると、第2・3・4に加えて第6クワッドが稼働するようなので滑りに出かけた。正月休み最終日。首都圏などからのスキーヤーはもう少ないのか、思ったほど混雑していなかった。

全体的に雪は少ないけれど、今日は終日雪が降り続いていて雪質は最高。ときどき強風が吹いたものの、視界は意外によい。越水側前面のコースはすべて滑走可。昼前後には点検のため第6クワッドが休止していて、その間は第3クワッドでもっぱら滑っていたが、その後は第6沿いで。人もあまり多くないので、メノウコースなど快適に滑ることができた。スキーヤーが圧倒的に多く、スノーボーダーがほとんどいないのも戸隠のいいところ。(長野市民割引クーポン:シニア1日券3,200円)

200105DSC01808.JPG 200105DSC01840.JPG
(左)ドリームコースから瑪瑙山方面。(右)メノウコース。
posted by 急行野沢 at 21:39| Comment(0) | スキー上信越道 | 更新情報をチェックする